戦場のメリークリスマス ハラ。 『戦場のメリークリスマス』を観たよ

戦場のメリークリスマス

戦場のメリークリスマス ハラ

夏休み戦争映画特集最終回は『戦場のメリークリスマス』。 英語タイトルは『Merry Christmas, Mr. Lawrence』。 監督:大島渚、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドの合作映画。 日本公開は1983年。 この映画、 男しか出てこないんだなぁ、と思って観てたら回想シーンにちょっろっとおばさんみたいのが出てきただけであとはみごとに男だけ。 男の世界。 いろんな意味で。 ヨノイ大尉(坂本龍一)が、俘虜のセリアズ(デヴィッド・ボウイ)に同性愛的な気持ちを持つんだけど、部下にも俘虜たちにもあっという間にさとられちゃって、なんか切ない。 セリアズを殺そうとして阻止された部下が「この男は隊長の心を惑わす悪魔であります!」とかいって切腹しちゃうんだもん。 いいのかキャプテンヨノイ。 セリアズの気を引こうと剣道の練習ででかい気合の声を出してうるさがられたりするのも切ないが、そこには異文化交流の難しさも感じる。 日本人が求める清さ、美しさはイギリス人には理解できない。 ハラ軍曹(たけし)は、俘虜同士が英語で会話すると、自分がわからないからイライラするんだけど、その時のイライラと恐れが入り混じった目つきがわかりやすくて面白い。 ハラ軍曹は俘虜たちに厳しい人物で、たぶん唯一日本語を解し、意思の疎通ができる俘虜の連絡係、ローレンス(トム・コンティ)にさえすぐに暴力を振るうが、切腹(自殺)した兵士の家族に恩給が支給されるよう、戦死扱いにするなど、こういう職務じゃなかったらきっと情にあつい善人なんだろうな、と思わせる人物。 ずっとがまん強く温厚な人物として描かれていたローレンスが、日本兵の葬式の場で激昂して暴れるシーンがあるが、ローレンスが暴れている間もハラ軍曹は冷静に読経を続ける。 ハラ軍曹は座って読経しているだけなので何を考えているかわからないが、単純な人間ではないことは感じられる。 ヨノイ大尉、ハラ軍曹、セリアズ、ローレンスの四人で惹かれあったり反発したり殴ったり殴られたりキスしたりされたり「メリークリスマス」って言ったり言われたりしながら物語は進むが、最後はおたがいにある程度の理解までは至ったと思いたい。 あくまで「ある程度」だろうけど。 この映画には原作があって、映画のクレジットによると『THE SHEED AND THE SOWER』。 種とシャワー? 「種と水やり」かと思ったらそうじゃなくて、「種と種をまく人」って意味だって。 調べたら、これは三部作の第二部のタイトルで、ハラ軍曹のエピソードは主に第一部かららしい。 ちょっと読んでみたい。 日本語のセリフが聞き取りにくくて、特に坂本龍一は聞き取れないセリフの方が多いくらい。 ただ、自分を、死に損ねた男と思っているがゆえの自信の無さからのもごもご喋りと思えば思えなくもない。 全字幕で観るのがベストかも。 1983年の映画は他に『ションベンライダー』、『幻魔大戦』、『ダーククリスタル』、『時をかける少女』など。 80年代だなぁって感じ(そりゃそうだ)。 ローレンス・ヴァン・デル ポスト Laurens van der Post 新思索社 2009-02 売り上げランキング : 167305 by.

