まぶた 荒れ。 アイプチでまぶたが伸びる!なぜ?噂はホント?

左のまぶただけここ1ヶ月ほどカサカサしたり腫れたりかぶれたよう...

まぶた 荒れ

まぶたのカサカサ・皮がむける・かゆみ・腫れの5つの原因 まぶたがカサカサになったり、皮がむけたりするのには、主に5つの原因があります。 乾燥 まぶたは非常に乾燥しやすいのですが、その理由は2つあります。 1つは「まぶたの皮膚の特徴」によるもの、もう1つは「外的な刺激」によるものです。 さらに、まぶたには皮脂腺がありません。 そのためもともと乾燥しやすく、刺激に弱い箇所なのです。 同じ顔でもほかの部分は皮脂で守られているため、多少の刺激には耐えられます。 しかし、皮膚が薄いまぶたは、すぐに傷つき乾燥してしまいます。 外的な刺激 次に、乾燥の原因になる「外的な刺激」とは具体的にどういうものか、チェックしておきましょう。 女性はアイメイクをしますよね。 アイメイクだけでなく、そのメイクを落とすために、強い洗浄力のクレンジングを使います。 さらに、洗い残しがないようにゴシゴシこすったり。 乾燥の原因になる外的な刺激• メイク• クレンジング• 洗うときの摩擦 すべてが乾燥の原因になる外的な刺激です。 どれもまぶたにとって大きな負担です。 これらによって肌のバリア機能が壊れ、乾燥を引き起こすのです。 接触皮膚炎 接触皮膚炎 接触性皮膚炎ともいう という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 簡単にいうと 「皮膚がかぶれること」です。 外からの刺激物が皮膚に触れることで皮膚が赤くなって腫れたり、かゆくなったりする症状のことをいいます。 涙目や充血を起こすこともあります。 この接触皮膚炎、大きく分けると「刺激によるもの」と「アレルギーによるもの」、2つに分けられます。 原因になる刺激 刺激による接触皮膚炎は、女性の場合はアイメイクによるものが大半を占めます。 コスメに含まれる成分によりかぶれが生じるのです。 また、化粧品だけでなく、ブラシやチップなどの道具が刺激となる場合もあります。 私も、まぶたがカサカサになったりかゆくなったりするときの原因はだいたいこれです。 特に仕事が多忙すぎてメイクを落とす気力もなく寝てしまったとき、朝、目が痛痒くなります。 それが何日か続いてしまうとまぶたがカサカサになって化粧水がしみるところまできてしまいます。 なお、 メイク以外では前髪が刺激になる場合もあります。 原因になるアレルギー 点眼薬・化粧品・花粉等、特定の物質に接することでかぶれが起こる場合、アレルギーによる接触皮膚炎であることが考えられます。 比較的多いのは点眼薬か化粧品のようです。 花粉の飛ぶ時期だけ症状がひどくなる場合は、花粉によるアレルギーの可能性が高くなります。 中には、アレルギー物質に触れただけでは症状が出ず、光に当たることでかぶれてしまう「光接触皮膚炎」や、金属に触れることでかぶれる「金属アレルギー」もあるようです。 アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は強いかゆみや湿疹が生じるため、それがまぶたに発症すれば、当然目のかゆみやかさつきが出てきます。 アトピーになると、肌のバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなります。 これによりもともと乾燥しやすいまぶたがさらに乾燥し、またさらに刺激が受けやすくなるという悪循環になります。 眼瞼炎 まぶたの炎症を総称して「眼瞼炎 がんけんえん 」といいます。 眼瞼炎は炎症が起こる部位によって3つに分けられます。 眼瞼縁炎は細菌やウイルスへの感染、過剰な皮脂の分泌が原因となり、眼瞼皮膚炎や眼角眼瞼炎はアレルギーが主な原因となります。 もともとまつ毛の根元部分だけの眼瞼縁炎だったものが、かゆみによってまぶたを一緒に掻いてしまい、まぶたに傷をつけてしまうということもありそうですね。 5.ストレス 特にアトピー体質で日ごろからまぶたが乾燥しがちな方に多いのですが、ストレスも一因になることがあります。 ストレスとまぶたの乾燥、あまりイメージわきませんが・・・。 実は、ストレスによって自律神経が乱れることにより、涙の分泌量が減り、目がかゆくなったり、肌が乾燥したりするのです。 その時、あなたのまぶたはこんな状態です! 