イエローデビル 有野。 『ゲームセンターCX』歴代ADをまとめてみた!【画像あり】

17.10.22 シンフォニック・ゲーマーズ2

イエローデビル 有野

2020年6月22日 16:41 2003年に放送がはじまったゲーム実況番組『ゲームセンターCX』の放送がついに300回を超えた。 記念すべき300回の放送は6月11日に放送され、ファミリーコンピュータのアクションゲーム『ドラゴンファイター』を攻略。 300回突破を記念した「放送300回記念300分生放送」も6月21日に生放送された。 通常回を見逃したという方は、6月25日24時から第300回が再放送される。 また、「放送300回記念300分生放送」を密着取材した「CONTINUE SPECIAL ゲームセンターCX 2020」の発売も決定。 初回限定版には「ゲームセンターCX ch. 動画傑作選『THE VERY BEST OF GCCXch』」などを収録したDVDも付属する。 8月20日に発売予定だ。 『ゲームセンターCX』は、「有野課長」ことお笑いコンビよゐこの有野晋哉氏がさまざまなレトロゲームに挑戦するゲーム実況番組だ。 有野課長はゲームがとても上手というわけではないが、根気強く理不尽ともいえるような難易度のゲームを攻略する粘り強さに定評がある。 時には番組のADたちに助っ人を頼んだり、冷えピタや老眼鏡の力を借りて、17年間たくさんの痛恨のミスと、それに勝るとも劣らない回数の伝説を生み出した。 カテゴリー• 4,561• 3,342• 693• 362• 139• 354• 700• 126• 104• 106• 268• 176• 152• 180• 164• blog49. fc2.... アーカイブ• 386• 789• 561• 726• 651• 539• 380• 388• 188• 136• 103•

次の

【テレビ】 『ゲームセンターCX』の放送が300回を超える。レトロゲームに挑む有野課長の挑戦を描いて17年に及ぶ長寿番組へ [朝一から閉店までφ★]

イエローデビル 有野

2003年に放送がはじまったゲーム実況番組『ゲームセンターCX』の放送がついに300回を超えた。 記念すべき300回の放送は6月11日に放送され、ファミリーコンピュータのアクションゲーム『ドラゴンファイター』を攻略。 300回突破を記念した「放送300回記念300分生放送」も6月21日に生放送された。 通常回を見逃したという方は、6月25日24時から第300回が再放送される。 また、「放送300回記念300分生放送」を密着取材した「CONTINUE SPECIAL ゲームセンターCX 2020」の発売も決定。 初回限定版には「ゲームセンターCX ch. 動画傑作選『THE VERY BEST OF GCCXch』」などを収録したDVDも付属する。 8月20日に発売予定だ。 『ゲームセンターCX』は、「有野課長」ことお笑いコンビよゐこの有野晋哉氏がさまざまなレトロゲームに挑戦するゲーム実況番組だ。 有野課長はゲームがとても上手というわけではないが、根気強く理不尽ともいえるような難易度のゲームを攻略する粘り強さに定評がある。 時には番組のADたちに助っ人を頼んだり、冷えピタや老眼鏡の力を借りて、17年間たくさんの痛恨のミスと、それに勝るとも劣らない回数の伝説を生み出した。 電ファミニコゲーマー denfaminicogame 「【17年】『ゲームセンターCX』の放送が300回を超える 2003年に放送がはじまったゲーム実況番組で、「課長オン!」の声とともにレトロゲームに挑む有野課長の挑戦を映し続けてきた。 先日には「放送300回記念300分生放送」が配信され、再放送が発表されている 」 2020年06月22日16時56分.

