ネズ 手持ち。 【ポケモン剣盾】ネズの手持ちとおすすめポケモン

【ポケモン剣盾】キバナの手持ちとおすすめポケモン

ネズ 手持ち

リーグカード説明 (1枚) には を するための が なかったため も あまり 訪れず 町が 寂れていくことに を 感じている。 試合に なると たかぶって いろいろ を するが それでも 勝つ 強さを 持つ。 としての 評価も 高く 本人も を 極めたいこともあり が になれば いいのにと 考えている。 「えっと…… ネズです。 は 残念ながら できないのですが 勝負 本来の 姿 でもあるんで そこを アッピールしたいです。 あと が いて…… おれより 素質 あるんですけど が 大きくなって に なるまでは 歌ったり しながら みんなで 町を 盛りあげて いきます!」 概要 はぁ…… やっと 来てくれましたか• のを務める人物。 使用は歴代では初の。 の妨によりの入り口のシャッターが閉められているが、にすると裏口から入れるようになる。 ーの痩身ので、とを足して2で割ったようなをしている。 な性格だが試合が始まると変し、まさかの 専用を引っさげながらを行う。 手持ちのをののように紹介し、とくせいや使用わざまでばらししてくれる。 れたを紹介するぜ!• 彼の故郷はがくが使用できないため、戦では一を使用しない勝負になる。 のがスタジアムを移転するよう話を持ち掛けたが、彼が嫌いであると共に故郷をていたため固辞した。 また、彼はができるスタジアムでも一切を使用しないが、それでも他のと互に勝負を繰り広げている。 上記のストイックなに共感する者は多く、以外からも広く支持されている。 としての評判も確く、彼が即でを行うと、たちまち人だかりが出来上がる程にが高い。 は「0」。 「悪い」のだと思われる。 名前の由来はヒノキ科の針葉「」から。 ストーリーでの活躍• 実質的なのに当たる人物で、 の実である。 の正体はのであり、と同様にの彼も純に慕われていた。 団員達は故郷のが寂れるのを危惧し、がになれば町しになると考え、ィ以外の達に数々の妨行為を行っていた。 つまりも彼もではなく、もとは程遠いただの ィちゃんをし隊 であったことが判明。 ちなみに彼は団員達の迷惑行為には全く気付いておらず、の入り口のシャッターが閉められたのも「自分がダメなヤツだからが来ない」と思っていたようだ。 のことは大切にしており、のは彼が捕まえたものである。 また、彼はを一切使用しないが、そのポリをに押し付けるようなはしていない。 後の事件では事あるごとにを心配して取り乱す ぶりを発揮していた。 一連の騒動の後はにの座を譲り、自身はを開催するを送っている。 46 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

【ソードシールド】ネズの攻略法!手持ち・おすすめポケモン紹介【ポケモン剣盾】

ネズ 手持ち

わかっている。 知っていたさ。 いつか必ずこの日が来ると。 そこまで愛用の作詞ノートに書き込んで、ネズはペンを止めた。 この歌詞はいささか感傷的すぎやしないか? 自嘲気味な笑いが込み上げてくる。 しかし今ペンを置いてしまうのは、少しだけ勿体ないという気がした。 言葉がメロディに乗って次々と浮かんできて、頭の中はさながら文字の洪水である。 歌詞という名の水の勢いに身を任せてしまえば、ガラル中を熱狂させる恋の歌ができそうだった。 トップチャートに入ることはほぼ間違いないだろう。 しかし、ネズの心情は一向に晴れない。 「……失恋した乙女でもなかろうに。 女々しい男ですね、オレは。 ……やはり、ダメなヤツだ」 スマホロトムにマリィからのメッセージが届いたのは、昨日の太陽が一番高いところに昇ったときだった。 なかなかそのメッセージを見せようとしないロトムを不審に思いながらアプリを開いて、自分でも驚くほどの衝撃を喰らったのを、嫌というほど鮮明に覚えている。 まるでパートナーの「じごくづき」でも喰らったような。 そりゃあロトムも止めるわけである。 『アニキ、たしか明日休みだったよね? 会わせたい人がいるけん、家で待っとってくれん?』 