ゆで卵 アレンジ。 「ゆで卵デコ」はお弁当の味方♪これだけは覚えたいアレンジテク

ゆで卵の食べ方で美味しいアレンジは?味付けや調味料、可愛い切り方も!

ゆで卵 アレンジ

2.ゆで卵を粗くつぶして、1に混ぜて完成。 簡単に味付けと奥深い風味をプラスできる 塩昆布。 マヨネーズ、醤油、塩、コショウも一緒に混ぜれば、簡単に夕食の一皿が完成します。 塩昆布は ポテトサラダや おにぎり、 野菜炒めに混ぜるなど色々な食べ方ができる食材です。 ただ塩味をプラスするだけでなく、 昆布の旨味やコクもプラスできるので、普段の料理がワンランクアップします。 塩だけの食べ方に飽きてきたら、 同じ塩味のある食材でも違う旨味を持った食材をプラスする食べ方がおすすめですよ。 ぬか漬け 【材料】 ゆで卵 お好み ケチャップ 適量 マヨネーズ ケチャップの半量 【作り方】 1.ケチャップとマヨネーズを2:1の割合で混ぜて、オーロラソースを作る。 2.ゆで卵に1のオーロラソースをかけたら完成。 ケチャップとマヨネーズを混ぜただけの簡単で絶品ソースの オーロラソース。 ゆで卵は、マヨネーズとの相性が良いので、さらにケチャップの酸味が加わるとご飯が進むおかず料理になります。 最後に パセリを散らすと、 華やかな色味の料理にすることができます。 オーロラソースは、 肉料理や魚料理、野菜とも相性がよいので作り方を知っていると色々な食材の食べ方のレパートリーが広がりますよ。 2.残りの調味料を加えて混ぜ合わせ、ゆで卵を入れる。 3.ラップをして電子レンジで20秒~30秒加熱する。 4.ゆで卵の向きを変えながら電子レンジ加熱を3回~5回繰り返したら完成。 中華風調味料を使えばじっくり漬け込んだような味付け卵が、たった 10分で完成します。 ウエイパーやオイスターソースは濃い味付けの調味料なので、短時間の調理でもしっかりとゆで卵に味が移ります。 ごま油をプラスすることで風味もアップ。 ご飯のおともにぴったりの食べ方ですよ。 電子レンジ加熱調理をするので、 ゆで卵は半熟ぎみに茹でるのがポイント。 海苔やゴマを使って顔を飾れば、 色々な動物やキャラクターに変身させることもできますよ。 綺麗に切るポイントは、 飾り切りナイフで切り込みを入れる時に、黄身の直前で止めること。 白身に比べて黄身は固いので、飾り切りナイフを入れると感覚の違いに気が付くと思います。 その感覚から黄身と白身の境目を見極め、 白身だけに切れ込みを入れるようにしましょう。 飾り切りナイフがない人は、動画の後半で紹介しているように ストローやスプーンを使って作ることもできますよ。 刃物を使わないので、 子供と一緒に飾り切りをすることができますよ。 ポイントは、 糸をしっかりと引っ張りながらカットすること。 たるんでいるとゆで卵が綺麗に切れず、黄身がぼろぼろになってしまいます。 ピンと張った状態なら刃物を使わなくても、簡単綺麗にゆで卵を切ることができますよ。 こんなに可愛いゆで卵なら食べ方や盛り付け方のレパートリーがたくさん増えますよ。 耳や顔に使っているパーツもすべて食品なので、余すことなく食べることができます。 そのままのゆで卵は白と黄色の地味な色合いですが、ハムや海苔、ケチャップをプラスしただけでとても華やかに見えますよね。 これなら、 子供も大喜び間違いなしですね。

