オメガルビー技マシン。 【ポケモンORAS】おすすめのポケモンまとめ【オメガルビー・アルファサファイア】

【ポケモンORAS】技マシン一覧【攻略】

オメガルビー技マシン

本編でのわざマシン [ ] では、版(『』および『』)までの作品においては、作品ごとに50種類が存在する。 『』からは51番以降が追加されて計92種類に、『』ではさらに2種類が追加され計94種類に、『』ではさらに1種類追加されて計95種類に、『』、『』ではさらに5種類が追加され計100種類になった。 入手方法 [ ] プレイヤーが入手するには道端やダンジョンに落ちているものを拾ったり、をはじめとする特定の人物からもらったり、デパートで売っているものを購入したりゲームコーナーで所定のコイン枚数を集めたりする必要がある。 『ハートゴールド・ソウルシルバー』までは1つのプレイデータで入手できるのは1つずつである場合が多いが、デパートの売り物やゲームコーナーなどのミニゲーム・の景品になっているものなどは複数個入手できる。 後のシリーズほど複数入手できるものが増える傾向にあった。 『ブラック・ホワイト』以降は使用回数に制限がないため基本的に1つずつしか入手できない。 使用方法 [ ] 通常、ポケモンは特定のに上がった時に技を覚えるが、それとは別にわざマシンを使用することでレベルアップでは覚えられない技を覚えさせることができる。 『ハートゴールド・ソウルシルバー』までは使い捨てであり、1度使うと消滅する。 また、売ったり捨てたり持たせたポケモンを交換することで手放すことも出来る。 『ブラック・ホワイト』以降では使い捨てではなくなり、手放すことも出来なくなった。 また、売られているものは価格が高価になっている。 形状 [ ] 初期の作品においてはベルト状であったが(ゲーム内で姿形は見られないが関連書籍などで確認できる)、初めてゲーム中に外見が現れた『ファイアレッド・リーフグリーン』ではのような形で登場し、以降のシリーズにおいてもこの形状は共通している。 ポケモンの額に載せることで技を覚えさせるようである。 ひでんマシン [ ] わざマシンより上位の「 ひでんマシン」という物も存在する。 これはプレイを進めていくうえで必要あるいは使用が推奨される技(例としては水上を進むための「なみのり」、大きな岩を動かす「かいりき」など)を覚えさせる物である。 ひでんマシンは売ることができずいくら使用してもなくならないが、いわゆる「ハマリ」を防止するために覚えさせた技(秘伝技)は普通の方法では忘れさせることができない(ポケモンは4つまでしか技を覚えられない)。 また、この秘伝技を覚えているポケモンは異なるバージョンへの通信ができないことも多い。 ひでんマシンで覚えさせた技を忘れさせるには「わすれオヤジ(じいさん)」という人物のところへ行く必要がある(『金・銀』以降)。 当然ではあるが、ひでんマシン自体を手放すこともできない。 『』ではひでんマシン自体が廃止され、その場でライドポケモンを呼び出す「 ポケモンライド」というシステムに取って代えられた。 また、『』では相棒のピカチュウ・イーブイだけが使うことができる「 ヒジュツ」がひでんマシンの役割を果たすため、やはりひでんマシンは登場しない。 『』でもひでんマシンが引き続き登場しない。 わざレコード [ ] この節のが望まれています。 『』ではわざマシンとは別に、「 わざレコード」というアイテムも登場する。 こちらは第4世代までのわざマシンの扱いに近く、1回限りの使い捨て・複数所有できるといった特徴がある。 わざマシン・ひでんマシンの一覧 [ ] 番号 わざ01 メガトンパンチ ばくれつパンチ きあいパンチ つめとぎ ふるいたてる わざ02 かまいたち ずつき ドラゴンクロー わざ03 つるぎのまい のろい みずのはどう サイコショック わざ04 ふきとばし ころがる めいそう わざ05 メガトンキック ほえる わざ06 どくどく わざ07 つのドリル でんじほう あられ わざ08 のしかかり いわくだき ビルドアップ わざ09 とっしん じこあんじ タネマシンガン ベノムショック わざ10 すてみタックル めざめるパワー わざ11 バブルこうせん にほんばれ わざ12 みずでっぽう あまいかおり ちょうはつ わざ13 れいとうビーム いびき れいとうビーム わざ14 ふぶき わざ15 はかいこうせん わざ16 ねこにこばん こごえるかぜ ひかりのかべ わざ17 じごくぐるま まもる わざ18 カウンター あまごい わざ19 ちきゅうなげ ギガドレイン テレキネシス はねやすめ わざ20 いかり こらえる しんぴのまもり わざ21 メガドレイン やつあたり わざ22 ソーラービーム わざ23 りゅうのいかり アイアンテール うちおとす わざ24 10まんボルト りゅうのいぶき 10まんボルト わざ25 かみなり わざ26 じしん わざ27 じわれ おんがえし わざ28 あなをほる きゅうけつ わざ29 サイコキネシス わざ30 テレポート シャドーボール わざ31 ものまね どろかけ かわらわり わざ32 かげぶんしん わざ33 リフレクター れいとうパンチ リフレクター わざ34 がまん いばる でんげきは ヘドロウェーブ わざ35 ゆびをふる ねごと かえんほうしゃ わざ36 じばく ヘドロばくだん わざ37 タマゴばくだん すなあらし わざ38 だいもんじ わざ39 スピードスター がんせきふうじ わざ40 ロケットずつき まるくなる つばめがえし わざ41 タマゴうみ かみなりパンチ いちゃもん わざ42 ゆめくい からげんき わざ43 ゴッドバード みきり ひみつのちから ニトロチャージ わざ44 ねむる わざ45 でんじは メロメロ わざ46 サイコウェーブ どろぼう わざ47 だいばくはつ はがねのつばさ ローキック わざ48 いわなだれ ほのおのパンチ スキルスワップ りんしょう わざ49 トライアタック れんぞくぎり よこどり エコーボイス わざ50 みがわり あくむ オーバーヒート わざ51 ------------ はねやすめ サイドチェンジ はがねのつばさ わざ52 ------------ きあいだま わざ53 ------------ エナジーボール わざ54 ------------ みねうち わざ55 ------------ しおみず ねっとう わざ56 ------------ なげつける わざ57 ------------ チャージビーム わざ58 ------------ こらえる フリーフォール わざ59 ------------ りゅうのはどう やきつくす ぶんまわす わざ60 ------------ ドレインパンチ さきおくり わざ61 ------------ おにび わざ62 ------------ ぎんいろのかぜ アクロバット わざ63 ------------ さしおさえ わざ64 ------------ だいばくはつ わざ65 ------------ シャドークロー わざ66 ------------ しっぺがえし わざ67 ------------ リサイクル かたきうち スマートホーン わざ68 ------------ ギガインパクト わざ69 ------------ ロックカット わざ70 ------------ フラッシュ オーロラベール わざ71 ------------ ストーンエッジ わざ72 ------------ ゆきなだれ ボルトチェンジ わざ73 ------------ でんじは わざ74 ------------ ジャイロボール わざ75 ------------ つるぎのまい わざ76 ------------ ステルスロック むしのていこう そらをとぶ わざ77 ------------ じこあんじ わざ78 ------------ ゆうわく じならし わざ79 ------------ あくのはどう こおりのいぶき わざ80 ------------ いわなだれ わざ81 ------------ シザークロス わざ82 ------------ ねごと ドラゴンテール わざ83 ------------ しぜんのめぐみ ふるいたてる まとわりつく わざ84 ------------ どくづき わざ85 ------------ ゆめくい わざ86 ------------ くさむすび わざ87 ------------ いばる わざ88 ------------ ついばむ ねごと わざ89 ------------ とんぼがえり わざ90 ------------ みがわり わざ91 ------------ ラスターカノン わざ92 ------------ トリックルーム わざ93 ---------- ワイルドボルト わざ94 ---------- いわくだき ひみつのちから なみのり わざ95 ---------- バークアウト わざ96 ---------- しぜんのちから わざ97 ---------- あくのはどう わざ98 ---------- グロウパンチ たきのぼり わざ99 ---------- マジカルシャイン わざ100 ---------- ないしょばなし ひでん01 いあいぎり ------ ひでん02 そらをとぶ ------ ひでん03 なみのり ------ ひでん04 かいりき ------ ひでん05 フラッシュ きりばらい うずしお たきのぼり ------ ひでん06 ------ うずしお いわくだき ダイビング ------ いわくだき ------ ひでん07 ------ たきのぼり --------- ダイビング ------ ひでん08 --------- ダイビング ------ ロッククライム ----------• 『』では忘れた技を思い出せる「スーパーわざマシン」が使用できる。 ゲーム中ではこの名称で呼ばれることはなく、攻略本でのみ確認できる。 『』では同作品のみに登場する技「しんくうぎり」「すいへいぎり」のわざマシンが存在する。 これらの技はやといったわざマシンを使えないポケモンを含むほぼすべてのポケモンが習得できる。 『ルビー・サファイア・エメラルド・ファイアレッド・リーフグリーン』からポケモンや道具を『ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー』に転送することができる仕様上、第3世代と第4世代のわざマシンの内容は全て同一となっている(転送できないひでんマシンの内容は一部異なる)。 ポケモンこそ送れるが、道具を送れない『ブラック・ホワイト』では再び改訂されている。 本編と異なり、使用後も消滅せず「しようごマシン」という名称のアイテムとなり、技の一つ「リサイクル」を使用することで再び使用可能となる。 形状は本編同様のディスク状でこれの味や香りを好むポケモンも存在するが、ゲーム中では食べることが出来ない。 カードゲームでのワザマシン [ ] では「 わざマシン」ではなくの「 ワザマシン」という表記である。 効果も「一度だけその技を使用できる」というものであり、基本的にゲームのものとは別物と言える。 形状は立方体のようなものが多い。 また、石板や玉といった、おおよそマシンとは呼べないものも「ワザマシン」に分類されている。 このわざマシンには「ノーマル」と「スペシャル」があり、「ノーマル」は通常技、「スペシャル」はゲージが溜まると撃てる技をそれぞれ変更することができる。 脚注 [ ].

