新宿 お茶漬け。 【新宿】「さすが」と思われるお菓子の手土産5選【Lets】レッツエンジョイ東京

東京のお茶漬け専門店8選【飲んだ後のシメに】

新宿 お茶漬け

六本木駅からすぐでアクセス抜群なお茶漬け専門店です。 おしゃれでスタイリッシュな店内は、お茶漬けのお店とは思えない雰囲気を醸し出しています。 どこか高級感もあり、デートで利用するのもぴったりです。 カウンター席となっていますので、お一人でも気兼ねなく立ち寄ることができるでしょう。 様々な御茶漬けメニューがありますが、ぜひとも食べていただきたいのが「和牛の炙り茶漬け」(1480円)です。 お客さんからの熱烈なラブコールにより復活したメニューです。 山形牛A5ランクのリブロースを使用した究極の肉茶漬けとなっており、A5ランクの和牛の旨味を石焼の器により最大限に引き出しているのだとか。 ちょっと贅沢したい時、特別なお茶漬けで一息ついてみませんか? 新宿駅東口から徒歩5分。 お茶漬けとバーというなんともユニークな組み合わせが人気のお店です。 雰囲気も抜群ということで、お一人様だけでなくデートで利用するカップルも多いんですよ。 照明を落とした大人の空間で、和モダンでおしゃれな印象です。 日本酒も豊富に揃っていますので、お酒を思いきり楽しみたいという方でも満足できることでしょう。 「鮭とイクラの親子 茶漬け」(680円)は見た目も綺麗な女性に人気の一品。 新鮮ないくらがキラキラと輝いていて、口に入れるとプチっと弾ける食感もたまりません。 「鯖の燻製 茶漬け」(730円)は、〆鯖の表面を軽く炙ることで余分な脂を落としたヘルシーなお茶漬け。 香ばしい鯖の香りが口の中いっぱいに広がります。 渋谷ヒカリエの中に入っているお茶漬け屋さんです。 店名の通り野菜がたっぷりなので、女性からの支持が高いのが特徴です。 こちらのメニューは、丼とお茶漬けの両方が楽しめるということ、「おひつごはんセット」には野菜の小鉢と特製かつお出汁がついており、最初は丼ご飯としてシメにはお茶漬けとして堪能できます。 「アボカドとサーモンごはん」(1185円)や「まぐろ・サーモン・ねぎとろよくばり3種ごはん」(1370円)など、創作メニューはどの具材も相性バッチリの組み合わせ。 他のメニューとして「野菜と食べるお茶漬け膳セット」もおすすめです。 野菜たっぷりのおかず、ごはん、特製かつお出汁、お好きなお茶漬けトッピング2品のセットで、ヘルシーですがお腹いっぱいになれますよ。 代官山駅から徒歩5分。 ご飯好きにはたまらない、炊きたてのツヤツヤご飯がいただける和食店です。 代官山はおしゃれなカフェなどが多い印象ですが、こういった和食が食べられるお店があるのは嬉しいですよね。 おひつにたっぷりと入った「おひつめし」は、粒が立って良い香りを漂わせる白米が食欲をそそります。 名物メニューの「鯛茶漬け」(850円)は2人前から提供されています。 羽釜で炊いたごはんと、真鯛の松皮造りの組み合わせは、ここでしか味わえない美味しさ。 はじめはそのままごはんと鯛でいただき、そのあと鯛の味をじっくり引き出したお出汁をかけてお茶漬けにするのが、お店おすすめの食べ方なんだそう。 ゴマだれではなく、醤油ベースのタレを使用しているところもポイントです。 東京駅構内のグランスタの中に店を構えるお寿司屋さんです。 朝早くからお寿司を食べられるとあって、旅行や出張前のお客さんで賑わっています。 外国人のお客さんからも好評なんですよ。 お寿司だけでなく、人気となっているのが鯛茶漬けです。 モーニングメニューでいただける「鯛胡麻だれ」(700円)の最後にお出汁をかけていただくのですが、この鯛茶漬けが絶品。 濃厚なゴマだれに使った新鮮な鯛のお刺身は、ねっとりとしてそのまま食べても十分に美味しいんです。 でももっとこの美味しさを味わうなら、まずはご飯に乗せて丼に、そして最後は味のよく滲み出た出汁をかけてお茶漬けに、と3つの違う食べ方を楽しむのがおすすめ。 朝からこんな贅沢ができるなんて幸せです。 銀座駅から徒歩2分。 ランチタイムには行列のできる人気の天ぷら専門店です。 昭和3年に「たから」の屋号で店をオープンさせ、初代のハゲ頭からいつからか「ハゲ天」と呼ばれるようになったそう。 銀座という場所柄、観光客の外国人の姿もよく見かけます。 デートでも家族とでも、高級感を残しながらも、様々なシーンで使えるカジュアルさが評価を得ているポイントなのでしょう。 こちらでいただけるお茶漬けは珍しい天ぷらのお茶漬けです。 「小海老天茶漬け」(800円)はぷりぷりの小海老天をご飯に乗せ、そこにお出汁をかけていただくボリュームのある一品。 揚げ物のしつこさも出汁のさっぱり感で程よく緩和してくれていて、とっても食べやすいですよ。 銀座8丁目に店を構える上品な割烹料理店です。 東銀座駅から徒歩5分という、高級料理店の立ち並ぶエリアに位置しており、洗練された雰囲気が漂います。 ディナータイムはかなりお値段が張るので、記念日や特別な日にしか立ち寄れそうもないのですが、ランチタイムなら比較的お手頃な値段で、本格的な割烹料理をいただくことができますよ。 「鯛茶漬け」(1,600円)には築地から直送の卸したての真鯛を使用しています。 胡麻ダレ鯛茶漬けの始まりの店とも言われており、数々の料理人たちがこの店で修行してきました。 さらに、160年続く茶舗の「築地丸山 寿月堂」で鯛茶漬け専用にブレンドした深蒸し茶をかけると、すっきりとした心地いい風味が広がります。 東銀座駅から徒歩4分。 銀座の高級料亭といえば必ずといっていいほど名前の挙がる有名店です。 個室からカウンター席まで、特別な日に贅沢な時間を過ごしたい全ての人のニーズに応えてくれる理想のお店です。 いただける料理は、四季折々の旬の食材を使用したその時期にしか味わえない旬のものばかり。 一品一品、丁寧に丹精込めて仕上げられたお料理の数々はまさに圧巻の一言ですよ。 11:30〜12:20の50分間だけいただけるお昼の「鯛茶漬け」(1,500円)は、ぜひ予約して堪能してください。 最初はコク深いゴマだれをたっぷり絡めて鯛とご飯を、そして煎茶をかけてお茶漬けを、と2つの楽しみ方を味わえます。 食べ終わるのが惜しいほどの逸品と言えるでしょう。

