生理 発熱 37度。 【コロナ/体温】36.8度や37度って平熱?発熱?

生理前の体温は何度まで大丈夫?37℃以上の場合は?

生理 発熱 37度

ここ数日、夕方から体温が上昇して36. 8度や37度になります。 でも、昼前や午後8時を超えると36. 3度以下に下がります。 3度って感じですが、コロナ状況下ではどうしても体温上昇時に過剰反応してしまいます。 「37度の微熱ってこういうこと?」とか「これは予兆で、ここから急上昇?」などの不安が脳裏をよぎります。 そこで、36. 8度や37度という体温は平熱なのか発熱なのかということです。 結論から言いますと、一般的に36. 8度や37度という体温は平熱であり、心配は不要です。 特に私のようにここ数日夕方から夜にかけての上昇は、そもそも人の体温が高くなるのが夕方であり、ここ数日の気温の急上昇がそれに拍車をかけただけの現象でした。 まあ、暑ければ体温も上がるのは当然ですし、日が沈んで気温が下がれば体温も下がるでしょうし、杞憂でした。 そんなわけで安堵できたので、今回は自身が確認した体温の情報を記事にしてみました。 平熱って何度? テルモ株式会社の公式ページに、「日本人の体温(平熱)は、平均36. 」と載っています。 10歳から50歳前後の健康な男女3,000人以上を対象とした体温の調査(ワキ下検温)をしたところ、全体の約7割の人が36. また、日本人の7割くらいは、体温が36. さらに、公式サイトでは「早朝は低く、夕方に高くなる体温」というタイトルで次のように記載されています 「体温は、熱が出る病気にかかっていなくても、運動、時間、気温、食事、睡眠、女性の生理周期、感情の変化などにより変動しています。 また、ヒトには朝・昼・夜と、24時間単位の体温リズムがあります。 これを「概日リズム」といいます。 普通は1日のうちで早朝が最も低く、しだいに上がり、夕方が最も高くなります。 」 へ~、そうなんだと納得しました。 3度の体温変化って、問題なさそうですね。 今まで適当に検温していたので、このように1日の体温の差があるとは知りませんでしたし、自分の時間的な平熱など分かっていませんでした。 発熱って何度? テルモ株式会社の公式ページでは、発熱については人それぞれとしています。 人によって平熱に大きな違いがあるため、発熱の基準も一概にはいえず、自分の平熱より明らかに高ければ発熱だということになるとしています。 そこで、時間帯ごとの平熱を測っておくが必要になります。 何故なら時間帯ごとの平熱を知らなければ発熱を判断することはできませんから。 公式サイトによれば、時間帯などについて次のように記載されています。 「起床時、昼食前、夕方、就寝前の計4回体温を測り、時間帯ごとの平熱としておぼえておくと、発熱を正しく判断できます。 この場合、食後すぐは体温が上がりますから、食前や食間に検温するのが適切です。 また平熱の測定は1日だけでなく、日を置いて何回か測ってみましょう。 高齢者の場合は気温が高いと高め、気温が低いと低めで体温が安定してしまうことがありますので、季節によるちがいも調べておくといいでしょう。 」 一口に発熱と言っても色々難しいですね。 ちなみに、日本の感染症法では37. 以前まであったPCR検査の条件の「37. なぜ37. 5度を上回る人はそういないことから発熱を37. 5度以上にしたのではないかと言われています。 話は変わりますが、最近、テレビで病院やショッピングモールで非接触性の体温計による検温シーンをよく見かけます。 あれは便利ですよね。 うちの場合、ワキの下にはさむ安価な体温計で、ピピピッ!といつ鳴ったかも分かりづらく、鳴るまでの時間も長いです。 そこで、商品の価格などを確認したところ、意外と安いので驚きました。 数万円するのでは?と思っていたのですが、最近の非接触性の体温計は1万円もしないのですね。 ビジネス等用はもちろん、家族が多い家庭でも時間別の平熱検温には便利だと思います。 まあ、時代はどんどん進化しているようですね(笑 第2波、第3波はもちろん、WITHコロナの時代になった今、自身や家族の健康については今まで以上に気をつけなければいけませんね。 今年の夏は湿度も気温も高くなるといわれてますので、みなさんも、正しい検温で健康にご留意して下さい。 必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

次の

生理中に微熱でだるい…これって生理のせい?風邪?生理前の不調の原因はPMS(月経前症候群)かも?!