以上、まぶたがカサカサしたりかゆくなったりする主な原因5つを見てきました。 この時のまぶたの皮膚の状態は、どのようになっていると思いますか? 肌の角質層が乱れてセラミドが不足している状態です。 この状態のお肌は、 肌が本来持っているバリア機能や保湿機能が十分な働きをすることができなくなっています。 結果、まぶたが刺激に耐えられず様々な症状を引き起こしてしまうのです。 まぶたの乾燥・かゆみ・腫れの対処法 症状の原因となるものを取り除く まぶたに乾燥・かゆみ・腫れの症状が出た場合、まずできることは、 「原因となるものを取り除く」ことです。 例えば、化粧が原因であれば化粧をしない、まぶたをこすらないなど、症状の原因物質にまぶたが触れないようにすることです。 その上で、乾燥しないように保湿をしっかりすることが有効です。 ただ、例え化粧が原因であったとしても、「化粧をしないなんてムリ!」っていう方もいらっしゃいますよね。 そんな方には敏感肌の方向けの化粧品に変えてみるのも一つの方法です。 原因になる物質が含まれている可能性が少なく、バリア機能が優れた商品もあるので、試す価値あります。 さらに、まぶたの部分はくぼんでいるため、意識してケアをしないと、化粧水や乳液がまぶたに行きわたらないことも。 保湿力の高いアイテムでしっかりケアすることが改善、予防につながります。 保湿アイテムのなかでも、敏感肌の方におすすめなのは「ワセリン」です。 添加物や刺激的な成分が入っておらず、水分の蒸発を防ぐことができるため、保湿にはもってこいです。 」「ワセリンでも荒れてしまう。 」という方もいらっしゃると思います。 そういう方はもちろんですが、そうではない場合も、基本的には 早めに病院で診察を受けるのが一番です。 勝手な自己判断は症状を悪化させてしまう可能性があります。 また、目への影響を考えると、安易に市販薬を使うのは大変危険です。 なぜなら、目に入っても大丈夫な市販薬はないからです。 顔に使えるものであっても、目の周りは使えないものもあります。 ただ、2016年から目の周りのかゆみたかぶれを改善する、目の周りにも使える市販薬も販売されるようになりました。 これらの商品を試してみるのも一つの方法です。 ただ、何度もいいますが、まぶたはもちろん目の周りは皮膚が薄いです。 薄いということは、他の部分と比べて薬の吸収もよいということです。 つまり、薬を使うということはそれだけ注意が必要です。 それぐらい注意が必要な部位なので、まずは 病院での受診が基本であるとを理解して下さい。 眼科・皮膚科・アレルギー科何科に行けばいいの? まぶたの場合、皮膚科と眼科、どちらに行くべきか迷うところですよね。 ネットで調べてみたところ、眼科・皮膚科・アレルギー科・どちらでもOK等、様々な意見があり、「まぶた=〇〇科」と決まった答えは見つけられませんでした。 人それぞれの症状によって、実際に対応する科も異なるのが現状のようです。 なので、総合病院に行って症状を話したうえで何科を受診すべきか聞く、もしくは事前に眼科・皮膚科に電話して診察してもらえるか確認してから行くという方法がおすすめです。 敏感肌専用のスキンケアも使えます これまで、まぶたのカサカサやかゆみ・腫れの原因と対処法を見てきました。 原因の一つは 「乾燥」でしたね。 まぶたのカサカサの原因が乾燥である場合、お肌が「敏感肌」の状態になっている可能性があります。 敏感肌は肌のバリア機能が弱っている状態です。 そのため、肌の水分を内部にとどめておくことができず、乾燥してしまうのです。 もちろん、乾燥だけに限らず、外部からの刺激も受けやすい状態になっています。 そんな乾燥対策の保湿には「ワセリン」をおすすめしました。 添加物も刺激物もないワセリンですが、そんなワセリンでさえ合わないこともあります。 普段は大丈夫でも、肌が敏感な時にはちょっと使いづらいという方もいると思います。 実は私がそのタイプで、ワセリンが苦手なのです。 体調にもよりますが、余計にかゆくなってしまったり・・・。 ベタつく感覚も苦手でストレスを感じます。 そんな時私は、ワセリンではなく、敏感肌専用のスキンケアを使っています。 ディセンシアの化粧品を使う2つの理由 敏感肌専用のスキンケア、色々試してきましたし、今でも新しい商品が出れば試しています。 そんな中でも愛用しているは、ディセンシアの「アヤナス」。 理由は2つあります。 