いちご 収穫 量。 ブランド強化で輸出進むいちご 収穫量1位は50年間ずっと栃木県

収穫量日本一の本県イチゴ 王国のエース「とちおとめ」 鮮やかな赤と豊かな甘み|ふぉーyou|JAプラザ「ふぉーyou」|下野新聞 SOON(スーン)

いちご 収穫 量

00 - 0 1 北海道 1,430 7. 53 02位 0 2 青森県 605 3. 18 04位 0 3 岩手県 29 0. 15 10位 0 4 宮城県 25 0. 13 11位 0 5 秋田県 364 1. 92 05位 0 6 山形県 14,500 76. 32 01位 1 7 福島県 337 1. 77 06位 0 8 茨城県 2 0. 01 18位 0 9 栃木県 10 0. 05 12位 0 10 群馬県 118 0. 62 08位 0 11 埼玉県 1 0. 01 19位 0 12 千葉県 0 0. 00 26位 0 13 東京都 0 0. 00 27位 0 14 神奈川県 0 0. 00 28位 0 15 新潟県 104 0. 55 09位 0 16 富山県 0 0. 00 29位 0 17 石川県 0 0. 00 30位 0 18 福井県 3 0. 02 16位 0 19 山梨県 1,190 6. 26 03位 0 20 長野県 278 1. 46 07位 0 21 岐阜県 1 0. 01 20位 0 22 静岡県 0 0. 00 31位 0 23 愛知県 0 0. 00 32位 0 24 三重県 0 0. 00 33位 0 25 滋賀県 7 0. 04 13位 0 26 京都府 0 0. 00 34位 0 27 大阪府 0 0. 00 35位 0 28 兵庫県 1 0. 01 21位 0 29 奈良県 3 0. 02 17位 0 30 和歌山県 0 0. 00 36位 0 31 鳥取県 1 0. 01 22位 0 32 島根県 0 0. 00 37位 0 33 岡山県 5 0. 03 14位 0 34 広島県 5 0. 03 15位 0 35 山口県 0 0. 00 38位 0 36 徳島県 0 0. 00 39位 0 37 香川県 1 0. 01 23位 0 38 愛媛県 0 0. 00 40位 0 39 高知県 1 0. 01 24位 0 40 福岡県 0 0. 00 41位 0 41 佐賀県 0 0. 00 42位 0 42 長崎県 0 0. 00 43位 0 43 熊本県 1 0. 01 25位 0 44 大分県 0 0. 00 44位 0 45 宮崎県 0 0. 00 45位 0 46 鹿児島県 0 0. 00 46位 0 47 沖縄県 0 0. 00 47位 0.

次の

夏いちご(夏秋イチゴ)とは?おすすめの四季なり性品種と栽培方法

いちご 収穫 量

木曜日は、「カルチャー」。 今日は、イチゴの都道府県別収穫量ランキングを その産地の主力ブランド、そしてそれを試食した 中西さんのコメントとあわせてご紹介します。 第5位『 静岡県 』 静岡県からご紹介するのは「紅ほっぺ」。 中西さん「若干酸味の方が強いですね。 でも甘みもあとから来て、バランスが本当に良いです。 」 第4位『 長崎県 』 長崎県からは「さちのか」。 粒全体が真っ赤に色づき、美しい円錐形で粒ぞろい。 糖度が安定して高く、糖度と酸味のバランスが良いのが特徴。 12月から5月まで楽しめます。 中西さん「確かに粒がそろっていて形がキレイです。 こちらは甘みが先に来ますね。 」 第3位『 熊本県 』 熊本県代表は「ひのしずく」。 8年の歳月をかけ、2004年ごろに熊本で生まれた品種で、 輸出先の香港では、高級ブランドとしてトップの評価を受けているそうです。 中西さん「これは水分量がすごく多いですね。 みずみずしい!」 第2位『 福岡県 』 福岡県からご紹介するのは「あまおう」。 2003年に地元で交配され、1粒40グラムにもなる品種。 「あまおう」という名前は「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まいの 頭文字をとって名付けられたのだそうです。 ご存じでしたか? 中西さん「これは水分・甘み・酸味のバランスが一番良いです。 」 第1位『 栃木県 』 いちご収穫量日本一の栃木県からご紹介するのは「とちおとめ」。 1996年に生まれて以来 長年、日本一の収穫量品種として君臨しています。 中西さん「甘みの中に酸味が入っている感じがします。 それぞれが分かれている訳じゃなくて。 」 以上、平成23年(2011年)のイチゴの都道府県別収穫量トップ5でした。 ちなみに6位以下は、愛知県・佐賀県・茨城県・千葉県…と続いています。 平成23年のイチゴ収穫量は全国で177,300tで、栃木県は収穫量で44年連続日本一。 さらに作付面積では11年連続、産出額でも16年連続で日本一となっています。 (そんな栃木県のご当地アイドルのグループ名は「とちおとめ25」だとか。 ) 最後に、みんなが大好きなイチゴに関するトリビアをいくつかご紹介しましょう。 今が旬のイチゴ。 ぜひ色々な種類を楽しんでくださいね。 今日は『イチゴの都道府県別収穫量ランキング トップ5』をご紹介しました。

次の

栃木県/全国のいちご生産割合

いちご 収穫 量

日本のいちごの本来の旬は、春(5月~6月)ですが、栃木県では、様々な技術を駆使して、古くから出荷の前進化に取組み、今では11月~5月まで高品質で美味しいいちごを安定的に出荷できるようになり、大消費地である首都圏を中心に出荷しています。 これは、生産者、農業団体、行政が一丸となって、生産、流通、販売の改善に向けた取組を重ねてき成果です。 更に、近年では6~10月まで出荷する夏秋どりいちごの生産も始まりつつあり、一年を通じていちごが楽しめるようになってきています。 栃木のいちごは、長く収穫量日本一の座を保ってきています。 これには生産者、農業団体、そして行政が一丸となって、栽培技術の進化と品種改良を重ねてきたからです。 とちぎの農村・観光紹介 栃木県は、東京から100km圏内と近く、日光や那須、温泉などの観光スポットに加え、日本の豊かな自然を満喫できる農村地域も魅力満載です。 新鮮な野菜や果物などの豊富な農産物、おいしい食べ物がたくさんあり、それらを育む栃木の農村では、四季折々の美しい日本の原風景が楽しめます。 ぜひ、日本を訪れた際には、栃木の農村に遊びに来てください。 Tours for international visitors• Ashikaga Flower Park Illumination Strawberry Picking The Strawberry Kingdom Tochigi• Sweet Strawberry Picking and Shopping at the Outlet Mall, Playing in the Snow at Hunter Mountain Nasu Shiobara Ski Resort.

次の