次の

【新宿】「さすが」と思われるお菓子の手土産5選【Lets】レッツエンジョイ東京

新宿 お茶漬け

店頭限定の商品も!マドレーヌ専門店の「マドレーヌ」/マドレーヌラパン ルミネ新宿店 どこかなつかしいほっこりした美味しさで、世代を問わず愛される「マドレーヌ」。 メジャーなお菓子だからこそ、素材や製法にこだわった一品を選びたいですよね。 「マドレーヌラパン ルミネ新宿店」は自由が丘に本店を持つ、マドレーヌ専門店。 保存料や着色料はもちろん、焼き菓子のしっとり感を出すためのトレハロースなども不使用。 北海道産の最高級小麦粉、平飼い無投薬で育てた鶏の卵などのこだわりぬいた材料で、パティシエが毎日丁寧に焼き上げています。 店頭には、「プレミアムバニラ」(1個235円)から旬の食材を使った季節限定商品まで、常時約8種類のマドレーヌが並んでいます。 パッケージもかわいい「6個入り詰め合わせ」(1,749円)は、友達へのプレゼントにぴったりですよ。 オススメは、店頭販売のみの「しゃりしゃりレモン」(1個248円、新宿店では土曜限定販売)。 瀬戸内レモンの甘酸っぱいアイシングがバニラ味にぴったりでさわやかしっとりほろほろの口どけに、みんな笑顔になってしまうはず! こだわりが詰まった最高峰の味。 常温ならテリーヌショコラ、冷やすと生チョコ風、レンジで温めればフォンダンショコラと、3つの楽しみ方ができるのもポイント。 「1ヶ月も待てない!」という人は松屋銀座の「銘家逸品」、または東武百貨店池袋店の「全国銘菓撰」に足を運んでみて。 苦み&甘みに舌鼓。 伊勢丹新宿店限定の「キャラメルサンドクッキー胡桃抹茶」/日本茶菓SANOAH 伊勢丹新宿店 相手の印象に残るお土産にしたいなら、「日本茶菓SANOAH」の伊勢丹新宿店限定クッキーがオススメ! 「キャラメルサンドクッキー胡桃抹茶」(10個入2,916円)は一度食べたら忘れられない、濃厚な抹茶味が楽しめる一品です。 苦みと甘みのバランスの良さが際立つ抹茶キャラメル、存在感のあるクルミ、さっくりとしたクッキー生地による異なる食感も魅力。 和と洋の美味しさが両方味わえるので、和菓子好きの相手でもきっと気に入ってくれるはずですよ。 そんなヨックモックの限定商品「フルール・フルール」(1,404円)が購入できるのは「ヨックモック 伊勢丹新宿店」だけ。 色とりどりの花びらが軽やかに舞うブルーの缶の中には、花びらの形をしたラングドシャーが大輪の花のように並べられています。 ブランドのシンボルであるハナミズキをモチーフにした花のお菓子も、キュートなアクセントに! バターをたっぷり使って薄く焼き上げたラングドシャーは軽やかな食感で、次から次へと手が伸びてしまう美味しさ。 オススメは、一番人気の「バターフィナンシェ」(4個入864円~)。 スイス産の発酵バターとフランス産ゲランドの塩をぜいたくに使用。 表面はカリッと焼き上げ、中はメープルシロップが染み込んでいて、しっとりとした食感が楽しめます。 JR東日本おみやげグランプリ」で総合グランプリを獲得するなど、その美味しさはお墨付き。