次の

技マシン・秘伝マシン一覧(ルビー・サファイア)

オメガルビー技マシン

チャンピオンロードで出現する野生ポケモン。 【1F・B1F】 No. ポケモン 入手方法・入手場所 初期データ - なし - - 【1F】 名前 入手場所・条件 なんでもなおし マップ西端の高い足場で拾う ゴールドスプレー [隠] マップ北の岩を調べる ピーピーエイダー [隠] マップ北の長い橋の手前にある岩を調べる 【B1F】 名前 入手場所・条件 ポイントアップ [要かいりき]マップ北端の東の方で拾う ピーピーマックス マップ北東の方の高い足場で拾う。 1Fから回り込んで来る わざマシン35 「かえんほうしゃ」 [要かいりき]マップ中央付近の大岩をどかした先で拾う かいふくのくすり マップ西端で拾う ハイパーボール [隠] マップ北西端にある岩を調べる 【2F】 名前 入手場所・条件 わざマシン81 「シザークロス」 [要なみのり・たきのぼり]マップ北西の滝を登った先の足場で拾う めざめいし ミツルとバトルした後にもらえる ブロムヘキシン [隠] マップ南西端を調べる [隠] : 隠しアイテム 【1F】 名前 手持ちポケモン 賞金 ポケモン Lv. 【B1F】 名前 手持ちポケモン 賞金 ポケモン Lv. タイプ 特性 たつじん タエ 45 かくとう いかく テクニシャン 3600円 45 かくとう こんじょう せいしんりょく エリートコンビ トリとイマ 47 いわ むし カブトアーマー 2820円 47 いわ くさ きゅうばん たつじん ゼンジロウ 47 かくとう がんじょう せいしんりょく 3760円 エリートトレーナー リョウヘイ 44 でんき ぼうおん せいでんき 2640円 44 ほのお ちからずく 44 どく ヘドロえき ねんちゃく ドラゴンつかい タツキ 47 みず ドラゴン すいすい スナイパー 2820円• エリートコンビのトリとイマとはダブルバトルになる。 【2F】 名前 手持ちポケモン 賞金 ポケモン Lv. タイプ 特性 ポケモントレーナー ミツル 46 ドラゴン ひこう しぜんかいふく 1920円 46 くさ どく しぜんかいふく どくのトゲ 46 ノーマル メロメロボディ ノーマルスキン 46 でんき はがね じりょく がんじょう 48 エスパー かくとう せいしんりょく• はエルレイドをメガエルレイドにメガシンカさせてくる。 暗い洞窟: チャンピオンロードの地下1階は薄暗いので、ポケモンの技「フラッシュ」があると進みやすくなる。 カチヌキさんちのリョウヘイ: 地下1階の西の方にいるエリートトレーナーは、111番道路に住むカチヌキファミリーの長男リョウヘイ。 使用するのは全て丸いポケモン。 リメイクでの変更点: チャンピオンロードの構造がリメイクで変わったことで、洞窟の途中出口からサイユウシティに出られるようになった。 途中出口から外に出ると技マシンを拾える。 また洞窟エリアの他に暗い森のエリアや、ミツル戦が行われる花畑のエリアができた。

