余 貴美子。 余貴美子の若い頃や年齢!旦那・山下恒彦との結婚や子供も総まとめ

余貴美子の国籍や若い頃(画像)がヤバすぎる!結婚(旦那・子供)やドラマ

余 貴美子

Sponsored Link 年齢は?出身は?身長は? 余さんは、1956年5月12日生まれ、 神奈川県横浜市中区のご出身です。 身長161センチ、 体重56キロ、 血液型はB型、 趣味は、民謡、三線、タップ、 好物は、塩むすび、 出身高校は、 神奈川学園高等学校、 だそうです。 劇団員として 余さんは、 たまたま観た舞台に魅了され、 高校卒業後の、1976年、 「オンシアター自由劇場」に入団。 1979年 「上海バンスキング」の、 リリー役が高く評価されます。 「上海バンスキング」より。 さんと余さん。 そして、1984年に、 「オンシアター自由劇場」を退団されると、 1985年には、俳優の大谷亮介さんと、 劇団 「東京壱組」を旗揚げ。 その後は、 映像の世界にも活動の場を広げられ、 1987年には、 「ちょうちん」で、 映画デビューを果たされています。 また、1996年に 「東京壱組」を解散された後は、 本格的に、テレビドラマや映画に活動の場をシフトされています。 出演作品 それでは、ここで、 余さんの出演作品の一部をご紹介しましょう。 テレビドラマでは、 1985年 NHK大河ドラマ 「春の波涛」 1987年 「あぶない刑事」第18話,第35話 1988年 「月曜・女のサスペンス 殺意の迷路」 1989年 「教師びんびん物語II」第6話 1990年 「仕掛人・藤枝梅安」 1991年 「銭形平次 第1シリーズ」第10話 「銭形平次 第1シリーズ」より。 さんと余さん。 1992年 「はぐれ刑事純情派 第5シリーズ」第25話 1993年 「七つの離婚サスペンス インターフォン症候群の女」 1994年 「火曜サスペンス劇場『名無しの探偵』」 1995年 「愛していると言ってくれ」 「愛していると言ってくれ」より。 豊原悦司さんと余さん。 1996~2005年 「白線流し」 1997年 「オトナの男」 1998年 「略奪愛・アブない女」 1999年 「危険な関係」 2000年 「恋愛中毒」 「オトナの男」より。 (左から)さん、余さん、さん。 2001年 NHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」 2002年 「夢のカリフォルニア」 2003年 「高原へいらっしゃい」 2004年 「弟」 2005年 「高村薫ドラマスペシャル『父が来た道』」 「高村薫ドラマスペシャル『父が来た道』」より。 さんと余さん。 2006年 「特命! 刑事どん亀」 2007年 「おいしいごはん」 2008年 「ラーメンガール」 2009年 「ダンディ・ダディ? ~恋愛小説家・伊崎龍之介~」 「ラーメンガール」より。 (左から)ブリタニー・マーフィさん、 さん、余さん。 2010年 NHK大河ドラマ 「龍馬伝」 2011年 「Dr. 伊良部一郎」 2012~2013年 NHK朝の連続テレビ小説 「純と愛」 2013年 「放課後グルーヴ」 2014年 「ファーストクラス」 2015年 「Dr. 倫太郎」 2016年 「孤独のグルメスペシャル! 真夏の東北・宮城出張編」 2017年 「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!? ~」 2018年 NHK朝の連続テレビ小説 「半分、青い。 」 「孤独のグルメスペシャル! 真夏の東北・宮城出張編」より。 さんと余さん。 映画では、 1987年 「ちょうちん」 1988年 「噛む女」 1989年 「Aサインデイズ」 1990年 「さよなら、こんにちわ」 1991年 「ラスト・フランケンシュタイン」 1992年 「赤と黒の熱情」 1993年 「夜逃げ屋本舗2」 1994年 「居酒屋ゆうれい」 1995年 「すももももも」 1996年 「大統領のクリスマスツリー」 1997年 「傷だらけの天使」 1998年 「学校III」 1999年 「お受験」 2000年 「釣りバカ日誌イレブン」 「お受験」より。 さんと余さん。 2001年 「純愛譜」 2002年 「自殺サークル」 2003年 「偶然にも最悪な少年」 2004年 「ニワトリはハダシだ」 2005年 「パッチギ! 」 2006年 「椿山課長の七日間」 2007年 「愛の流刑地」 2008年 「おくりびと」 2009年 「ディア・ドクター」 「ディア・ドクター」より。 (左から)余さん、 さん、さん。 2010年 「食堂かたつむり」 2011年 「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」 2012年 「外事警察 その男に騙されるな」 2013年 「藁の楯」 「食堂かたつむり」より。 さんと余さん。 2014年 「寄生獣」 2015年 「深夜食堂」 2016年 「後妻業の女」 2017年 「榎田貿易堂」 「深夜食堂」より。 余さんとさん。 