生理 発熱 37度

まず37度台の熱に気づいた場合、適切な対処法は何か聞いてみたところ、「家で安静にする」と回答した医師が69%と最も多く、続いて「水分補給をこまめに行う」と回答した医師が63%となりました。 次に、38度台の熱に気づいた場合の適切な対処法についても聞いたところ、「家で安静にする」が62%と一番多く、「水分補給をこまめに行う」が61%と続きました。 38度台の場合でも37度台の時と同様に、家で出来る対処法を勧める意見が過半数を超える結果となりました。 最後に39度以上の熱における適切な対処法を聞いてみたところ、「病院を受診する」と回答した医師が54%と最も多く、続いて「水分補給をこまめに行う」と回答した医師が50%となりました。 39度以上になるとインフルエンザを疑うというコメントも多く、病院受診を勧める声が多くみられました。 熱の症状がある時にどう対処すれば良いか悩んだ経験はありませんか? 熱の症状って、体温によっては辛さや症状が異なることがありますよね。 37度の熱と、39度の熱では、適切な対処法も変わってきそうなイメージがあります。 特に、何度の熱であれば病院を受診すべきか、専門家の意見が気になる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、一般内科、総合診療科医518人に、発熱した際の体温別(37度・38度・39度以上)の適した対処法について聞いてみました。 37度台の発熱の際に適した対処法って何? 「37度台の熱に気づいた場合、適切な対処法はなんですか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 家で安静にする• 身体を温める• 水分補給をこまめに行う• 消化しやすい食事をとる• 病院を受診する• 解熱剤を使用する• その他 以下のグラフが結果となります。 集計の結果、家で安静にすると回答している医師が69%と一番多く、水分補給をこまめに行うが63%とこれに続きます。 どちらも家で出来る対処法が過半数を超える結果となりました。 では、それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。 37度台の熱の場合は、まずは家で安静に!• 60代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・解熱剤を使用する 先ずは安静でしょう。 60代男性 一般内科 家で安静にする 37度台なら特に何も必要ないと思います。 50代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う とにかく水分補給ですね。 30代女性 一般内科 水分補給をこまめに行う 37度台であればそれほど気にしなくていいです。 40代男性 一般内科 家で安静にする 家で安静にしていることです。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う 安静が一番と思います。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 体を休めて、しっかり栄養を取り、水分摂取を促します。 60代男性 一般内科 家で安静にする 休息と安静が基本と思います。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 水分および栄養を取って休む以外の方法はないのでは。 60代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 基本は水分をしっかり摂取し、安静にすることでしょう。 医師の回答を見ると 安静に、水分補給をとのコメントが一番多く見られました。 医師のコメントでは、37度台の発熱であれば、まずは安静を勧めるという意見や、休む以外の方法はないという意見もありました。 37度台の発熱のときは、そこまで神経質にならずに、しっかりとした水分補給を心がけ、家で休息することが大事そうです。 38度台の発熱の際に適した対処法って何? 続いて、「38度台の熱に気づいた場合、適切な対処法はなんですか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 家で安静にする• 身体を温める• 水分補給をこまめに行う• 消化しやすい食事をとる• 病院を受診する• 解熱剤を使用する• その他 以下のグラフが結果となります。 ここでも家で安静にすると回答している医師が62%と一番多く、水分補給をこまめに行うが61%とこれに続く結果となりました。 37度台の発熱の時と同様に38度台の発熱でも、家で出来る対処法が過半数を超えていました。 ですが、病院を受診するという意見については、37度台の時と比較すると増加しています。 では、それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。 38度台の熱には、しっかりとした水分補給を意識して安静に• 40代女性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる とりあえずは、水分補給です。 50代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う 水分補給をこまめに行うといいです。 