次の

戦場のメリークリスマス | 無料映画倶楽部

戦場のメリークリスマス ハラ

戦場のメリークリスマスの最後のシーン。 4年後、ハラ軍曹が処刑される前夜にローレンスと面会するシーンですが、最後にハラ軍曹が笑顔でメリークリスマスって言っていたのはどういう意味で しょうか? かつて自分がローレンスをクリスマスに釈放してあげたことから、本当は今度は自分を釈放してほしい、ということだったのでしょうか? 元々、かなり粗暴で、他の日本軍人たちは多少は英語を喋っていましたが、ハラ軍曹はずっと日本語を喋っていました。 なのに自分が俘虜になると英語を勉強して、喋るようになっていました。 これは立場が逆転して、欧米人に媚びを売ろうとしているのでしょうか? それとも本当は元々外国人とも仲良く?したいという気持ちがあったけど、日本軍人としてあのように振る舞っていたが、敗戦してその必要もなくなったので、本来の自分の姿になったのでしょうか? ハラ軍曹は死ぬ覚悟はできてると言っていましたが、本当に武士らしく死ぬ覚悟をしていたのか、それとも強がっていただけで本当は助かりたかったのでしょうか? みなさんの解釈を教えてください。 戦争が人を狂わせようとも、愛情を見失うとは限らない。 クリスマスがいつの時代も誰にも何処にも たとえ戦場であっても 変わらずに来るのと同じように、本能である愛情は平等・普遍で、人を隔てる後天的な感情 敵国の壁・人種の壁・文化の壁・民族の壁・偏見の壁 を超えられる その象徴がセリアズのヨノイへの抱擁とキス 、というような意味をタイトル『戦場のメリークリスマス』に込めていると考えています。 クリスマスはサンタクロースからクリスマスプレゼントを貰います。 ハラが処刑が決まっていたロレンスとセリアズを独断で釈放していましたが、この時ハラが自分の事をファーザー・クリスマス サンタクロース だと言っていたのは、釈放は俺からのクリスマスプレゼントだという意味と思われます。 最後のハラとロレンスの面会でもハラが「サンキュー、ファーザー・クリスマス」と言っていました。 これはロレンスがハラに会いに来てくれた事そのものをクリスマスプレゼントとして 2人の友情そのものを 、そのプレゼントを運んで来てくれたロレンスをサンタクロースに見立ててお礼を言っているんだと思われます。 2人の友情についての見解は下記リンク先で それは自分のかつてのクリスマスプレゼントのお返しととっていて、ハラとロレンスの確かに存在した友情の証 2人にしか分からないサンタクロースとクリスマスプレゼントの行って来いの関係 だとして喜んでいるんじゃないかと思います。 戦争が人を狂わせると考えているロレンスが ロレンスは皆が間違っていると言っている 、戦争中のハラの傍若無人な振る舞いは戦争で狂わされていたからで 戦後の憑き物が落ちたような姿がハラの本来の姿 、それは戦争に勝った方も負けた方も同じで、裁くべきではないと考えているようで 私なら今すぐあなたを自由にすると言っている 、そんなハラへの同情や裁く側の勝者の自分らへの自責の念のような感情 勝利が辛く思われる時があると言っている があって「神の恵みを」と言った言葉が涙声になってしまったんじゃないかと思います。 ハラもロレンスの悲しみ落ち込む心境を察知したので立ち去るロレンスを呼び止め、「ロレンス 戦時中の呼びつけるようなきつい言い方 、メリークリスマス。 メリークリスマス、ミスターロレンス 戦時中付けた事のないミスターを付け笑顔で優しく言う 」と言ったように思います。 この極端な言い方の変化は、戦時中と変わらぬ元気さと 自分の人生に後悔はないという意味にとれる 、戦後の憑き物が落ちた本来の優しさからで だからミスターを付けた 、それを合わせて全てが俺でそれを受け入れているから大丈夫だとロレンスを励ましたという感じに捉えています。 ラストカットのハラの笑顔もロレンスへの優しさがあるように思える そこにあるのはハラのロレンスへの思いやりと確かに存在した2人の友情への思いもあるように思います。 ハラの独居房にはお経らしきものが置かれていて、数珠を掛けてもいました。 剃髪もその一環かもしれませんが、元々なのかそんな自由があったのかは分かりません 戦争中もお経をあげていたので、それなりの仏教徒なのでしょう。 なので、戦後の憑き物が落ちたような温厚な人物に戻って、本来持っていた信仰心で救いを求めらて、納得はできないが仕方がないと受け入れられて覚悟ができたという見方ができますかね。 下記で最後の面会の場面を再現しつつ見解を書いておりますので、ちょうどご質問に合致するかと思います。 よろしければ一読ください。 更にそこに貼ったリンク先で『戦場のメリークリスマス』というタイトルの意味についての見解も書いています。 こちらもよろしければご一読ください。 僕はこの映画を中学3年の時に1983年に封切りの時に映画館で見た。 当時はビートたけし=たけちゃんマンというイメージが強かったので、 「なんで最後にたけちゃんマンの笑顔なんだ?この映画は全部、『オレたちひょうきん族』と同じように冗談だったということなのか?」 とさっぱりワケがわからなかった。 他の中学校の友達も、 「なんで最後がたけしの笑顔なのかわからない」 と言っていた。 この映画は女性が出てこずに男ばかりの映画で坂本龍一にボウイがキスするシーンがあることから、「ホモ映画」と見ることができる。 坂本龍一のヨノイ大尉はボウイの演ずるイギリス軍セリアス少佐と恋仲であり、たけしの演ずる原軍曹はトム・コンティの演ずるローレンス中佐と恋仲だったのだろう。 収容所で男たちはあのように争っていたが、本当は友情以上の何かを常に感じていたと解釈できる。 だから、原軍曹はローレンスをクリスマスの日に解放した。 それで、ラストシーンでもう一度「メリークリスマス ミスター ローレンス」と言ったのだと思う。 でも、この映画は1983年のカンヌ映画祭で作品賞の本命と見られていたものの、結局、作品賞を取ったのは今村昌平監督の「楢山節考」だった。 なんだが、審査員からは「あり得ない話だ」とか酷評されたらしい。