次の

オメガルビー/アルファサファイア(ORAS)攻略|ポケモン徹底攻略

オメガルビー技マシン

この項では、『ポケットモンスター オメガルビー』と『ポケットモンスター アルファサファイア』を扱う。 概要 『ポケットモンスター オメガルビー』と『ポケットモンスター アルファサファイア』は、完全新作の3作目である GBA 用『』を、ニンテンドー3DS用にアレンジした である。 パッケージのポケモンは、『ルビー・サファイア』のパッケージを飾っていた、が「ゲンシカイキ」と呼ばれるパワーアップをした姿で、『オメガルビー』がゲンシグラードン、『アルファサファイア』がゲンシカイオーガ。 シナリオ、世界観、登場するキャラクターなどのベースは『ルビー・サファイア』と同じであるが、ゲームシステムが同じニンテンドー3DSで先行して発売された『』に準拠している。 ポケモンシリーズにおけるリメイクとして3作目の本作は、過去のリメイクである『』『』と比較すると、原作からのアレンジ色が濃いのが特徴で、その顕著な例として、ストーリーが『X・Y』で新登場した要素「メガシンカ」をめぐるものに改変されたことが挙げられる。 ゲームシステム 基本的なゲームシステムについては「」を、登場するポケモンについては「」を参照 『』のゲームシステムがベースになっているため、基本的な部分については、そちらのゲームシステムの項を参照すること。 ポケモンマルチナビ 下画面に表示される多機能型ツール群で、「ずかんナビ」「マップナビ」「テレビナビ」「プレイナビ」の4つの機能で構成されている。 ずかんナビ そのエリアに生息するポケモンを知ることができる要素。 エリアを問わず同じポケモンに複数回遭遇すると、「サーチレベル」が上昇する。 最初はシルエットでしか表示されなかったポケモンのアイコンは、一度捕獲することで完全に表示されるようになる。 このアイコンをタッチするとそのポケモンだけをサーチすることができ、サーチレベルに応じて出現するポケモンの「生まれつきの強さ」が変わったり、野生でありながらもタマゴ技を覚えた状態になることがある。 マップナビ 点在する施設だけではなく、ポケモンの分布、再戦可能なトレーナーとそのプロフィール、秘密基地の位置、木の実の生育状況がわかる。 テレビナビ これまでのシリーズにもあった民家のテレビで見られたニュースが、このナビで視聴できる。 プレイナビ 『X・Y』で初登場した要素、PSS、ポケパルレ、スパトレがここにまとめられている。 ポケモンコンテストライブ! 「」も参照 基本的に『ルビー・サファイア』のルールに準ずるが、新たなルールとしてメガシンカをするポケモンであればメガシンカすることが可能で、ポイントが更に高くなる。 通信機能を使ってマルチプレイをすることも可能。 また、コンテストの際には『ダイヤモンド・パール・プラチナ』同様、主人公は男の子女の子共に衣装に着替える。 コンテスト中の画面写真を撮ることが可能で、カメラ機能を使って実際の写真と合成することが出来る。 また、コンテストに参加すると会場の出入り口に主人公のファンが現れ、きのみをくれるなどして応援してくれる。 ポケモンコンテストに参加すると特別なポケモン「おきがえ」がもらえる。 コンテスト会場の控室の「衣装ケース」で着替えることにより、ハードロック・ピカチュウ、マダム・ピカチュウ、アイドル・ピカチュウ、ドクター・ピカチュウ、マスクド・ピカチュウになることができるほか、このピカチュウは通常では覚えられない技を覚えることもできる。 ただし、通常のピカチュウはこの変更することは不可能。 スーパーひみつきち 『ルビー・サファイア』で登場した「ひみつきち」を今作でも作ることが可能。 『ルビー・サファイア』のひみつきちに加え、「きちのもようがえ」で自由自在にグッズの向きの配置が可能になり、「ひみつのなかま」では主人公のサポートが可能となるシステムが追加され、バージョンアップされる。 での通信により、他のプレイヤーのひみつきちを拝見することも可能。 ひみつのなかま 他のプレイヤーのひみつきちに遊びに行き、スカウトして自分のきちに連れていける。 チーム名を付けることも可能で、バトルや「とくいわざ」のサポートを受けるなども出来る。 とくいわざ ひみつのなかまが使用できる特殊能力。 