次の

新宿でおいしい朝食を食べるならココ!おすすめモーニング10選

新宿 お茶漬け

日本国内だけにとどまらず、世界でもトップクラスの知名度を誇る「新宿」。 以前、新宿駅が世界一利用者の多い駅としてギネスに認定されているように、さまざまな店がしのぎを削る激戦区となっている。 そんな新宿で半世紀以上も続くとんかつの老舗がある。 その名は「すずや」だ。 今回は同店の名物『 とんかつ茶づけ』をレポートしたい。 果たして、とんかつの老舗が作るお茶づけとは、どんなものなのだろうか。 ・歌舞伎町「すずや 新宿本店」 筆者が訪れたのは、歌舞伎町入り口付近のビル5階にある「すずや 新宿本店」だ。 同店のホームページによると、1954年に「民芸茶房 すずや」をスタート。 後に人間国宝級の人々が通う店にまで成長したという。 エレベーターで5階に上がると、高級感があって落ち着いた雰囲気の店舗フロアに到着。 メニューを見ると、名物の「 とんかつ茶づけ」には、定番醤油、からし醤油、にんにく醤油の3種のソースがあり、注文時に選ぶシステムとなっていた。 値段は普通サイズで税込1530円と少し高め。 しかし、歌舞伎町という土地、老舗だと考えたらそれくらいでも不思議ではない。 また、半世紀以上の実績があることは、それだけお客さんが納得する味を提供し続けていることにも繋がる。 なんだか、食べる前からおいしさが保証された気分になってきた。 ただ、食べないと真実は分からないというもの。 今回はスタンダードな定番醤油味を注文した。 5分ほど待ったところで…… キターーー! テーブルに料理が到着。 日曜日の夕飯時だったため用意万全だったのか、揚げ物にしてはずいぶんとスピーディーだ。 テーブルに置かれた鉄板には、とんかつの上にたくさんの炒めキャベツときざみのりが乗っている。 その他、ご飯、味噌汁、漬物がセットで、 とんかつ以外おかわり自由だった。 ・普通に食べてみる まずは炒めキャベツをひとくち味わう。 キャベツの甘みと、きざみのりの香り、そして醤油ソースの風味が噛むたびに感じられる。 味付けがしっかりしているので、これだけでもご飯がすすむぞ。 続いてとんかつを食べてみると…… 柔らかっ! 肉の種類はヒレで、あっさりかつジューシーだ。 醤油ソースが程良く染みていて、塩分の濃さも絶妙。 こちらもまたご飯が止まらなくなる味わいである。 ・とんかつ茶づけを実食 その後、とんかつが残り3切れになったところで、いよいよとんかつ茶づけを実食。 ご飯の上にとんかつ、キャベツ、高菜の漬物をのせて、静岡産のお茶をかけると完成だ。 本当においしい組み合わせなの? と思いつつ、フーフーしてからズズズっといただくと……!! さすがはとんかつの老舗である。 野菜や肉の旨味、漬物の塩分など、 素材の味がお茶に染み出ていてウマい! 珍しい食べ方ではあるが、いざ味わってみると違和感なくサラッと食べられた。 ・自然なハーモニーが楽しめる一品 すずや名物の「とんかつ茶づけ」は、キャベツ、とんかつ、漬物、それぞれがしっかり仕上がっていながら、お茶づけにしても自然なハーモニーが楽しめる一品だった。 新宿以外にも店舗があるので、まだ食べたことのない方は1度立ち寄ってみてはいかがだろうか。 ・今回ご紹介した飲食店の詳細データ 店名 すずや 新宿本店 住所 東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 SUZUYAビル5階 時間 11:00~23:00 参考リンク: Report: Photo:Rocketnews24.

次の