給付 金 春日井 市。 【春日井市】国民一人あたり10万円をもらえる給付金はいつからもらえるの?(号外NET)

【持続化給付金⑧】不正受給(故意)するとどうなる?持続化給付金の返還義務と事業者名等の公表、刑事罰について

給付 金 春日井 市

事業内容 低所得世帯、障がい者世帯、高齢者世帯に対し、資金の貸付と必要な相談支援を行うことにより、その世帯の経済的自立と生活意欲の助長促進と社会参加の促進を図り、安定した生活の支援を目的とした貸付制度です。 実施主体 社会福祉法人 愛知県社会福祉協議会 制度の特徴・基本事項• 貸付の申し込みは生計中心者と面接をさせていただくことが基本となります。 原則として世帯を単位とした貸付です。 世帯の生計中心者が申込者となります。 (教育支援資金を除く。 他制度が優先です。 他制度の利用ができない場合に貸付を行います。 他の制度が利用できる場合はそちらが優先となりますので、相談・申し込みの時に他制度の利用ができないかを確認します。 償還義務を伴う貸付制度です。 貸付制度であり、償還の義務があります。 申し込み受理後、貸付金の利用目的だけでなく、借受人、連帯借受人及び連帯保証人の償還が可能であるかの見込みも含めて愛知県社会福祉協議会が審査・決定を行いますので、貸付に至らない場合もあります。 原則として連帯保証人が必要ですが、不動産担保型生活資金を除いて、連帯保証人が立てられない場合も相談・申し込みできます。 (連帯保証人の有無により貸付利率が変わります。 実施主体である愛知県社会福祉協議会の窓口として春日井市社会福祉協議会が本資金の相談・申し込みを受け付けますので、実際の貸付まで日数がかかります。 総合支援資金 内容 ・生活支援費 生計中心者の失業等により、生計維持が困難となった場合の再就職までの生計維持の費用 ・住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用 ・一時生活再建費 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用 対象 次の要件全てに該当する世帯が対象となります。 低所得者世帯であって、生計中心者の失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっていること• 現に住居を有していること(または生活困窮者自立支援法に基づく住居確保給付金の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれること)• 生活保護、失業等給付、職業訓練受講給付金、年金等の他の公的給付・貸付を受けられない世帯であること• 資金の借入を希望される方の本人確認が可能であること• 原則として生活困窮者自立支援法に基づく支援を受けるとともに、実施主体及び関係機関から借入後の継続的な支援を受けることに同意していること• 実施主体が貸付け及び関係機関とともに支援を行うことにより、自立した生活を営めることが見込まれ、償還を見込めること• 福祉資金 内容 ・福祉費 日常生活を送るうえで、自立生活に資するために一時的に必要であると見込まれる費用 ・緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける必要最小限の費用対象者 対象 以下は申し込み対象外です。 居住地と住民票が異なる場合、特定の住居を有しない場合• 貸付後の償還が見込めない場合(例:生活福祉資金を長期滞納中、生活福祉資金貸付の連帯保証人となっている、多額の負債を抱えている、税金・保険料を長期滞納中、債務の法的整理中または整理予定があるなど)• 単に生活費の不足を理由とする場合、慢性的に生活困難な世帯• 生計中心者ではない方からの申し込み(ただし、教育支援資金は就学する当該者からの申し込みとなります。

