松戸 霊園。 松戸聖地霊園のお墓の詳細情報

松戸市

松戸 霊園

もう5年以上たつからカキコします。 常盤平に住んでた人とSFだったのね。 美人だったけど。 それで、心霊現象なんかについて話してたら、これから見に行こうか、ということで八柱霊園へGO。 ボクはゼンゼンわかんないし、感じないから、適当に車を走らせてたんだけど。 そしたら、「今のところ戻って」というワケ。 「居る。 ほら、こっち来た。 」というワケで、移動したくなっちゃうよネ。 どんどん奥に行くんだけど、そこら中に居るらしい。 八柱霊園に行ったことがある人なら、わかるでしょう、碁盤の目上に区画がなってるから、暗い時なんか現在位置がわからない、なのに「そこ曲がって、次のそこ」なんて指示するワケ。 すると、さっき居たところに出たり、「女の人ヨ、あなたを呼んでる」なんてネ。 結局、ボクには見えなかったんだけれども、冷や汗モノでした。 でも、ヤッパ凄い霊感持ってて、一発で霊園の入り口に出られたヨ、彼女のナビで。 実は、彼女本業は某有名病院で薬剤師してて、当直の夜なんかいつも「霊」とお話してるんだッテ。 わかる人のところに「霊」はくるらしいデス。 でも、おしろ半分はだめだということでス。 知らないうちに、憑いているそうデス。 誰もカキコしてくれない。 91のレスはホントなんだ。 その後もいろいろあったんだけれど、カキコしない。 「八柱霊園13番街区」なんて言ってるけど、26さんホントに行ったの? たまたま、この板を見つけたからカキコしただけなんだけど、実際に行ったり、体験したりしたレスが少ないな。 「八柱霊園13番街区」だって、ここに書いてある。 asahi-net. htm ホントに体験書いてよ。 ツイデニひとつ。 91の彼女をTAXIで送ったときの話。 彼女のうちは胡録台なんだけど、広尾からTAXIに乗ったのはいいんだけど、二人とも熟睡しちゃったワケ。 運転手さんには「松戸の方」って言ってあったから、天現寺から首都高に乗ったのは覚えてるんだけど、気がついたら柏インターだったワケ。 R16が事故で混んでて、脇道に入ったのネ、そしたら運転手さん「ヤバイ」って言うワケ。 むっくりお目覚めの彼女が「なんで?」、運転手さん「この先に病院があって、出るんですよ道路に」。 柏国立ナントカ病院のことで、今日みたいな雨降りの夜がヤバイらしくて、その夜も雨降りだったワケ。 ボクはホントにわかんなくってダメなんだけど、近づくにつれて運転手さん半狂乱に近くなっちゃうし、彼女は例のごとく見えてるし、もうハチャメチャ。 結局、手前50mで右折してワケわかんないところ走ってR16に出てR6で胡録台到着。 でも、ヤッパ彼女が呼び寄せてるんだと思うよ。 だって彼女もそう言ったし、実際、広尾から胡録台なのに柏インターなんてルートは通常ありえないでしょう。 ナンテタッテ病院は彼女のHomeだからなんだろう。 胡録台の部屋で一泊しましたよ。 三郷インターが 混んでたんじゃないの ってツッコミはともかく柏の病院て豊四季の方にある病院かな? あの辺は暗いからかなり恐いね。 公園とか出来てたけど閑散とし てるし。 どうでもいいが話しと関係ないならSEXは書かなくていいと思う。 ちなみに八柱霊園は、夜は恐いんで逢魔が時に肝試しに行ったが 霊とは遭遇せず。 車の中でヤッてるのを覗き見してた厨房時代。 松飛台の方にとある病院があって、裸足で白いワンピースの女が壁 に一心不乱に落書きしてたりしておっかなかった。 まあ、確かにあの辺は寺社が固まってるけど。 なんとなく旧道走ってると嫌な気分になる時はあるよね。 多分川向こうの火葬場の関係もあるとは思うんだけど。 高校の時は県内の火葬場の見える学校に通ってたけど、 バス停でバス待ってる死に装束とか見えたりしたよ。 今地図見ながら確認したんだけど、実は上本郷居住が正しい。 また、病院は市立柏病院かな? でもさ、彼女とsexしたから体験したんだし、体験したからsexしたんだよ。 6号沿いだったと思うんですが、松戸の方にあるラブホに出ました。 そのものを見たわけではないんだけど… 5~6年も前の話なんで、今もあるかどうかはわからないんですが、 平仮名で4文字くらいの名前のホテルでした。 すごく古そうなホテルです。 宿泊なのに値段がその部屋だけすごーく安くて3000円くらいなので、 そこに決めたんだけど、古い壁紙の一部が何故かやたら新しいのが 変だなと思った。 あと内側から鍵をかけても、ふと気が付くと開いてるんです。 何度か気づいて閉め直すんだけど、やっぱり開いてる。 突然ガタガタガタ…って物音がしたり。 今でもあのホテルあるのかな。 誰か知ってるひといませんか? んーと、近くに駐輪場がありました。 ただ、当時その一画の住民たちは、 数々の霊的現象に見舞われたそうです。 内容は幽霊を見たり、不幸が続いたり、 取り憑かれた感のある人が出たり、 といったことらしいのですが、 怖いのは、古い地図にはその一画が 「餓鬼ノ塚」という地名として 明記されていたことなのです。 空想を働かせると、ちょっと薄ら寒くなります。 そういえば件の住宅地から東に行った場所には 八柱霊園の「八柱(もっともらしい謂われはあるらしいのですが)」があり、 その霊園の南のバス停は「河原塚(バス停の名前は昔の地名を残したものが多い)」 という名前だったり さらに東に行った鎌ヶ谷市との境には 「串崎神殿(クシザキねぇ…)」とい地名があったりと、 寂寥とした紅い黄昏に染まる松戸の昔を おもわず想像することができます。 八柱霊園で肝試しした姉の話しだけど、深夜に猛スピードで走ってきた トラックと擦れ違ったんだって。 でも運転席には誰も乗ってなくて ふっと振り向いたらトラックが目の前で掻き消えてたそうな… これはまあ昔の話しだけど、今は夜中に警察が巡回してるみたい。 行く人はお巡りさんに見つからないように気を付けよう。 つーかその前に行かない方がいいよ、ここはホントに。 それよりも松戸駅近くにあったアーバンヒル。 潰れてから放置されて、錆び付いて薄汚れた外観から「お化けビル」とか 言われてたけど、実際建設中に作業員が足場から落ちて2人亡くなったみたい。 そのせいで地縛霊が住み着いて店を潰した…なんていう話が広まって 土地の買い手もなかなか付かなかったけど、今度その跡地にマンション 作るらしいです。 …でもここ地元じゃ有名。 本当に出るって。 誰か行ったことある人いませんかね?.