バリア機能がとてもいい• 保湿成分のセラミドを補える バリア機能がとてもいい ディセンシアのスキンケア化粧品は、 バリア機能がとてもいいです。 しっかり、バリアされているのを実感できます。 ワセリンみたく「保護するためにつけてます!バリアしてます!」的な感覚はないのに、さりげなくしっかり守られてます。 このバリア機能、「 ヴァイタサイクルヴェール」という ディセンシアだけの特許技術です。 肌の表面をラップのように包んで外部刺激から守るだけでなく、肌の中の水分を閉じ込める働きを持っています。 実際に、 ワセリンよりも低刺激で炎症を防止する効果が高く、保水力も高いという実験結果も出ているんです。 ディセンシアの「アヤナス」「サエル」「つつむ」のどのクリームにも、ヴァイタサイクルヴェールが採用されています。 アヤナス クリーム コンセントレート• サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート• つつむ フェイスクリーム 特に私は「アヤナス クリーム コンセントレート」が気に入ってます! 保湿成分のセラミドを補える 肌が本来持っているバリア機能や保湿機能が十分でなくなっている原因は「セラミドの不足」です。 ディセンシアに限らず、敏感肌用の化粧品を使うと、不足している「セラミド」を補うことができます。 といっても、今どき「セラミドを補う」ってよく聞くフレーズではないですか? 実は、セラミドといっても様々な種類があり、その効果も全然違います。 だから、セラミドだったらなんでもOKという話ではありません。 ディセンシアのセラミドは、 人間が持っているセラミドと同じ構造で、肌への浸透力が高い「ヒト型セラミド」。 しかも、通常のセラミドよりも小さくて 4倍の浸透力ががあるタイプなのです。 つまり、 ディセンシアのスキンケア化粧品なら、効果が期待できるセラミドを補えるということです。 敏感肌専用のスキンケア化粧品だからこそのメリット 私が敏感肌用の化粧品を使うのは、ワセリンがちょっと苦手という理由もありますが、やはりワセリンではできない部分もあるからです。 まず、 ワセリンだけでは、セラミドを補うことはできません。 セラミドを補うには、セラミドが配合された化粧水などが必要です。 もちろん、「セラミドを補う化粧水+ワセリン」という組み合わせで対処するのも一つの方法だと思います。 ただ、ディセンシアに限らず、敏感肌のことを考えて作られた敏感肌用のスキンケア化粧品なら、 肌への刺激になるものが極力除かれています。 ですから、 まぶたのトラブルで困っている状態のときでも使える可能性があります。 私はまぶたがカサカサしてきた時はもちろん、「ちょっと敏感肌になってきたかな?」って時は、敏感肌用のスキンケア化粧品に変えています。 ただ、私も経験していますが、敏感肌用だからといってすべての商品が自分に合うとは限りません。 なので、自分に合うかどうか実際に使ってみて試すことができるトライアルセットがある敏感肌用化粧品を、「 」のページでご紹介しています。 『ヒト型セラミドが補えるものだけ』ご紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。 また、私が愛用しているディセンシアのスキンケアラインも、全てトライアルセットがあります。 当サイトではディセンシアのスキンケアライン「アヤナス」「サエル」「つつむ」の3種類のセット内容や使用感のレビューをご紹介しています。 気になる方はぜひご覧ください。 視線がいきやすい場所だから正しいケアを! まぶたは人目に付きやすい場所のため、かさついていたり腫れていると、気分も落ち込みますよね。 中には、アイメイクができなくて困るから、早くなんとかしたい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか? でも、これまでご説明してきた通り、まぶたの皮膚は薄くて敏感で弱い部分です。 だから、正しいケアが必要です。 まぶたのカサカサやかゆみ、腫れは、刺激の強いものを使わないなど原因となるものを取り除く、保湿をしっかりする、強くこすらないといった、日々のケアで予防できるケースもあります。 敏感肌用の化粧品による日々のスキンケアもおすすめです。 ただし、原因がよくわからない、改善しない場合は、まず病院で診察を受けることを最優先に検討しましょう。 「しっかり治して繰り返さない!」を目標にケアを行ってくださいね。

