ユーラヴェン。 HGBD:R 1/144 ユーラヴェンガンダム ランナー紹介!

HGBD:R ユーラヴェンガンダム レビュー

ユーラヴェン

HGBD:R ユーラヴェンガンダム 高精度の狙撃を可能にするコンセプトで作られた、長距離狙撃仕様のユーラヴェンガンダム。 今回はコアガンダムではなく、外装が新規の コアガンダムIIが同梱するのが特徴です。 組み立て書にはヒロトが記載。 ホイルシールの量は少なく、ツインアイや各センサー類の色を補うもののみ付属。 色分けはメチャメチャ優秀です。 内容物がこちら。 平手は左のみです。 従来の手首パーツは武器を持たせると外れる事が多々ありましたが、1パーツになった事で武器が持たせやすくなりました。 ただ、人指し指を突き出したタイプのライフル持ち手は付属しません。 コアガンダムII まずは コアガンダムIIから見ていきます。 コアスプレーガンや関節(濃いグレーのパーツ)にコアガンダムのランナーが使われていますが、一部の関節は新規造形だったりします。 外装は全て新規です。 フェイスマスクのへの字スリットが無くなり、胸部・肩・脚部などの外装が大きく変化しています。 また、 コアドッキングカスタムに対応する 既存のアーマー(アースアーマーなど) と互換性があるのが特徴です。 可動域はコアガンダムと同じく、手足が大きく広がり 肘関節は180度近く曲がり、ヒザ関節も90度以上曲がります。 シャープなシルエットに変化しました。 フレームの共通部分は多いですが、外装のほかコアサーベルの柄も新規造形になっています。 頭部・胸部を比較。 フェイスマスクのへの字スリットが無くなり、アンテナ中央もクリアパーツに変化しました。 胸部のクリアパーツ量も増えています。 腕を比較。 肩が尖ったデザインになり、二の腕の形が変わっているのと新たに手首パーツが追加されているのも特徴です。 脚部を比較。 頭部をアップで。 ツインアイとトサカ前後のセンサーはシールです。 赤いパーツは別パーツで色分けされています。 横、後ろから。 アンテナ先端には安全フラッグ有り。 胴体をアップで。 胸部のクリアパーツが増えました。 色分けが優秀で、合わせ目も出ません。 背中のコアサーベルは上下に可動。 肩はボールジョイント接続で、前後に動きます。 コアディフェンサーはバックパックのハードポイントに接続します。 その重さからか、動かしていて何度か外れる事があったので気になるモデラーさんはコアディフェンサー側の凸軸を太らす等の加工をした方がいいかもしれません。 腕に合わせ目は出ません。 関節以外はコアガンダムから変化しています。 下半身の合わせ目は足裏程度。 (コアガンダムと同じ) 股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。 コアスプレーガンは、コアガンダムと同じものが付属します。 コアサーベルを抜刀! ビームエフェクトパーツは、コアガンダムと同じ長短のビーム刃が2本ずつ付属します。 二刀流で。 コアディフェンサーは手に持たせる事で、シールドとして機能します。 コアガンダムIIに持たせる場合はグリップを握るだけでOKです。 アクション! 指が分離しない手首パーツの恩恵で、重みのあるコアディフェンサーを持たせても安定して保持できます。 各部動かし、コアディフェンサーにコアスプレーガンを接続して本体に取り付けるだけでOKです。 ランナーレススタンドも同梱するので、本キットだけで浮かせて飾る事ができます。 アースリィやジュピターヴに同梱するアーマーのように骨格に外装パーツを取り付けるのですが、今回は 骨格部分が新規造形になっています。 上から。 索敵能力に優れた3基の センサービットが特徴です。 アースリィやジュピターヴガンダムなどに同梱する骨格部分(左)と比較。 完全に新規造形になっており、 ミニ台座も厚みのある形になり、機能もパワーアップしています。 内部に使っていない手首パーツを収納できるようになりました。 (4つまで収納可能) コアガンダムIIを乗せ、ツーショットで。 ユーラヴェンガンダム コアガンダムIIとウラヌスアーマーがドッキングした ユーラヴェンガンダムがこちら。 ちなみに、従来のアースリィなどとほとんど同じドッキング構造でした。 慣れているモデラーさんはすぐに切り替えできると思います。 こちらの状態でも、背部のコアディフェンサーが外れやすい感じでした。 上半身をアップで。 下半身。 足裏に肉抜きがありますが、 接地性はめちゃめちゃ優秀です。 ビームシュートライフルU7のバレルは伸縮し、引き出した状態にすれば スナイパーライフルモードに変化します。 背中の センサービットを外し、ライフル側面の小型シールドに取り付ける事ができます。 肩のセンサービットは前方へ可動。 3基のセンサービットは全て着脱可能で、アクションベース5に同梱する筒型のパーツを使えば単体で展示する事ができます。 センサービットを展開! それでは アクションポーズいってみます! ビームシュートライフルU7で攻撃! バレルを収納した状態は通常のビームライフルモードとなります。 ユーラヴェンガンダム状態でも、コアディフェンサーをシールドとして持たせる事ができます。 ジャキッ……。 ビームサーベル展開! 二刀流で。 他キットとの組み合わせ SDBD:Rヴァルキランダーに同梱する「 GNガンソード」「 GNガンシールド」を使い、 プチ劇中再現いってみます! メイと共闘するコアガンダムII! CS-1202サークルシールドをぶん投げるメイ。 連携攻撃! ビームシュートライフルU7のフォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。 ちなみに、フォアグリップは両側についています。 スナイパーライフルモードで攻撃! センサービットを取り付ければ、強化照準器になるとの事です。 アルスアースリィガンダムを狙い撃つヒロト! コアドッキングカスタムの組み合わせ例 それではここから、 コアドッキングカスタムに対応する他ガンプラとの組み合わせ例をガガーっといってみます。 コアガンダムII+アースアーマー状態がこちら。 アースアーマーは に同梱します。 コアガンダムII+マーズアーマーで。 マーズアーマーを再現するには「 」に加え、「 」も必要です。 ヴィーナスアーマーの再現には「 」と「 」が必要です。 コアガンダムII+マーキュリーアーマーで。 こちらは「 」に加え、「 」が必要です。 コアガンダムII+ジュピターアーマー。 ジュピターアーマーは「 」単体で手に入るので、アースリィと同様に入手しやすいです。 サターンユニットを装着。 サターンユニットの再現には「 」と「 」が必要です。 コアガンダムII+アルスアースアーマーがこちら。 アルスアースアーマーは に同梱します。 逆に、 本キットに同梱するウラヌスアーマーをアルスコアガンダムに取り付ける事も可能です。 こちらは IIではないコアガンダムにウラヌスアーマーをドッキングさせてみた状態です。 コアガンダムIIとアルスコアガンダムだけではなく、初代コアガンダムとも互換性があるのがスゴイです。 スリット有り・無しで結構イメージ変わりますね。 足アーマーの接続など、シンデレラフィットです。 こっちもかっこいいな……。 HGBD:Rアースリィガンダムと比較。 ユーラヴェンガンダムに戻して。 今回色々なパターンを試したのでかなりの長文になってしまいましたw 完結にまとめると、色分け良好で合わせ目が少なく可動域が広い、2020年製の主役ガンプラにふさわしいクオリティで立体化されています。 動かしていると背中のコアディフェンサーが外れる事が多々あったので、気になるモデラーさんは軸を太らすなどの加工はした方がいいかなといった感じ。 アースアーマーなどの従来キットとの互換性が完璧なので、遊びの幅がめちゃめちゃ広いガンプラだと思います。 かなりオススメ!! 以上、「HG ユーラヴェンガンダム」のガンプラレビューでした!.

