昭和 年齢 干支。 昭和24年生まれは西暦何年|年齢|何歳|干支|履歴書

1927年(昭和2年)生まれ~年齢・干支・厄年早見表

昭和 年齢 干支

申(さる)年生まれの性格は、世渡り上手で如才なく、人の機嫌を巧みにとるタイプで、いつの間にか頭角を現し、長として人の上に立つ人も多いです。 また、自分の将来のためなら、上司や先輩のために働き好感度を上げようとします。 この干支の人は、心配性な面があり、些細な事で不安を感じ落ち着けません。 忍耐力がなく、何事も落ち着いてできない面も持っています。 また、持続力が乏しく、攻められると急に弱気になります。 申(さる)年生まれの人は、人の心を惹きつける話術の持ち主で、仲間や組織を巧みにつくります。 この年生まれの人は、常に動き回るほうで、思考にふけるタイプではありません。 その場その場を、要領よく処理して才能に長け、人使いも上手で、憎めない性格です。 申(さる)年生まれの人は、多様な性格の持ち主です。 他のどの干支より人生を楽しむ事が上手で、実践できます。 昭和55年(庚申)・昭和19年(甲申)生まれの人の性格 二黒土星で申(さる)年生まれの人は、世渡り上手で、器用に何事でもこなせるタイプです。 アイデアが豊かで、企画やプロデュースなどの才能があります。 この年生まれの人は、愛嬌があり、人から好かれる人が多いですが、軽率で飽きっぽいところもあります。 親しみ易いですが、ちょっといい加減な面も持っていて、「ルーズな人」の印象を与える人もいます。 また、この生まれの人は、金銭トラブルを引き起こすことがあります。 お金の貸し借りには十分な注意が必要です。 騙されて取られたり、借りたお金を返し忘れたりと、お金がらみで信用を無くさないようにしなくてはいけません。 恋愛に関しては、気さくで器用で、恋愛上手です。 あなたは、人間味があり好かれる性格です。 それに、人の気を引くことに長けているため、異性から関心を寄せられます。 ただ、慎重さが足りない面が出ると、いい加減な人と見られるので注意が必要です。 平成16年(甲申)・昭和43年(戊申)・昭和7年(壬申)生まれの人の性格 五黄土星で申(さる)年生まれの人の性格は、非常に大胆ですが、内面には、慎重で思慮深い面を持っています。 落ち着きがなく、裏表がある性格とみられることが多いです。 この年生まれの人は、頭脳明晰で発想力があり、何事も器用にこなします。 「一を聞いて十を知る」タイプです。 企画力に優れて周囲からも高い評価を受ける人もいます。 この年生まれの人は、慎重になって考えすぎることがあります。 そのため、物事の最後の詰めが甘かったり、中途半端に終わってしまうことが良くあります。 あれこれといくつものことに手を出さずに、一つづつ、最後までやり抜く事を心がければ、運が開けます。 恋愛においては、どんな人とでもうまく付き合いが出来る人です。 ただ、移り気な面が出ると浮気っぽくなって、次々と好きな人が変わってしまうようなことになるので気を付けましょう。 平成4年(壬申)・昭和31年(丙申)生まれの人の性格 八白土星で申(さる)年生まれの性格は、次から次へと仕事をこなす働き者で、何事も如才なくできます。 器用で才能もあるのですが、仕事が好きだから、他人の領域へも入り込んで全部やってしまい煙たがられる面があります。 この年生まれの人は、飽きっぽく持続力に欠ける面があります。 途中で気が変わったり、やる気をなくしたりするため、周りの人には、気難しく生意気な人と見られることがあります。 この年生まれの人は、元来、目上の人から引き立てられる引き立て運の持ち主です。 謙虚な気持ちを持って、持続力を養えば、さらに運気アップにつながります。 恋愛においては、移り気で、感情をあらわにして相手を驚かせることがあります。 もう少し、相手に合わせるように心がけないと付き合いにくい人というイメージを持たれ、チャンスを逃がします。 申(さる)年生まれの子供の性格は、一瞬たりとも静かにしていることはないかもしれません。 イタズラ好きで、明るく、負けず嫌いで、憎めない可愛い子です。 この年生まれの子は、玩具で遊んでいても、外見より中の構造に興味を持ちます。 知りたがり屋ですから、周りの人に「なぜ?」「どうして?」とうるさいくらいに効きます。 この子は、興味の塊です。 ですから、その興味に答えてやることが大切です。 この生まれの子は、今持っているものに満足しません。 常に、新しいものを欲しがります。 そのため、よく他の子供が持ってる物を欲しがるでしょう。 その欲求を、知識に向けてやる事が大切です。 申(さる)年の子供は、よいライバルが必要です。 周囲に勉強の出来る子がいると影響を受け、自分も負けまいと努力します。 適度な競争は、この子の成長には必要です。

次の

干支西暦和暦年齢一覧表[1900年~1959年]