次の

まぶたがかぶれる原因は何?かぶれてしまった時の対処方法

まぶた 荒れ

[目次]• まぶたの皮膚はとても薄い 顔の皮膚は他の部位よりもデリケートですが、その中でもっともデリケートだと言えるのがまぶたの皮膚です。 にもかかわらず、まぶたは日常生活の中で刺激を受けやすい場所でもあります。 顔は日焼けしやすい部位であり、まぶたも紫外線の影響を受けます。 マスカラなどのアイメイクやクレンジング剤も、敏感なまぶたにとっては大きな刺激です。 目の疲れもまぶたに影響を及ぼします。 さらに、花粉症の方であれば、こするなどの刺激が加わることで、なおさら刺激を受ける機会は増えてしまうでしょう。 まぶたが乾燥してしまう原因 まぶたの皮膚は薄く、皮脂腺も少ないため、もともと乾燥しやすい部位です。 その上に刺激を受けやすい部分ですから、乾燥してしまうのはある程度仕方がないかもしれません。 乾燥を進行させる大きな原因は、洗いすぎや保湿不足など、間違ったスキンケアが主なものですが、皮膚炎などの皮膚疾患に伴って皮膚乾燥が引き起こされる場合もありますので注意が必要です。 まぶたの皮膚はデリケートなため、アイメイクを落とす際に強くこすったり、洗浄力の強いクレンジング剤で洗いすぎたりしてしまうと、角質のバリアが破壊されて角質の水分量が減り、乾燥しやすくなります。 そして、洗顔後の保湿が足りないと、より乾燥しやすくなります。 まぶたの乾燥への対策 まぶたは、もともともと乾燥やすい部位であることに加えて、アイメイクやこする刺激、洗いすぎなどの外的刺激によって乾燥を悪化させてしまうことを前述しましたが、日常生活においてすべての刺激を避けることは難しいでしょう。 よって、まぶたを乾燥から守る適切なケアを行うことが大切になります。 では、どのようなケア方法が考えられるのでしょうか。 肌にやさしいメイクとクレンジングを 目の周りの皮膚に負担をかけないようにするにはアイメイクをしないことが一番ですが、アイメイクをすべてやめるというのは現実的ではありません。 そこで、肌に負担をかけないようなメイクやクレンジングが大切となります。 マスカラはお湯で落とせるタイプのものを使い、アイライナーやアイシャドウもお湯や石鹸のみで落とせるものを使うことが理想的です。 クレンジング剤を使う場合は、こすらないで落とせるタイプのものを選ぶとよいでしょう。 アイメイク専用のクレンジング剤を使うことも良い方法です。 保湿をしっかりと行う 角質層のバリア機能を保っておけば、刺激から皮膚を守ることができるので、洗顔後は保湿が大切です。 保湿剤は刺激の少ないものを選び、強くこすらないように優しく塗りましょう。 目元用のアイクリームを塗る 保湿する際は、目元用のアイクリームを使うのも良いと思います。 アイクリームは、保湿力が高くつくられているものが多く、配合されている成分も刺激が少ないため、まぶたの乾燥が気になる方に適しているといえるでしょう。 目元にパックをする 乾燥が強いときはパックをすることも良い方法ですが、通常の顔用シートパックはまぶたまでカバーされないものが多いため、その場合は、目元専用のパックを使用するとよいでしょう。 