業務委託 岩手。 東北エンジニアリング

日本水道協会 水道事業 広域化/公民連携 先行事例紹介 包括委託等先行事例

業務委託 岩手

【内容】 岩手県では、県民、事業者、行政の連携と協力による環境に配慮した行動を促進する拠点として、岩手県環境学習交流センターの管理運営業務を委託しています。 また、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。 以下「法」という。 )第38条の規定に基づき、本県における地球温暖化などの気候変動による影響と対策についての普及啓発及び県民の実践的な取組を推進する拠点として、岩手県地球温暖化防止活動推進センターとして指定するとともに、業務を委託しています。 上記の環境学習交流センター及び地球温暖化防止活動推進センターの業務は互いに関連が深いことから、募集要項により、次の2業務の受託団体(指定団体)を一括して募集します。 (1) 環境学習交流センターの管理運営業務委託 (2) 地球温暖化防止活動推進センターの指定及び業務委託 【締切】 令和2年3月2日 月 17:00まで 【応募できる団体】 環境の保全の促進を図ること及び地球温暖化の防止に寄与する活動の促進を図ることを目的とする、一般社団法人若しくは一般財団法人又は特定非営利活動法人であって、以下の各号の要件を満たす団体とします。 1 県内に主たる事務所を有する団体であること。 2 令和2年1月1日現在、県民一人一人の環境に配慮した行動を促進する等の活動歴及び県内における地球温暖化防止に関する普及啓発等の活動歴が1年以上あり、定款又は寄付行為に環境や省エネルギー等に関する活動について明記していること。 3 宗教活動や政治活動を目的とする団体でないこと。 4 特定の公職にある者 候補者を含む 又は政党を推薦、支持、反対する活動を行う団体でないこと。 5 暴力団でないこと若しくは暴力団又は暴力団員の統制下にある団体でないこと。 6 地球温暖化対策の推進に関する法律(以下「法」という。 )第24条第6項の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わった日から起算して2年を経過していない者を法第24条第2項第2号、第3号又は第6号(同項第2号又は第3号に附帯する事業に係る部分に限る。 )の規定による事業に従事させないこと。 【業務内容】 ・環境学習交流センターの管理運営業務内容 県が委託する業務は以下のとおりですが、詳細については仕様書を参考にしてください。 1 環境保全に関するイベント情報及び各主体の活動情報を収集し、インターネット・情報誌・企画展を通じて定期的に情報を提供する事業 2 学校等からの訪問学習の受入れ、環境学習講座等の開催、環境学習に関する問い合わせ対応、県内のこどもエコクラブ等の交流促進、環境学習プログラムの研究・開発及び環境関連図書等の貸出等の環境学習を支援する事業 3 環境アドバイザーの派遣、流域活動支援業務、環境学習交流センター運営協議会の開催、環境保全活動に関する問い合わせ対応等の環境保全活動を支援する事業 ・地球温暖化防止活動推進センターの業務内容 県が委託する業務は以下のとおりですが、詳細については仕様書を参考にしてください。 1 地球温暖化に対する危機意識を高め、エネルギー消費の少ないライフスタイルへの転換を促すWEBサイト「いわてわんこ節電所」の運営、県民参加型省エネ・節電キャンペーンの実施、専門診断員が家庭におけるオーダーメイドの省エネ対策を提案するうちエコ診断の事例紹介といった県民や地域における地球温暖化対策を促進する実践的な事業 2 地球温暖化を防ごう隊(注)の取組や地球温暖化防止活動推進員の活用促進、地球温暖化対策地域協議会の活動支援、他団体等と連携した地域での地球温暖化防止活動を促進する事業 注 地球温暖化を防ごう隊:将来、地球温暖化の影響を受けると予測される小学生を対象に、家庭でできる省エネルギーや防災への備え等の取組を通して、地球温暖化に対する意識を高めてもらうことを目的とした活動。 URL: 【お申し込み・お問い合わせ先】 岩手県環境生活部環境生活企画室 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1(県庁 11F) TEL:019-629-5329(企画担当:環境学習交流センターについて) TEL:019-629-5271(温暖化・エネルギー対策担当:地球温暖化防止活動推進センターについて) FAX:019-629-5334 E-mail:AC0001 pref. iwate. jp 応募に関する問合せ、相談等を受け付けます。 来庁される場合は、事前にご連絡ください。 なお、審査の途中経過に関する問合せには、応じられません。 問合せ、相談等の受付時間:月~金曜日(祝日除く)9:00~17:00(12:00~13:00除く).

