葛西 臨海 公園 野鳥。 葛西臨海公園の野鳥 オオタカ

葛西臨海公園の野鳥 : 気ままに野鳥と動物園

葛西 臨海 公園 野鳥

こんばんは、southzinniaです。 約半月ぶりの更新となりましたが、今回は先日6月8日に行って参りました東京都「」での野鳥撮影レポートを。 スタートは ラッシュを避けるためやや遅めの正午前、先日の「江戸川河川敷」に続き久々の野鳥撮影ということで、コンパクトに公園西側から公園側に向かって観察することに。 前回同様「蓮池」から。 ここではのペアが、優雅に泳ぎながらお出迎えしてくれました。 トップ写真の別カットですが、クロップの必要がない程近くに来てくれゆっくりと観察できました。 その後、特に成果が無いまま「芦ヶ池」方面へ。 芦ヶ池ではを中心とした混群が観察できました。 側頸の黒線が途切れているので幼鳥でしょうか。 周りの個体よりも忙しなく動き回っていて可愛かったです。 色素も薄めですね。 先ほどより近くに来てくれました。 先ほどの子とは色味が違いますが、こちらも幼鳥でしょうか。 10羽ほどの混群でしたが、上記のような幼鳥の割合が多かった気がします。 上記に加え、が数羽群れの中に確認できました。 どこかこの2種は特性が異なる気がしますが、よく一緒にいるのを目にしますね。 の別カット。 何かをのぞき込んでいるような写真が撮れました。 この混群を約1時間ほど、ゆったりと観察した後、公園側へ。 しかしが営巣しているということで大規模な区画制限がされており、特に目ぼしい野鳥は観察できず。 思った以上に来園客も多く、この日はこれで撤収することにしました。 がお見送りをしてくれました。 約3時間ほどと短い野鳥撮影でしたが、個人的には満足のいく結果でした。 この時期はどうしても珍しい鳥というのはなかなか観察できませんが、今回のように幼鳥が多く観察できるので個人的には好きです。 私事ですが転職に伴い引っ越しを決めまして、次回趣味が窘めるのはいつになるのか…何とも言えないところで御座います。 日常のちょっとした出来事でも記事にできればいいかもしれませんね。 当初の通り日記的な使い方で通すのであれば、そちらの方がいいのかもしれません。 そんなわけで、今回はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございました。 southzinnia.

次の

葛西臨海公園の野鳥 : 気ままに野鳥と動物園

葛西 臨海 公園 野鳥

こんばんは、southzinniaです。 約半月ぶりの更新となりましたが、今回は先日6月8日に行って参りました東京都「」での野鳥撮影レポートを。 スタートは ラッシュを避けるためやや遅めの正午前、先日の「江戸川河川敷」に続き久々の野鳥撮影ということで、コンパクトに公園西側から公園側に向かって観察することに。 前回同様「蓮池」から。 ここではのペアが、優雅に泳ぎながらお出迎えしてくれました。 トップ写真の別カットですが、クロップの必要がない程近くに来てくれゆっくりと観察できました。 その後、特に成果が無いまま「芦ヶ池」方面へ。 芦ヶ池ではを中心とした混群が観察できました。 側頸の黒線が途切れているので幼鳥でしょうか。 周りの個体よりも忙しなく動き回っていて可愛かったです。 色素も薄めですね。 先ほどより近くに来てくれました。 先ほどの子とは色味が違いますが、こちらも幼鳥でしょうか。 10羽ほどの混群でしたが、上記のような幼鳥の割合が多かった気がします。 上記に加え、が数羽群れの中に確認できました。 どこかこの2種は特性が異なる気がしますが、よく一緒にいるのを目にしますね。 の別カット。 何かをのぞき込んでいるような写真が撮れました。 この混群を約1時間ほど、ゆったりと観察した後、公園側へ。 しかしが営巣しているということで大規模な区画制限がされており、特に目ぼしい野鳥は観察できず。 思った以上に来園客も多く、この日はこれで撤収することにしました。 がお見送りをしてくれました。 約3時間ほどと短い野鳥撮影でしたが、個人的には満足のいく結果でした。 この時期はどうしても珍しい鳥というのはなかなか観察できませんが、今回のように幼鳥が多く観察できるので個人的には好きです。 私事ですが転職に伴い引っ越しを決めまして、次回趣味が窘めるのはいつになるのか…何とも言えないところで御座います。 日常のちょっとした出来事でも記事にできればいいかもしれませんね。 当初の通り日記的な使い方で通すのであれば、そちらの方がいいのかもしれません。 そんなわけで、今回はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございました。 southzinnia.

次の

葛西の公園・野鳥写真展 展示作品募集|葛西臨海公園|公園へ行こう!

葛西 臨海 公園 野鳥

こんばんは、southzinniaです。 約半月ぶりの更新となりましたが、今回は先日6月8日に行って参りました東京都「」での野鳥撮影レポートを。 スタートは ラッシュを避けるためやや遅めの正午前、先日の「江戸川河川敷」に続き久々の野鳥撮影ということで、コンパクトに公園西側から公園側に向かって観察することに。 前回同様「蓮池」から。 ここではのペアが、優雅に泳ぎながらお出迎えしてくれました。 トップ写真の別カットですが、クロップの必要がない程近くに来てくれゆっくりと観察できました。 その後、特に成果が無いまま「芦ヶ池」方面へ。 芦ヶ池ではを中心とした混群が観察できました。 側頸の黒線が途切れているので幼鳥でしょうか。 周りの個体よりも忙しなく動き回っていて可愛かったです。 色素も薄めですね。 先ほどより近くに来てくれました。 先ほどの子とは色味が違いますが、こちらも幼鳥でしょうか。 10羽ほどの混群でしたが、上記のような幼鳥の割合が多かった気がします。 上記に加え、が数羽群れの中に確認できました。 どこかこの2種は特性が異なる気がしますが、よく一緒にいるのを目にしますね。 の別カット。 何かをのぞき込んでいるような写真が撮れました。 この混群を約1時間ほど、ゆったりと観察した後、公園側へ。 しかしが営巣しているということで大規模な区画制限がされており、特に目ぼしい野鳥は観察できず。 思った以上に来園客も多く、この日はこれで撤収することにしました。 がお見送りをしてくれました。 約3時間ほどと短い野鳥撮影でしたが、個人的には満足のいく結果でした。 この時期はどうしても珍しい鳥というのはなかなか観察できませんが、今回のように幼鳥が多く観察できるので個人的には好きです。 私事ですが転職に伴い引っ越しを決めまして、次回趣味が窘めるのはいつになるのか…何とも言えないところで御座います。 日常のちょっとした出来事でも記事にできればいいかもしれませんね。 当初の通り日記的な使い方で通すのであれば、そちらの方がいいのかもしれません。 そんなわけで、今回はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございました。 southzinnia.

次の