次の

「ゆで卵デコ」はお弁当の味方♪これだけは覚えたいアレンジテク

ゆで卵 アレンジ

作り方 1 ゆで卵を作る(P. 25参照)。 10分たったらお玉などでゆっくり取り出し、冷たい水か流水につける。 十分に冷えたら殻をむく。 2 ゆで卵1個をペーパータオルにのせて約8㎜幅の薄切りにし、さらに8㎜幅に切ってから、90度回転させて8㎜幅に切る。 3 2をボウルに入れ、Aをすべて加えて、よく混ぜる。 味つけ卵(塩味&しょうゆ味) そのままおかずになる味つきゆで卵。 6分ゆでのとろりとした黄身にしっかり味がしみ込みます。 作り方 1 ゆで卵を作る(P. 25参照)。 6分たったらお玉などでゆっくり取り出し、冷たい水か流水につける。 十分に冷えたら殻をむく。 2 ポリ袋に AまたはBを入れて混ぜ、卵をつける。 口をしっかり閉じ、冷蔵庫に半日以上おく。 卵サンド とろとろの卵サンドは半熟のゆで卵を使うのがポイント。 卵を冷水で十分に冷やし、サンドしたあとは冷蔵庫で30分ほど冷やすと包丁を入れやすくなります。 作り方 1 ゆで卵を作る(P. 25参照)。 8分たったらお玉でゆっくり取り出し、冷たい水か流水につける。 十分に冷えたら殻をむく。 2 ゆで卵3個をペーパータオルにのせて約8㎜幅の薄切りにし、さらに8㎜幅、90度回転させて8㎜幅に切る。 ボウルに入れてAを加え、よく混ぜる。 同じようにもう1組作る。 ラップで包み、冷蔵庫で30分休ませる。 4 冷蔵庫から取り出してラップごと切り分ける(切るたびに包丁の汚れを濡れ布巾で拭き取る)。