ほか、非常に数多くの作品に出演されています。 国籍は? そんな余さんを 「国籍」で、 多くの方が検索されているようです。 「余(よ)」という苗字から、 日本人ではないのでは? と、検索されているようで、 調べてみると、 余さんは、お父さんが台湾人、 お母さんが日本人のハーフで、 国籍は台湾だそうです。 「余」というのは、 お父さんの苗字のようですね。 范文雀と? また、余さんは、 女優の味わい深い演技に定評がある、俳優の寺尾聰(てらお あきら)さん。 若い頃は、石原プロのアクションスターとして人気を博し、歌手としても 「ルビーの指環」が大ヒットを記録するなど、大成功を収められています。 ミュージシャンとして 寺尾さんは、少年時代、洋楽に憧れ、 独学でエレキギターを練習し、ミュージシャンを目指されました。 そして、1964年、17歳の時、 フォークグループ 「ザ・サベージ」を結成すると、 大学在学中の1966年、シングル 「いつまでもいつまでも」で、 プロデビューを果たし、たちまち大ヒットを記録。 しかし、翌年の1967年、 寺尾さんはグループを脱退されています。 俳優として その後、寺尾さんは、1967年、 さんが製作し主演を務められた、 映画 「黒部の太陽」のロケ現場で、 アルバイトをしていたところ、 監督の熊井啓さんに見出され、 この作品で、俳優としてデビューされます。 以降、寺尾さんは、 石原プロモーションに所属し、 主にテレビドラマで活躍、 純朴な青年の役を、 多く演じられたのでした。 寺尾さんは、この頃から、 少し影のある二枚目ぶりが定着し、 サングラスは、長きに渡り、 寺尾さんのトレードマークとなったのでした。 ルビーの指環 そして、寺尾さんは、 俳優として成功を収められた矢先の1981年、 ソロシングル 「ルビーの指環」を発表すると、 爆発的なヒットを記録。 レコード、135万枚を売り上げ、 この年の 「日本レコード大賞」と 「日本歌謡大賞」に、 輝かれています。 当時は、日本中どこへ行っても、 この曲がかかっており、 子どもからお年寄りまで、 誰もが口ずさめるほど、 大ブームになったのでした。 実力派俳優への道 寺尾さんは、これを受けて、 本格的に音楽活動を再開されたのですが、 石原プロとの考え方の違いなどから、 両者の関係は悪化。 音楽活動も頓挫となったようです。 それと同時に、 寺尾さんは、かねてより、 人間の内面を演じる俳優になりたいと、 考えておられたことから、 アクション路線の、 石原プロダクションを離れ、 1985年 「乱」 1990年 「夢」 1993年 「まあだだよ」 「まあだだよ」より。 左端が寺尾さん。 と、黒澤明監督の作品に、 重要な役で立て続けに出演。 また、2001年には、 黒澤監督の遺稿を映画化した、 「雨あがる」で主演を務め、 「日本アカデミー賞最優秀主演男優賞」を、 受賞されたのでした。 ちなみに、2005年には、 歌手活動も再開されているのですが、 2008年には、 「紫綬褒章」を受章。 俳優・歌手としての寺尾さんの活躍は、 大きく評価されたのでした。 父は? ところで、寺尾さんのお父さんは、 俳優のさんなのですが、 宇野さんが、石原裕次郎さんと、 仲が良かったこともあって、 寺尾さんは、石原プロに入られたようです。 html(はん ぶんじゃく)さんと、 結婚されているのですが、 翌年の1974年には、 離婚されています。 離婚の理由は分かりませんでしたが、 スター同士の結婚ということで、 色々難しかったのかもしれませんね。 さて、2016年7月から始まる、 テレビドラマ 「仰げば尊し」では、 樋熊迎一役を演じられる寺尾さん。 事故の後遺症から、一度は音楽をあきらめた、 元サックス奏者という役どころなのですが、 実生活でも、何度か音楽活動に挫折された、 寺尾さんの姿が重なりますね。 このドラマでは、 樋熊は、教育現場に身を置き、 とある高校の弱小吹奏楽部を指導。 いつしか、問題児たちも、 樋熊の熱い気持ちに応え始める・・・ という胸の熱くなるような、 ストーリーになっています。 人間味溢れる、 寺尾さんの演技に注目です!! (はん ぶんじゃく)さんと、 従姉同士なのだそうです。 (范さんは、2002年にご病気で亡くなっています) 余さんのお父さんのお姉さん、 つまり、余さんの伯母さんの娘が、 范さんということで、 余さんは、先に女優として活動されていた、 范さんの存在に刺激を受けて、 女優を志されたのだそうです。 結婚は?子どもは? ところで、余さんの、 気になるプライベートですが、 余さんは、2006年、NHKの美術スタッフの、 山下恒彦さんと結婚されています。 お二人は、2001年、 朝の連続テレビ小説 「ちゅらさん」の、 収録を通じて知り合われ、交際に発展。 余さん50歳、山下さん48歳での、 ご結婚だったそうです。 みんな違う夫婦だけど、 同じなんだなと感じてます。 もともと、血の繋がりのない他人が、 繋がりを作っていくわけで、 「カンチョー」とか言ってても(苦笑)、 互いを認め合っていくのが大事なのかなと思います。 と、語っておられました。

次の

余貴美子の国籍は?身長は?范文雀と?結婚は?子どもは?

余 貴美子

余貴美子と范文雀、ジュディオングが姉妹?いとこ同士? 余貴美子と范文雀はいとこ同士? 余貴美子、范文雀、ジュディオングが、姉妹とかいとこ同士と言われているようですが、本当でしょうか。 まず、余貴美子と范文雀の関係ですが、台湾人の父と日本人の母の間に横浜市で生まれ育った余貴美子は、映画「ソロモンの偽証」や、ドラマ「Dr. 倫太郎」にも出演していたベテラン女優。 范文雀もまた、台湾人の両親をもつ、日本生まれ日本育ちの日本の女優でした。 ドラマ「サインはV」「アテンションプリーズ」や、梶芽衣子主演の「野良猫ロック」などへの出演や、寺尾聰との結婚・離婚で知られていますが、范文雀本人は、残念ながら悪性リンパ腫による心不全で2002年、54歳の時に亡くなっています。 つまり余貴美子と范文雀の関係は「いとこ同士」ということになりますね。 余貴美子は、8歳上のいとこである范文雀に憧れて女優を目指したそうです。 余貴美子と范文雀の祖先は、台湾へ移住してきた客家なんだそうです。 余貴美子とジュディオングが姉妹って本当?両親は? 余貴美子と、ジュディオングが姉妹という噂も、ネット上で飛び交っています。 ということは、余貴美子と范文雀とジュディオングは「いとこ同士」という関係で全員繋がっていることになるのですが、どうもそれはなさそうです。 余貴美子の父は、東京や横浜で、クラブやキャバレーなどを経営し、母は日本舞踊の師範です。 一方、ジュディオングの父は、米軍GHQ報道工作員で、母は台湾人。 余貴美子とジュディオングの両親が全く別人であることから、姉妹説は、全くのデマ。 しかし、ジュディオングの祖父は、辛亥革命の歴史的人物。 抗日活動に暗躍したとも言われていることから、余貴美子とジュディオングに血縁関係があるとも思えません。 余貴美子が結婚した夫、子供は?身長、体重、性格は? 余貴美子が結婚した夫、馴れ初めは?子供はいる? 余貴美子は、2006年3月、50歳を迎えた年に結婚を発表しました。 夫の名前は、山下恒彦。 余貴美子より2歳下で、結婚当初はNHK美術スタッフでしたが、現在はNHKチーフプロデューサーをされています。 そんな2人の出会いがNHKだったことは言うまでもありません。 結婚のきっかけは、余貴美子の出世作と言われている2001年のテレビドラマ「ちゅらさん」に出演していたことがきっかけだったそうです。 もうすぐ結婚10年目を迎える余貴美子夫妻ですが、そこそこの熟年結婚だったためか、これまでに子供を産んだという話はありません。 余貴美子と夫の間の子供はいない確率のほうが高いですが、一方で、夫には過去に離婚歴があって、連れ子が1人いるという噂も。 その連れ子が、余貴美子夫妻と生活を共にしているかどうかは明らかにされていませんが、戸籍上は子供がいることになっている可能性は否定できません。 余貴美子の身長、体重、性格は?「ハマのマリア」と呼ばれた凄みとは? 余貴美子は、公式プロフィールのよると、身長161㎝、体重56㎏です。 なかなか健康的……というか、女優にしたら重量オーバーかな?と思ってしまいそうですが、おそらく豊満すぎるバストのせいではないでしょうか。 余貴美子といえば、ナース服の胸元からはち切れてこぼれんばかりの豊か過ぎるバスト画像がたびたび話題になります。 さらに、二日酔い知らずの酒豪なんだとか。 当時の女子高生としては相当ぶっ飛んでいたようで、バイクチーム「ケンタウロス」に出入りし、ロン毛の彼氏と交際していたそうです。 しかも美人だったことから「ハマのマリア」と呼ばれ、余貴美子のテーマソングまであったとか。 まさに「姐さん」という感じです。 余貴美子の結婚が遅かった理由は、そんじょそこらの男では太刀打ちできないような凄みのせいだったのかのしれません。 老け役を演じさせても、やはり美しい余貴美子。 父の反対を押し切って、芸能界入りとなった「オンシアター自由劇場」に入団したのが1976年、20歳の時でした。 1984年に自由劇場を退団し、翌年から「東京壱組」の初期メンバーとして戯曲を中心とした14公演に参加。 その後の余貴美子は、テレビや映画に活躍の場を移していきます。 先述した「ちゅらさん」で、広く認知されるようになった余貴美子は、2008年「おくりびと」、2009年「ディア・ドクター」で、2年連続日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に輝きました。 アバンギャルドでもあり、知的でもある妖艶さと、超実力を兼ね備えた余貴美子は、「おくりびと」が外国語映画賞した米アカデミー賞授賞式でも、名立たるハリウッド俳優たちに少しも引け劣らない凄みがありました。 そこには、祖父の代で台湾から日本に渡り、裸一貫で失敗しては成功し、躓いては起き上がる商魂逞しい余一家の血筋があるのかもしれません。 さすが「ハマのマリア」とまで呼ばれ、肝の据わった余貴美子。 「美人演技派女優」と呼ばれたら、「私は美人女優です」と言ってのけてしまうザクッとした感じと、あの機微深い演技とのギャップも、大変魅力的です。 来年、再来年と、還暦を超えた美人女優・余貴美子がどんな味わいを極めていくかが楽しみですね。

