ワード 表 改 ページ。 【Word・ワード】タイトル行の繰り返し|表がページをまたいでも安心

ワード 改ページを挿入や削除する

ワード 表 改 ページ

改ページを挿入する• 改ページを削除する• 改ページを制御する 改ページを挿入する 改ページさせたい [位置] をクリックします。 [レイアウト] タブをクリックし、ページ設定グループにある [区切り] から [改ページ] をクリックします。 改ページが挿入されます。 改ページを表示 改ページが表示されないときは [ホーム] タブをクリックし、段落グループにある [編集記号の表示/非表示] をチェックします。 その他の段落記号もすべて表示されます。 改ページを削除する 改ページの [先頭] をクリックします。 Deleteキーを入力して、改ページを削除できます。 スポンサーリンク.

次の

【ワード】表に色を付けよう!「塗りつぶし」や「網掛け」の方法を紹介!

ワード 表 改 ページ

「報告書テンプレート」、「システムの設計書」、「稟議書や契約書のチェック」など、、マネジメント業務をしていると、ワードを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?ワードの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つワードの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「改ページ」についてです。 ワードで資料を作成していると、前ページの最後の行に見出し、次のページから本文というように、見出しと本文が分割されてしまうことがあります。 こんなとき、自分の思いどおりの場所でページの変更ができる機能が「改ページ」機能です。 なお今回の解説は、ワードの2010バージョンにて行います。 2010 ワードの改ページ機能を使うと、レイアウトが固定できて資料作成の効率がアップする 改ページ機能の利点は、前後の文字数が変わっても改ページの位置を固定できるところにあります。 ページレイアウトの調節に改行を入れる方法を使っていると、前後の文章を変更するたびに改ページの位置がずれてレイアウトが崩れてしまいます。 そのたびに改行、改行と繰り返しEnterボタンを直して直すのは、効率が悪く面倒です。 そこで改ページ機能を使えば資料作成の効率がアップし、修正の手間が省けて作業時間を短縮できます。 部下がレイアウトの修正で手間取っていたら、ぜひこの方法を教えてあげてください。 ワード文書中の好きな部分に改ページを指定する方法 それでは、改ページの場所を指定する方法をご紹介します。 ページの最初に固定したい行の先頭をクリックしてカーソルを移動させ、画面左上の「挿入」タブをクリックします。 メニュー左上の「ページ区切り」ボタンをクリックします。 (Word2010では「ページ区切り」ボタンが改ページボタンになります) 3. 指定した行が次ページの先頭に配置されたら完了です。 ワードの改ページ機能を解除する方法 次に、改ページを解除する方法をご紹介します。 改ページを指定した行の上で任意の場所をクリックし、Deleteキーを何度か押します。 (下図の場合では、赤線で囲った部分がクリック箇所になります。 ) 以上で改ページ機能を解除できます。 ワードの改ページ機能の解除方法をもっと詳しく さて、改ページボタンにて改ページの位置を指定したとき、上部にできた空白に気づいた方はいらっしゃるでしょうか? ここには、実は下図の「・・・・・改ページ・・・・」という、改ページ位置を示すマークが入っているのです。 このようなマークを「編集記号」といいます。 編集記号は、ワードの初期設定では非表示になっています。 つまり上でご説明した改ページ解除の手順は、実はこの編集記号を削除する作業だったのです。 編集記号は印刷に出ないので、常に表示しておけばワードの操作がより分かりやすくなるかもしれません。 編集記号はクリックひとつで簡単に表示/非表示が切り替えられるので、その方法をご紹介します。 「ホーム」タブをクリックし、出てきたメニューの、矢印が組み合わさったようなマーク(下図参照)をクリックします。 この矢印マークが「編集記号の表示/非表示」のボタンです。 このボタンをクリックするたびに編集記号の表示/非表示が切り替わるので、試してみてください。 改ページの挿入は、以下のショートカットキーも使えます。 ・Ctrl + Enter ショートカットキーでの操作を覚えておけばマウスを使わずに作業できますので、ぜひこの機会で覚えてみてください。

次の

改ページの設定:Word(ワード)2010基本講座

ワード 表 改 ページ

文書の最後に表があるときに、余計な空白ページが残ってしまうことがあります。 こんなときは、余白のサイズや行間を狭めたり、行送りを調整したりして、 なんとかはみ出している 1 行を前のページに含めます。 編集しているその文書の内容量やページ設定などによって、何を調整するのかが 変わってくると思いますが、1 つの方法としてはみ出している段落の行間を固定値に 設定してなるべく小さく抑える方法が利用できます。 その方法を書いておきますね。 2 ページ目 はみ出している 1 行 の段落記号の位置にカーソルを置き、 リボンの [ホーム] タブの [段落] グループの右下のボタンをクリックします。 [段落] ダイアログ ボックスの [インデントと行間隔] タブの [行間] で [固定値] を選択し、 [間隔] で [1pt] を指定して [OK] をクリックします。 [固定値] にした場合に [間隔] に指定できる最小値は 0. 7pt です。 ここまで下げてもよいです。 カーソルのあった段落の行間が変更されます。 結果的に 2 ページ目が削除されます。 実際には下図の赤丸のところ 表の左下 に 隠れるように、段落記号が配置されています。 おまけ 行間は通常、フォント サイズを大きくしたり、図を挿入したりすると自動的に調整されます。 たとえば、下図のわたしの名前は 12 pt で、行間は「1 行」です。 この名前のフォント サイズを 16pt に変更しても、名前の文字はすべて表示されています。 行間を「固定値」にすると指定した間隔に固定されるため、収まらない場合に文字や図が 切り取られて表示されます。 たとえば、下図のわたしの名前は 16pt なのですが、行間を「固定値」の 12pt に 設定すると、文字の上のほうが切れてしまいます。 はみ出してしまっている 1 行を削除することはできないので、 行間をなるべく小さく抑えて前のページに含めれば、結果的に不要な空白ページを削除できます。 表で終わる文書の場合に試してみてください。 石田 かのこ•

次の