プレイヤーそれぞれ能力が異なり、冒険のサポートができる。 1人につき1日1回使用できる。 フラッグを一定数集めることで能力の種類を増やしたり、回数を1日2回にできる。 グッズがちゃがちゃ ひみつきちで使える「もようがえアイテム」を貰える。 タマゴなでなで タマゴの孵化速度を速めることが出来る。 しゅぎょうバンバン ポケモンのレベルを1上げることが出来る。 きのみシューシュー きのみを貰える。 おたからドコドコ 換金アイテムを貰える。 いしザクザク 各種しんかのいしを貰える。 ポケモンもみもみ ポケモンのなつき度を上げる。 ワンツーエクササイズ ポケモンのきそポイントを上げる。 きょうのうらない 特別なOパワーが発動する。 フラッグ 『ダイヤモンド・パール・プラチナ』で登場したシステム。 他のプレイヤーの「ひみつのパソコン」の横にある「フラッグ」を集めることで、「ひみつのなかま」の能力数や使用回数を増やすことができる。 フラッグをとれるのは1つのひみつきちにつき1日1回限定。 またひみつのなかまにした他プレイヤーから前日にそのプレイヤーが入手したフラッグを最大30本まで譲ってもらえる。 「ポケモンナビゲーター(ポケナビ)」「ポケモンコンテスト」「ひみつきち」は、それぞれ「ポケモンマルチナビ」「ポケモンコンテストライブ! 」「スーパーひみつきち」として、内容を大幅に変更して登場。 「そらをとぶ」はこれまでのシリーズでは街や一部の施設にしか移動できなかったが、今作では道路・水道・ダンジョンを含むほぼすべての場所へ移動できるようになった。 海外版では一部の文章・表現が変更されている。 ポケモン・わざ・とくせい• 202種類だった「ホウエンずかん」の収録数が増え、それに伴いポケモンの図鑑番号が変更されている。 追加されたのは、『ルビー・サファイア』の「ホウエンずかん」に含まれていたポケモンのうち、『ダイヤモンド・パール』以降に新たな進化系が追加されたもの。 ・・・・・・・・が該当する(『』のホウエン図鑑の順番であり、全国図鑑順とは異なる)。 メガシンカできるポケモンの追加。 ・はゲンシカイキして登場する。 グラードン・カイオーガ・の専用技の追加。 「隠れているポケモン」の実装。 珍しい道具や通常では覚えない技・特性・隠れ特性を持つポケモンが出現する。 ゲンシカイキしたポケモンとの戦闘後はホウエン図鑑掲載外のポケモンも隠れた状態で出現する。 特定のポケモンのみ、なみのり・ダイビング時の専用グラフィックが存在する。 ストーリー• 元の『ルビー・サファイア』のシナリオに、メガシンカにまつわるエピソードが加えられている。 『オメガルビー』でラティオス、『アルファサファイア』でラティアスは殿堂入り後の徘徊からストーリー中盤のイベントで必ずもらえる仕様になった。 『エメラルド』で追加・変更された要素はほとんど存在しない。 伝説のポケモン・レックウザをメインとする新たなストーリー「エピソード・デルタ」が追加された。 『ルビー・サファイア』におけるレックウザはストーリー本編に絡むことがなく、『X・Y』におけるのような扱いであった。 登場人物 詳細は「」を参照 町や道路ではなく、「マボロシのばしょ」という形で様々な地形の小さな島が追加されている。 珍しいポケモンが生息している傾向にあるが、特にホウエン地方以外の伝説のポケモンと遭遇するための舞台になっている。 音楽 発売日 タイトル 2014年12月3日 このサウンドトラックCDには、すでに廃盤になっている『ルビー・サファイア』のサウンドトラックCD「」の楽曲もすべて含まれている。 キャンペーン• 早期購入者特典として、メガストーンを持った「色違いのダンバル」がふしぎなおくりもので配信される。 「月刊コロコロコミック11月号」を始めとした雑誌やウェブサイト、店頭などで特別体験版をダウンロードするためのシリアルコードが配布された。 特別体験版ではこのために用意された特別なシナリオを遊ぶことができ、一部のポケモンや道具は製品版に送ることもできる。 後にこの特別体験版は2016年8月2日から9月30日までの期間限定で一般配信が行われている。 一部のポケモン関連商品に同梱される「ポケモンスクラップ」に記載されたシリアルコードをウェブサイトで入力することで、その数に応じて幻のポケモンであるシェイミ・ケルディオ・ビクティニや、きんのたま・いいキズぐすり・ゴージャスボール・ふしぎなアメ・マスターボールといった道具が手に入る「幻のポケモンたちをもらおう!