タンドリー チキン レシピ。 これ一つで本格派! タンドリーチキンスパイス| オイシックス公式

タンドーリチキン(タンドリーチキン) ナイル 善己シェフのレシピ

タンドリー チキン レシピ

コンビニのサラダチキンといえば、高たんぱく・低脂質・低カロリーと、ダイエットには最適な食品ですよね。 さまざまな種類の味があるなかで、とくに人気なのが、「 ファミリーマートのタンドリーチキン風国産鶏サラダチキン」です。 スパイシーなタンドリー風のチキンです。 国産の鶏肉を国内の工場で加工し、食欲が湧くカレー風味に仕上げました。 引用: スパイシーなタンドリーチキン風のサラダチキンで、他とくらべても段違いで美味しいです。 ただ、1つ258円 税込 と、ファミリーマートは国産の鶏肉を使っているため、一般的なコンビニで売られる200円前後のサラダチキンと比べると、ちょっと高いかなと感じます。 そこで、タンドリーチキン風のサラダチキンを自宅でつくるレシピを考えたので、ご紹介いたします。 タンドリーチキン風サラダチキンをつくる手順 胸肉の下処理をする まず、胸肉の下処理をします。 下処理をすることで、鶏肉独特のくさみを取りのぞくことができるので、絶対にやっておきましょう。 胸肉についている皮をはぐ 胸肉の皮は脂肪分になるので、はいでおきましょう。 胸肉の肉掃除をする 胸肉のところどころにある黄色い脂肪を切り取ります。 これを肉掃除と言います。 黄色い脂肪はくさみの原因になるため、しっかりと取りのぞきましょう。 下処理については、「」の記事の、「」で詳しく解説しています。 ジップロックに胸肉と調味料をいれる 下処理した胸肉と、調味料をすべてジップロックにいれます。 調味料がなじむように、もみこんでおきましょう。 ジップロックは、加熱できるタイプのものをえらびましょう。 ジップロックを真空パックにする 鍋に水をはり、胸肉をいれたジップロックを口が開いた状態でいれ、水圧で空気をぬきます。 こうすると、簡易的に真空パックにでき、調味料がしみこみやすくなります。 冷蔵庫で寝かす 真空パックにした胸肉を冷蔵庫で寝かせます。 半日~1日ほどを目安にしましょう。 鍋に入れる たっぷりの水を鍋にいれて、お湯をわかします。 寝かせた胸肉は冷蔵庫からとりだし、常温にもどします。 時間がない方や、しっかりと火をとおしたい方は、60秒ほど沸騰したお湯にくぐらせるといいと思います。 そのさいは、鍋肌にジップロックがふれて破れないように気をつけましょう。 鍋の火をとめ、胸肉をいれたジップロックをひたします。 鍋にフタをして、胸肉にしっかりと火を通していきます。 冷めたら完成 冷めたら完成です。 タンドリーチキン風サラダチキンの見た目 ジップロックからとりだした、タンドリーチキン風のサラダチキンです。 断面はこのような見た目。 パサつきもなく、しっとりとしています。 感想 しっかりとタンドリーチキンに近いサラダチキンになりました。 ただ、ファミマのタンドリーチキンよりもスパイス感が足りないと思います。 より近づけるためには、スパイスでしっかりと味付けをしたほうがいいでしょう。 ガラムマサラなどがいいかもしれませんね。 まとめ ファミリーマートのタンドリーチキンは、自宅でつくろうとすれば、手軽にできます。 ただ、味に関してはスパイスをしっかりときかせるほうが、より美味しくなりますね! サラダチキンについては、以下の記事でも紹介しているので、ご参考にしてみてくださいね。