次の

今日発表されたRe

ユーラヴェン

今月の注目は、「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」2nd Seasonより、新主人公機が登場! 本連載「ガンプラカレンダー」は、今月発売されるガンプラの新製品と、現在予約受付中の公式オンラインショップ販売製品がひと目で把握できる発売日カレンダー。 「ユーラヴェンガンダム」のベースとなる「コアガンダムII」。 単独で「コアフライヤー」に変形できる 「コアガンダムII」に装着する「ウラヌスアーマー」。 なお、「ガンダムビルドダイバーズ」シリーズでおなじみの「コアドッキングカスタム」にももちろん対応しており、従来のアーマーも装着できる ドリルタイプの「主人公機新外装アイテム1(仮 」(935円)やその武装「主人公機新外装ウェポンズ1 仮 」(660円)も、2020年5月に発売予定 5月の新製品情報を一挙紹介! 以下、そのほかの新製品を紹介していこう。 多くの前線において、「ダガーL」との入れ替え配備が進んでいる 2004年から放映された「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」から、地球連合軍の主力量産型MS「ウィンダム」がHGシリーズにラインアップ。 各関節には、組み立てが簡単な新構造「FINE BUILD」を採用している。 また、装備換装システム「ストライカーパックシステム」のさまざまな種類のモデルと連動可能。 旧「ジャスティスガンダム」をほうふつとさせるカラーリングで「赤」を基調としている。 全身に強固な武装が施されており、遠近問わず多彩な攻撃が繰り出せる。 また背中のリフター「ファトゥム-01」は着脱可能であり、戦術的な幅を広げるのにひと役買っている。 リフター「ファトゥム-01」の両翼は、反り上がる可動ギミックを搭載しており、空中戦時のシルエットを再現できる。 最大の特徴は可変機構で、汎用性の高いMS形態から飛行形態へと変形できる。 飛行形態では、後部に各種機能を持つテールユニットを装着することで、あらゆるミッションに多目的に対応可能。 パイロットはアレルヤ・ハプティズム 2007年から放映された「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」から、メカニックデザイナー、柳瀬敬之氏の最新画稿をもとに、「ガンダムキュリオス」をMG化。 今、予約できる! 公式ショップ限定ガンプラ ここでは、公式オンラインショップ「プレミアムバンダイ」限定で販売される製品を紹介。 これらの製品は事前予約が必要で、生産準備数に達し次第、予約の申し込みが終了するので早めのチェックが必要だ。 ここでは、2020年5月1日時点で予約できる「7月発送アイテム」(なかには2次予約で発送が先のモデルもあり)を中心にピックアップした。 四脚部を新規パーツを交えて再現しているほか、折りたたまれた「デスアーミー」の脚部を背面へマウントさせる接続ジョイントや、飛行形態を再現するオプションパーツなどが付属し、特徴的なスタイリングを再現できる。