50代女性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 水分補給は必要です。 インフルエンザを疑うときは、半日以上たってから。 40代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 水分補給と栄養を取ることが大事です。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う 水分はたもつ方向で管理します。 50代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う 怖いのは脱水です。 水分をしっかり摂りましょう。 50代男性 一般内科 家で安静にする・身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する あたたかくして安静にして汗をかくことです。 40代男性 一般内科 身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 身体を温める、水分補給をこまめに行うことです。 60代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う まずは安静にして水分を十分にとることです。 医師の回答を見ると ここでも安静にする事・水分補給をしっかりとるとのコメントが一番多く見られました。 ただ、38度台の熱になると「インフルエンザを疑うときは、半日以上たってから」といった受診のタイミングについてのコメントも見られました。 37度台の時と基本的な対応は同じでも、受診するタイミングを逃さないようにする必要がありそうです。 39度以上の発熱の際に適した対処法って何? 最後に「39度以上の熱に気づいた場合、適切な対処法はなんですか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 家で安静にする• 身体を温める• 水分補給をこまめに行う• 消化しやすい食事をとる• 病院を受診する• 解熱剤を使用する• その他 以下のグラフが結果となります。 ここでは 病院を受診すると回答している医師が54%と一番多く、水分補給をこまめに行うが50%とこれに続く結果となりました。 39度以上の発熱になると、病院を受診することが推奨される状況のようです。 では、それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。 39度以上の熱の場合は、受診をすすめる声が多い• 60代男性 一般内科 病院を受診する・解熱剤を使用する 39度以上なら病院を受診すべきと思います。 60代男性 一般内科 病院を受診する 絶対に病院を受診することです。 50代男性 一般内科 病院を受診する 大至急受診すべきであります。 50代男性 一般内科 病院を受診する 受診するのがいいと思います。 50代女性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する・解熱剤を使用する 39度以上の場合には 病院受診が望ましいです。 40代男性 一般内科 家で安静にする・身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する さっさと受診して、原因を加療した方がよいです。 60代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する 絶対に医療機関の受診を勧めます。 50代男性 一般内科 病院を受診する まずは原因を鑑別しましょう。 30代男性 一般内科 病院を受診する・解熱剤を使用する インフルの時期なら受診です。 50代男性 一般内科 病院を受診する インフルエンザの検査をします。 50代男性 一般内科 家で安静にする・身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する インフルエンザの可能性があるため病院に行くのが良いでしょう。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・病院を受診する・解熱剤を使用する 水分は保つ方向で管理します。 医師の回答を見ると 病院を受診した方が良い・インフルエンザの可能性ありとのコメントが多く見られました。 やはり39度以上の高熱になると、家で出来る対処法だけでなく、病院で医師に診てもらうことを推奨する意見が多くなりました。 また、38度の発熱とも共通していたのが水分補給の大切さです。 発熱した際は、普段より少し多めに飲むぐらい意識しても良いかもしれません。 38度までの発熱であれば水分補給、安静が第一。 39度を超える場合は、まず病院受診の検討を。 今回は、発熱した際の体温毎(37度・38度・39度以上)の適した対処法についてみていきました。 本調査によると、37度・38度の発熱の際は家で安静にし、水分補給をしっかりすることが、適した対処方法として推奨されていました。 しかし、39度以上になるとインフルエンザを疑う声も多く、病院の受診を勧める声が過半数を超える結果となりました。 39度を超える発熱の場合には、病院の受診を選択肢に入れて考えるのが大事と言えそうです。 詳しくは、以下のイシコメの記事をご参照ください。

