ライオンキング声優。 ライオンキングアニメの吹き替え日本語版の声優はだれ?挿入歌一覧も紹介!

ライオンキング(実写)の日本語吹き替えがひどい?声優一覧まとめ

ライオンキング声優

ディズニー映画の最高峰『ライオン・キング』が、公開から25年を経て超実写版『ライオン・キング』として再びスクリーンへ帰ってきました。 数あるディズニー作品の中でも、歌・キャラクター共に、未だに世界中に愛されている代表作品の一つです。 ストーリーはオリジナル作品と全く同じでありながら、すべてがCGのためアニメ版以上の大迫力と圧巻の映像美が楽しめます。 そして何より注目なのが、監督、そしてキャラクターの声です。 監督を務めるのはマーベル作品の俳優としても知られ、『ジャングル・ブック』を監督したジョン・ファヴロー。 声優には主人公シンバ役はドナルド・グローヴァー、ナラ役には世界の歌姫ビヨンセ、ムファサ役にジェームズ・アール・ジョーンズ、スカー役にキウェテル・イジョフォーが出演しています。 2019年夏を代表する話題作の1本です。 ぜひ、ご家族・友人・大切な人と観てほしい作品です。 実写映画『ライオン・キング』吹き替え声優キャスト一覧 実写映画『ライオン・キング』の豪華声優キャストを紹介します。 アフリカ・サバンナの王ムファサ 王ムファサが暮らすのは、サークルオブライフにより動物たちが幸せに暮らすプライドランド。 王ムファサと王妃サラビの間に生まれたシンバは、いつか父のような強く、勇敢な王になることを夢見ていました。 しかし、王ムファサの弟でありながら、自身が王になれなかったことを不満に思い、ムファサとシンバがいなくなることを願っていたのです。 弟スカーの王ムファサに対する反抗 ハイエナたちと兄を恨むスカーは共謀し、スカーは自身が王になる野望を叶えるべく、シンバをヌーが大移動する谷へおびき寄せ、シンバを助けに来た王ムファサを谷から突き落とし殺してしまいました。 シンバは自分のせいで父が死んだという罪悪感と、シンバを殺そうとするハイエナたちの追跡により国を追われました。 絶望の中、行き倒れていたところ、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンに助けられ、彼らとともに新たな土地で暮らし始めます。 そこでは、嫌なことだってどうにかなる、心配ないという意味の 「ハクナマタタ」という生き方を学び、シンバは立派な雄ライオンへと成長するのでした。 プライドランドの崩壊 新たな王スカーとハイエナたちにより、以前はサークルオブライフを保っていた王国も、草木が枯れ、生き物がいない土地へと姿を変えてしまいました。 そのような危機的事態を救うべく、シンバの幼なじみの雌ライオンのナラが本当の王シンバを探しに行くのでした。 助けを求めて国を飛び出したナラは、偶然にもシンバたちと再会を果たします。 しかしプライドランドへ戻ってきてほしいと頼むも、シンバは父の死の責任から王位を放棄しようとします。 その後、王であり父であるムファサからの言葉が、シンバの心を変えるのです。 過去と向き合うことを決意したシンバはナラ、ティモン、プンバァと共にプライドランドへ戻ることに。 スカーとの対決 かつてのプライドランドを取り戻すため帰還したシンバは、家族や友と協力をして、スカーとハイエナたちを倒し、プライドランドに平和を取り戻しました。 そしてシンバは新たな王となり、王妃となったナラとの間には新しい生命が誕生しました。 実写映画『ライオン・キング』感想や見どころ 近年、『美女と野獣』『ダンボ』『アラジン』など、ディズニーの実写化がブームとなっていますが、ついに不朽の名作『ライオン・キング』が実写化されたことにより、喜ぶディズニーファンは多いのではないでしょうか。 オールCG作品となっていますが、クオリティが高すぎて本物の映像も含まれているのではないかと驚くシーンも多くあります。 ストーリーだけでなく、あの有名な楽曲たちも再び観客を楽しませ、感動させてくれること間違いなしの作品になっています。 アニメ版との大きな違い 動物がとてもリアルに描かれていることから、アニメ版では当たり前の非現実的な動物の行動シーンも、ストーリーはそのまま、現実的な描写へと変わっており、その違いを見つけるのも何度も見ているファンにとっては楽しめるポイントではないでしょうか。 ぜひ映画館で迫力のある映像美と楽曲を楽しんでください。 実写映画『ライオン・キング』は2019年8月9 日 金 公開 アメリカでは2019年7月19日公開され、日本では2019年8月9日の全国で公開されます。 上映劇場は公式サイトから探せます。 何度も何度も観ても飽きない素晴らしい作品です。 また、エルトン・ジョンが手がける聞き覚えのあるミュージックは本編随所で流れますので、BGMとして聞いているだけでも気分が盛り上がるでしょう。 ディズニーアニメ『ライオン・キング』は、下記の動画配信サービスで視聴できます。 ディズニーアニメ『ライオン・キング』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されていますが、 U-NEXT・ビデオパスであれば、初回の無料登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。 ディズニーアニメ『ライオン・キング』を今すぐ観たい方はU-NEXT 『ライオン・キング』の動画と、その他の映画を無料で視聴したい方にオススメなのがU-NEXTです。 U-NEXTでは、 31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は、初回登録時に600ポイントがもらえます。 『ライオン・キング』は、U-NEXTだと324円で配信されており、600ポイントを使って無料で見ることができます。

