ビートルズ シングル。 ビートルズ シングル・ジャケット コレクション 国内編

ビートルズ シングル・ジャケット コレクション 国内編

ビートルズ シングル

米国では I SAW HER STANDING THERE とのカプリングで発表されました。 両面ともジョンレノンがメインボーカル。 エドサリバンショーでジョンがこの曲を歌う姿は最高です。 英国では5枚目のシングル。 個人的には一番好きな曲です。 両面ともジョンレノンがメインボーカル。 個人的には一番好きな曲ですが、収録されてるアルバムが少なく、ちょっと残念です。 でも録音が始まって曲を聴いた瞬間、度肝を抜かれたという逸話が記されています。 両面ともジョンレノンがメインボーカル。 個人的には一番好きな曲です。 英国では人気の高い曲です。 アルバムにも収録されていますが、サントラ用に作られた曲ではありません。 B面はジョンのロックナンバーです。 単純な曲にも思えますが、ポールはこの曲で新しいコード進行をひらめく事が出来たと語っています。 ジョンとポールのツインボーカル。 B面はポールのロックンロールナンバー。 両面ともカバー曲ですが、今やビートルズのオリジナルといっていいほど有名なビートルズナンバー。 B面はジョージのボーカル。 レノン・マッカートニーナンバーですが、ボーカル担当はジョージ。 アウトテイクで聴けるジョンとポールのいろんなコーラスは、曲作りの様子が想像出来て、楽しいです。 2番の歌詞から、ポールとジョージのツインボーカルになります。 このシングルのジャケットは白黒ですが魅力的でした。 PLEASE MR. ジョンのせつないボーカルが曲を引き立てています。 ポールとジョージのバックコーラスもビートルズならではの雰囲気です。 でもジャケットに中期の写真を使用したのは理解出来ません。 東芝の製作スタッフは、ビートルズファンではなかったかも。 ジョンのボーカルスタイルや歌詞の内容が、この頃から変化しはじめました。 所さんの笑ってこらえて、朝までハシゴの旅に使用されています。 B面は、後に映画のイントロダクションにも使われて、楽しい映像とともにビデオクリップの走りと呼ばれています。 この曲もジョンのボーカルは最高です。 IF I FELL のジョンのボーカルは、PLEASE PLEASE ME と同様に天才的なものを感じます。 個人的に大好きな IF I FELL はビートルズの代表作とも云えると思います。 MATCHBOX はリンゴのボーカル、 SLOW DOWN はジョンのボーカルで、ともにロックンロールナンバーのカバー曲です。 ともにレノン・マッカートニーの作品ですが、素敵なダンスはジョージがボーカルを担当。 TELL ME WHY はジョンのボーカル。 I FEEL FINE はジョンのボーカル、 SHE'S A WOMAN はポールのボーカル。 ジョンとポールの持ち味の差がはっきりと聞き取れるシングルです。 I CALL YOUR NAME はオリジナルで、ジョンがボーカルを担当。 1枚目のこのシングルは両面ともオリジナルですが、あとの4枚はカバー曲が中心になります。 NO REPLY の歌詞でジョンに共感を持つ男性ファンも多いでしょう。 当時日本で一番売れたシングルというのは、ちょっと不思議ですが、リアルタイムはそういう時代だったのでしょうね。 特に日本人には、なじみの深い曲です。 EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY はジョージがボーカルをとるロックンロールナンバーのカバー曲です。 この邦題を思いついた人は凄いですね。 YES IT IS も歴史に残るジョンの名曲です。 歌詞は非常に残酷見たいですが...失恋していたのかな? HELP! のオープニングを飾る名曲。 この映画の中でも、ジョンは格好イイです。 なんでも鑑定団のテーマ曲としても有名ですね!B面の I'M DOWN は、ポールのとびっきりのロックンロールナンバー。 両面とも カバー曲だったからでしょうか。 でもいずれも好きな曲でジョンのボーカルは迫力があります。 ANNA のベースも味があってポールのセンスの良さを実感出来ます。 この辺が、ビートルズの魅力の原動力とも思えます。 両面ともポールの作品、ポールのボーカルですが、曲の流れや楽器の音色も、他のビートルズナンバーとちょっと雰囲気が違います。 曲の美しさもさることながら、失恋した男の気持ちが痛いほど伝わる、ポールの歌詞も最高です。 東京ドームでの3月3日のポールの初公演の時は泣いてしまいました。 2曲ともアンソロジーのビデオで演奏シーンが見られますが、ジョンレノンのユーモアには感心させられます。 ジョンレノンだって悩んでるんだなって思うと、励みになるファンも多いんじゃないでしょうか。 アルバム RUBBER SOUL よりピッキング。 B面はリンゴの味のある一曲です。 ここでもジョンとポールの曲作りの方向性が、はっきり見えてきます。 リンゴがボーカルをとってる曲の中では一番有名です。 B面はポール。 オリジナルはサイケ色の強いブラスロック調ですが、デモバージョンは、アコースティックなメロディに情緒的な詩が全面に出ています。 ビートルズが時空を越えて、その名を残せるのは、こういう曲の存在にもよると思います。 幅広いファン層にも人気のある作品。 I AM THE WALRUS は、通好みのジョンのロックナンバーです。 楽譜なんかを買ってきて自分で弾いてみても、以外に簡単なコード進行で、ちょっとその気分に浸れるかも知れません。 この曲が現在アルバムでしか聴けないのはちょっと残念です。 REVOLUTION は、これまたジョンが世界に向けたメッセージソングとして有名で、ビデオクリップに残されている演奏シーンも迫力満点です。 ホワイトアルバムに収録されているのは、なんか不思議な感じがします。 B面はエリッククラプトンとの競演でも有名なジョージの名曲。 特に DON'T LET ME DOWN は、ジョンが本音で歌を作っているという点が、世界中のアーティストから賞賛されています。 リンゴがドラムを叩いていたら、雰囲気が違っていたかも知れません。 B面はジョージの作品。 アビーロードのオープニング曲として有名。 この頃からジョンレノンの作品はビートルズの作品というよりソロの楽曲風のイメージになっていきます。 B面は同じくアビーロードからのジョージの代表作。 この曲をレコード通りにピアノで弾くには、相当テクニックが必要です。 B面はマジカルミステリーツアー時代に即興で作られた風変わりなポップナンバー。 ストーンズの今は亡きブライアンジョーンズのサックスが光ります。 B面はジョージの代表作。 ともにアビーロードからピッキングされています。 B面はジョージのソフトロックナンバー。 ともにアルバム LET IT BE よりピッキングされています。