次の

松戸市営白井聖地霊園の改葬、解体、返還手続き

松戸 霊園

これを受けて東京府は、東京会議所(現在の東京商工会議所の前身)に命じて、指定9か所のうち、青山、同立山、雑司ケ谷、染井、亀戸、谷中など8か所を造成、明治7年9月1日開設し、これに関するすべての事務を会議所に委任しました。 その後明治9年(1876年)に、墓地の造成、管理事務は会議所から東京府に引き継がれ、墓地の管理は、墓地の所在する区で扱うこととなりました。 地図上に朱線で囲った地域と示されたことに由来する。 明治22年(1889年)には、市町村制の施行に伴い東京市に移管され、同年5月に青山(立山を含む)、雑司ケ谷、染井、谷中、亀戸、澁谷の6墓地が市区改正設計(都市計画の前身)における公共墓地に指定されました。 その後、明治から大正にかけての東京市街の急激な発展に伴い、既存の4墓地はほぼ全て使用許可済になり、また深川、亀戸、羽根沢(澁谷)、橋場の4墓地が前後して整理廃止されたため、新しい墓地を造成する必要に迫られることとなりました。 これを受けて郊外三方面に墓地新設の構想が計画され、その第1号として大正12年(1923年)4月多磨墓地が開設されました。 この多磨墓地は我が国古来の習俗を基本としながら、ドイツの森林墓地を参考にした、我が国初めての公園墓地です。 続いて昭和10年(1935年)7月に八柱霊園が千葉県松戸市に開設されました。 (これを機に墓地の名称を霊園に改めました。 ) 昭和18年(1943年)7月都政施行により市営霊園は東京都に引き継がれ、全都民の需要をまかなうことになりました。 その後昭和23年(1948年)5月には小平霊園が、昭和46年(1971年)4月には八王子霊園(全域芝生墓地)が建設され、都立霊園は計8ヶ所となり現在に至っています。 現在の都立霊園 都内を中心に8箇所設置されている都立霊園。 いずれの霊園も都内からのアクセスも良好で、毎年、ほぼ全ての区画が抽選となる人気の霊園です。 以前は一般的なお墓の貸付がほとんどでしたが、現在では、多様化するニーズに応えるため、合葬墓地や樹木葬などの様々な墓地の貸付が行われています。 近年では、一つのお墓に多くの遺骨を一緒に埋蔵するという新しい形態の墓地である合葬式墓地(合葬埋蔵施設)を小平霊園及び多磨霊園に設置・供給し、現在小平の2基目を供給しています。 2012年に誕生した都立霊園初となる樹林・樹木墓地が小平にはあります。 費用は樹林型合葬埋蔵施設で1体あたり13万4,000円、樹木型合葬埋蔵施設で1体19万4,000円となります。 特に樹林型の生前申込は約30倍の応募倍率となり毎年人気の施設となります。 もし都立霊園に興味を持たれた方は、東京都がホームページを開設していますので一度のぞいてみてはいかがでしょうか? 詳しくは、.