次の

映画『戦場のメリークリスマス』の解説

戦場のメリークリスマス ハラ

1942年、ジャワ。 山岳地帯の谷間レバクセンバタに日本軍の浮虜収容所がある。 まだ夜が明けきらない薄闇の中日本軍軍曹ハラは、将校宿舎に起居する英国軍中佐ロレンスを叩き起こし、閲兵場に引き連れて行く。 広場にはオランダ兵デ・ヨンと朝鮮人軍属カネモトが転がされていた。 カネモトはデ・ヨンの独房に忍び込み彼を犯したのだ。 ハラは独断で処置することを決め、万一の時の証人として流暢に日本語を操るロレンスを立ち合わせたのだった。 そこへ、収容所長ヨノイ大尉が現れ、瞬時にして状況を察した彼はハラに後刻の報告を命じて、軍律会議出席のためバビヤダへ向かった。 バビヤダ市内の第16軍拘禁所にある法廷では、英国陸軍少佐ジャック・セリアズの軍律会議が開廷された。 ヨノイは魔に魅入られたかのように異様な眼差しでセリアズを凝視する。 セリアズはレバクセンバタ浮虜収容所へ送られてきた。 ヨノイはハラに、セリアズをすぐに医務室へ運ぶよう命令する。 そこへ浮虜長ヒックスリが連れてこられた。 ヨノイは彼に、浮虜の内、兵器、銃砲の専門家の名簿をよこせと命ずるがヒックスリは、敵に有利となる情報を提供するわけにいかないと拒否する。 ある日、ヨノイの稽古場にハラが現れ、気合の鋭さに浮虜が怯えているため、ロレンスが面会を申し入れていると告げる。 そんなロレンスに、ヨノイは唐突に、自分は二・二六事件の3ヵ月前満州に左遷されたため決起に参加できず、死に遅れたのだと語った。 そして、その場でカネモトの処刑をいい渡した。 処刑場にはヒックスリ以下浮虜側の上級将校も強制的に立ち会わされ、ハラがカネモトの首を切り落とした瞬間、デ・ヨンが舌を噛みきった。 「礼を尽くせ」とヨノイは命ずるが浮虜たちは無視する。 激昂したヨノイは、収容所の全員に48時間の謹慎と断食の〈行〉を命じる。 無線機を持ちこんでいたという理由でロレンスとセリアズは独房入りとなった。 壁越しに話をする2人。 ロレンスは、たった2度しか会わなかった女性の思い出の中へ。 セリアズは、耳許に内向的だった弟の歌声を聞く。 衛兵の長靴足音が聞こえ、2人は司令室に連行された。 そこには酒で上気し「ろーれんすさん。 ふあーぜる・くり~すます」と笑いかけるハラがいた。 ハラは2人に収容所に帰ってよいといい渡す。 ヨノイの命令で、浮虜全員が閲兵場に整列させられたが、病棟の浮虜たちがいない。 病人たちをかばうヒックスリに、激怒したヨノイは再び「兵器の専門家は何人いるか」と問う。 「おりません」とヒックスリ。 ヨノイは「斬る」と軍刀を抜いた。 そのとき、浮虜の群からセリアズが優雅に歩み出、両手でヨノイの腕をつかむと、彼の頬に唇を当てた。 後ろに崩れ落ちるヨノイ。 ヨノイは更迭され、新任のゴンドウ大尉が着任した。 閲兵場の中央に深い穴が堀られ、セリアズが首だけ出して生き埋めにさせられる。 ある夜、月光の中からヨノイが現れ、無残な形相となったセリアズの金髪を一房切り落とし、どこへともなく立ち去った。 時は流れ、1946年、戦犯を拘置している刑務所にロレンスがやってくる。 処刑を翌日に控えたハラに面会にきたのだ。 ロレンスは、ヨノイから日本の神社に捧げてくれとセリアズの遺髪を託されたことを告げる。 クリスマスの日の思い出を語り合う二人。 やがてロレンスは出口へ向かう。 その瞬間、収容所で何度も聞かされたあの蛮声でハラが「ローレンス」と怒鳴る。 そして、振り向いたロレンスの眼前に「めりい・くりすます。 みすたあろーれんす」と告げるハラの笑顔があった。 関連するキネマ旬報の記事 巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第4弾 1980年代日本映画ベスト・テン:ベスト15グラビア解説 巻頭特集 大島渚 全:大島映画と生きる「戦場のメリークリスマス」 日本映画紹介:戦場のメリークリスマス 日本映画批評:戦場のメリークリスマス 日本映画批評:戦場のメリークリスマス グラビア:戦場のメリークリスマス 特集 戦場のメリークリスマス 大島渚監督作品:評言 特集 戦場のメリークリスマス 大島渚監督作品:作品評 特集 戦場のメリークリスマス 大島渚監督作品:撮影を終えて 特集 戦場のメリークリスマス 大島渚監督作品:原作者インタビュー 特集 戦場のメリークリスマス 大島渚監督作品:ロング・ストーリー 試写室:戦場のメリークリスマス 〈グラビア〉撮影快調:戦場のメリークリスマス.

次の