次の

余貴美子に子供はいる?50代で子供を出産した有名人達

余 貴美子

読み方と国籍は? 余貴美子さんの名前の読み方は「よ きみこ」と読みます。 「余」は珍しい苗字のようですが、実は中国や台湾では比較的よくある苗字です。 韓国でも数は少ないですがこの苗字の方がいらっしゃいます。 日本でも、「余」と書いて「あまり」と読む苗字の方がいらっしゃいます。 珍しい苗字ではありますが、大分県などに多いそうです。 余貴美子さんの場合は、台湾人の父と、日本人の母の間に生まれたハーフですので、台湾人である父方から「姓」を受け継いだものと思われます。 生まれは日本の神奈川県横浜市で、中学校、高校も横浜市内の学校を卒業しています。 一時期東京や神戸で過ごしたことがあるそうですが、生まれも育ちも日本国内です。 しかし、余貴美子さんの国籍は、台湾出身の父親と同じ中国籍のようです。 余貴美子さんの先祖は客家(ハッカ)と呼ばれる中国の民族だそうで、今もこの民族をルーツに持つ人々が中国の広東省あたりに多数住んでいます。 壮大な中国民族のロマンを感じさせますね。 ジュディオングと姉妹? 一部では、余貴美子さんとジュディオングさんが、姉妹ではないかという噂があります。 しかし、これは事実ではありません。 余貴美子さんとジュディオングさんの間に血縁関係はなく、まったくの他人です。 おそらく、ジュディオングさんが台湾生まれで、余貴美子さんは台湾人のハーフなので、台湾つながりでそういう噂が出たのでしょう。 范文雀さんと混同している可能性もありますね。 范文雀さんは、1970年にドラマ「サインはV」でブレイクし、その後亡くなるまで人気女優として活躍しました。 俳優でミュージシャンの、寺尾聰さんの妻としても知られています。 余貴美子さんの父と、范文雀さんの母が姉弟で、よって余貴美子さんと范文雀さんは従姉妹ということになります。 余貴美子さんは、女優として活躍していた范文雀さんの姿を見て、自分も女優を志したと語っており、二人の関係は親密だったことが伺えますね。

次の