次の

『ゲームセンターCX』の放送が300回を超える。レトロゲームに挑む有野課長の挑戦を描いて17年に及ぶ長寿番組へ

イエローデビル 有野

人物像 無印 ライト博士()とは、ローバート工科大学電子工学科時代からの腐れ縁であるワイリー。 大学時代当時のワイリーとライトは良きライバル同士にして親友同士であったのだが、やがて二人の間に溝が生じ始める事になる。 性格は目立ちたがり屋でプライドが高く、趣味は卓球。 ロボットの平和利用の理論を提案するライトとは対照的にワイリーの理論は常に独自性が強すぎる上に過激的な物ばかりであり、大学の教授達にとって理解し難いワイリーは俗に言う「異端児」とも呼べる存在であった。 大学卒業後は、幾つかのコンテストでライトと競い合う事になるが、やはり周囲からは理解力を示されず、ある意味でライトをも上回る天才であった(例とするとライト博士は時間を遅くするを開発したがワイリーは時間を止めるを製作している)ワイリーは、いつも1番の座をライトに取られてしまい、自らは万年2位の座に甘んじざるを得なくなる。 この屈辱に我慢がならなかったワイリーは、やがてロボットのみに愛情を注ぐようになり、その後ロボット工学界から姿を消す。 自らを理解しようとしなかった周囲への復讐として、世界征服の野望を画策し始めた。 なお、過去にワイリーは「ダブルギアシステム」なる技術を開発していたが、問題視され開発は凍結されてしまった。 どうやらこれが学会を去りライトとワイリーの間柄が決裂した要因だったらしい。 これまで明かされなかった過去として、ワイリーのロボットの思想は「ロボットは強くなくてはいけない、 ロボットはヒーローとしてあるべきだ」との考えがあった模様。 「ダブルギアシステム」はいわゆる装置であり、ロボットの性能を飛躍的にアップさせる反面、ロボットに大きな負担をかける言わば諸刃の剣であった。 なお、『11』でワイリーが使用したダブルギアシステムの対策として、ライトがかつてワイリーの造った試作品をロックマンに組み込んだ事実を知った際は、ライトの事を「 発明泥棒」呼ばわりして憤慨している。 自分が過去にブルースの改造を利用してライトの技術を盗んだり、彼の作ったロボット達を私兵にして散々利用してきた時の事実を完全に棚に上げた発言である。 ロボットに対する愛情は確かなものがあるが、その一方で他人の作ったロボットを強奪・改造して配下にする、世界征服には全くの無関心であったDr. コサックを人質を盾に脅迫し悪事を働かせる、邪魔な存在であるブルースに無実の罪を着せるなど、やってることは基本的に外道であり、その行いによって犠牲になった人間やロボットは半端な数ではない。 また、ではワイリーが過去に開発した「ダブルギアシステム」の試作型をロックマンに搭載されるのだが、 ワイリーが創りだした技術をロックマンが装備するというシリーズ初の展開となった。 Xシリーズ 明言こそされないが、後述関連項目のやのボディを用いて登場。 また、方法は不明であるが、が老人と認識する姿で彼との接触を図っていることも明らかになっている。 無印の頃のコメディチックな性格は成を潜め、徹底的にライトとXを憎むマッドサイエンティストになっている。 このあたりは、無印~Xの間に描かれていない大きな確執が生まれたのか、あるいはワイリー自身が狂気に飲まれたのか不明である。 ゼロの過去と思われる光景ではもはや世界征服というよりも最強のロボットを創り出す事に病的なまでに執心していたと思われる。 無印シリーズにおいては善と悪の関係でこそあれ、ロックマンがワイリーを救ったり 、ワイリーもロックマンを気遣ったり 、ワイリーがロボットエンザのワクチンを置いていったり するなど、憎しみ合う中で戦っているわけではないようであった。 実際、ではライト博士からあらためて共同研究の道を提唱されている。 それからすると、Xシリーズのワイリーの性格はあまりにも歪みすぎていて、まるで別人のように成り果ててしまっている。 ワイリーが変貌したきっかけはなんだったのかは未だに不明のままである。 池原版でのワイリー 現在休刊となっているで、最も最初にロックマンの漫画を描いたの漫画でのワイリーについて。 数多くのロックマンの漫画の中でも、「冷酷非道なマッド・サイエンティスト」としての面が最も強調されており、良心的な部分など欠片も見せた事が無かった。 特にオリジナルストーリー(『』のパラレルストーリとも言える)である「甦るブルース」では、多くのロボット達を洗脳して戦闘用ロボットに改造させた上に、自らが造った偽のブルースであるワイリーブルースを黒幕にして全ての罪をブルースに擦り付け、更に自身は被害者を装っただけでなく、改心したと見せかけてワイリーパトロールを編成し、市民が自分を支持するよう誘導する等、悪辣極まりない手段に出ている。 おまけに本物のライトを自身が作成したロボットと入れ替えて、混乱の隙にビートやエディー、ロールちゃんまでバラバラに解体させ、ロックマンを半ば孤立に近い状態にまで追い込んでいる。 