次の

ディスカバー・ビートルズ

ビートルズ シングル

q []. createElement 'script' ;r. hjsv; a. hotjar. 忠実に再現された日本を含む世界各国盤のピクチャー・スリーヴに23枚のヴィニール・シングルが収録された完全生産限定のボックス・セット。 1962年から1970年にかけてザ・ビートルズはイギリスでシングルを22枚リリースした。 そのA面とB面に収録された44曲のうち、29曲は当時、イギリスで発売されたアルバムに収録されていなかった。 これらのシングルおよび1990年代中盤にリリースされた「Free As A Bird」と「Real Love」を新たにボックス限定の両A面シングルとして、アビイ・ロード・スタジオのショーン・マギーがオリジナルのモノラルおよびステレオのマスター・テープから、この限定盤ボックス・セット用にヴィニールへカットし直した。 『The Beatles: The Singles Collection』は、46曲が、23枚の7インチ・シングルとして、世界各国盤のオリジナル・ジャケット写真を忠実に再現したスリーヴに収められている。 付属の40ページのブックレットには、写真やチケットの半券などに加えて、ビートルズの研究家のケヴィン・ハウレットの詳細なエッセイも掲載されている。 『The Beatles: The Singles Collection』では、ザ・ビートルズのジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、そしてリンゴ・スターが、共にレコーディングした比較的短い期間のクリエイティヴ面での軌跡を知ることができる。 1963年の「She Loves You」から1967年の「 Strawberry Fields Forever」までがわずかに3年半だったという事実は、バンドがいかに短時間に画期的な発展を遂げたのかを物語っている。 1960年代にはイギリスのシングルが写真入りのスリーヴに収められて発売されることは滅多になかった。 したがって本コレクションの7インチのシングルは、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、チリ、デンマーク、フランス、ギリシャ、オランダ、イスラエル、イタリア、日本、メキシコ、ノルウェー、ポルトガル、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、トルコ、イギリス、アメリカ、そして西ドイツなど世界中の国々で発売された際のオリジナル・ジャケットの写真を再現した。 この『The Beatles: The Singles Collection』は、9月27日に発売されたザ・ビートルズの『Abbey Road』の50周年記念エディションに続くリリースとなる。 この新しい『Abbey Road』のスーパー・デラックス・セットでは、プロデューサーのジャイルズ・マーティンとミックス・エンジニアのサム・オケルによってステレオ、5. 1サラウンドとドルビー・アトモスのミックスが新たに施され、セッションや、デモ・レコーディングが23曲も追加で収録されていたが、そのほとんどが未発表曲だった。 『Abbey Road』の記念エディションのリリースによって、この象徴的なアルバムは世界中の国々で再び1位に輝いた。 イギリスでは正式なアルバム・チャートで49年と252日ぶりに1位の座を獲得し、ザ・ビートルズは自身のギネス世界記録を更新した。 それまでは『Sgt. 2019年11月22日発売 1962 [sleeve art: U. ] A: Love Me Do B: P.