昭和 年齢 干支

明治以降は「一世一元(いちげん)」とし、天皇1代の間にただ一つの元号を用いて改元しない。 明治元年9月8日の改元の詔によって制度化。 在位中の天皇は「今上天皇(きんじょうてんのう)」と呼ばれる。 薨去(亡くなられた)された天皇の諡号(しごう/おくりな)は慣習的に在位期間の元号を用いる。 干支(えと)についてはこちらのページを参照。 12月3日を明治6年元日とする。 (1867〜1912) 1867年(慶応3年)徳川幕府から朝廷に政権を返上する「大政奉還」で朝廷が日本の政治の頂点に返り咲く「王政復古」が始まる。 1868年9月「明治」に改元。 同年12月、天皇の名により王政復古の大号令を出す。 明治45年(1912年)7月30日薨去。 大正時代(たいしょうじだい) 20世紀初頭。 1921年11月、疾患のため皇太子裕仁親王 昭和天皇 が摂政に就任。 大正15年(1926年)12月25日薨去。 昭和時代(しょうわじだい) 20世紀半ば。 1926年践祚、1928年京都で即位。 第二次世界大戦終結後、1947年日本国憲法により象徴天皇となる。 昭和64年(1989年)1月7日薨去。 【践祚(せんそ)】 (「践」はふむ意、「祚」」は主人が堂に登る東側の階段、ひいて天子の位の意) 皇嗣が天皇の位を承け継ぐこと。 先帝の崩御あるいは譲位の直後に行われる。 もと即位と同義であったが、桓武天皇の時より別の日に行うことが常例となる。 【薨去(こうきょ)】 皇族または三位以上の人の死去。 【うるう年/閏年(うるうどし)】 日本では明治6年元日より太陽暦(新暦/グレゴリオ暦)を採用。 太陰暦(旧暦)の「明治5年12月3日」を「明治6年(1872年)1月1日」と定める。 新暦(グレゴリオ暦)では4年に1回うるう年を設ける。 平年は2月を28日までとし、うるう年は29日を設ける。 うるう年は「西暦年が4で割り切れる年(干支では子・辰・申)」。 ただし、「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」。 西暦2000年は100で割り切れて400でも割り切れるので「うるう年」となります。 明治5年11月9日、改暦の詔書と太政官布告により明治6年(1872年)より新暦開始。 ただし先の勅令の内容が「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」規定をを含まないため、勅令「閏年ニ關スル件」(明治31年勅令第90号)を出して、うるう年の決め方をグレゴリオ暦に合わせ、1900年を「平年」としました。

次の

干支西暦和暦年齢一覧表[1900年~1959年]

昭和 年齢 干支

明治以降は「一世一元(いちげん)」とし、天皇1代の間にただ一つの元号を用いて改元しない。 明治元年9月8日の改元の詔によって制度化。 在位中の天皇は「今上天皇(きんじょうてんのう)」と呼ばれる。 薨去(亡くなられた)された天皇の諡号(しごう/おくりな)は慣習的に在位期間の元号を用いる。 干支(えと)についてはこちらのページを参照。 12月3日を明治6年元日とする。 (1867〜1912) 1867年(慶応3年)徳川幕府から朝廷に政権を返上する「大政奉還」で朝廷が日本の政治の頂点に返り咲く「王政復古」が始まる。 1868年9月「明治」に改元。 同年12月、天皇の名により王政復古の大号令を出す。 明治45年(1912年)7月30日薨去。 大正時代(たいしょうじだい) 20世紀初頭。 1921年11月、疾患のため皇太子裕仁親王 昭和天皇 が摂政に就任。 大正15年(1926年)12月25日薨去。 昭和時代(しょうわじだい) 20世紀半ば。 1926年践祚、1928年京都で即位。 第二次世界大戦終結後、1947年日本国憲法により象徴天皇となる。 昭和64年(1989年)1月7日薨去。 【践祚(せんそ)】 (「践」はふむ意、「祚」」は主人が堂に登る東側の階段、ひいて天子の位の意) 皇嗣が天皇の位を承け継ぐこと。 先帝の崩御あるいは譲位の直後に行われる。 もと即位と同義であったが、桓武天皇の時より別の日に行うことが常例となる。 【薨去(こうきょ)】 皇族または三位以上の人の死去。 【うるう年/閏年(うるうどし)】 日本では明治6年元日より太陽暦(新暦/グレゴリオ暦)を採用。 太陰暦(旧暦)の「明治5年12月3日」を「明治6年(1872年)1月1日」と定める。 新暦(グレゴリオ暦)では4年に1回うるう年を設ける。 平年は2月を28日までとし、うるう年は29日を設ける。 うるう年は「西暦年が4で割り切れる年(干支では子・辰・申)」。 ただし、「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」。 西暦2000年は100で割り切れて400でも割り切れるので「うるう年」となります。 明治5年11月9日、改暦の詔書と太政官布告により明治6年(1872年)より新暦開始。 ただし先の勅令の内容が「西暦年が100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする」規定をを含まないため、勅令「閏年ニ關スル件」(明治31年勅令第90号)を出して、うるう年の決め方をグレゴリオ暦に合わせ、1900年を「平年」としました。

次の