ライン ビデオ 通話 音声。 【LINE】ビデオ通話の途中で音声のみ通話に切り替える方法

LINEビデオ通話は録画可能?iPhoneは簡単にできる!

ライン ビデオ 通話 音声

通話中に友だちとYouTubeを視聴できる機能を追加(5月4日実装予定)• ビデオ通話中に画面共有できる機能を追加 画面共有は、iOS版、Android版いずれも対応しています。 パソコン版でも同じく利用できるようになっています。 YouTubeの共有は、スマホのみで対応。 画面共有やYouTube共有で何ができる? 画面共有をしてお互いのスマホの画面を見せられますが、実際何をするときに使うか気になる方もいると思います。 例えば、通話しながら、旅行の写真を一緒に見たり、ネットショッピングを一緒に楽しんだりできます。 またニュースや資料を一緒に読みながら話し合うことも可能。 他には、操作方法を説明する場合にも便利です。 言葉だけでは伝わりにくい場合に画面共有して説明すれば、親切に操作を教えてあげることができます。 YouTubeの動画を一緒に見れる機能では、スポーツや音楽のライブ配信など、好きな動画を視聴しながら通話できるので、離れていても一緒にいるような時間を過ごせます。 画面共有する際の注意点 画面共有をしていると、見せたくないものを映してしまう可能性があります。 例えば、個人情報を保存しているメモを開いたり、見られたくない通知が来たりしてしまうことがあるかもしれません。 他には、キーボードの学習機能により、入力候補に大切な情報が出てしまうこともあるかもしれません。 通知に関しては、おやすみモードや通知をオフするなど、事前に設定しておくことをおすすめします。 共有したくない情報を間違えて映さないように注意してください。 LINEでYouTubeを一緒に見る方法 YouTubeの動画を一緒に見られる共有機能が2020年5月4日実装されました。 <URLコピーしてYouTubeを共有する>• グループまたは複数人のトークルームを開いて、通話します。 通話画面の下にコピーしたURLの動画が表示するのでタップします。 【開始】をタップすれば、共有が開始します。 動作確認iOS版YouTubeアプリv15. 18 LINEビデオ通話で画面共有する手順 画面共有は、1対1のビデオ通話、複数人のトークルーム、グループトークのどれでもビデオ通話中に画面共有が可能です。 OSによって、操作が少し異なります。 個別のトークルームの場合 下記は1対1の個別トークルームで通話した場合の画面共有のやり方です。 4、LINE v10. LINEアプリを起動します。 ビデオ通話する個別トークルームを開きます。 画面収録のメニューから「LINE」を選択して【ブロードキャストを開始】をタップします。 すると、カウントダウンが始まり、画面共有が開始します。 相手側に自分のスマホの画面が見えている状態です。 終了する場合は、画面左上の【時計(赤くなっている)】をタップし【停止】をタップするか、コントロールセンターの【画面収録のアイコン】をタップして停止できます。 iPhoneでは画面収録機能を利用し、画面共有を行いますが、データは保存されません。 iPhone8、iPhone SEなどのホームボタンのあるiPhoneは画面下から上方向にスワイプして呼び出せます。 なお、画面収録の機能は、iOS11で追加された機能です。 iOS11未満の場合はOSアップデートが必要です。 LINEアプリを起動します。 ビデオ通話する個別トークルームを開きます。 これで画面共有が開始し、相手のスマホに自分のスマホの画面が映っています。 Androidはペン機能に対応しています。 