最近では、まぶたから目尻、目の下までカバーするタイプのシートパックも発売されています。 また、普段使っている化粧水や美容液でまぶたに刺激がないようであれば、それらをコットンに染み込ませてコットンパックをすることもおすすめです。 目を閉じ、まぶたの上にコットンパックを乗せて5分ほど置き、その後はクリームなどで保湿をしておくとよいでしょう。 敏感肌の人はワセリンを 敏感肌で肌が弱い方、乾燥が進行してしまっているときには、化粧水やクリームが刺激になる場合があります。 その場合は、ワセリンのように刺激が少なく、しっかりと表面に定着してくれる保湿剤を利用するようにしましょう。 痒みがあるときはその治療を 洗顔の際にこすってしまうことが、まぶたの乾燥の原因のひとつですが、これは洗顔の場合だけに限りません。 例えば、花粉症などのアレルギー疾患、アトピー性皮膚炎やかぶれなどの皮膚疾患に伴って、まぶたに痒みがあるときは、痒みによってこすってしまうということもあるでしょう。 症状が軽ければ、刺激をさけて保湿をしっかり行うことで良くなることも多いのですが、痒みが強いときや、赤みなどの皮膚炎を伴っているときは、痒みを緩和する薬や炎症を抑える外用剤を使用することが有効です。 症状が強いときは医師に相談するようにしましょう。 まぶたの乾燥に効果的な保湿剤の選び方 まぶたの乾燥ケアとして、アイクリームやワセリンを紹介しましたが、市販されているアイクリームに配合されている成分はさまざまです。 まぶたの乾燥に効果的な保湿剤を選ぶうえでのポイントは、低刺激であることと、保湿力の高さです。 低刺激であるという点では、肌の表面を保護してくれるワセリンが優れています。 できるだけ精製度が高く不純物が少ない、サンホワイトやプロペトといったワセリンを使うことをおすすめします。 また、保湿力の高さでは、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」などの保湿成分を配合したクリームがおすすめです。 角質層の水分を保持しバリア機能を高めます。 まとめ 皮膚が薄く、顔の中でも特にデリケートなまぶたは、乾燥しやすい部位です。 以下のポイントに気をつけ、日頃からまぶたをいたわるようにしましょう。 こするなどの外的刺激を避ける• 落としやすいアイテムを選ぶなど、肌にやさしいメイクをこころがける• クレンジングや洗顔の際は摩擦を避ける• 目元用のアイクリームやワセリンを活用し、まぶたの保湿ケアをしっかり行う まぶたの乾燥は、進行すると、痒みや赤みなどを引き起こす可能性も考えられます。 また、花粉症やかぶれ、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に伴ってまぶたの乾燥が悪化することもあり、上記のケアをおこなっても症状が改善しない場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