次の

夏だ!キャンプだ!バーベキューだ!タンドリーチキンを焼こう

タンドリー チキン レシピ

コンビニのサラダチキンといえば、高たんぱく・低脂質・低カロリーと、ダイエットには最適な食品ですよね。 さまざまな種類の味があるなかで、とくに人気なのが、「 ファミリーマートのタンドリーチキン風国産鶏サラダチキン」です。 スパイシーなタンドリー風のチキンです。 国産の鶏肉を国内の工場で加工し、食欲が湧くカレー風味に仕上げました。 引用: スパイシーなタンドリーチキン風のサラダチキンで、他とくらべても段違いで美味しいです。 ただ、1つ258円 税込 と、ファミリーマートは国産の鶏肉を使っているため、一般的なコンビニで売られる200円前後のサラダチキンと比べると、ちょっと高いかなと感じます。 そこで、タンドリーチキン風のサラダチキンを自宅でつくるレシピを考えたので、ご紹介いたします。 タンドリーチキン風サラダチキンをつくる手順 胸肉の下処理をする まず、胸肉の下処理をします。 下処理をすることで、鶏肉独特のくさみを取りのぞくことができるので、絶対にやっておきましょう。 胸肉についている皮をはぐ 胸肉の皮は脂肪分になるので、はいでおきましょう。 胸肉の肉掃除をする 胸肉のところどころにある黄色い脂肪を切り取ります。 これを肉掃除と言います。 黄色い脂肪はくさみの原因になるため、しっかりと取りのぞきましょう。 下処理については、「」の記事の、「」で詳しく解説しています。 ジップロックに胸肉と調味料をいれる 下処理した胸肉と、調味料をすべてジップロックにいれます。 調味料がなじむように、もみこんでおきましょう。 ジップロックは、加熱できるタイプのものをえらびましょう。 ジップロックを真空パックにする 鍋に水をはり、胸肉をいれたジップロックを口が開いた状態でいれ、水圧で空気をぬきます。 こうすると、簡易的に真空パックにでき、調味料がしみこみやすくなります。 冷蔵庫で寝かす 真空パックにした胸肉を冷蔵庫で寝かせます。 半日~1日ほどを目安にしましょう。 鍋に入れる たっぷりの水を鍋にいれて、お湯をわかします。 寝かせた胸肉は冷蔵庫からとりだし、常温にもどします。 時間がない方や、しっかりと火をとおしたい方は、60秒ほど沸騰したお湯にくぐらせるといいと思います。 そのさいは、鍋肌にジップロックがふれて破れないように気をつけましょう。 鍋の火をとめ、胸肉をいれたジップロックをひたします。 鍋にフタをして、胸肉にしっかりと火を通していきます。 冷めたら完成 冷めたら完成です。 タンドリーチキン風サラダチキンの見た目 ジップロックからとりだした、タンドリーチキン風のサラダチキンです。 断面はこのような見た目。 パサつきもなく、しっとりとしています。 感想 しっかりとタンドリーチキンに近いサラダチキンになりました。 ただ、ファミマのタンドリーチキンよりもスパイス感が足りないと思います。 より近づけるためには、スパイスでしっかりと味付けをしたほうがいいでしょう。 ガラムマサラなどがいいかもしれませんね。 まとめ ファミリーマートのタンドリーチキンは、自宅でつくろうとすれば、手軽にできます。 ただ、味に関してはスパイスをしっかりときかせるほうが、より美味しくなりますね! サラダチキンについては、以下の記事でも紹介しているので、ご参考にしてみてくださいね。