次の

【医師監修】この熱は妊娠初期症状? 妊娠時の体温と熱について

生理 発熱 37度

日本人の平熱は平均的には36. 6~37. 2度といわれています。 平熱が平均的な範囲の人では、37~38度未満が微熱、38度~39度未満が中等度熱、39度以上が高熱の目安になります。 普段から平熱が低い低体温の人では、発熱の基準が異なるのであくまで目安としてください。 インフルエンザを発症すると、免疫のはたらきで体温が急激に上昇し、38度以上の高熱や全身の痛み、倦怠感などの症状が急激に進行します。 【インフルエンザの特徴】 ・潜伏期間:1日~3日 ・症状:38度以上の高熱、関節痛や筋肉痛などの全身症状、咳、鼻水、くしゃみなどの呼吸器症状、腹痛、下痢などの消化器症状など インフルエンザの症状について詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 診断後の熱の下げ方 38. 5度以上の熱が出ていて、つらい場合は、解熱剤の使用を検討しましょう。 ただし、38. 5度以上であっても、つらくなく水分も問題なく摂れるようであれば、必ずしも解熱剤の必要はありません。 病院で抗インフルエンザ薬とともに解熱剤が処方されている場合は、医師の指示のもと用法用量を守って使用します。 インフルエンザのときには、アセトアミノフェンという成分の解熱剤が使用されます。 処方薬ではやなどの解熱剤が処方されます。 アセトアミノフェンの解熱剤は効果が緩やかなので、目に見えて熱が下がらないことがあります。 使用後30分~1時間ほど経ってから、0. 1度でも下がっているなら解熱剤はちゃんと効いているので、経過をよく観察しましょう。 また、夜間や休日など病院に行けないときの高熱は、市販の解熱剤を活用するのもひとつの手です。 インフルエンザのときに市販の解熱剤を使う場合の注意点は関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザの発熱は、個人差はありますが3日~4日ほどで37度台まで落ち着いてきます。 熱が下がり始めるとつらい症状も改善されて、普段通り動けるようになりますが、ウイルスが完全に体からいなくなったわけではありません。 また、微熱程度や症状が軽い場合でも、体内にはインフルエンザウイルスを保持している可能性が高いため、外出を控えて安静にしましょう。 微熱であれば学校や会社に行ける? インフルエンザで高熱がおさまり微熱になっても体内にウイルスが存在している限り、周りに感染するおそれがあります。 インフルエンザの感染拡大の予防策として、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまでは学校などへの出席は停止することが望ましいとされています。 インフルエンザウイルスの感染力が最も強いのは症状が出てから2〜3日後です。 解熱後や発症後もしばらくの間は感染力の強いウイルスを体内に保持しているため、十分に警戒しましょう。 インフルエンザの出席停止について詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザは発症後72時間でウイルス量がピークに達します。 そのあとは徐々にウイルスも減っていき、多くの場合、1週間も経つ頃にはウイルスが体内から消えていきます。 発症から1週間経っても症状がおさまらず熱が続くなどの場合は、合併症などを引き起こしているおそれがあるため、再度病院を受診してください。 インフルエンザの中でも、インフルエンザA型は38~40度の高熱が急激に出ることを特徴としていますが、インフルエンザB型の場合、微熱が続いたりほとんど熱がでないケースもあります。 高熱がでないため風邪と間違いやすく、適切な治療をせず悪化することもあります。 熱が上がったり下がったりする 幼児に発症しやすい症状に「二峰性(にほうせい)発熱」があります。 二峰性発熱では、一度熱が下がっても再び発熱がぶり返します。 インフルエンザの熱のぶり返しについて詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 高熱が出た時に一番注意しなくてはいけないのは脱水症状です。 人間は発熱を起こすと体温を下げようと大量の汗をかき、体内の水分が失われるため、脱水症状を引き起こしやすくなります。 脱水症状が起こると、めまい、吐き気、頭痛などが起こり、特に乳幼児や高齢者は症状が悪化すると重大な危険につながる危険性もあります。 熱が出たときに備えて脱水症状対策を確認しましょう。 水分補給はこまめに行う 脱水症状は水分だけでなく、ミネラルも失われています。 塩分不足の状態で水分のみを大量に摂取すると、体内の塩分がどんどん薄くなってしまいます。 経口補水液やスポーツ飲料は水分だけでなくナトリウム(塩分)やビタミンが含まれ、体への吸収も早いのでおすすめです。 水分補給は複数回に分けてこまめに行うようにしてください。 吐き気がひどい場合は一度に大量の水分を飲むと吐いてしまうことがあるので、ペットボトルのキャップ1杯分を何回にも分けて飲むようにしてください。 また子どもや血糖値が気になる方は、経口補水液やスポーツ飲料を水で2〜3倍に薄めて飲むのがおすすめです。 おわりに インフルエンザの特徴は発熱です。 高熱が出たときの対処法や、熱が出なくてもインフルエンザの可能性があることをしっかり理解しておくことで、迅速な治療につながります。 インフルエンザを疑う症状があり具合が悪い場合は、医療機関を受診してください。 インフルエンザの疑いで病院を受診する目安・タイミングは、関連記事をごらんください。

次の