次の

都立八柱霊園(千葉県松戸市)

松戸 霊園

千葉県松戸市八柱にある緑に囲まれた公営霊園 面積105ヘクタールの一大公園墓地。 なだらかな起伏に富んだ、自然豊かな環境。 700mの参道の両側にはケヤキ並木を有し、 長方形の敷地の半分が墓所、残りは園路、植え込み地、広場などになっています。 幾何学模様のフランス風庭園が人気。 ほかに宝塔形の給水等や噴水などがあり美しい景観を誇ります。 軽いウォーキングコースとしても最適です。 「東京都立」となっているのは、昭和10年、墓地不足で悩んだ東京市(当時)が東方墓地として開設したため。 現在でも東京都の霊園ですが、立地の面が考慮され、松戸市民にも門戸が開かれています。 都立霊園の中で唯一東京都以外にある公営墓地で、東京都民だけでなく千葉県松戸市民の方々にもお申込みいただけます。 都立霊園八柱霊園はその立地から使用料が安く、都立霊園の中でも比較的安価なところが魅力です。 特に一般埋蔵施設の使用料は334,900円からとなっており、全都立霊園の中でも最安値です。 他にも芝生埋蔵施設と合葬埋蔵施設に募集があるほか、募集数も他の都立霊園に比べて桁違いに多く、都立霊園にお墓を持ちたい方にとっては狙い目の霊園だといえます。 都立八柱霊園の基本情報から令和元年の募集要項までご紹介します。 【都立八柱霊園の概要】 都立八柱霊園は約100ヘクタールの広大な公営墓地で、その広さは東京ドーム約20個分に相当します。 東京都の人口増加にともなう墓地不足に対応するため、東方墓地として1971(昭和10)年に開園しました。 園内には幾何学模様のフランス風庭園があるほか、宝塔形の給水塔や噴水などもあり、建築物と自然が調和した美しい景観が魅力のひとつです。 園内の至るところに花木が植えられていて、春には桜、秋には紅葉など、季節に応じてさまざまな修理の花が楽しめます。 また、正門の外側には霊園まで続く約700mの参道があり、見事なケヤキ並木となっています。 【都立多八柱霊園の募集墓所】 令和元年で募集が出ているのは一般埋蔵施設・芝生埋蔵施設・合葬埋蔵施設の3施設になります。 70~6. 河原塚中学前の交差点を左に入り、 「紙敷」交差点を左折し道なりに進むと八柱霊園の西門。 (柏方面から)「北部市場」交差点を左折、しばらく直進。 「八柱霊園入口」の交差点を左に入り直進すると八柱霊園正門前。 霊園区分 公営霊園 宗教・宗派 宗教不問 開園年 昭和10年7月1日 総面積/区画数 65000区画区画 設備・施設 著名人 / 一般墓 / 法要施設・多目的ホール / 駐車場 / 管理棟・売店 ペット埋葬 不可.

次の