次の

タンドリーチキンとは?オーブンの簡単レシピを本格スパイスソースで

タンドリー チキン レシピ

【材料】• ひき肉合いびき肉をおよそ320g使用• 玉ねぎ:1玉• 人参:1本• カレー粉:適量• 塩胡椒:適量• お好みでケチャップやソース• スキレットやフライパン、鍋などの調理器具 ひき肉は、 合いびき、豚、鶏など好みのものでOKです。 おつまみドライカレーの作り方 1. 玉ねぎと人参をみじん切りにする 玉ねぎと人参をみじん切りにします。 みじん切りといっても、写真のように多少粗くても問題ありません。 熱したスキレットで飴色になるまで玉ねぎを炒める アツアツに熱したスキレットに油をひき、カットした玉ねぎを入れます。 そのまま5~10分、写真のように色づくまで炒めます。 玉ねぎは焦げやすいので、ひたすら混ぜつづけながら炒めて下さい。 ひき肉を加え塩胡椒をふる 2にひき肉をドバっと加え、塩胡椒を適量ふり炒めます。 人参を加える ひき肉をひと混ぜして炒めたら、さらに人参も加えます。 結構なボリュームですが、 炒めている内にカサが減るので問題ありません。 カレー粉などで味付けをしてさらに炒める 人参を加えひと混ぜしたらカレー粉を加えます。 そして我が家では、子供が食べやすい味になるようケチャップとソースも加えました。 作中にも書かれていますが、 カットしたトマトを入れるのもおすすめです。 あとは水分がなくなるまで炒めれば、ドライカレーの完成です。 ピーマンをカットする ピーマンは縦に2等分し種を取り除きます。 今回は2袋分用意しました。 簡単おつまみドライカレー完成 調理を初めてものの15分ほどで完成したドライカレーとカットピーマン(切っただけ)。 調味料は自己流でケチャップとソースを足しましたが、もちろんカレー粉と塩胡椒のみでもOKです。 材料、調味料ともに少なく、これはキャンプ向きなメニューだなと感動。 実食 早速、ピーマンのくぼみにドライカレーをinしていただいてみましょう…。 「ナマステ~~~~!」と思わず叫ぶ美味しさ。 なんだこのシャキッ・パリッ食感。 何よりほんのりとしたピーマンの苦味がクセになります。 こりゃぁビールと最高の組み合わせです。 そして食べて思ったのが、ドライカレーは結構しっかり目の味付けがおすすめ。 スキレットパンパンに作ったドライカレーが、ピーマンと共にどんどん無くなっていきました。 ちなみに、 我が家の子供たちもピーマンをバクバクと完食。 もしピーマンが苦手な方は、苦味が少ないレタスだと食べやすいと思います。 スパイシーなタンドリーチキン ドライカレーにつづき2巻で登場するのが「タンドリーチキン」です。 作中で厳さんと雫ちゃんの食事シーンを見て、堪らず作ってみることにしました。 タンドリーチキンの材料 【マリネ液の材料】• ヨーグルト120グラム• ケチャップ大さじ2• カレー粉大さじ1と1/2• ガラムマサラ小さじ1• にんにくチューブ小さじ1• しょうがチューブ小さじ1• レモン汁大さじ1と1/2• タンドリーチキンの作り方 1. 鶏もも肉の両面にフォークを刺し塩胡椒をふる 味が染み込みやすいようにフォークで両面に穴をあけ、塩胡椒で下味をつけます。 1を一口大にカットする 1を一口大にカットします。 キッチンバサミが使いやすくておすすめです。 保存袋にマリネ液と鶏肉を入れる ポリ袋やフリーザーバッグにマリネ液の材料と鶏肉を入れ、空気をしっかり抜いてよく揉み込みます。 このまま8時間以上漬け込み、味を染み込ませましょう。 フライパンで焼きあげる 熱したフライパンに油をひき、保存袋から鶏肉のみを取り出し焼いていきます。 焼いている間は水分が出やすいので、最後は火加減を強めにして仕上げて下さいね。 スパイシータンドリーチキンの完成 タンドリーチキンの下ごしらえは漬けておくだけなので、完成まではおよそ20~30分。 しかも、 キャンプ場へは保存袋のみ持参すればOKというお手軽さです。 今回は鶏もも肉を2枚使用しましたが、大人2人子供2人でちょうどよい量でした。 大人2人以上の場合は、鶏もも肉2枚以上は必要だと思います。 実食 まず食べる前に食欲をそそられるのが香りです。 カレーのスパイシーさと香ばしさが漂ってくると、食欲が刺激されます。 そして 一口噛むと驚くのが肉の柔らかさ!長時間漬け込んだだけあり、ジューシーで口の中でホロっと崩れます。 これなら子供でも食べやすいですね。 やはり カレー好きな我が家では即完売状態に。 これはリピート確実なレシピとなりそうです。 おまけレシピ「カシューナッツ炒め」 実は、 ふたりソロキャンプ2巻に掲載されているカレーレシピは2品ではなく3品あり、その3品目というのが本編終了後のおまけマンガ内にて掲載されている「カシューナッツ炒め」。 しかも、 タンドリーチキンで余ったマリネ液を活用したリサイクルレシピなのです。 カレーもカシューナッツも大好物の私は、早速再現してみることにしました。 カシューナッツ炒めの材料 【材料】• カシューナッツ• タンドリーチキンで余ったマリネ液 カシューナッツ炒めの作り方 1. フライパンにマリネ液とカシューナッツを入れて炒める フライパンでマリネ液とカシューナッツを炒めます。 火加減は中火~強火で水分を飛ばすように炒めましょう。 水分がなくなり全体がカラッとしたら完成です。 カシューナッツ炒め完成&実食 料理工程は1つ、そして材料は余った液とカシューナッツのみ。 なのに、 絶対美味しいと確信できる香りと見た目です。 作中でも描かれているように、 一口食べると完食するまで止まりません。 もうずっとポリポリという音が止まらず、完食までものの数分でした。 大人のおつまみ向けかと思いきや、 我が家では子供に大人気。 「おかわりちょーだい」が止まず、ほとんど子供の胃袋へ…。 タンドリーチキンからカシューナッツ炒めと、なかなか最強な変化レシピです。 カレーレシピは美味しすぎて止まらない 今回の再現レシピで痛感しましたが、カレーレシピはとにかく美味しい。 とくに今回再現した3品は、 手が止まらなくなるほどの美味しさでした。 キャンプ場ではもちろん、自宅でも、そして大人も子供も嬉しくなる今回のレシピ、 ぜひふたりソロキャンプを読みながら挑戦してみて下さいね。 関連レシピはこちら.

次の