「会わせたい人」の意味がわからないふりをできるほど、ネズは自分を器用だと思ってはいない。 小さく震える指で『わかりました』とだけ返信して、その後会う時間だけを決めてこの短い会話は強制終了。 マリィが、彼の妹がスパイクタウンのジムリーダーを引き継いで、九年が経つ。 そうか、もう九年も経ったのだ。 彼女がジムチャレンジのセミファイナルで敗れてから、そしてネズがジムリーダーを引退してから。 そりゃあ大人になって、男の一人や二人連れてきてもおかしくはない年頃である。 ……いや、あのしっかりした妹に限って二人の男がいるわけもないが。 「はあ。 ……この歌詞は一旦置いておいて、どこのバンバドロの骨か知れない男を追い返すための台詞でも、用意すべきですかね」 無論好き合ったから自分のもとに連れてくるのであろうし、何より大切な妹が選んだ男だ。 結ばれるのを拒む理由など一ミリもないが、せめて少しくらいは兄としての威厳を見せつけてやりたい。 ずっと自分の腕の中で大切に育ててきた、愛情を注いできたものを、今日その男にくれてやるのだ。 「お久しぶりです、ネズさん」 目の前に座った男がネズもよく知った男であることに、驚きが隠せなかったのは言うまでもない。 九年前までは短かったダークブラウンの髪は肩のあたりまで伸び、しかしその特徴的な琥珀色の瞳は変わらず強い光を灯して、ネズを見据えている。 ……ネズがジムリーダーとしてスパイクジムに立った最後の年、チャレンジャーとして訪れたときとなんら変わらない瞳だった。 「チャンピオン」 「やめてくださいよ。 今日はチャンピオンとしてではなく、ただのマサルとして、一人の男として来たんですから」 チャンピオンのユニフォームを身につけて、その上からトラックジャケットを羽織っただけのその恰好は仕事帰りだからなのだろう。 いや、もしかしたら激務の途中でちょっとだけ抜け出してきたのかもしれない。 急いで来たらしく、彼がタクシー代わりに乗る手持ちのアーマーガアの羽が肩についたままだった。 トーナメントだ、スポンサーとの会議だと、齢十九の青年とはいえチャンピオンとしてダンデと同量の仕事をこなしているのだろう。 ……いや、かのダンデを倒した男として、さらに仕事が増えているのかもしれない。 「……よく隠し通してきましたね」 マサルが「え?」と小さな声をあげる。 結婚の挨拶をしにきた男への最初の言葉がこれとは、ネズも自分で言っておきながら苦笑を抑えきれなかった。 ミュージシャンであるのにも関わらず、気の利いた台詞ひとつ言えない自分に。 「いや、現役チャンピオンとジムリーダーの熱愛なんて、メディアがほっとかねえでしょう。 よく報道されなかったもんだと」 「はは。 そうなんです、パパラッチがうるさくてデートらしいデートもあまりできなくて。 ね?」 「ワイルドエリアでキャンプしたくらいだね」 「げきりんの湖」のように奥まっていて、野生ポケモンのレベルが高いところならばメディアでも迂闊に近づくことができなくて便利だったけん、とマリィは笑う。 普通のトレーナーなら立ち入ることすらままならないワイルドエリアの奥地で逢引するなど、この二人でなければ到底できない芸当だろう。 太陽でも見上げるかのように、眩しそうに目を細めてネズは若い二人を見た。 「いつから二人は?」 「マサルが、チャンピオンになったときから」 それではもう何年の付き合いになるのか。 そういう驚きをこめた目線を感じて、マサルは恥ずかしそうに頬をかいてはにかんだ。 こうして見ると、童顔の彼は年齢より幼く、まだ少年のように見える。 背は伸びたが、あの頃となんら変わらないように。 もしかしたら不老不死だったりするのだろうか。 あのダンデを倒すくらいだ、普通の人間でなくてもなんら不思議ではなかった。 ……いや、彼が普通の「少年」であることを、ネズは、彼の挑戦を受けたジムリーダーは誰よりも知っている。 「ダンデさんに勝って俺がチャンピオンになれたら、彼女にこの想いを伝えようって、そう決めていたんです」 「……もし、負けていたら?」 「伝えなかったでしょう」 勝つまでは、と静かな声でマサルが付け加えた。 