右下の【ペンアイコン】からペンを選んで書けます。 停止したい場合は、右下の【停止ボタン】をタップしてください。 2173• LINEアプリを起動します。 ビデオ通話するトークルームを開きます。 【左下のアイコン】をタップして画面共有できます。 もう一度タップすると停止します。 4)、Pixel 3a XL(Android10)、LINE v10. LINEを起動します。 グループ・複数人のトークルームを開きます。 iPhoneは【ブロードキャストを開始】、Androidは【今すぐ開始】をタップします。 画面共有を停止には、Androidは右下の【停止ボタン】をタップ。 iPhoneは左上の【デジタル時計】またはコントロールセンターの【画面収録】のアイコンをタップして停止できます(iPhone 11 Proの場合)。 画面共有できない原因と対処方法 画面共有ができない原因として、アプリのバージョンが古い、ビデオ通話のカメラをオフにしているなどの原因が考えられます。 音が出ない、共有されない場合 画面共有機能では、動画などのスマホ本体から出る音、メディア音は相手側にはシェアされません。 通話用のマイクから、音量を上げれば少しは音を拾えるかと思いましたが、私の環境では聞こえませんでした。 グループ通話のYouTubeを一緒に見る機能は、YouTube動画の音声も共有されます。 1対1の通話では、音声ありのYouTube共有はできません。 詳しい操作方法は「」をご覧ください。 カメラをオンにしてくださいと表示する場合(Android) Androidの場合、ビデオ通話で自分の顔が見えないようにカメラをオフにした状態で画面共有をしようとすると、「カメラをオンにしてください」と表示します。 「終話ボタン」の右隣にある【ビデオカメラ】のアイコンをタップしてオンにできます。 iPhoneについては、カメラをオフにしている状態であっても画面共有はできます。 アプリバージョンが古い場合(iOS・Android) アプリのバージョンが古い場合は、画面共有することができません。 アプリバージョン10. 5以上にアップデートしてから実行してください。 5未満の場合は、Androidの場合は「画面をシェアする」が表示しません。 相手側のアプリバージョンが10. 5未満の場合は、自分から画面共有はできませんが、相手からの共有は、正常に相手側の画面が表示します。 一時的な不具合の場合 何らかの問題で一時的に不具合が起きることがあります。 電話をかけなおす• 通信状態を見直す(電波が良好な場所に移動)• LINEアプリの再起動• スマホの再起動 一時的に発生している問題なら、大抵は上記3つのいずれかで改善します。 LINEで不具合が発生している場合 LINE側で不具合が起きている場合は、多くの場合は個人で対応できるものはありません。 例えば、アクセスが集中してサーバーダウンしている場合は、復旧するまで時間を置く必要があります。 他のユーザーも同様の不具合が発生していないか、SNSなどで調べてみましょう。 よければ、下記のコメント欄で情報共有してください。 YouTubeがエラーで共有できない不具合 2020年5月5日、YouTubeを一緒に見る機能が利用できない不具合が発生しています。 LINEのYouTube共有の画面で動画検索しようすると、「一時的なエラーにより、ページを読み込めません。 …以下省略」と言ったエラーが表示します。 また、URLをコピーしてからLINE通話を開いてYouTube共有する方法も利用できないことが確認できました。 5月6日8時現在、復旧を確認しました。 正常に動作しています。