次の

賀来賢人ら声優『ライオン・キング』プレミアム吹替版予告、シンバの父ムファサ役に大和田伸也の続投が決定(2019年7月12日)|BIGLOBEニュース

ライオンキング声優

A ベストアンサー キャストは以下の通りです。 カッコ内は(オリジナル版声優/日本語版声優)です。 buenavista. jsp? buenavista. buenavista. jsp? buenavista. おそらくですが、 「華村りこ」さん、という方ではないかと。 (山下由紀子さんは、パーカッショニストらしいので、 歌唱をしているのは、女性では、この方では?) 調べた結果、以下の方(敬称略)も、そうかも?という候補です。 麻生かほ里・ 板橋亜美・伊東恵里さん アマゾンなどの参考リンクを張ります。 amazon. php? おそらくですが、 「華村りこ」さん、という方ではないかと。 (山下由紀子さんは、パーカッショニストらしいので、 歌唱をしているのは、女性では、この方では?) 調べた結果、以下の方(敬称略)も、そうかも?という候補です。 麻生かほ里・ 板橋亜美・伊東恵里さん アマゾンなどの参考リンクを張ります。 amazon. A ベストアンサー 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。 これを捜査と言います。 被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。 それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。 ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。 入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。 この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。 「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。 具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。 この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。 しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。 これが「勾留」です。 勾留は最大10日間身柄を拘束できます。 なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。 ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。 ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。 そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。 これを「検察官送致、略して送検」と言います。 無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。 検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。 このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。 これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。 ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。 さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。 全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。 身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。 たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。 しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。 これを「書類送検」と呼んでいます。 書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。 正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。 つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。 と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。 というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。 まとめれば、 1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。 2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。 3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。 4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。 5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。 ということです。 そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。 身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。 しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。 既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。 なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。 例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。 ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。 そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。 もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。 ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。 ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。 しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。 その後どうなるかはその後の話です。 無論、逮捕だけでも前科は付きません。 逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。 ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...

次の

【悪役】ライオン・キングのスカーとは?プロフィール&トリビア!スカーの本名・アニメ版&実写版の声優も!

ライオンキング声優

オーディションでこの役を獲得したは、昨年放送されたドラマ「今日から俺は!!」で一躍ブレイクを果たした注目の俳優。 本作で映画の吹き替えに初挑戦した。 小さい頃から『ライオン・キング』が大好きで、年下の友人が劇団四季でヤングシンバ役を務めるなど、同作との縁を感じていたそうで「自分も小さい子供がいるので、絶対にシンバ役をやりたいなと思っていたら今回(役を)いただいたので、全身全霊でやらせていただきました」と熱い思いをのぞかせた。 スカー役:江口洋介 不公平だと世の中を憎み、王の座を狙う狡猾なムファサの弟・スカー役を務めるのは。 監督が手掛けたアニメーション映画『』で声優経験のある江口だが、映画の吹き替えは初となる。 今回の吹き替え声優挑戦については「すごく難しかったですね。 英語のタイミングに日本語を合わせていくという難しさが(ありました)。 全部で5日間くらい録っていただいたんですが、結構大変な作業でした」と苦労を明かしていた。 [PR] プンバァ役:佐藤二朗 王国を追放されて行き倒れていたシンバの命を救い、やがて親友となる陽気なイボイノシシ・プンバァの声を担当するは、ディズニー作品では『』の日本語吹き替え(ビンボン役)以来、2度目となる声の出演。 監督のアニメーション映画『』でも声優経験がある。 7歳の息子がいる佐藤は、「『インサイド・ヘッド』の時は当時3歳の息子と初めて映画館に行けたんです。 あまり子供の教育上良い役をやったことがないものですから、このお話をいただいた時は『また息子と映画館に行ける』と(思いました)」と笑みを浮かべていた。 ティモン役:亜生(ミキ) プンバァの相棒で、少し毒舌だが仲間思いのミーアキャット・ティモンに声を吹き込むのは、お笑いコンビ・の。 『』の日本語吹き替え版に声優としてカメオ出演した経験はあるものの、本格的な映画の吹き替えは今回が初となる。 兄で相方のといる時に声優決定の知らせを聞いたそうで、「タクシーの中でマネジャーが『亜生さん、ティモンの声優が決まりました。 プンバァは佐藤二朗さんです』と。 お兄ちゃん(昴生)は『なんでや!』と言っていました」というエピソードを披露。 ディズニーが大好きな昴生に練習も付き合ってもらったそうで、「お前はティモンの本質がわかっていない」と指導されたことを明かして会場を盛り上げた。 [PR] ナラ役:門山葉子 強い意志と勇気を持つシンバの幼なじみで大親友のナラ役を務めるは、抜群の歌唱力を生かして多数のミュージカルで活躍する女優。 スマホゲーム「レジェンヌ」では声優と歌唱を担当するなど、幅広く活動している。 映画の吹き替えは本作が初めて。 「大好きなディズニーの世界に、大好きな『ライオン・キング』の世界に声優として参加させていただけたこと、そして私の憧れであるビヨンセさんと同じ役をさせていただけることも本当に幸せに思っています」と喜びを爆発させた。 ほかにも豪華キャストいっぱい! ・シンバの父ムファサ役: ・ハイエナたちのリーダー的存在であるシェンジ役: ・シェンジの仲間のハイエナ・カマリ役:.

次の