次の

生活福祉資金貸付事業 :: 春日井市社会福祉協議会

給付 金 春日井 市

事業内容 低所得世帯、障がい者世帯、高齢者世帯に対し、資金の貸付と必要な相談支援を行うことにより、その世帯の経済的自立と生活意欲の助長促進と社会参加の促進を図り、安定した生活の支援を目的とした貸付制度です。 実施主体 社会福祉法人 愛知県社会福祉協議会 制度の特徴・基本事項• 貸付の申し込みは生計中心者と面接をさせていただくことが基本となります。 原則として世帯を単位とした貸付です。 世帯の生計中心者が申込者となります。 (教育支援資金を除く。 他制度が優先です。 他制度の利用ができない場合に貸付を行います。 他の制度が利用できる場合はそちらが優先となりますので、相談・申し込みの時に他制度の利用ができないかを確認します。 償還義務を伴う貸付制度です。 貸付制度であり、償還の義務があります。 申し込み受理後、貸付金の利用目的だけでなく、借受人、連帯借受人及び連帯保証人の償還が可能であるかの見込みも含めて愛知県社会福祉協議会が審査・決定を行いますので、貸付に至らない場合もあります。 原則として連帯保証人が必要ですが、不動産担保型生活資金を除いて、連帯保証人が立てられない場合も相談・申し込みできます。 (連帯保証人の有無により貸付利率が変わります。 実施主体である愛知県社会福祉協議会の窓口として春日井市社会福祉協議会が本資金の相談・申し込みを受け付けますので、実際の貸付まで日数がかかります。 総合支援資金 内容 ・生活支援費 生計中心者の失業等により、生計維持が困難となった場合の再就職までの生計維持の費用 ・住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用 ・一時生活再建費 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用 対象 次の要件全てに該当する世帯が対象となります。 低所得者世帯であって、生計中心者の失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっていること• 現に住居を有していること(または生活困窮者自立支援法に基づく住居確保給付金の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれること)• 生活保護、失業等給付、職業訓練受講給付金、年金等の他の公的給付・貸付を受けられない世帯であること• 資金の借入を希望される方の本人確認が可能であること• 原則として生活困窮者自立支援法に基づく支援を受けるとともに、実施主体及び関係機関から借入後の継続的な支援を受けることに同意していること• 実施主体が貸付け及び関係機関とともに支援を行うことにより、自立した生活を営めることが見込まれ、償還を見込めること• 福祉資金 内容 ・福祉費 日常生活を送るうえで、自立生活に資するために一時的に必要であると見込まれる費用 ・緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける必要最小限の費用対象者 対象 以下は申し込み対象外です。 居住地と住民票が異なる場合、特定の住居を有しない場合• 貸付後の償還が見込めない場合(例:生活福祉資金を長期滞納中、生活福祉資金貸付の連帯保証人となっている、多額の負債を抱えている、税金・保険料を長期滞納中、債務の法的整理中または整理予定があるなど)• 単に生活費の不足を理由とする場合、慢性的に生活困難な世帯• 生計中心者ではない方からの申し込み(ただし、教育支援資金は就学する当該者からの申し込みとなります。

次の

春日井市の特別定額給付金はいつから?必要書類は?詐欺に注意!

給付 金 春日井 市

ページID 1001939 更新日 令和2年4月1日 対象 後期高齢者医療制度に加入している方のうち、障がい者や重度の要介護状態にある方など 分類 医療 名称 後期高齢者福祉医療費助成 条件 後期高齢者医療保険制度の被保険者で、次のいずれかに該当する方• 身体障がい者手帳1級から3級の方(ただし、腎臓機能障がいの方は1級から4級、進行性筋萎縮症の方は1級から6級)• 療育手帳A・B判定の方• 自閉症状群(高機能自閉症、アスペルガー症候群を含む。 )と診断されている方• 精神障がい者保健福祉手帳1級・2級の方• 要介護4又は5と認定されてから3か月以上経過している認知症又は寝たきりの状態にある方(所得制限等あり)• 市内に親族がいないひとり暮らしの方で、他の方の扶養になっていない方(所得制限あり)• 母子・父子家庭と同じ状況にある方(所得制限あり)• 自立支援医療(精神通院)の適用を受けている方 内容 医療保険適用後の入院分・通院分の自己負担額を助成します。 ただし、高額療養費及び附加給付金は除きます。 また、上記条件のうち「8」に該当する方は、指定医療機関における自立支援医療適用後の自己負担額に限ります。 窓口 市民生活部保険医療年金課 電話0568-85-6194 「春日井市後期高齢者福祉医療費給付要綱」については、こちらをクリックしてください。

次の