次の

敏感肌さんでも安心!まぶたにやさしい低刺激アイシャドウ7選♪

まぶた 荒れ

まぶたがかぶれる原因は何?かぶれてしまった時の対処方法 腫れぼったくなったり、カサカサしたり。 まぶたがかぶれてしまうと、目元が気になってしまいますよね。 もちろんアイメイクをするのにも支障が出てくるでしょう。 まぶたがかぶれてしまっているときは、メイクはおすすめできません。 そもそもまぶたのかぶれはどうして起こってしまうのでしょうか。 もちろん、かぶれが治らない場合は皮膚科などでお薬をもらうことも必要になってきます。 でも根本的な原因がわかれば、これから再発を予防したり、気を付けたりすることは可能ですよね。 まぶたのかぶれを起こしてしまう原因と、その対策について見ていきましょう。 まぶたはとっても敏感! 顔の皮膚は基本的にとても敏感なものですよね。 中でもまぶたはそれが顕著であるといえます。 まぶたの皮膚は、とても薄くなっています。 ただでさえ刺激に弱いのです。 しかし、ほとんどの女性はアイメイクをする習慣があると思います。 アイシャドウを塗ったり、アイラインを引いたり、マスカラがまぶたについてしまうこともあるかもしれませんね。 また、ときにはアイプチで二重にしたりすることもあるでしょう。 これらにより、まぶたはメイクによる負担が大きい箇所であると言えます。 実際に、まぶたのかぶれに代表されるまぶたのトラブルでよくあるのが、「メイク用品によるもの」だと言われています。 刺激になる要素がたくさんあるので、それも仕方がないことかもしれません。 メイク用品のトラブルもひとつ挙げられますが、考えられる原因はほかにもあります。 順番に見ていきましょう。 メイク用品に反応している 一番多いケースだと言われています。 アイメイクをしっかりする方ほど、なりやすいと言えるかもしれません。 アイメイクに使うメイク用品としては、このようなものがありますよね。 アイシャドウ• アイライナー• マスカラ これらが肌に合っていなかったり、刺激が強すぎたりすると、かぶれなどの反応を起こしてしまうことがあります。 また、人によってはメイクの際に、このようなものもプラスして使うかもしれません。 アイプチ• つけまつげ アイプチやつけまつげ自体が触れることが原因になるかもしれません。 でも、それより大きな考えられる原因は「糊」です。 アイプチやつけまつげを付けるのには、糊を使いますよね。 洗顔料が合っていないということや、洗顔方法が間違っているということも考えられます。 しかしやはりまぶたのかぶれの原因として考えられる一番大きなものは、クレンジング剤です。 アイメイクをしっかりしたら、そのぶんしっかり落としてリセットすることが必要になってきます。 それにはもちろんクレンジング剤を使いますよね。 「クレンジング剤が原因かもしれない」とひとくちに言っても、原因になっていることはさまざまです。 肌に合っていない• 洗浄力が強すぎる• 添加物が多い• 落とす際にこすってしまっている 「しっかり落としたい」と思って、落とす力が強いクレンジング剤を選ぶ。 もしくはこすってしまう。 このようなことが原因になる場合があります。 乾燥によるもの 乾燥はすべての肌トラブルの原因と言っても過言ではありません。 乾燥から肌トラブルを起こしてしまう例は非常に多いのです。 「全然治らない」「日常生活に支障がある」このような場合は、迷わず病院へ行くことをおすすめします。 投薬治療などが必要になってくるかもしれません。 しかし、予防や対策は自分でもすることができます。 お薬を使ってしっかり治したら、再発を避けるために、このようなことに気を付けてみると良いかもしれません。 アイメイクはお休みする かぶれは、肌トラブルを起こしてしまっている状態です。 そこへメイク用品、つまり刺激になるものを塗ったり触れさせたりして、良いはずがありません。 思い切ってメイクはお休みしましょう。 まぶたの皮膚をしっかり休ませてあげて、回復を促してあげましょうね。 メイク用品を見直す メイク用品に反応して、かぶれが起こってしまうケースは非常に多いのでしたね。 なので、その原因となっているメイク用品をやめることが必要になってきます。 メイク用品の劣化は、実はとても早いもの。 数か月単位で理想の使用期限が切れてしまうものがほとんどなのです。 ファンデーション、アイシャドウ、アイライナーなどのメイク用品は定期的に買い替えましょう。 メイクに使う道具も同じことです。 アイメイクですと、小さなブラシやチップなどを使うことがあるでしょう。 しかし、使っていくと皮脂がついたりして、そこから雑菌が繁殖したりすることがあります。 同じ状態のものをずっと使い続けるのはやめましょう。 定期的に洗ったり、もしくは買い替えたりするのが理想的です。 洗顔を見直す クレンジング剤や洗顔料が原因になっている場合もあるのでしたね。 その場合は普段の洗顔を見直すことが、必要になってきます。

次の