次の

東北エンジニアリング

業務委託 岩手

44件見つかりました 1 - 44件目• 業務委託の場合ですが、サロンのオーナーからシフト制にして実労8時間で……ブログやコラムや電話等の予約受付洗濯や掃除等をして欲しいと。 ただ給料は、施術し月トータルの半分と言われました。 8時間サロンにいててサロン業務してる... 2015年06月22日• 1 弁護士回答• 非許可のメンズエステの経営を検討しています 施術者が業務委託で働いている場合、性的行為を行った場合、経営者側の責任はどのようになるのでしょうか? また、風営法で摘発される定義は、どこで確認すればいいのでしょうか?... 2016年04月04日• 1 弁護士回答• 非許可のメンズエステの経営を検討しています 施術者が業務委託で働いている場合、性的行為を行った場合、経営者側の責任はどのようになるのでしょうか? また、風営法で摘発される定義は、どこで確認すればいいのでしょうか?... 2016年04月04日• 1 弁護士回答• 個人でメンズエステを開業したいのですがホームページやお客様からの電話応対を自分でやり実際の背術を業務委託で任せようと思いますがその時の注意点を教えて下さい。 また性的行為などを行った場合は発覚したら解雇と言う誓約書を交わ... 2017年03月11日• 2 弁護士回答• 業務委託の場合ですが、サロンのオーナーからシフト制にして実労8時間で……ブログやコラムや電話等の予約受付洗濯や掃除等をして欲しいと。 ただ給料は、施術し月トータルの半分と言われました。 8時間サロンにいててサロン業務してる... 2015年06月22日• 1 弁護士回答• 数ヵ月前から鼠径部のマッサージも含まれた、 お客様に密着を強要してくるメンズエステで 働いています。 鼠径部のマッサージは 男性の性器ギリギリにやったほうがいいという 指示をしてくるようなお店です。 でも風俗ではないので... 2017年09月18日• 2 弁護士回答• 業務委託で、営業、エステ、化粧品の販売をしています。 自ら営業し、エステに勧誘、コース入会して頂いた時に一括で代金を受け取り、その売上から報酬をもらってます。 エステコースに入会して頂いてるお客様から、施術の依頼があっ... 2015年12月27日• 1 弁護士回答• 業務委託雇用契約書について相談です。 出張リラクゼーションエステでの業務委託のお仕事で2年ほど前に業務委託雇用契約書にサインをしました。 コピーを貰っていなかったので、請求しましたが、紛失との事で貰えませんでした。 2015年09月20日• 1 弁護士回答• 歩合制の業務委託契約で エステの仕事についています。 来年から契約を雇用にしてもらえると 店側から言われました。 現在エステの仕事は1日約9時間勤務で、 予約しだいでは、そこから長くもなります。 歩合制ですが、仮に仕事... 2016年06月02日• 1 弁護士回答• 業務委託契約でのトラブルです。 エステサロンにてネイリストとして業務委託契約を結びましたが、実質的には雇用ではないかと思われます。 ・出勤時間の指定(予約があるとき以外も飛び込みを受けられるようにと指示があり、無給なのにも... 2019年04月26日• 1 弁護士回答• 業務委託の位置付けについてと、覚書の効力について 2つほど質問お願いします。 個人経営のエステサロンで業務委託という形で働いています。 確定申告を自分でする為に、(だと思うのですが)業務委託という形で雇用されています。... 2015年10月11日• 1 弁護士回答• 業務委託の契約と、退職について質問お願いします。 