次の

ディスカバー・ビートルズ

ビートルズ シングル

米国では I SAW HER STANDING THERE とのカプリングで発表されました。 両面ともジョンレノンがメインボーカル。 エドサリバンショーでジョンがこの曲を歌う姿は最高です。 英国では5枚目のシングル。 個人的には一番好きな曲です。 両面ともジョンレノンがメインボーカル。 個人的には一番好きな曲ですが、収録されてるアルバムが少なく、ちょっと残念です。 でも録音が始まって曲を聴いた瞬間、度肝を抜かれたという逸話が記されています。 両面ともジョンレノンがメインボーカル。 個人的には一番好きな曲です。 英国では人気の高い曲です。 アルバムにも収録されていますが、サントラ用に作られた曲ではありません。 B面はジョンのロックナンバーです。 単純な曲にも思えますが、ポールはこの曲で新しいコード進行をひらめく事が出来たと語っています。 ジョンとポールのツインボーカル。 B面はポールのロックンロールナンバー。 両面ともカバー曲ですが、今やビートルズのオリジナルといっていいほど有名なビートルズナンバー。 B面はジョージのボーカル。 レノン・マッカートニーナンバーですが、ボーカル担当はジョージ。 アウトテイクで聴けるジョンとポールのいろんなコーラスは、曲作りの様子が想像出来て、楽しいです。 2番の歌詞から、ポールとジョージのツインボーカルになります。 このシングルのジャケットは白黒ですが魅力的でした。 PLEASE MR. ジョンのせつないボーカルが曲を引き立てています。 ポールとジョージのバックコーラスもビートルズならではの雰囲気です。 でもジャケットに中期の写真を使用したのは理解出来ません。 東芝の製作スタッフは、ビートルズファンではなかったかも。 ジョンのボーカルスタイルや歌詞の内容が、この頃から変化しはじめました。 所さんの笑ってこらえて、朝までハシゴの旅に使用されています。 B面は、後に映画のイントロダクションにも使われて、楽しい映像とともにビデオクリップの走りと呼ばれています。 この曲もジョンのボーカルは最高です。 IF I FELL のジョンのボーカルは、PLEASE PLEASE ME と同様に天才的なものを感じます。 個人的に大好きな IF I FELL はビートルズの代表作とも云えると思います。 MATCHBOX はリンゴのボーカル、 SLOW DOWN はジョンのボーカルで、ともにロックンロールナンバーのカバー曲です。 ともにレノン・マッカートニーの作品ですが、素敵なダンスはジョージがボーカルを担当。 TELL ME WHY はジョンのボーカル。 I FEEL FINE はジョンのボーカル、 SHE'S A WOMAN はポールのボーカル。 ジョンとポールの持ち味の差がはっきりと聞き取れるシングルです。 I CALL YOUR NAME はオリジナルで、ジョンがボーカルを担当。 1枚目のこのシングルは両面ともオリジナルですが、あとの4枚はカバー曲が中心になります。 NO REPLY の歌詞でジョンに共感を持つ男性ファンも多いでしょう。 当時日本で一番売れたシングルというのは、ちょっと不思議ですが、リアルタイムはそういう時代だったのでしょうね。 特に日本人には、なじみの深い曲です。 EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY はジョージがボーカルをとるロックンロールナンバーのカバー曲です。 この邦題を思いついた人は凄いですね。 YES IT IS も歴史に残るジョンの名曲です。 歌詞は非常に残酷見たいですが...失恋していたのかな? HELP! のオープニングを飾る名曲。 この映画の中でも、ジョンは格好イイです。 なんでも鑑定団のテーマ曲としても有名ですね!B面の I'M DOWN は、ポールのとびっきりのロックンロールナンバー。 両面とも カバー曲だったからでしょうか。 でもいずれも好きな曲でジョンのボーカルは迫力があります。 ANNA のベースも味があってポールのセンスの良さを実感出来ます。 この辺が、ビートルズの魅力の原動力とも思えます。 両面ともポールの作品、ポールのボーカルですが、曲の流れや楽器の音色も、他のビートルズナンバーとちょっと雰囲気が違います。 曲の美しさもさることながら、失恋した男の気持ちが痛いほど伝わる、ポールの歌詞も最高です。 東京ドームでの3月3日のポールの初公演の時は泣いてしまいました。 2曲ともアンソロジーのビデオで演奏シーンが見られますが、ジョンレノンのユーモアには感心させられます。 ジョンレノンだって悩んでるんだなって思うと、励みになるファンも多いんじゃないでしょうか。 アルバム RUBBER SOUL よりピッキング。 B面はリンゴの味のある一曲です。 ここでもジョンとポールの曲作りの方向性が、はっきり見えてきます。 リンゴがボーカルをとってる曲の中では一番有名です。 B面はポール。 オリジナルはサイケ色の強いブラスロック調ですが、デモバージョンは、アコースティックなメロディに情緒的な詩が全面に出ています。 ビートルズが時空を越えて、その名を残せるのは、こういう曲の存在にもよると思います。 幅広いファン層にも人気のある作品。 I AM THE WALRUS は、通好みのジョンのロックナンバーです。 楽譜なんかを買ってきて自分で弾いてみても、以外に簡単なコード進行で、ちょっとその気分に浸れるかも知れません。 この曲が現在アルバムでしか聴けないのはちょっと残念です。 REVOLUTION は、これまたジョンが世界に向けたメッセージソングとして有名で、ビデオクリップに残されている演奏シーンも迫力満点です。 ホワイトアルバムに収録されているのは、なんか不思議な感じがします。 B面はエリッククラプトンとの競演でも有名なジョージの名曲。 特に DON'T LET ME DOWN は、ジョンが本音で歌を作っているという点が、世界中のアーティストから賞賛されています。 リンゴがドラムを叩いていたら、雰囲気が違っていたかも知れません。 B面はジョージの作品。 アビーロードのオープニング曲として有名。 この頃からジョンレノンの作品はビートルズの作品というよりソロの楽曲風のイメージになっていきます。 B面は同じくアビーロードからのジョージの代表作。 この曲をレコード通りにピアノで弾くには、相当テクニックが必要です。 B面はマジカルミステリーツアー時代に即興で作られた風変わりなポップナンバー。 ストーンズの今は亡きブライアンジョーンズのサックスが光ります。 B面はジョージの代表作。 ともにアビーロードからピッキングされています。 B面はジョージのソフトロックナンバー。 ともにアルバム LET IT BE よりピッキングされています。

次の