子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし。 子供に赤い発疹!熱なしでかゆみあり・なしの場合は何の病気?

発熱と発疹を起こす病気の一覧

子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

もくじ• 発疹ができた時はここをチェック! 赤ちゃんや子供に発疹が出てきたときにチェックしたいポイントです。 発疹には、熱を伴うものと発熱のないものがあります。 発熱を伴う発疹の場合、ウイルスや細菌などによる感染症が原因であることが多いです。 発熱のない場合は、皮膚がかぶれやすいものに接触して起こるかぶれや、皮膚に細菌が侵入して起こるとびひ、食物アレルギーなどによるじんましんなどがあります。 子供の全身をチェックして、発熱はあるか、どこから発疹ができてどの順番で進行していっているのかを把握して病院に行きましょう。 子供の発疹の種類一覧 発疹が現れる子供の病気をまとめています。 赤ちゃんの発疹 赤ちゃんの発疹で考えられる病気です。 ・突発性発疹 生後6ヶ月から1歳6ヶ月にみられる、ヘルペスウイルスが原因の生まれて初めてかかるウイルス性感染症です。 38~39度の高熱が2、3日続きますが、高熱の割に機嫌がよいのが特徴で、熱が下がったと同時に胸に紅いぶつぶつが現れます。 発疹は体から顔へ拡がり、2、3日で治ります。 高熱のため痙攣を起こしたり、ぐったりしていたり、嘔吐が続く場合には早急に受診しましょう。 子供の発疹 赤ちゃんから幼児、学童期にみられる発疹です。 ・はしか 40度前後の発熱、鼻水、くしゃみ、せきといった風邪症状で始まり、2、3日後に顔から脚・手の順に発疹が出て、全身に広がっていきます。 また、口の中に白い発疹(コプリック班)が出るのも特徴です。 ・風疹 三日ばしかともいわれ、赤い小さな発疹が全身にみられるようになります。 首や耳の後ろのリンパが腫れ、発熱や軽いせきが出ることもありますが症状は軽く、発疹は3~4日で消えます。 ・水ぼうそう 37~40度ぐらいの発熱とともに、かゆみを伴う赤い水ぶくれの発疹が胸・背中・おなかなどに出ます。 発疹は、顔・手足・陰部・口の中・頭皮・手のひら・足の裏などへと広がりますが、4、5日経つとカサカサに乾いて黒いかさぶた状になって剥がれ落ちます。 ・手足口病 コクサッキーA16、エンテロウイルス71などの感染による乳幼児に多い感染症で、、6~8月に流行する傾向が見られます。 37~38度の発熱やだるさを訴えることもありますが、熱は出ない子供もいます。 発疹は米粒大の楕円形の水ぶくれが手のひら足の裏、口の中にみられることから「手足口病」という名前が付きました。 ・りんご病 初めに左右の頬が赤くなってから、1~2日後に腕や太ももに、まだらなレース状の赤い発疹ができます。 熱は微熱で、発疹も3~4日で消えることがほとんどです。 喉のはれと痛み、嘔吐・頭痛・腹痛などの症状があり、感染初期にかゆみを伴う赤い小さな発疹が首・胸・手足から・全身に広がるのが特徴です。 そのあと、イチゴ舌と呼ばれる舌に赤いブツブツができます。 ・とびひ(伝染性膿痂疹) あせもをひっかいた傷やすり傷などから菌が入り、かゆみのある、水疱やかさぶたができます。 かきこわすと全身に広がってしまいます。 ・水いぼ 中心が少しくぼんで光沢があり、直系数ミリのドーム上に盛り上がった丘疹が特徴です。 全身に広がったり、うつることもあります。 半年~1年で自然治癒しますが、再発もあり状況にっては医師との相談の上でとるような場合もあります。 ・じんましん 激しいかゆみと盛り上がった発疹ができる症状ですが、時間の経過とともに自然治癒します。 食べ物、ストレス、寒冷刺激など原因は様々だと考えられています。 以上、発疹を伴う病気について考えられるものをまとめました。 発疹がみられたら熱を測り、感染に配慮して早めに病院を受診しましょう。 スポンサーリンク 発疹が出たときの応急処置は? 発疹が出たときの応急処置についてです。 患部を温めるとかゆみが増してしまいます。 入浴や汗をかくような運動は避け、どうしてもかゆみが強い時には冷やして対応しましょう。 また、医療機関を受診すると、かゆみ止めなどの塗り薬を処方してくれる場合もあります。 掻きむしることによって、患部に細菌が入ったり、掻き壊すと痕になってしまうこともありますので、特に小さい子の場合には爪は短く切ってあげましょう。 世界初!アレルギー疾患の発症予防法 赤ちゃんの肌トラブルを未然に防ぐ、世界初の予防法として 保湿ケアが重要視されています。 国立成育医療研究センターによると、出生直後から毎日保湿剤をぬった新生児は、約8カ月後のアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下したというデータが得られたそうです。 つまり、 赤ちゃんの肌トラブルを未然に防ぐために保湿が有効ということが証明されたわけなんですね。 ただし、新生児から使う保湿剤なので、成分にはとても配慮しなければいけません。 そこでおすすめなのが、 ファムズベビーという泡タイプのバリア保湿です。 ファムズベビーは単なる保湿剤と違い、お肌にバリアを作ってお肌を保護し、バリアの力で赤ちゃんが本来持っている自然の保湿力を長時間キープしてくれます。 その効果は、一度塗ればなんと8時間も続くということです。 新生児から安心して使うことができ、アトピーや湿疹などがあっても問題ないということなので、病院や産院などでも使用されているそうですよ。 このように大変魅力的な製品ですが、毎日使うものなのでコスパが気になりますよね。 ファムズベビーは1本でピンポン玉サイズの泡で約120個分使用することができます。 しかも脂漏性湿疹のできやすい頭皮から顔や全身に使えるので、顔用・ボディ用と分ける必要がありません。 赤ちゃんだけでなく、乾燥に悩むママも一緒に使える製品だから、トータル的にみてコスパは抜群といえるでしょう。 今起こっているトラブルのケアだけでなく、今後成長とともに起こりうるあらゆる肌トラブルを防ぐために、ぜひ予防保湿で赤ちゃんを守ってあげてください。 子供の発疹まとめ 子供に突然できるブツブツは、その後ろに何らかの病気が隠れている可能性が高いです。 虫刺されとは明らかに様子が違うようなぶつぶつを見つけたら、全身状態をよく観察し、熱を測って早めに病院に連れていきましょう。 感染症の場合もあるので、飛沫感染や接触感染の可能性も踏まえて、まわりにも配慮してくださいね。 スポンサーリンク.