個人経営のエステサロンで業務委託という形でオーナーと覚書を交わし、働いています。 勤務形態はシフト制、月23日以上の出勤義務、月給歩合制です。 退職のときは3ヶ月前まで... 2015年10月11日• 3 弁護士回答• 友人がホテルの客室でエステを施術する会社に登録し、業務委託として働いています。 毎月シフトを提出し、その日に依頼があれば、委託を受け、その会社の契約ホテルで施術し、月末の決まった日にその会社から支払を受けます。 エステに... 2014年02月09日• 1 弁護士回答• 業務委託で雇用の場合の、退職可能な期日について 法的な退職可能期日について。 個人経営のエステサロンで業務委託という形で働いています。 仕事が原因と思われる、座骨神経痛が1年前からあり、非常につらいので辞めたい場合、... 2015年10月11日• 1 弁護士回答• 業務委託契約先の急なシフト変更は損害賠償請求できますか? メンズエステ店と業務委託契約をしております。 時給2000円保証があるお店です。 シフト確定後、同じ週に5回もシフトを休まされたり、時間を短くされました。 前日や... 2020年01月19日• 1 弁護士回答• 現在20代 実家暮らし の私は、5年ほど前から6社から借金が150万超えであります。 今、自己破産の手続きを進めておりますが、親の収入が多いため援助してもらえないか聞かれて自己破産できないかもしれないと弁護士さんに言わ... 2018年07月11日• 3 弁護士回答• エステ系の個人事業主と業務委託契約をしています。 契約解除にあたり2カ月前に申し出とあります。 そうでない場合は賃金の返還、支払いなし。 みたいな文言があります。 それは契約違反だから働いた分の賃金は払いませんと解釈してよいです... 2015年01月04日• 1 弁護士回答• メンズエステ店を欠勤した際の罰金について。 初めまして、ご覧頂きありがとうございます。 私は現在、大学に通いながらマンション型のメンズエステ店にて業務委託契約を結び働いています。 そのお店は1カ月ごとのシフト提出なので... 2019年01月17日• 1 弁護士回答• メンズエステ経営者です。 健全店です。 業務委託を結んでるセラピストが違法行為をしているか怪しいです。 (個室で客と風俗行為) もし、ここ数ヶ月もしくは数年のうちに内偵に入られていたと仮定します。 証拠も集められて、たと... 2020年03月13日• 1 弁護士回答• 業務委託が実質的には労働契約だったのではないかと考え、不当解雇を疑っています。 所謂メンズエステ店での勤務を業務委託という形で始めましたが、予告無く即日での契約解除を口頭で伝えられました。 しかし、そもそも勤務実態に労働... 2020年06月07日• 2 弁護士回答• 義妹が業務委託にて、化粧品会社で働いております。 オーナーが所有する化粧品を使ってエステをして技術料、化粧品を販売して売上の何%かを頂いているみたいです。 化粧品の買い取り等はしておりません。 義妹は化粧品を勝手に持... 2018年08月13日• 1 弁護士回答• エステサロンで業務委託で勤務しています。 4カ月ほど勤務しました勤務時間、出勤日数、日報を送るなど業務指示があり、会社に疑問をもつことが多くなり退社をする旨を伝えたのですが。 そこで初めて業務委託契約書を見せられまし... 2015年09月30日• 2 弁護士回答• 法的な退職可能期日について。 個人経営のエステサロンで働いています。 仕事が原因と思われる、座骨神経痛が1年前からあり、非常につらいので辞めたい場合、 一番最短で何日後に退職できますか? 