洗濯 機 日立 ビート ウォッシュ。 【レビュー】日立 洗濯乾燥機 ビートウォッシュは汚れる?悪評の真相

Amazon

洗濯 機 日立 ビート ウォッシュ

さらに、押し洗い・たたき洗い・もみ洗い効果のある[ビートウィングX(回転羽根)]と大流量の[ナイアガラシャワー]で、高い洗浄力を実現。 洗いムラを抑え、きわだつ白さに洗い上げます。 その日のうちに必要な衣類をはやく洗って乾かす「おいそぎコース」 体操服や給食着など、どうしてもその日のうちに必要なものや、シワが気にならないタオルなど、少量で軽い汚れの衣類をスピーディーに洗って乾かします。 衣類がよく広がるので、乾きムラや乾燥ジワを抑えて、ふんわりはやく仕上げます。 毛布などをより衛生的に洗いたいときにおすすめです。 5kg以下。 たばこのニオイが気になる衣類などを消臭。 さらに温風による除菌で、薬剤などを使うことなく清潔に仕上げます。 槽全体を低速回転させるので、形くずれも抑えます。 帰宅後や外干し後などに、衣類に付いた花粉を洗濯機内で落として、排水と一緒に流します。 1度の設定で毎回作動します。 温度調整のために運転中に排水する場合があります。 出し入れしやすく、お手入れも簡単「使いやすい」.

次の

日立 ビートウォッシュ 温水ナイアガラビート洗浄の実力を使って確かめてみた!【試用レポート:BW

洗濯 機 日立 ビート ウォッシュ

ビートウォッシュにして後悔している理由• 乾燥させると臭い• ホコリが付きやすい• 乾かすとゴワゴワする とりあえず、乾燥させると臭すぎて・・・ なんて知らなくて、引越し後だったので貯まっていたお気に入りバスタオルを初っ端全部乾燥させてしまいました。 もう、臭くて耐えられません。 乾燥使えないので、洗濯だけするのですが、ホコリが結構付きます。 黒い服が多いので困ります・・・ 乾燥機使わずに外に干したり、お風呂場にホスト、洗濯物がゴワゴワしています。 柔軟剤たっぷり使ってるんですけどね。 乾燥機使ったほうがタオルもふわふわになりますが、臭くなって使い物にならなくなるので、しょうがなく干しています。 日立に問い合わせ 困ったので、日立に問い合わせしました。 メールを要約します。 電気代無駄過ぎますが、数十円だろうし、使えないのは困るので仕方なし。 その後、靴下やタオルを乾燥させたら、少しましになりましたがまだ、臭い! 一ヶ月経ちますが、乾燥すると、マシにはなりましたがまだまだ臭いです。 もう臭いし、手間が増えるだけなので、ここ一週間は使ってませんでした。 臭すぎて、頭痛くなるしね。 最初よりは結構マシにはなりましたが、少しでも臭くなってほしくない。 洗濯した方が 臭くなるなんて・・・選択する意味wってなりますよね。 良いところもある ドラム式より、洗濯物の汚れがよく取れる!以上。 ビートウォッシュが良いというよりは、縦型がよいだけかもしれませんがw 食べ物が付いてもキレイに取れます。 靴下の汚れなんか取れませんでしたが、洗ったらキレイになってる。 ドラム式の時に汚れが取れず二度洗いとかしたりもしましたが、洗濯だけなら二度洗いの必要ないですね。 乾燥して臭くなるから何度も洗い直していますが・・・ 乾燥できる縦型が一番理想だな〜って思います。 日立が一番乾燥に優れた縦型らしいですが、臭いのは勘弁ですよね! あとがき 再度、日立に問い合わせ中です。 乾燥機能がついてる分、無駄に高かったのに、乾燥機能使えないなんて困りますからね。 ビートウォッシュが最近買って後悔したものナンバーワンでした。 初めてステマかもしれないって思いましたよ。 次にいらなかったのが、お掃除機能付きエアコン。 それはまたの機会に。

次の

日立の洗濯機「ビートウォッシュ」、洗剤/柔軟剤の自動投入を備えたスリムモデル

洗濯 機 日立 ビート ウォッシュ

日立 ビートウォッシュ(HITACHI Beat Wash) 縦型の洗濯乾燥機 買ったのは、日立の縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ(BW-DV90A シルバー)です。 最新のじゃなくて一つ前の型落ちを買いました。 今回は、洗濯容量も 9キロ にグレードアップしました! 乾燥機能付きにした経緯 洗濯機を買い替えるにあたり、お店でいろいろと話を聞いたところによると、ざっくりとこんな感じだったと思います。 ドラム式は少ない水で洗濯。 乾燥機能を重視する方におすすめ。 値段は高い。 縦型は水をしっかり使って洗濯。 洗浄力重視の人に。 値段は安め。 縦型の乾燥機能はドラム式には劣る。 シワになりやすい。 予算10万円以下(しかも出来るだけ安く)となると、自然と「縦型洗濯機&乾燥機能ナシ」という洗濯機が候補として挙がってくるわけなのですが、今回は「型落ち」を選んだことで、「乾燥機能付きの縦型洗濯機」が予算内で買えてしまった、というわけなのです。 縦型洗濯乾燥機の実力やいかに?! 結論から言うと「乾燥機能」を予想外に使っている 当初は「あまり使うことはないだろう」と思っていた、縦型洗濯機(ビートウォッシュ)の乾燥機能ですが、これが、あったらあったで「結構便利」ということに気づいてしまったのです。 特に、マンション住まいで干す場所にあまり恵まれない我が家にとっては、「シーツと布団カバーを洗いたいけど、干す場所ないし、今日はやめとくか」となるところが、「シーツと布団カバー、乾燥まで一気にやってしまうか!」となるわけなんです。 洗濯槽の中ではこのような状態で出来上がってきます。 う~ん。。。 見るからに頑固そうなシワがついてそうな予感・・・。 ちょっと広げてみると、やっぱり結構シワになってる。 全体的にシワシワというよりは、部分的に強いシワが集まってできているという感じ。 布団カバーの方は部分的にシワが強く出てるけど、ずぼらな私は、この状態で使うことに。 シワになりにくいものは、問題なくフワフワに仕上がる 私は、寝具ではタオルケットや薄手の毛布も乾燥まで一気にやってしまいますが、これらは、シワなど気にしなくてよいですし、 本当にフワッフワに仕上がり、大満足です。 干す場所も要らないので大物の場合本当に助かります。 そのほかにも、衣類でもシワを気にしなくてもよいトレーナーやパジャマ類、子供の体操着などには、乾燥機能を結構使っています。 時間にして、だいたい3時間弱くらいかなと思いますので、やっぱり洗濯して干して乾かすよりはずいぶん時間も短くて済みますよね。 乾燥にかけることで傷みが気になる衣類には使いませんが、シワや傷みを気にしなくてよい衣類には便利です。 9キロの洗濯容量に対し5キロまでの乾燥しか出来ませんし、「1時間で洗濯から乾燥まで出来る!」ってわけではないですが、急いでいるモノにも便利です。 期待していなかった分満足度が高いです というかんじで、「最初はあまり使わないだろうと思っていた『縦型洗濯機の乾燥機能』を、意外と頻繁に使っている」というお話でした。 コインランドリーの乾燥機やドラム式の乾燥機能には及ばない、と分かったうえで使っているからかもしれませんが、結構満足度は高いです。

次の