次の

ゆで卵で作る!アレンジいろいろサラダのレシピ5選

ゆで卵 アレンジ

メイン、おかず、サラダなど万能で何にでも合う卵料理。 ゆで卵のアレンジレシピなど、子どもが喜ぶ卵を使ったレシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)掲載のレシピから厳選してまとめました。 ゆで卵のアレンジレシピ 【1】鶏団子と卵のさっぱり煮 食欲が増すさっぱり煮。 残った煮汁はそうめんのつけ汁や、煮物の汁に使うことも。 ゆで卵は殻をむく。 【2】鍋に【A】を入れて火にかけ、沸騰したら強火で3分煮て酸味をとばす。 【1】を加え、弱めの中火で4~5分煮、いんげんを加えてサッと煮る。 *鶏のうま味が出た煮汁は、麺類のつけ汁にしても。 または、豆腐などを煮てもおいしい。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 【2】包む卵サンドイッチ 野菜が苦手…そんな子供には。 細かく刻んで、見えなくするのがおすすめ。 パンの端を押して閉じるのがポイント。 【A】と混ぜ合わせる。 【2】パンにバターを塗り、2枚1組にして子どもの分は4等分にし、【1】をはさみ、ラップで包んで冷蔵庫にしばらく置いてなじませる。 1個ずつラップで包み、四隅をスプーンの背などで押して閉じる。 教えてくれたのは 阪下 千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 10歳と4歳の女の子のママ。 『めばえ』2015年4月号 【3】型抜きサンドイッチ 「自分の分は自分で」と、型抜きから子供たちと一緒にやるのも楽しそう!型や具はお好みのものでどうぞ。 【2】星型の大・中でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、大で【1】を、中で星で抜いたハムをはさみ、星の小型で抜いたチーズとともにピックで留める。 【3】ハートやツリーなどの型でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、チョコクリームやジャムをはさむ。 上になるパンは小さい型で抜いて中身が見えるようにしても。 *30分以上冷やすと、しっとりとなじんでおいしい。 型がない場合は包丁で切るか、瓶のふたなどの丸型で抜いても。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 ひっくり返してさらに30秒加熱する。 皮をむいて潰し、【A】を混ぜ合わせる。 【2】ゆで卵は刻み、【B】を混ぜ合わせる。 【3】パンに【1】と【2】をそれぞれ均一に塗り横長に置く。 左右両端から巻き上げ、真ん中でパンの裏側同士を1センチ重ねる(ここがハートのくぼみになる)。 ラップに包んで5分程おく。 【4】【3】を一口大に切り、ハート型に整える。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家。 味はもちろん、見た目の美しさも重要視したオリジナル料理が人気。 持ち前の美的センスと器用さを活かしたモチーフ料理に定評があり、書籍も多数。 一男一女の母。 隠し味のはちみつがポイントの子供に人気のサラダ。 ゆで卵は粗くつぶす。 ブロッコリーは小房に分けて、塩少々(分量外)を加えた熱湯でゆでる。 【2】玉ねぎはキッチンペーパーで水けをよく絞り、【A】と混ぜ、【1】も加えて混ぜる。 【6】くるくるキャンディサンドイッチ 一口サイズにカットしてラップで包むから、見た目がかわいく、空ける楽しさもあって、子供たちに喜ばれる一品。 【2】パン2枚にバターの半量といちごジャムを塗り、端からくるくると巻く(いちごサンド)。 【3】パン2枚に残りのバターを塗り、ハム、半分に切ったチーズ、薄切りにしたきゅうりをのせ、端からくるくると巻く(ハムチーズサンド)。 【4】に【1】、【2】、【3】をそれぞれ3等分に切り、ラップでキャンディ状に包む。 教えてくれたのは 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立をつづ ったブログ「よめ膳@YOMEカフ ェ」が人気で、毎月200万アクセスを誇る。 女の子のママ。 『めばえ』2014年6月号 【7】うずら卵入り鶏団子のなす巻き ウズラの卵を包んだ肉団子のなす巻き。 肉団子のうま味や油を程よく吸ったなすがとてもおいしい一品。 【2】【A】を合わせて粘りが出るまで混ぜ、うずらの卵を芯にして10個の団子を作る。 【1】の水けを拭き、片面に片栗粉をまぶし、団子を巻く。 ごま油を熱したフライパンで、向きを変えながら中まで火が通るように焼く。 【3】器にレタスと【2】を盛り、ケチャップを絞る。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 【8】ピーマンカップのタルタルグラタン ピーマンのカップなのでパクっと頬張って食べられます。 中に入っているのはマヨネーズ味のゆで卵とツナ。 ゆで卵は粗みじん切り、ツナは缶汁を切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、ゆで卵、ツナを加えて混ぜる。 【3】【2】を6等分にしてピーマンに詰め、パン粉を振る。 オーブントースターでパン粉がこんがりするまで、8分ほど焼く。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 『めばえ』2016年8月号 【9】スタッフドエッグ 子供が大好きな卵とツナに、パプリカでいろどりを添えただけで、お花畑みたいなオードブルに。 お誕生日などの記念日に登場したら子供の笑顔がこぼれますね。 【2】ゆで卵の黄身、缶汁を切ったツナ、【A】を混ぜ合わせ、白身を器にして盛り付ける。 【3】細かい角切りにしたパプリカとパセリの葉先を飾る。 【2】アボカド、トマト、ゆで卵は1. 5cm角に、紫キャベツはせん切りにする。 