次の

【LINE】ビデオ通話の途中で音声のみ通話に切り替える方法

ライン ビデオ 通話 音声

LINEのビデオ通話で音声が聞こえない理由と解決方法 LINEはリアルタイムで情報交換が出来るものとして若者を中心に注目されているSNSですよね。 通話もメールも全てが無料で出来てしまうので、電話代などを気にすることもありません。 さらに、LINEでは「ビデオ通話」の機能も追加され話題になっていますよね。 今回ご紹介する裏技は、「ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処法」についてです。 この裏技についてご紹介していきます。 その前にビデオ通話ってなに? この裏技を紹介する前に、この裏技を使う「ビデオ通話」について簡単に説明しておきます。 「ビデオ通話」は、誰でも簡単に相手と映像を交えながら通話することが出来る機能です。 そのままトークをすることもできるのが特徴です。 音声のラグなどが気になる人もいるようですが、あまりラグなどを感じることが少なく、中々良いサービスだねと、利用者からは 好評のようです。 料金などが気になる人もいるでしょう。 料金はLINEということもあり、無料です。 スカイプの次を狙っているようですので、無料で応戦しているようです。 続きます・・・ スポンサーリンク ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処法 ここまで便利なビデオ通話ですが、中には利用できない人もいたり、 音声が聞こえないという人も多いようです。 「音声が聞こえない」場合は、ほとんどが設定している人の簡単なミスにより発生していることがほとんです。 それを解決する裏技を以下に記述していきます。 まず、音声が聞こえない人の多くは、iPhoneユーザーの人であると言われています。 その中でも、 iOS7にアップデートした人がこの影響を受けているのです。 このアップデートをしている人は、新しく 「マイクの許可」という設定が登場しています。 LINEのビデオ通話をする場合には、「マイクの許可」が必要になってきているのです。 ここで、「許可」に設定していない場合には、マイクの機能がオンにされていないということになりますので、ビデオ通話をすることができなくなってしまいます。 最初にLINEを立ち上げるときに、「このアプリでのマイクの使用を〜」という項目が出てくると思いますので、そこで 「はい」にタップすることで、マイクを許可することができます。 もし、「いいえ」をタップしてしまった人は、設定で自分で変えることができます。 これが、ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処方法の裏技になります。