次の

子供の発疹の原因と対処法|熱なし?かゆい?かゆくない?

子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供がかかる病気には、肌に赤い発疹が出るものもあります。 今回は、子供に赤い発疹が出たときはどんな病気が疑われるのか、熱がなくかゆみがあるとき・かゆみがないときなど、熱やかゆみの症状別に疑われる病気についてご説明します。 子供の発疹にはどんな種類がある?熱やかゆみ、場所の違いは? 「発疹」とは、皮膚に出るさまざまなブツブツや吹き出物の総称です。 つまり、ひと口に発疹といっても、その形や色、かゆみのあり・なし、大きさは様々です。 発疹には、それぞれ下記のような症状や種類があります。 引っかいたりつぶしたりすると、なかから水分がにじみ出てくることもあります。 水疱瘡で多く見られます。 発疹の色 赤、茶、黒、紫などに変化することもあれば、ほとんど色の変化がない場合もあります。 発疹が出る場所 顔、手、足、お腹など、体のどこか一部にだけ発疹が出ることもあれば、全身に出ることもあります。 発疹にかゆみや痛みはあるか かゆかったり、痛かったりする発疹もありますが、何も感じない発疹もあります。 発疹以外に熱などの症状があるか 発熱や鼻水、咳などの風邪に似た症状や、関節痛など体の痛みを伴うこともあります。 ここからは、子供に赤い発疹が出たときに疑われる病気を、熱のあり・なし、かゆみのあり・なし別にご説明します。 子供に赤い発疹!「熱なし・かゆみなし」の場合に疑われる病気は? 子供に赤い発疹が出て、熱がなく、かゆみもない場合は、以下の病気の可能性があります。 水イボ(伝染性軟属腫) 幼児から小学校低学年にかけて発症する、子供特有のやわらかいイボです。 直径1〜5mmほどの小さなイボが、体や手足にできます。 イボそのものにかゆみはありませんが、イボをかいた手から感染し、イボはどんどん増えていきます。

次の

溶連菌で熱なしのときもある?熱が下がらないとき、解熱剤はOK?