【3】器にゆで卵、スモークサーモン、トマト、アボカド、ブロッコリー、紫キャベツの順に並べて盛り付ける。 【A】を混ぜたドレッシングをかけながら食べる。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子ども向け料理を提案し、定評がある。 サッと水けをきって耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで1分加熱する。 【2】ボウルに【A】の材料を合わせてよく混ぜ、【1】を加え混ぜ、食べやすい大きさに分けて丸める。 【3】フライパンにサラダ油を熱して【2】を並べ入れ、焼き色がついたら裏返す。 水大さじ2を加えてふたをし、弱火にし、5分ほど蒸し焼きにする。 *かぶ、パプリカ、いんげんなどの野菜を一緒に炒めたり、サラダ菜を添えても。 教えてくれたのは シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 今回は、盛りつけのポイントも伺いました。 市販の生地でも代用可。 そのまま焼いてください。 フライパンにオリーブ油を熱して、小房に分けたしめじと1cm幅に切 ったベーコンを炒め、ほうれん草を加えて炒め合わせる。 【3】仕上げに温泉卵をのせる。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 3人のお子さんのママ。 個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『めばえ』2013年12月号 【3】マイルド冷やし中華 酸っぱさ控えめで、ごま風味。 無駄に捨てることなくできるきゅうりとソーセージの星形の飾りがGood! 残りの【A】を加えて混ぜる。 【2】卵を溶いて水大さじ2を加えて混ぜ、サラダ油を熱したフライパンに流し入れ、スクランブルエッグを作る。 【3】魚肉ソーセージときゅうりは小口切りにして型抜きし、中身を詰め替える。 長ねぎは4cm長さの細切りにし、サッとゆでる。 トマトはくし形に切る。 わかめは水に5分ほどつけて戻す。 【4】麺は表示時間どおりにゆで、冷水にとって水けをきる。 器に盛って【2】と【3】をのせ、【1】をかける。 【4】ふわ玉あんかけ冷やし麺 豆腐と卵のあんは電子レンジで簡単に!冷蔵庫で冷やしてふんわりツルンの冷やし麺を召し上がれ。 【2】ボウルに片栗粉を入れ、だし汁で溶きのばし、卵と塩を加えてよく混ぜる。 さらに【1】を加えて混ぜ、ラップをかけて電子レンジで5分加熱する。 取り出して全体を混ぜ、さらに2分30秒加熱する。 粗熱がとれたら枝豆とコーンを加えて冷蔵庫で30分ほど冷やす。 【3】麺は表示時間どおりにゆでて、冷水にとり、水けをきる。 器に盛って【2】をかける。 *お好みで、サニーレタスやトマトを添えても。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして幅広い分野で活躍中。 女の子のママ。 【2】フライパンにサラダ油を熱して、うずらの卵の目玉焼きを作る。 【3】鍋に【A】を沸騰させ、【1】を入れて野菜がやわらかくなるまで煮、半分に切ったうどん、5mm幅に切ったなるとを加えて煮る。 【4】器に盛って、【2】をのせる。 教えてくれたのは 阪下 千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2015年4月号 【6】ハムとブロッコリーのポップオーバー&にんじんとジャムのポップオーバー ホットケーキミックスを使って簡単カップケーキ。 冷蔵庫に30分くらいおく。 【3】【A】のブロッコリーはゆでて細かく切り、ハムは細切りにし、すべての材料を混ぜて、【2】の半量に挟む。 【4】【B】のにんじんはすりおろし、小鍋にすべて入れて火にかけ、汁けがなくなるまで煮る。 生クリーム、ぶどうとともに【2】の残りの半量に挟む。 教えてくれたのは 身近な食材で簡単に作れて、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『めばえ』2015年10月号 【7】そら豆入り茶わん蒸し 大きな茶わん蒸しをみんなでシェアするので手間が省けるのでとっても簡単!忙しい朝につるんと温かい茶碗蒸し、おススメです。 【2】【1】を注いだ耐熱の器を蒸し器(なければ鍋に水を張って代用)に入れて、フタをして強火で3分蒸す。 【3】さやから取り出して薄皮を除いたそら豆をのせて弱火にし、10分蒸す。 たれをかけて食べる。 教えてくれたのは 北京生まれ。 1990年に来日。 北京家庭料理が評判となり、料理家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 『めばえ』2017年6月号 【8】ケーキ風ミートローフ ホームパーティにぴったりのケーキ風デザインが華やか! 色鮮やかな野菜や卵がお肉にギュっと詰まった、ごちそうミートローフです。 両端を5cmほど重ねて直径約16cmの円を作り、オーブンペーパーを敷いた天板の上にのせる。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、みじん切りにした玉ねぎ、1cm角に切ったにんじん、小口切りにしたいんげんを炒める。 肉の色が変わったらバットにあけて冷ます。 【3】ボウルで残りのひき肉と【A】を練り混ぜ、【2】を加えて混ぜる。 【5】アルミホイルをはがして器に盛り付け、ブロッコリー、小さく切ったミニトマトを飾る。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など、幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組では、子ども向け料理を提案し、定評がある。 『めばえ』2017年12月号 食事のメインになる卵料理レシピ 【1】鮭とかぶのオムレツグラタン 卵を使ったクリームソースでとろ~り味に。 鮭の骨は取り除いてから焼きましょう。 