一度では無理でも、いつかは勝つつもりでいたのだ。 ネズがジムチャレンジの後に握った小さな手をした少年は、ガラルで誰よりも強く、誰よりも愛されたあの英雄に。 「あのとき俺はまだ子供で、結婚なんて考える歳ではなかったけど……いや、だからこそかな。 もし結婚できる歳になってもマリィがまだ俺の隣にいてくれるのなら、幸せにしたいって、そう思って」 初めてマサルはネズの前で「マリィ」と、彼女の名前を呼ぶ。 その瞬間、妹はもうとっくに自分の手元を離れているのだと、痛いほどネズは感じた。 こんなにマリィを大切に想ってくれて、申し分なく強いトレーナー。 結婚の申し出を断る理由など微塵もない。 しかし、ドラマでよく見る父親のように怒鳴りつけて追い返してしまいたい気持ちに駆られるのは、やはり妹を、マリィを深く愛しているからで間違いはないだろう。 ネズは深く息を吸って、次の言葉を紡いだ。 「マサル、もうオレに気なんて遣わず、はっきり言ってくれていいんですよ」 挨拶の常套句を。 この場合は「娘」ではないから、「妹さんを僕にください」になるはずだった。 ネズがどれだけ妹を想っているか、シーソーコンビの一件からマサルはよく知っている。 だからなかなか言い出せないのだろう。 その心情を見計らってネズは微笑んだ。 「一応これでも元ジムリーダーですし、マリィの兄ですし。 威厳を出さなきゃと思いちゃんと台詞も考えてきたんです。 どこのバンバドロの骨とも知らない男に妹をやれますか、一昨日来やがれ、ってね」 ちょっとアニキ、とマリィが口を出しかけたのを、マサルが制する。 「でもまあ。 オマエだったので、そんな台詞も無駄になっちまいましたが」 「……ネズさん」 「はい?」 「マリィをくださいなんて、そんなこと言うつもりはありませんよ」 ネズより十近く年下のチャンピオンは平然とした顔で言って、真っすぐにネズと瞳を合わせた。 あくタイプのジムリーダーでありミュージシャンでもあるネズの見た目はなかなかにパンクで、たいていのチャレンジャーは怖がり真っすぐ目を見て話してくれなかったものだが、この青年は一度たちとも、目を逸らしたことはなかった。 「マリィのことはもちろん好きです。 でも俺は、ネズさんのことも好きなんですよ。 ああ、何て表現すればいいんだろう。 マリィに向けた恋愛の好きとはベクトルが違って、お兄さんを慕う気持ちというか……」 手持ちにいるローな姿のストリンダーのようにいつも重たげなネズの瞼が、少しだけ見開かれる。 「つまり何が言いたいかって、妹さんをくださいなんて、兄みたいに大好きなネズさんからマリィを奪うみたいで嫌なんです。 俺はマリィと結婚したいのと同時に、ネズさんと、家族になりたい」 だから、と言ってマサルは深く頭を下げた。 年下とはいえこのガラルのトップトレーナーであるチャンピオンに頭を下げられて戸惑うネズに、マサルは白い歯を見せる。 「ガラルの新しい太陽」と称されるのをひどく納得してしまうほどに、眩しい。 「だから、俺を二人の家族にしてくれませんか?」 [newpage] チャンピオンの婚約発表は、しかも相手がスパイクタウンのジムリーダーとあってガラル中を震撼させた。 無論、喜びに震えた人が大多数である。 今まで一切浮いた話がなかった若き英雄の結婚に世間は驚き、ニュースでは毎日のように話題に挙げられ、SNSではかの「ドラゴンストーム」キバナの投稿を皮切りに祝福の声で満ち溢れている。 「おめでとう、マサル、マリィ!」 「ダンデさん」 チャンピオンの座を退いてからバトルタワーのオーナーとなったダンデから、忙しい執務の間を縫ってお祝いをしたいと連絡がきたので、メディアの対応に追われていた二人も一旦スパイクタウンに戻ってきた。 ダンデが途中、バウタウンのシーフードレストランに寄って買ってきた料理をテーブルに並べて、ネズを入れた四人で食卓を囲む。 「ここまで迷わなかったですか?」 「空飛ぶタクシーですぐそこまで来たからな。 さすがのオレでも迷わないぜ!」 その「すぐそこ」でもしばしば迷うのだから、常にボールの中から相棒のリザードンが目を光らせていることを彼は知る由もない。 