次の

YouTubeで配信中の最新シリーズから、新主人公機「ユーラヴェンガンダム」がキット化

ユーラヴェン

HGBD ユーラヴェンガンダム レビュー HGBDよりキット化されたユーラヴェンガンダム。 価格は1,760円です。 付属品はコアスプレーガン、コアディフェンサー、ウラヌスアーマー、 持ち手、左平手、サーベル刃、ウラヌスアーマースタンド、それにランナーレスタイプのディスプレイスタンドが付属します。 今回アーマー用のスタンドは裏側に手首を収納できるようになっていました。 シールは各種センサー類を補うホイルシールのみです。 コアガンダムのランナーが使われているので一部余剰パーツがありますが ノーマルのコアガンダムには組めません。 まずはコアガンダムII。 こちらはヒロトが新たに作り上げたコアガンダムで性能が向上した他、新たにコアフライヤーへの変形ギミックも搭載されています。 キットの方は関節の大部分がコアガンダムの流用ですが 外装は大部分が新造されノーマルのコアガンダムよりスタイリッシュな姿になっています。 装甲のデザインはより複雑な印象になりクリアパーツが使われている部分も増えています。 キットな成形色でほぼ色分けされていて、肩の黒ラインなどが足りないぐらいでかなり高い再現度でした。 構造はコアガンダムほぼそのままなのでポリキャップはPC002が使われています。 頭部アップ。 コアガンダムと並べてみました。 マスクはスリットがないタイプになり額部分もクリアパーツに。 センサー類はシールがありますが頬ダクトやバルカンなどは塗装が必要です。 合わせ目は段落ちモールド化されていました。 胸部はデザインこそ似ていますが腹部やフンドシ部分が長くなりよりスマートな印象になりました。 またクリアパーツも増えています。 バックパックは共通ですがサーベルが変更されています。 腕部は肩アーマーや上腕が複雑なデザインになりましたがこちらも合わせ目はディテール化されています。 また今回は新たに左平手が付属しています。 ノーマルの腕部と並べるとよりメリハリのついた造形になっています。 手首ですが、従来の手首の他、一体成型の持ち手が付属。 穴あき手なので見栄えは悪くなりますが勝手にバラけたりする事が無くなります。 脚部も大腿部や足のデザインが変わり、若干長くなりました。 足首は足の甲の装甲が長くなり足裏にはつま先部分に肉抜きあり。 また左右分割なので一部に合わせ目が出ます。 可動範囲ですが基本的に従来のを踏襲しています。 ですが今回新たに腹部に可動ポイントが追加されさらに胴体が柔軟に動くようになっています。 下半身は特に変わりませんでした。 コアガンダムと比較。 装甲が複雑なデザインになりより進化した印象です。 続いてウラヌスアーマー。 他のプラネッツシステム同様装甲をフレームに合体させる事でサポートマシンになります。 三角形のシルエットでなかなかボリュームがあるアーマーになっていました。 フレームは新造されたためパーツ配置は若干変わっていて脚なども広がるように装着されているのが特徴的です。 フレームには3mm穴があるのでこちらも浮かせて飾る事ができます。 ただ個体差もあるのか自分の物は肩アーマーやライフル後端のパーツなどがちょっと外れやすく感じました。 武器を装備させたコアガンダムIIと並べて。 今回はコアガンダムIIにコアディフェンサーというシールドとしても機能する巨大な武装が追加されています。 付属武器のコアスプレーガン。 こちらは従来のコアガンダムの流用で特に変わった所はありません。 続いてコアディフェンサー。 こちらは巨大なシールド状のパーツでかなり存在感のある武装になっています。 かなり巨大ですが保持は十分可能。 今回新たに追加された持ち手のおかげで手首がバラけてストレスを感じるような事もありません。 またディフェンサーは先端を取り外し、差し替える事で バックパックに取り付ける事が可能です。 こちらは背面のボリュームが一気に増し、ちょっと変わったシルエットに変化します。 テール部分は軽く曲がった状態で固定されるので垂れ下がる事はありません。 一応ウラヌスアーマーに乗せる事も出来はしましたが、かなり不安定なのでスタンドなどで支えないと危ないです。 サーベル刃は流用でクリアピンクの物が2セット付属。 グリップはバックパックに取り付ける関係で穴が十字になっているのでサーベルの向きを90度変えて挿し込む事も一応可能でした。 続いてコアフライヤーへの変形ギミック。 こちらはコアガンダムIIで新たに追加されたギミックです。 まず本体は手や膝を曲げ、太ももや足首を回転させたら首を180度回し コアディフェンサーの基部を背中に装着。 