お弁当の時は、小さめカップに入れて。 ブロッコリーは小房に分ける。 一緒に軽く塩ゆでする。 【2】鮭は皮を除いて2cmの角切りにし、チーズは小さい角切りにする。 【3】耐熱容器に【2】と【1】を入れ、よく混ぜ合わせた【A】を流し入れる。 【4】【3】をオーブントースターに入れ、生地がふくらみ、うっすら焼色がつくまで7~8分焼く。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママでもある。 『めばえ』2014年11月号 【2】ツナと卵の甘酢あんかけ ササッと簡単!卵にツナの旨味も加わりおいしさプラス。 【A】は細かく刻む。 【2】ツナ、コーン、【1】を合わせ、卵を加えてよく混ぜる。 【3】フライパンにサラダ油を熱して【2】を流し入れ、菜箸で大きくかき回しながら加熱してまとめ、器に盛る。 【4】【3】のフライパンで【B】をひと煮立ちさせ、混ぜ合わせた【C】を加えてとろみをつけ、【3】にかける。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママでもある。 『めばえ』2014年2月号 【3】ブロッコリーと鮭のカレーキッシュ 生クリームと卵のキッシュはなめらかな味わいで子供に人気です。 相性のいい鮭と、カレーの風味が味を引き締めます。 鮭は皮と骨を除き、2cm幅に切って塩をふる。 玉ねぎはみじん切りにし、サラダ油を熱したフライパンでしんなりするまで炒めて、冷ます。 【2】卵をボウルに割りほぐし、【A】を混ぜ合わせる。 教えてくれたのは 上田淳子さん ヨーロッパや日本のレストランなどで修業後、料理研究家として雑誌、書籍、テレビなどで活躍。 双子の男の子の母。 近著に『共働きごはん』(生活の友社)など。 『めばえ』2015年1月号 【4】ネギたっぷりのスペイン風オムレツ オリーブオイルとマヨネーズの洋風アレンジに長ねぎも意外とマッチ!コーンの甘味もプラスされ、子供の好きな味に。 【2】フライパンを中火にかけてオリーブオイル大さじ1をなじませ、ネギをしんなりするまで炒めたらボウルに移す。 【3】【2】に卵、マヨネーズを加えて溶きほぐし、水気を切ったコーンを加え、オリーブオイル(分量外)をなじませたフライパンに注ぎ入れて数回かき混ぜる。 蓋をして弱火で10分ほど焼き、火を止めて、そのまま5分ほど蒸らして食べやすく切る。 教えてくれたのは 井澤由美子さん いざわゆみこ/料理家。 調理師、国際中医薬膳師、中医師の免許をもち、健やかな体作りをサポートする食レシピを多数考案。 旬の食材の効能と素材の味を生かした料理に定評があり、発酵食と身近な薬膳を組み合わせた独自のメソッドが人気。 テレビの料理番組、雑誌、書籍、カタログなど幅広く活躍。 『めばえ』2017年3月号 【5】トマトのオムレツ こちらも鉄板の組み合わせの卵とトマト。 混ぜてシンプルに焼くだけなのに、みんな大好きな一品です。 粗く刻んだトマトを入れて、軽く混ぜる。 【2】フライパンに油を入れて熱し、【1】を流し入れて強火で焼く。 かたまりができたら弱火にして形を整えて焼く。 教えてくれたのは 北京生まれ。 1990年に来日。 北京家庭料理が評判となり、料理家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 れんこんは1cm角のサイコロ状に切って酢水(分量外)にサッとさらし、水気を切る。 【2】フライパンにオリーブ油を入れて熱し、【1】を中火で炒める。 具材に火が通ったらご飯を加えてさらに炒め、トマトケチャップ、塩で味を調えて皿にこんもりと盛り付ける。 【3】ボウルに を入れて混ぜる。 【4】きれいにしたフライパンにバターを入れて熱して【3】を入れ、強火にしてサッとひと混ぜする。 好みの固さまで加熱したら【2】に被せる。 【5】【4】にサラダ菜を添え、好みでトマトケチャップ(分量外)をかける。 教えてくれたのは 渥美まゆ美さん あつみまゆみ/管理栄養士。 フードコーディネーター。 健康運動指導士。 保育園勤務で子どもの料理提供に関わる。 料理講師やセミナー講師などフリーランスで活動後、「株式会社Smile meal」を設立。 食育など食と健康に関わる活動を行う。 2児の母。 『めばえ』2018年1月号 【7】ハムカップキッシュ ハムがカップになったかわいらしく子供に人気のキッシュ。 にんじんとアスパラを花のように並べるるだけで、子供の顔にも笑顔の花が咲きますよ。 【A】 を加えて混ぜる。 【2】にんじんは輪切りにして花形に抜き、ミニアスパラは縦半分に切り、ともにゆでる。 【3】プリン型やマドレーヌ型などにハムを敷き、【1】 を流し入れ、トースターで加熱する。 8割がた火が通ったら、【2】を花のようにのせ、さらに加熱する。 【4】粗熱がとれたら型から取り出す。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネータ ー、飾り巻き寿司インストラクター1級。 6歳の男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 【2】温めた蒸し器に【1】を入れて(深めのフライパンに器の高さ半分まで水を入れて代用可)弱火で20~30分蒸す。 【3】長ねぎ、しょうが、ニラはみじん切り、赤パプリカは粗めのみじん切りにする。 【4】鍋で豚ひき肉を炒り、ポロポロになってきたら、【3】と【B】を加えて温め、中火で3分ほど煮る。 みそ、砂糖、しょうゆで味を調えたら、水溶き片栗粉でとろみをつける。 【5】蒸しあがった【2】に【4】をかける。 教えてくれたのは 牛尾理恵さん うしおりえ/料理研究家。 フードコーディネーター。 栄養士の資格ももつ。 病院での食事指導、料理研究家の助手、料理専門の制作会社を経て独立。 おいしく、作りやすく、体にやさしい家庭料理が人気。 『めばえ』2018年2月号 次のページは卵を使ったおかずレシピやウインナーとの組み合わせレシピ、簡単に作れるレシピが満載です!.

次の