子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

記事内目次• 子供の赤い発疹の原因はなに? 画像引用元 子供の肌はスベスベで綺麗ですが、発疹ができることもあります。 その考えられる原因を今回ご紹介していきたいと思います。 それぞれ特徴がありますので、事前に覚えておくと対処する時に迷わずに済みます。 急に症状が出てしまうと慌ててしまうので、なるべくそれぞれの症状がどんなふうに発症するのかを知っておくことが大切です。 りんご病 画像引用元 りんご病はパルボウイルスB19と呼ばれるウイルスが原因で起こる感染症になります。 子供の頃に感染することの多い病気の一つです。 症状としては、ほっぺたがりんごのように赤くなり、全身に発疹が広がります。 りんご病は『発熱がない』のが特徴で、発疹の症状だけになりますので他の病気と判別しやすいです。 子供のほっぺたが赤くいつもより元気がない場合にはりんご病の可能性がありますので、なるべく早めに病院へ連れて行きましょう。 手足口病 画像引用元 夏の時期に流行する夏風邪のひとつとされているのがこの手足口病になります。 暑い時期に集団感染することが多く、もし幼稚園などで周りの子供がこの病気に感染した場合には注意が必要です。 症状としては、口の中に白いポツポツが生まれます。 そこから全身に水泡が出てきます。 手足口病は『微熱』になりますので、感染してもあまり熱が出ないことが多いです。 初期症状を見逃さずに対処することが大切です。 小児乾燥型湿疹 画像引用元 この病気は一切熱が出ませんが、お腹や背中にザラザラとした小さな湿疹が出ます。 乾燥してザラザラしているので、汗をかいたりすると痛みや痒みを伴いますので注意が必要です。 特に冬の乾燥した時期に出やすい症状になりますので、もしこれらの症状が出た場合には皮膚科で軟膏を処方してもらい使っていきましょう。 汗疹(あせも) 画像引用元 夏場によくできるのがこの汗疹です。 場所は特に決まっていないので、どこでもできます。 子供は大人よりも汗をかきやすいので、特に体調が悪くないのにもかかわらず赤い湿疹ができる場合にはこの汗疹であることが考えられます。 外で遊んできた場合には、なるべく早めに汗を拭いて清潔な状態を保つようにしましょう。 傷ができてしまうと病気に感染することもありますので注意が必要です。 溶連菌感染症 画像引用元 溶連菌感染症に感染すると高い高熱が出て喉の痛みがひどくなります。 咳や鼻水などの一般的な風邪のような症状は出ませんので、判断はしやすいと思います。 2~5日潜伏期間を経てから症状が出ますので、高熱と喉の痛み、そして赤いぶつぶつが出た場合にはこの病気の可能性がかなり高いでしょう。 水疱瘡(みずぼうそう) 画像引用元 帯状疱疹ウイルスの感染によって起きる病気になります。 最初は体の1箇所だけに発疹ができるのですが、数日後には体全体に広がっていき痒みが出てきます。 水疱瘡の特徴としては、発疹が出た後に熱が出ることです。 場合によっては高熱になることもありますので、早めに病院へ行くことが大切です。 予防接種で防ぐことができる病気ですが、もし感染してしまった場合には早めに対処しておきましょう。 風疹 画像引用元 風疹ウイルスによる急性ウイルス性の疾患になります。 感染力は弱いですが、子供がもし感染してしまうと重症化するケースが多いので注意が必要になります。 スポンサードリンク 現代ではワクチンによって予防することができますので、そこまで怖い病気ではないでしょう。 症状としては、一番最初に顔に発疹が現れて、そこから全身へと広がっていきます。 熱も一緒に出ますので、子供の体温を測って高熱が出ていたら風疹の可能性があります。 赤い湿疹が出た場合には何科に行くべきか? 画像引用元 子供の皮膚に異常が出た場合には小児科と皮膚科のどちらに行こうか迷うと思います。 結論から言えばどちらで診察をしても問題ないです。 ですが小児科と皮膚科の場合だと回復するまでのアプローチが若干違うとされています。 小児科の場合 画像引用元 小児科の場合には全体的な症状の状態を見るため、内科的なアプローチも考えてどんな対処をするかを考えます。 なのでもし発疹が出たとしても、根本的な原因が別の場所にあるとしたら発疹の治療を行わないこともあるようです。 ですが痒みや痛みがひどい場合には発疹のための薬を処方してもらうこともできますので安心してください。 皮膚科の場合 画像引用元 皮膚科の先生は皮膚に関することのプロフェッショナルになります。 最初に皮膚に現れた症状からどんな病気が考えられるのかを判断していき、発疹の原因を早めに突きとめてくれます。 ですが発疹の原因が皮膚ではなく体の中にあると判断した場合には小児科へ行くことを勧められます。 なのでどちらへ行ったとしても問題は解決しますので、まずは自分が行きやすい病院で診察を受けてみてください。 迷ったらかかりつけの医師に相談を 画像引用元 子供がいつも通っている小児科の病院があると思いますので、もし皮膚科か小児科のどちらに行こうか迷った場合には、かかりつけ医に相談するのが一番良いでしょう。 以前からどんな症状が出ているのかを把握していますし、病気のカルテも残っています。 なのでまずは一度信頼のおける医師に相談することをおすすめします。 まとめ 画像引用元 今回は子供の発疹の原因や対処法について詳しくお伝えしてきました。 いきなり我が子に赤い発疹ができると焦りますが、落ち着いて症状を判断して病院に連れて行けば問題ないです。 まずは子供が発疹の他にどんな症状を引き起こしているのかを冷静に判断して、病院の先生に診察してもらいましょう。 症状に気がつかずに放置してしまうと、どんどん重症化していきますので、早い段階で子供の異変に気がつくことが大切になります。 オススメ記事.

次の