「オレがチャンピオンだった頃、同じ年にチャレンジに参加して、セミファイナルで戦った二人が結ばれるとはなあ。 なんだか感慨深いぜ」 しみじみと呟くダンデの言葉に、マサルはあの頃の記憶を手繰り寄せた。 初めて手にしたメッソンのモンスターボール、マリィをはじめとしてホップやビートら、互いを高め合ったライバルたちの存在。 ジムチャレンジのセミファイナルで、ダイマックスしたマリィのオーロンゲと自身のストリンダーがぶつかった記憶は昨日のことのように覚えている。 「それにしても、よくあのネズが結婚を承諾したなあ! 君のことだから、どんな男が来ても追い返すものとばかり思ってたぜ」 「お前みたいなブラコンに言われたくねえですよ」 これまたダンデが持ってきた葡萄酒を注いだグラスを傾けて、かつてはガラルを率いるトレーナーだった二人は軽口を叩き合った。 「そりゃあ相手はマサルですし、あんな熱烈なプロポーズを受けちまったら、断れるわけねえでしょう」 「熱烈なプロポーズ」という言葉に興味を引かれたらしいダンデがマサルの顔を覗き込む。 「酔ってますね?」と聞けば「酔ってはいないぞ!」と大きな声が返ってきた。 酔っ払いは必ずそう答えることを、ジムリーダーら含め色々な大人と酒の席を共にしてきたマサルは知っている。 「……俺を、二人の家族にしてくださいって」 「ほう!」 「マリィと結婚したいのはもちろんですけど、俺はネズさんの家族になりたかったんですから。 ……というかこれは、ダンデさんの影響でもあるんですよ?」 ここで自分の名が出てくるとは露ほども思っておらず、目を丸くするダンデにかまわずマサルは続けた。 「俺は一人っ子なので、ダンデさんみたいなかっこいいアニキがいるホップがうらやましかった。 二人みたいな兄弟に憧れてたんです。 ……だから、ネズさんが義理でも兄になってくれたら、うれしいなって……」 マサルの頬は赤く染まり始めていて、酔いが回ってきたらしかった。 ガラルでは十八になるとアルコールが飲めるようになるが、この青年はポケモン勝負とは裏腹に酒にはめっぽう弱いらしい。 マリィが呆れたようにその肩に手をおく。 「もう。 お酒強くないんだから、ほどほどにっていつも言っとるけん」 「こんなときくらいしかゆっくり飲めないんでしょう、多忙なチャンピオンは。 いいじゃないですか妹よ」 マサルと同じくらいの……いや、それ以上のペースで飲み進める兄妹は顔色ひとつ変えていなくて、思わずダンデは笑った。 この血筋は相当アルコールに強いらしい。 「そうか。 ……家族か」 いつだったか、マサルがまだ旅に出たばかりの頃だっただろうか。 ダンデはマサルが背負う大きな、そして古びたバッグについて尋ねたことがあった。 誰かのおさがりなのか、と。 そのときだけ、いつも屈託なく笑う少年は淋しげに微笑んで、「父が昔、使っていたものらしいです」と答えてくれた。 その表情の翳りと、「らしい」という言葉にダンデはそれ以上何も聞けなかったのだ。 彼の家には母親しかいないことを、ダンデはホップから聞いてよく知っている。 ネズとマリィの兄妹にも、両親が健在であるという話は聞いたことがなかった。 二人から、互い以外の家族の話は聞いたこともない。 昔のこともあまり話したがらず、しかしマリィは自身が五歳のときに兄からモルペコをもらったのだ、といつかうれしそうに話してくれた。 ……ネズは兄であり、同時に父親のようだ、とダンデは思う。 この兄妹には互いしかおらず、マサルには母親しかいない。 欠けた者どうしが出会った。 いや、凸凹だからこそぴったりはまって、惹かれあったのかもしれない。 「……君たちは、いい家族になりそうだな」 一拍の間で、ダンデは一口、酒を流し込んだ。 「チャンピオンは孤独だ。 常に先頭を走らなくてはならない。 常に後続から追いかけられて、首を獲るチャンスを窺われる。 でもオレにはホップがいて、両親がいて、いつも支えてくれてたんだぜ。 ……マサルにはあの優しいお母さんがいて、そして君たちが新しく、できた」 「……ええ。 オレが、アニキがいますから」 マサルは大丈夫ですよ、と続けたネズの顔には柔らかい笑み。 