業務委託という形で雇用されて... 2015年10月10日• 1 弁護士回答• 法知識はありませんので、現理解は独学によるものです。 オリジナルOEM化粧品を作り、今後卸先販路(販売業務委託や代理店ではない)を拡大していきたいと思っています。 商品に定価記載はありません。 卸先は、美容院や個人エステ... 2018年07月01日• 1 弁護士回答• 小さなエステを運営してます。 1年前に2ヶ月ちょっといていきなり辞めた人から少額裁判を起こされました。 エステは技術が命でこの人は未経験で20歳くらいす。 最初は講習費は無料の練習生徒とサロン業務見学してもらいここは賃金発生し... 2013年07月20日• 3 弁護士回答• エステサロンを経営しております。 スタッフの私用携帯で、業務に必要な画像など撮影してもらう事が多いです。 当店で働いていたスタッフが独立し、同じようなサロンを経営しているのですが 辞める際に「(当店)のスタッフとして... 2020年04月28日• 1 弁護士回答• 初めての質問です。 よろしくお願い致します。 メンズエステ店を経営しているのですが、女性スタッフの無断欠勤や遅刻、事前に報告することができるような欠勤に罰金を科したいのですが 法的に問題がない方法は以下の中にあるでしょう... 2017年04月06日• 1 弁護士回答• 5月に就職サイトで見つけたエステサロンにつとめだしました。 社員か業務委託契約があったので、離婚し子供二人を養うためにも社員希望でしたが、働きだすと会社説明会を一週間以上引い伸ばされやっと同時期に入った六人は説明を受けまし... 2013年07月01日• 3 弁護士回答• 今エステサロンで業務委託契約として4年間働いています。 朝は準備や掃除があるので9時には出勤しなくてはなりません。 出勤してすぐタイムカードを押しますが仕事開始時間は9時半からになってます。 この30分の労働時間は会社側は支払... 2018年09月04日• 1 弁護士回答• 実際に施術した時間あたり1500円で月に3万円~5万円程度です。 交通費は出ません。 この度、職安の職業訓練講座に合格し退職することになり、職安より「委託契... 2014年10月16日• 1 弁護士回答• 現在、エステサロンにて業務委託として働いております。 元々はそのサロンで手技の勉強をさせてもらっておりました。 その延長で、うちで働かないかと言ってもらい、働かせていただいておりました。 給料形態などは決まっていたのでそ... 2019年08月12日• 1 弁護士回答• 友人がエステサロンを退職したいのに、オーナーの引き留めが強く退職できずにいます。 個人事業主としてサロンと委託販売登録といった形で勤めており、労働契約書はない模様です。 退職に踏み切れない理由としては ・エステの仕事... 2019年12月02日• 2 弁護士回答• 個人事業主として整体業をしているものです。 今回、経営難に伴い廃業する形になりました。 そこで、業務提携先【エステティックサロン】に4月末に廃業するので契約を打ち切らせて下さいといいました。 この時、契約期... 2018年03月25日• 1 弁護士回答• 社長と業務委託契約書を結んでおりました。 エステサロンの立ち上げを依頼され、月給制で利益がでたら40%を受領する契約書があります。 ですが、これは2020年1月末までで、現在は契約が切れており、2月以降の契約内容についてまだ... 2020年02月28日• 1 弁護士回答• 通訳案内士、旅行行法などに関する質問です。 