次の

LINEで無料の音声通話を楽しむ方法

ライン ビデオ 通話 音声

通話中に友だちとYouTubeを視聴できる機能を追加(5月4日実装予定)• ビデオ通話中に画面共有できる機能を追加 画面共有は、iOS版、Android版いずれも対応しています。 パソコン版でも同じく利用できるようになっています。 YouTubeの共有は、スマホのみで対応。 画面共有やYouTube共有で何ができる? 画面共有をしてお互いのスマホの画面を見せられますが、実際何をするときに使うか気になる方もいると思います。 例えば、通話しながら、旅行の写真を一緒に見たり、ネットショッピングを一緒に楽しんだりできます。 またニュースや資料を一緒に読みながら話し合うことも可能。 他には、操作方法を説明する場合にも便利です。 言葉だけでは伝わりにくい場合に画面共有して説明すれば、親切に操作を教えてあげることができます。 YouTubeの動画を一緒に見れる機能では、スポーツや音楽のライブ配信など、好きな動画を視聴しながら通話できるので、離れていても一緒にいるような時間を過ごせます。 画面共有する際の注意点 画面共有をしていると、見せたくないものを映してしまう可能性があります。 例えば、個人情報を保存しているメモを開いたり、見られたくない通知が来たりしてしまうことがあるかもしれません。 他には、キーボードの学習機能により、入力候補に大切な情報が出てしまうこともあるかもしれません。 通知に関しては、おやすみモードや通知をオフするなど、事前に設定しておくことをおすすめします。 共有したくない情報を間違えて映さないように注意してください。 LINEでYouTubeを一緒に見る方法 YouTubeの動画を一緒に見られる共有機能が2020年5月4日実装されました。 <URLコピーしてYouTubeを共有する>• グループまたは複数人のトークルームを開いて、通話します。 通話画面の下にコピーしたURLの動画が表示するのでタップします。 【開始】をタップすれば、共有が開始します。 動作確認iOS版YouTubeアプリv15. 18 LINEビデオ通話で画面共有する手順 画面共有は、1対1のビデオ通話、複数人のトークルーム、グループトークのどれでもビデオ通話中に画面共有が可能です。 OSによって、操作が少し異なります。 個別のトークルームの場合 下記は1対1の個別トークルームで通話した場合の画面共有のやり方です。 4、LINE v10. LINEアプリを起動します。 ビデオ通話する個別トークルームを開きます。 画面収録のメニューから「LINE」を選択して【ブロードキャストを開始】をタップします。 すると、カウントダウンが始まり、画面共有が開始します。 相手側に自分のスマホの画面が見えている状態です。 終了する場合は、画面左上の【時計(赤くなっている)】をタップし【停止】をタップするか、コントロールセンターの【画面収録のアイコン】をタップして停止できます。 iPhoneでは画面収録機能を利用し、画面共有を行いますが、データは保存されません。 iPhone8、iPhone SEなどのホームボタンのあるiPhoneは画面下から上方向にスワイプして呼び出せます。 なお、画面収録の機能は、iOS11で追加された機能です。 iOS11未満の場合はOSアップデートが必要です。 LINEアプリを起動します。 ビデオ通話する個別トークルームを開きます。 これで画面共有が開始し、相手のスマホに自分のスマホの画面が映っています。 Androidはペン機能に対応しています。 右下の【ペンアイコン】からペンを選んで書けます。 停止したい場合は、右下の【停止ボタン】をタップしてください。 2173• LINEアプリを起動します。 ビデオ通話するトークルームを開きます。 【左下のアイコン】をタップして画面共有できます。 もう一度タップすると停止します。 4)、Pixel 3a XL(Android10)、LINE v10. LINEを起動します。 グループ・複数人のトークルームを開きます。 iPhoneは【ブロードキャストを開始】、Androidは【今すぐ開始】をタップします。 画面共有を停止には、Androidは右下の【停止ボタン】をタップ。 iPhoneは左上の【デジタル時計】またはコントロールセンターの【画面収録】のアイコンをタップして停止できます(iPhone 11 Proの場合)。 画面共有できない原因と対処方法 画面共有ができない原因として、アプリのバージョンが古い、ビデオ通話のカメラをオフにしているなどの原因が考えられます。 音が出ない、共有されない場合 画面共有機能では、動画などのスマホ本体から出る音、メディア音は相手側にはシェアされません。 通話用のマイクから、音量を上げれば少しは音を拾えるかと思いましたが、私の環境では聞こえませんでした。 グループ通話のYouTubeを一緒に見る機能は、YouTube動画の音声も共有されます。 1対1の通話では、音声ありのYouTube共有はできません。 詳しい操作方法は「」をご覧ください。 カメラをオンにしてくださいと表示する場合(Android) Androidの場合、ビデオ通話で自分の顔が見えないようにカメラをオフにした状態で画面共有をしようとすると、「カメラをオンにしてください」と表示します。 「終話ボタン」の右隣にある【ビデオカメラ】のアイコンをタップしてオンにできます。 iPhoneについては、カメラをオフにしている状態であっても画面共有はできます。 アプリバージョンが古い場合(iOS・Android) アプリのバージョンが古い場合は、画面共有することができません。 アプリバージョン10. 5以上にアップデートしてから実行してください。 5未満の場合は、Androidの場合は「画面をシェアする」が表示しません。 相手側のアプリバージョンが10. 5未満の場合は、自分から画面共有はできませんが、相手からの共有は、正常に相手側の画面が表示します。 一時的な不具合の場合 何らかの問題で一時的に不具合が起きることがあります。 電話をかけなおす• 通信状態を見直す(電波が良好な場所に移動)• LINEアプリの再起動• スマホの再起動 一時的に発生している問題なら、大抵は上記3つのいずれかで改善します。 LINEで不具合が発生している場合 LINE側で不具合が起きている場合は、多くの場合は個人で対応できるものはありません。 例えば、アクセスが集中してサーバーダウンしている場合は、復旧するまで時間を置く必要があります。 他のユーザーも同様の不具合が発生していないか、SNSなどで調べてみましょう。 よければ、下記のコメント欄で情報共有してください。 YouTubeがエラーで共有できない不具合 2020年5月5日、YouTubeを一緒に見る機能が利用できない不具合が発生しています。 LINEのYouTube共有の画面で動画検索しようすると、「一時的なエラーにより、ページを読み込めません。 …以下省略」と言ったエラーが表示します。 また、URLをコピーしてからLINE通話を開いてYouTube共有する方法も利用できないことが確認できました。 5月6日8時現在、復旧を確認しました。 正常に動作しています。

次の