マイクを持ってステージに立つときとも、モンスターボールを持ってコートに立つときとも違うその表情が「061」の番号を背負い悪ぶる彼の素であることをマリィはよく知っている。 ずっと、彼女に愛情を注いでくれた人の。 「ネズさん、マリィ、お邪魔します!」 玄関の扉をノックすると共に聞こえてきた声の主は返事も聞かずに入ってきて、真新しい白衣を靡かせた。 ザシアンとザマゼンタについて研究し、その功績から最年少で博士号を獲得したと巷で噂の男、ホップである。 「あ、アニキもう来てたのか? 早いぞ!」 「オレが早いんじゃなくてホップが遅いんだぜ。 最年少のポケモン博士どのは相変わらず忙しいようで何よりだ」 「やめてくれよ」 そう言いながらホップは兄の隣に腰かけて、すでにすっかり顔を赤くした九年来のライバル兼親友の姿に苦笑をもらした。 「マサル、明日も早いんだろ? オレのことはいいからもう寝たらどうだ?」 「ええ、ホップとも話したい……」 「その気持ちはうれしいけど、明日はビートとのエキシビションマッチだろ。 アイツ、フェアリータイプ使いのくせに怒らせたらドラゴン並みに怖いから、待たせるのはおすすめしないぞ!」 「……そうですね。 マリィ、マサルをベッドまで連れてってやりなさい。 この兄弟の相手はオレがしますから」 少しの間考えてから、そうだね、と頷いてマリィはまだ杯を傾けようとするマサルの腕をつかむ。 自分で運ぶのは無理だと察して、彼の腰についたモンスターボールをこつんと揺らすと、インテレオンが飛び出してきてマサルを抱え上げた。 「待ってよラルム、まだアニキといたいのに」 インテレオンが動きを止める。 滅多に人前で呼ばれないニックネームで呼ばれたからでもあるが、その「後」の単語が彼の動きを止めさせたのだ。 呼ばれた方のネズは一瞬だけ驚いた表情をして、それから、おもむろに立ち上がってパートナーの腕の中におさまった若いチャンピオンの少しくせのある髪を撫でた。 「今日はもう寝なさい。 ……オレはお前のアニキですから、これから何度だって、嫌と言うほど一緒にいてやりますよ」 ネズの手の温もりや言葉の一つ一つに込められた温かさが心地良かったのか、マサルは小さくうなずくと相棒の腕に身体をゆだねた。 それを確認したインテレオンが歩みを進める後ろ姿を追いかけようとして、マリィは兄を振り返る。 「……マサルばっかりずるいばい。 あたしも、後でね」 滅多に聞かない妹のささやかなわがままにネズは微笑んで、うなずいた。 どうかいい夢を。 そう、心から思って。 「……なあ、アニキ」 「なんだ? ホップ」 「俺にはアニキがいるから他の兄弟はいらないつもりだったけど、新しい家族っていいかもしれないと思ったぞ」 何が言いたいのかわからない、と言った表情の元チャンピオンにホップはいたずらっ子のような笑みを向ける。 「アネキなんか、いいな。 ソニアがアネキになってくれたら、今以上に一緒にいれて研究もはかどるんだけどなあ」 アルコールのせいでほのかに赤くなっていたダンデの頬がさらに紅を帯びて、彼の感情を物語った。 「なんて、ただのオレの願望だから、気にしなくていいんだぞ?」と目を細めるホップは、完全に確信犯の目をしている。 「……ったく、ホップ。 おまえというヤツは」 「んー?」 「さすがオレの弟だぜ」 差し出された手に、ホップは少しだけ上半身をかがめて応えた。 昔は背伸びをしてまで頭を撫でてもらったが、今は逆にかがまないと撫でてもらえない。 いつの間にか、彼の背丈は兄を越していたのだ。 癖のある髪の毛を大きな手で梳くように撫で、ダンデは笑む。 「なあ、ネズ。 相談に乗ってくれないか」 「は? なぜオレなんです。 女性が喜ぶことなんかキバナの方が得意でしょうし、奥さんがいるカブさんでもいいでしょうが」 「いや。 ……君なら、良い台詞を思いついてくれそうだからな」 ミュージシャンで、未来を担う二人の「家族」になったネズなら。 そう続けたダンデの横顔にネズは目をやって、白と黒の混じった長い髪で隠すように、静かに口もとに弧を描いた。 「……仕方ないから協力してやりますかね。 いい歌が、できそうですから」.