現在新しい事業を考えてまして、外国人旅行者の方に、オススメのエステを紹介するのですが、その際当社であらかじめ用意した英語などの出来る人をアルバイトとして一緒について行ってもらう... 2017年04月04日• 1 弁護士回答• 初めまして。 当方は痩身エステの会社を経営している代表取締役です。 現在スタッフは40数名居ます。 私以外全て業務委託契約を結んでいます。 労務環境を整えておきたいと思い相談させてください。 以下が現在の弊社の状況です... 2019年03月03日• 1 弁護士回答• メンズエステからの転職、経歴詐称について 去年の12月に前職(正社員)を辞めて、今年からメンズエステで働いていました。 転職をしたいのですが、職務経歴書や履歴書にメンズエステと書くことができないため、介護をしていたこ... 2019年11月14日• 1 弁護士回答• 初めてご相談致します。 今回、エステスクールの解約合意書を作りたいと思っています。 現在、エステスクールに通う生徒さまにいろんなサービスを提供しているのですが、例えば入学契約書に記載してあるルールの一部を解約後も有効と... 2018年11月16日• 1 弁護士回答• 12月に無断退職(会社に行かなくなった)した会社への対応についての質問です。 エステ、美容院等を経営する会社で経理、雇用関係、お金の管理等しておりました。 労働環境の内容が少々難解なので箇条書きで書かせていただきます。... 2018年02月03日• 2 弁護士回答• 退職についてのいざこざです 雇用契約書の取り交わしなし 口頭のみの約束で社長、私のみの会社でエステサロンで働いていました 月給制、福利厚生ありで3ヶ月働きましたが いざ勤めてみたら社長の雇用の仕方が出会い系サイトで公私混... 2019年02月15日• 1 弁護士回答• 風営法の許可を得てる店での源泉徴収ついて。 親の収入が減った為デリヘルで一時的働こうと思っていますが、未経験で風俗関係の知識に疎い為教えて頂きたいです。 相手の店にはうちはしっかりしてるから体験入店のみでも風営法の関係... 2019年12月31日• 2 弁護士回答• 先日アルバイトでメンズエステのお店で1ヶ月半ほど働いていたのですが、説明では性的なサービスは一切ないと言う事で始めました。 ですが、実際やってみるとお客様から性的なサービスを要求されることが多くストレスと苦痛で体調を崩し... 2019年01月25日• 3 弁護士回答• 友達が違法メンズエステで働かされてます。 ずっと辞めたい辞めたいって言ってて 飛んだら実家まで解決するまで用心棒を連れていくとか、掃除ができてなかったら殴るぞと脅されたりとか、1日18時間労働を週6〜7でやらされたりして... 2018年11月03日• 2 弁護士回答• メンズエステ店経営でセラピストには欠勤または遅刻の場合は時間を決めて、その時間までに連絡を入れてもらうようにしています。 また、その遅刻や欠勤による予約のキャンセル、時間の減少による利益の損失分をセラピストに請求しますと... 2017年04月14日• 2 弁護士回答• 化粧品販売及びエステサロンのオーナーという形で委託販売契約を交わしています。 給料は出来高制です。 通常の仕事 販売とエステ施術 以外に、無償で研修のトレーナー 研修の運営 をさせられています。 研修会場に行く為の交... 2017年03月29日• 3 弁護士回答• 現在、某化粧品会社の業務委託契約でエステティシャンとして働いて4年目になるものです。 業務委託契約自身は会社ではなくそこと契約している店長と契約しているようですが、契約書というものを一度も交わしたことがありません。 2015年03月30日• 3 弁護士回答.