最も最後に描いたロックマンの漫画である『』では、ロックマンとの直接対決で、「 お前達ロボットは世界征服の為の道具に過ぎん!! 」「 何体壊れようと知った事か!! 」「 お前(ロックマン)を倒す為なら、これからも戦闘ロボットを造り続ける!! 」とまで宣った事からも、完全にロボットを自分の欲望を満たす為の道具としか思っていないのが伺える。 しかし、フォルテに関しては敗れた知らせを聞いた時に「心を持たせて失敗だったか?」という描写はあったものの壊されたと思い驚いていたりフォルテに助けられた時は 「 強くしてやる。 ワシが必ず強くしてやるとも」 と言っている等特別な感情を持っているように見える ただし、池原版なので仮に8以降が出ていたとしたら扱いがどうなるかはわからないが。 有賀版でのワイリー 自他ともにトップクラスのロックマンファンと認めるの漫画でのワイリーについて。 4コマ時代からのとがトレードマーク。 ちなみに、これはカプコンから許可を得たので、『ロックマンリミックス』以降も定着。 また、普段はをかけている(ギガミックスで書かれる若き日のワイリーも眼鏡をかけている。 老眼鏡である可能性もある。 ) 『』では、ゲームに近い性格であり、またオチの一コマを担当することが多かった。 しかし「地球の掃除を始める。 対象は諸君ら人類」と冷酷に言い切ってみせたり、その一方でが「戦闘のない世の中では不必要」としたの封印を「かわいそうだから起こしてやった」「貴様の説くことは偽善にすぎない」と言って 大元の原因が自分であることを思いっきり棚に上げて説くなど、その後に窺える思想やゲームで幾度も描写された醜悪な本質も垣間見える。 また、『史上最強の敵』で、自らが開発したの暴走でライトが投獄処分にされてしまった際は、 「あとは一刻も早いライトの『』を祈るのみじゃー!! 」とまで宣っている。 後の復刻版では、さすがに問題的と見なされたのか、『死刑』から『』に変更されているのだが…あまり大差はないか…。 『』においては、若い頃は「ロボットに心を持たせる」という提案を上層部に認めてもらえなかったライト博士の唯一の理解者で共に「心を持つロボット」の制作していた過去があり、「罪のないロボットはたとえライト博士のロボットでも傷つけたくない」という言葉や、「ロボットの生き方はロボット自身に決めさせるべきで、造物主といえどそれを運命づけることは許されない」とライト博士に詰め寄るなど、それまで悪役としてしか描かれなかったワイリーのロボットに対する熱い想い、哲学が示されている。 また、デューオ(正確には元となる白いロボット)が、ワイリーシティを襲撃して、ナンバーズ達を問答無用で破壊しようとした際には、これまでのようにロックマンに負けて我先に逃げ出そうとせず(ロックマンの場合、残されたナンバーズ達に乱暴な処置はしない為)、負傷の身を圧してでも直接デューオに戦いを挑もうとする姿勢を見せる等、自らの造ったロボット達に親の情を持っている面も垣間見せており、、などのナンバーズがその想いゆえに従っている、という描写がなされた。 なお、その代わりか有賀版では フォルテが池原版のワイリーさながらの外道となっている。 ロックマンXシリーズでのワイリー ライバルであるライト同様、既に故人、ライトナンバーズを元に以降、戦闘用ロボットを創造(つく)り出し世界を恐怖に陥れた『』として知られている。 シリーズの主要キャラの製作者としてでその存在が発覚( )し、ではシグマの背後にワイリーが協力者として存在している事が(名前こそ出なかったものの)明かされ、ロックマンX6では が登場するなど数タイトルにその存在を匂わせていた。 主にストーリー中で破壊されたゼロの強化修復及びゼロの覚醒を目的に行動している。 実はワイリーが背後に存在することは判明前から伏線は張られており、X1ではボスキャラクターのライフバーにワイリーの象徴である『髑髏の紋章』が刻印されている。 X5においては以前倒されたボスキャラクター・、を強化復元し、、に強化しており、シグマに至ってはで自身が搭乗していた未完成品である『ガンマ』のボディを与えており、()Xシリーズの中ボスは彼が設計したとされている。 ただし、延命装置により生身のまま生き延びたのか、のようにプログラムとして存在しているのか、はたまたクローンを使って次代を乗り越えたのかは不明である。 なのでこの時間軸のワイリー=ロックマンXのワイリーとは限らないという見方も存在する。 ちなみに以降は音沙汰無くなっている。 ロックマンエグゼシリーズのワイリー ネット犯罪組織、の総帥。 かつてはロボット工学の第一人者であり、ネットワーク研究者だった主人公の祖父、光正(ひかり だたし)と共に2大巨頭として科学省で名を馳せていたが、技術の共倒れを防ぐためにネットワーク研究のほうへ資金が集中させる決定が下され、科学省を追われてしまった。 