キャンペーン」が行われた。 「月刊コロコロコミック12月号」に、『オメガルビー』でラティアス、『アルファサファイア』でラティオスを捕まえるためのイベントに必要なアイテム「むげんのチケット」を引き換えるためのシリアルコードが付属する。 『(以下『スマブラ3DS』)』と『オメガルビー』または『アルファサファイア』を購入すると、もれなくバーチャルコンソール『』と、『スマブラ3DS』の必殺ワザを覚えたがプレゼントされる。 この2つのプレゼントは、『スマブラ3DS』に参戦する最古キャラクター()と最新キャラクター(ゲッコウガ)にちなんだものである。 プロモーション 映像 『オメガルビー・アルファサファイア』の紹介スペシャルムービー。 アニメーション制作は。 キャスト• 主人公(男の子) -• 主人公(女の子) -• ダイゴ -• ツツジ -• たんぱんこぞう -• ポケモン - 、、、、、• ナレーション - スタッフ• 監督 -• アニメキャラクターデザイン - 堤舞• その他• 『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』以来、約5年ぶりのリメイク作品となり、本作では『ルビー・サファイア』の日本国内発売日(2002年11月21日)と同じ11月21日の日付で日本国内での発売を開始することになった。 から本来は土曜日(あるいは祝日)に設定される が、11月21日であることが優先されたため、本作は金曜日に発売開始となる。 本作の日本国内発売日(2002年11月21日)と同日に、以下の関連商品が発売および配信された。 Newニンテンドー3DS グラードン エディション• 本作のソフトは含まれない。 限定のテーマ機能「グラードン・ゲンシグラードン」「カイオーガ・ゲンシカイオーガ」をダウンロードできるダウンロード番号がついてくる。 Newニンテンドー3DS カイオーガ エディション• 本作のソフトは含まれない。 限定のテーマ機能「グラードン・ゲンシグラードン」「カイオーガ・ゲンシカイオーガ」をダウンロードできるダウンロード番号がついてくる。 Newニンテンドー3DS専用 きせかえプレート No. 040• Newニンテンドー3DS本体に取り付けるプレート。 プレート上側はグラードン・ゲンシグラードンを、プレート下側はカイオーガ・ゲンシカイオーガをデザインしている。 ニンテンドー3DS テーマ 「ポケモン ゲンシグラードン・ゲンシカイオーガ」• ニンテンドー3DSシリーズで使える、HOMEメニューのテーマ機能のひとつ。 ファミ通. com 2016年11月10日. 2016年11月10日閲覧。 2016年3月23日閲覧。 任天堂. 2020年5月9日閲覧。 株式会社ポケモン. 2015年5月22日閲覧。 2014年11月19日閲覧。 ハートゴールド・ソウルシルバーにおけるジョウト図鑑でも金銀における新しい図鑑順に図鑑番号が割り当てられているが次作 ここではルビー・サファイア 以降に登場したポケモンは特定の技を覚えた状態でレベルアップによって進化したポケモンに限って追加されている。 ・・カイオーガ。 『X・Y』ではが該当した。 『エメラルド』で登場した「バトルフロンティア」「トレーナーヒル」「げんえいのとう」などのダンジョン・施設は今作には登場せず、アクア団・マグマ団とグラードン・カイオーガはそれぞれのバージョンにしか登場しない。 強いて言うなら初回殿堂入りの時に金銀世代の最初の3匹のうち1匹がもらえる程度。 『Nintendoプレゼントソフトカタログ2014年・冬』より。 『Nintendo Direct 2014. 6』より。 一部の外伝・派生作品には当てはまらないが、2008年3月20日発売の『ポケモンレンジャー バトナージ』以降、土曜日あるいは祝日に発売される作品が多くを占めている。 本編としては2006年9月28日 木 発売の『』以来8年ぶり、リメイク作品としては2004年1月29日 木 発売の『ファイアレッド・リーフグリーン』以来、10年ぶりである。 関連項目• 外部リンク• (ポケットモンスターオフィシャルサイト)•

次の