次の

【ポケモン剣盾】ネズの攻略と手持ちポケモン|スパイクタウンジム【ソードシールド】|ゲームエイト

ネズ 手持ち

しかし、ネズがダイマックスを使わないのはパワースポットがスパイクタウンにそもそも無いからというのもあるが、彼自身の信条によるものでもある。 「使えない」のは間違いではないが「使わない」とも言えるのだ。 の話によると、ネズは以前からダイマックスが嫌いだという。 ガラルリーグ委員長のから、ジムをパワースポットのある場所まで町ごと移そうという話を持ち掛けられた時にも、愛する故郷を離れたくなかったため固辞した。 さらに、シュートスタジアムで開かれるトーナメントに出場しても、 ダイマックスは決して使用しないことにしている。 ダイマックスを使わない勝負について 「ポケモン勝負本来の姿」だと考えており、ジムリーダーに就任したばかりの頃はそれを アッピールして町を振興しようとしていたことが彼のレアリーグカードに記されている。 その姿勢は徹底しており、シュートスタジアムなどのダイマックスができる場所でバトルすることがあっても彼はダイマックスを使わない。 なおそのせいか(服の右袖の下に隠れているだけなのかもしれないが)、公式イラストの立ち絵ではダイマックスに必要なダイマックスバンドを着けているところを確認できない。 では7番手を担当。 前述のとおりダイマックスを使用せず、対戦中に手持ちの特徴をばらしてしまうところもあるが、 それでも勝てるほどの実力を持つ凄腕トレーナー。 ダイマックスをせずとも他のジムリーダーと対等の実力を持つことから、ガラル最強のジムリーダーとの呼び声も高いからも一目置かれている。 ガラル地方のジムリーダーには明確なランク付けが存在し、成績などでマイナークラスへの降格もあるし格付けでランクが入れ替わる。 そしてそれはそのままジムチャレンジの挑戦順に反映される。 つまり、ガラルジムリーダー最強のキバナが8番目を務める事には意味があり、7番目に位置付けられるネズの実力も、つまりはそれくらい高いということ。 その後の伝説のポケモンにまつわる事件では、主要人物として活躍。 ヤローとターフスタジアムでエキシビジョンマッチをしていた時に事件に巻き込まれる。 主人公たちとダイマックスポケモンを鎮めると、そのまま主人公たちと一緒に各地のジムを巡りダイマックスポケモンを鎮めていくことに。 主人公が黒幕のソッド&シルディを懲らしめ、orに認められると、「きみ(主人公)がチャンピオンになれた理由がわかった気がする」と言う。 そして 「もう呼ばないでくださいよ。 きみから会いたいってことはトラブルってことでしょうから」と言いつつ自身のレアリーグカードを渡し、ソッド&シルディを然るべきところまで送り届けた。 また、この事件の頃はがスランプ気味だったため、なんやかんや言いながら気にかける様子を見せていた。 ジムチャレンジ []• ブツクサ言いながらも改心したシーソーコンビに付き合ってやるとこ好き -- 名無しさん 2019-12-26 07:48:24• 面倒見がいいんだろうね -- 名無しさん 2019-12-26 09:06:36• 初の悪タイプ専門ジムリーダー -- 名無しさん 2019-12-26 09:29:24• トーナメント戦で新たに手持ちに加えるストリンダーがローのすがたなのが個人的に「らしいな」と思った -- 名無しさん 2019-12-26 11:47:41• ダイマックス使わないからポケモンリーグ周回で毎回招待してるわ -- 名無しさん 2019-12-26 12:45:11• 意外と表情豊かなのが良い -- 名無しさん 2019-12-26 15:46:15• 妹とは大分歳離れてるよな。 