それゆえに、自らの研究場所を奪ったネットワーク社会そのものを憎み、壊滅させるためWWWを結成した。 ただし、そのあとすぐにネットワーク社会への復讐を始めたわけではなく、の父親の紹介でアメロッパの軍の軍事ロボットの開発を行っており、その中でバレルの父親という新たな友という存在を得たことで復讐心は一度は薄れるのだが、そんな彼の戦死によって溜めこんでいた憎しみが爆発したことによってWWWを結成したという経緯がある。 (ここら辺はエグゼ6で語られる) 悪人ながら人望は高く、それゆえWWWには有能な人材が集まりやすいとも言われている バレルの事を考えると心の奥底では優しさなどは失っていない。 の実の父であり、リーガルを正しい道に導いてやれなかった事を悔いている。 また、バレルの育ての親でもあり、バレルにを与えた。 「ロックマンエグゼ6」の20年後に、ネットワークにおける自動迎撃システム「カーネル」と自動修復システム「」を生みだした。 アニメでは「世界の破滅と混乱を」をモットーに、WWWメンバーを引き連れ、中盤から開催された、「N-1グランプリ」にメンバーを出場させたものの結果は全滅。 事前に用意した自立ナビ「ストーンマン」と「ボンバーマン」を送り込むが、敗北。 その過程で現れたを見込み、その力をものにしようとしたが、暴走してしまいアジトは破壊され、ワイリーは行方知らずとなった。 その姿を見た部下たちは愛想をつかしてしまい、早い段階でWWWは壊滅した。 その後はワイリーマニアのが所有するリアルな置物などでしか登場しなかったが、生存しており細々と資金集めを目的にしているのか空き缶を集めている。 新組織である、ダークロイド、ネオWWWには陰ながら協力的で科学省から独自で得た情報を元に、助力している。 第3期はようやく光熱斗と伊集院炎山と対面する。 熱斗が 「お前は『ドクターワイリー』!」と言うと、 「違う!私は『悪の天才科学者 ドクターワイリー』だ!」と返すのがその後もこの流れとなっている。 ロックマンDASHシリーズでのワイリー シリーズ第一作目「鋼の冒険心」に登場。 物語の舞台となるカトルオックス島にある貸しボート小屋の主人として登場。 やや偏屈なところはあるが善良な一般市民で、水中遺跡の探索を行うとにボートを提供する。 ボートに排斥探索をするための設備があった為、かつてはディグアウターではなかったのではないかとロールは推測している。 流星のロックマンシリーズでのワイリー 流星のロックマン3にてワイリーによく似たヨイリー博士が登場。 サテラポリスの科学者で、星河スバル達を温かく見守る好人物。 ワイリーとは違い、 頭は禿げておらず、お婆さんである。 他者に対してはちゃん付けで呼ぶ。 もし、ワイリーがロックマンに全面的に味方する善玉だったらという発想に対するアンサーキャラともいえる。 しかし ちなみにワイリーの子孫かは不明。 スマブラシリーズでのワイリー 「」ではワイリー基地が選択ステージのひとつとして登場するが、ワイリー本人はコレクション用フィギュアとして土下座シーンが再現されたもののみが登場。 「」にてプレイアブルキャラクターでこそないが、として参戦。 のワイリーカプセルに搭乗している。 なお、同じくアシストフィギュアとしてが参戦。 この二人がまさかのスマブラで初共演となった。 スピリッツバトルにおいてはワイリーは「LEGEND」であり、装備するスピリットの対策を練らないと強敵である。 なお、アシストフィギュアのワイリーを撃破すると 土下座する。 そしてクリアゲッターで「勝ちあがり乱闘」の「ロックマンでクリアする」を解除するとやはり 土下座。 余談 ワイリーといえばやはり『土下座』がシリーズを通して ロックマンワールド2を除く 名物であり、9でロックマンに今までの土下座シーンを見せられる程 ちなみに9のプロローグで いきなり土下座から始まる。 ではなんと撃破後にによって途中退場させられた為、エンディングの最後の最後で土下座する珍しいパターンになっている。 ではフィギュアで登場しているが、 やはり土下座姿であった(にもフィギュア自体は存在するが、そちらは土下座をしていない)。 他にも「瓦礫に押し潰されても死なない」」どんなに高い所から落ちても大怪我をしない」「ワイリーマシンやカプセルの爆発でも割と無傷」「宇宙空間で撃墜された後に地球へ流星のごとく落下してとてつもない大きさのドクロ雲が立ち上る程の激突しても生きている ワールド2 」「ワイリーUFOが脱出途中に墜落して爆発しても死なない ワールド3 」という、 ある意味人間離れしているところもある。 バイオハザードシリーズのとは直接の関係はないが『名前がアルバートであること イニシャルでもA. W 』『ウイルスで世界を混乱に導いた』点が偶然であるが一致している。 担当声優 ロックマン、ロックマンX ロックマン11 ロックマンDASH ロックマンエグゼ OVA版 関連イラスト.

次の