最後にスプレーガンを接続した機首部分を取り付けてコアフライヤーの完成です。 こちらも鋭い三角形のシルエットです。 機首パーツのセンサーは色分けされていませんがシールあり。 特に複雑に変形する訳ではないのでロックなどはないですが姿勢は安定しています。 ギミックが追加されていてコアガンダムIIだけでもかなり遊べますね。 続いてユーラヴェンガンダムへの換装ギミックです。 とはいっても他の機体と特には変わらず、各装甲を外して本体に組み付けていくだけです。 フレームは新造されていて高さのある物になっていました。 長距離狙撃仕様のユーラヴェンガンダムの完成。 こちらはベースとしてアースリィガンダムを採用し射撃に特化したチューニングを施した機体なそうです。 とは言ってもアーマーの形状は大きく変わっていて肩や脚部のボリュームもあり センサービットなど変わった装備も装着されています。 換装箇所は他のガンダムと変わらないのですが、コアディフェンサーもドッキングするため 一気にボリュームが増した印象があります。 コアディフェンサーやビットがよく見える背面はかなりの迫力です。 頭部アップ。 頭部は他と同様にアンテナを追加する形式です。 胴体は紺色のアーマーで覆われるのでガラッと色の印象が変わります。 背面には3基のセンサービットが装着されていました。 コアディフェンサーを外すと長いリアアーマーが見えます。 バックパックとディフェンサーは角型のジョイントで接続しますがちょっと緩めな印象。 個体差もあるかと思いますがポロポロ落ちるようなら少しきつくすると良いかも。 アーマー裏は裏打ちパーツこそありませんがディテールが入っていて見栄えが良いです。 腕部は肩アーマーが大きめで中央のモールドは塗装が必要です。 ですが合わせ目はディテール化されていました。 肩に取り付けられているセンサービットは画像のように前方に向ける事ができます。 ビットのセンサー部分は色分けされていませんがシールあり。 ボリュームのある脚部。 以前のプラネッツシステムは足首が飛び出ていた印象がありましたが こちらは脹脛の装甲と一体化され綺麗なラインになっています。 スラスター部分にもディテールがありますが足裏は肉抜きが多めでした。 可動範囲ですが他の機体同様肩の跳ね上げギミックがなくなるため 腕はコアガンダムII時より上がらなくなります。 ですが追加された腹部可動は変わらず有効でした。 足首は接地も良好で良く動きますが リアアーマーなどが大型なので若干干渉する場合があります。 ビームシュートライフルU7。 こちらは大型のライフルでコアスプレーガンをドッキングさせます。 バレル部分を収納した状態だとビームライフルモード、 バレルを伸ばせばスナイパーライフルモードとなるそうです。 持たせる場合手首の他、前腕にも接続。 フォアグリップは収納式で合わせ目もディテール化されています。 もちろん無理なく両手持ちも可能。 前腕にも接続するため手首が負けるような事もありません。 センサービットは全て取り外し可能。 3mmピンなのでアクションベースなどに付属するジョイントを噛ませる必要はありますが 浮かせて飾る事も出来ます。 今回は平手があるので左手を添えるような構えも出来ます。 やはり手首オプションがあるのは嬉しいですね。 ケーブルは再現されていませんがレッグセンサーユニットも取り外し可能。 こちらもセンサー部分はシールです。 センサービットと違って3mm穴接続になっていました。 サーベル刃はもちろん長いタイプも付属。 ライフルですがフォアグリップが両側にあり、接続ジョイントを左右入れ替える事も出来ます。 なので左手でもしっかり持たせる事ができました。 またコアガンダムIIにも各種アーマーを取り付けられるので 劇中通りアースアーマーを取り付けたりする事も出来ます。 最後にやと並べて。 アーマーのボリュームがあるのでアルスアースリィに引けを取らない大きさになりました。 以上HGBD ユーラヴェンガンダム レビューでした。 今回はコアガンダムがIIになった事が大きな特徴で スタイルはより洗練され、ギミックが一気に追加されコアディフェンサーを組み合わせた変形などで 単体でもとてもプレイバリューが高くなっています。 ウラヌスアーマーの方もフレームも新造されているためこちらも新鮮味のある形態になっていました。 合体させたユーラヴェンガンダムは狙撃機体でありながらセンサービットなど一風変わった装備があり しっかり他のアーマーとも差別化されています。 また今回は手首オプションも追加され、 武器セットを別途買う必要もなくこのキットだけでユーラヴェンガンダムが完成するため非常に充実した内容のキットになっていました。 アルスアースリィ共々おすすめのキットです。

次の