ダンデホップ兄弟もそうだけど -- 名無しさん 2019-12-26 18:05:11• 「戦闘! ネズ」の途中でロケット団アジト カントー のBGMが流れたときにテンションが上がり、そしてビビった -- 名無しさん 2019-12-26 18:18:21• パンクロッカーというより大槻ケンヂっぽい -- 名無しさん 2019-12-26 19:47:33• エースだけでなく手持ち全員紹介してくれるの好き -- 名無しさん 2019-12-26 20:03:20• 有名な歌手の出身地が過疎地ってのが現実でもよくある話だけど、なんとかできないのかなぁ… マイチェンが出るのなら、スパイクタウンに何かしらの救済が欲しいな -- 名無しさん 2019-12-27 13:33:22• KISSのメンバーみたいだしイッシュ地方出身でも違和感なさそうな外見。 -- 名無しさん 2019-12-27 21:09:42• 高威力技・相性抜群技だけではあっさり足元を掬われる、「ポケモン勝負本来の姿」の言葉に違わない戦法 -- 名無しさん 2019-12-28 11:11:28• -- 名無しさん 2019-12-29 00:18:48• 見た目や性格的には20半ばくらいとか行ってそうな気はする。 劇中でも大人組って感じの扱いだったから最低でもハタチは越えてるんじゃないかな -- 名無しさん 2019-12-29 00:55:19• 結局振る舞いは常に若年者の面倒を見る良い大人と言った感じだし、20歳は越えてそうに思えたな。 -- 名無しさん 2019-12-30 23:09:26• 今作で一番好き -- 名無しさん 2019-12-31 03:15:47• KISSがタチフサグマについて触れたように、ネズについてもオーケンさんご本人がどこかで触れたそうだな -- 名無しさん 2020-01-06 18:11:21• 「森に住んでた頃のエゴイスティックな美少年の僕と似てる」だっけ -- 名無しさん 2020-01-08 05:41:54• 今のところジムリで一番好きなんだけどあんまり人気ないのが悲しい。 グッズとかも出ないんだろうな…。 -- 名無しさん 2020-01-08 17:57:14• 男キャラでは結構人気ある方だと思うけど…キバナの次に女子受けよさそうだし -- 名無しさん 2020-01-13 22:11:27• 「お喋りがしたいなら紅茶をいれましょうか」って皮肉がオシャレで好き -- 名無しさん 2020-01-15 01:12:20• 腐にメイド服かかれまくってんの笑う -- 名無しさん 2020-01-24 14:35:17• 「~しやがりますよ」みたいな口調どこかで見覚えがあったんだけどわかった、翠星石だ -- 名無しさん 2020-02-20 01:16:57• 主人公ホップソニアがボケ倒す3人組な上にシーソーコンビもボケの塊なのでネズさんくらいしっかりしたツッコミ役が活きる -- 名無しさん 2020-03-02 23:12:25• ファミ通5位おめ -- 名無しさん 2020-03-07 20:42:00• 名前の元ネタには「ネズの木」の童話も入ってるだろうな。 妹の名前もマリィだし -- 名無しさん 2020-04-09 21:35:54• 個人的なCVの希望は細谷佳正さんだな -- 名無しさん 2020-04-22 01:19:13• -- 名無しさん 2020-05-11 19:08:46• いっそマクロスみたく、セリフパートと歌唱パートで声優を別にしてしまうのはどうだろう -- 名無しさん 2020-05-14 14:56:53• 神奈延年さんとか -- 名無しさん 2020-06-01 14:15:31.

次の