次の

業務委託とは?他の契約との違いから契約書作成までのポイントを網羅|バーチャルオフィス・シェアオフィス@東京都千代田区

業務委託 岩手

〇雇用契約 「雇用契約」とは、労働者が労働を提供し、会社がその報酬を与えることを約束する労働契約です。 つまり、 会社の従業員となって働く雇用形態を意味します。 労働者への指揮命令権が発生し、労働者は成果物の完成責任は負いません。 企業活動に必要な業務のうち、社員が行うべき業務は、雇用契約を結んだ労働者によって行われます。 〇派遣契約 「派遣契約」とは、派遣会社と労働者が雇用契約を結んでおり、 派遣先の企業で労働する契約です。 派遣期間中には派遣先会社から派遣労働者への指揮命令権が発生し、労働者は成果物の責任は追いません。 企業活動に必要な業務のうち、外部で行うべき業務が対象となります。 〇業務委託契約 「業務委託契約」とは、 自社の業務を外部に委託する契約です。 業務委託契約では、業務を委託する企業(委託者)から引き受ける側(受託者)への指揮命令権は発生しません。 外部で行うべき業務が対象ですが、委託企業とは雇用契約を結ばずに業務を行います。 1-2. 業務委託契約の「請負契約」「委任契約」の違い 「請負契約」では、成果物を完成させることで報酬を受け取ります。 例えば、システムエンジニアが定められた納期までに、発注通りのプログラムを完成させて報酬を受け取るといった契約です。 例えば企業の受付や事務作業など、成果物が設定できない業務に関し、一定の期間にわたる業務遂行が委任されるような契約です。 委任と準委任の違いは「民法656条」で定められています。 業務内容が弁護士などの士業が行う法律行為ならば「委任契約」、コンサルタントなどの法律行為でない業務であれば「準委任契約」となります。 業務委託契約のメリット・デメリットとは? まずは、業務委託で仕事を受けるメリットをご紹介します。 仕事の成果がそのまま報酬へつながるため、実力や努力次第で収入を上げられます。 そのため業務内容によっては、在宅勤務など働き方も自由に選択できます。 一方で、業務委託は基本的に個人で行うため、人間関係のストレスが少ない傾向にあります。 2-2. 業務委託で働く3つのデメリット メリットとあわせて、業務委託で仕事を受けるデメリットも留意しておきましょう。 突然契約がなくなることもあり、失業保険や労災保険も給付されません。 一方で、業務委託で働くと、それらの管理・支払いは自分で行わなければなりません。 努力次第では高収入が見込めますが、仕事が見つからなければ最低収入の保証もありません。 業務委託契約書の作り方と注意点 業務委託契約書を作成する際には、双方の意識を統一しておくことが大切です。 トラブル回避のためには、業務委託契約書に以下のような内容を記載しておくと良いでしょう。 〇業務内容 業務委託契約書の業務内容や業務工程は、できる限り具体的に明記しておくことが大切です。 特殊なケースについては、追加資料をつけておきましょう。 委託業務の場合、業務についての手順やルールなどがあれば記載します。 〇成果物 成果物が、どの時点で誰に帰属するのかはっきりさせましょう。 取引後に所有権などのトラブルとならないよう、有体性のものは「いつ誰に引き渡すか」、無体性のものは「受託者が情報を公表・利用できるか」といった内容を記載します。 〇報酬 報酬の金額とその内訳、報酬の支払時期と支払方法を記載します。 「1枚いくら」「1人あたりの日給いくら」といったように、報酬の算定方法を細かく相談しておきましょう。 〇損害賠償 委託者や受託者に契約違反などがあった場合の損害賠償も、記しておく必要性の高い事項です。 損害賠償について契約書に記載していない場合、委託者による契約解除で損害賠償が発生する可能性があります。 3-3. 請負契約の場合、仕事の成果物を納品するまでは報酬請求権は発生せず、受託者は委託者に対して 「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」 を負います。 瑕疵担保責任は、受託者が仕事に瑕疵(欠陥・ミス)があった場合に負う責任のことです。 業務が契約通りに行われていなかった場合は、修補や損害賠償。 解除などの責任を負うこととなります。 善管注意義務は「善良な管理者の注意義務」のことで、社会通念上、一般的に注意を払うべき義務です。 業務委託契約では、業務請負なのか業務委任なのかで、その責任の範囲が大きく異なります。 トラブルを避けるためには、双方の認識のズレを少なくして契約を結ぶことが大切です。 まとめ 業務委託契約は、受託者の働き方の自由度が高い分、責任も生じる契約です。 契約内容によっては欠陥やミスが生じたときの修正だけでなく、損害賠償を請求されることもあります。 業務後に「契約と違うじゃないか」というトラブルが起きないようにするためには、業務契約前に受託者と委託者で業務内容をしっかり詰めておくことが大切です。 業務委託契約書には契約内容や報酬について具体的に明記し、お互いに意識を統一できた状態で契約を結びましょう。 起業ノウハウ 起業ノウハウについての様々な考察をブログにまとめています。 2020年03月30日• 2019年07月17日• 2019年09月06日• 2014年09月16日• 2019年05月16日 おすすめの記事• 最近の投稿• CATEGORY• ARCHIVES•

次の