行政 書士 独学 応援。 行政書士試験の難易度|行政書士独学応援チャンネルのノート|note

行政書士試験 独学応援

行政 書士 独学 応援

宅建の試験の5点免除とは? 宅建試験は、1問1点の配点で50問出題されます。 満点は50点で、合格ラインはおよそ 7割の35点前後です。 5点免除の制度は、 50問中5問が免除される制度です。 一般受験者に比べて合格点が5点下がります。 宅建の試験で5点免除される問題 宅建の本試験で5点免除される出題範囲は、宅建試験の4分野(民法等、宅建業法、法令上の制限、税・その他)のうち、「その他」にあたる部分で以下がそれにあたります。 住宅金融支援機構• 景品表示法• 建物 5点免除の制度を利用すると、上記範囲は勉強せずに済みますので負担はかなり軽くなります。 宅建の試験が5点免除となる条件は 5点免除になるためには、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関の実施する 「登録講習」を修了しなければなりません。 登録講習を受講できる条件は以下のとおりです。 登録講習を受講する際に宅地建物取引業に従事していること• 「従業者証明書」を持っていること 従業者証明書は、宅地建物取引業法48条1項に定められているものです。 宅地建物取引業法48条1項 宅地建物取引業者は、国土交通省令の定めるところにより、従業者に、その従業者であることを証する証明書を携帯させなければ、その者をその業務に従事させてはならない。 この中の、「従業者であることを証する証明書」というのが従業者証明書です。 正社員でなくアルバイトやパートでも、宅建業者として働いていれば、従業者証明制度が発行されるので登録講習の受講が可能です。 なお、2005年の宅建業法の改正により、宅建業者での実務経験年数の条件は撤廃されました。 登録講習とは 登録講習の具体的な内容を解説します。 登録講習を受けることができる場所 登録講習は、宅地建物取引業法第16条第3項に基づいて、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行っているのでいずれかで受講することになります。 登録講習の流れ 登録講習の申し込みから5点免除申請までの流れは以下の通りです。 登録講習の申し込み 登録講習機関へ郵送またはWebなどで申し込みをします。 どこの講習機関もカリキュラムの内容はほぼ同じですが、時間割や費用に多少の違いがあります。 教材による通信講座を受講 自宅に教材が届けられる通信講座用の教材を使って学習します。 受講期間は2ヶ月ほどです。 スクーリング 通信講座の受講後に 2日間行われるスクーリングに参加して講義を受けます。 1日の講習時間は 6~8時間です。 修了試験 スクーリング2日目の受講終了後に修了試験が実施されます。 講義をきちんと聞いていれば合格できる試験です。 登録講習修了者証明書の交付 修了試験合格後、登録講習修了者証明書が交付されます。 宅建試験の5点免除の申請 登録講習修了者証明書を受け取ったら、宅建の本試験を申し込む際に5点免除が申請できます。 登録講習を申し込むときの注意点 宅建士試験の申込際の際に5点免除の申請をするには、 登録講習修了証明書が必要になります。 そのため登録講習の修了は、宅建試験の申込前に終わるようにしてください。 各登録講習機関は、6月中には修了試験が終わるようにスケジュールを組んでいます。 よって、通信教育の受講は 4月中には開始する必要があります。 5点免除の有効期限 5点免除の有効期限は、登録講習の修了試験に合格した日から 「3年以内」に行われる宅地建物取引主任者資格試験までです。 まとめ ここまで• 宅建試験の5点免除とは?• 5点免除になる条件• 登録講習の内容 について書いてきました。 5点免除の制度を利用するには、登録講習でのスクリーングに出席するため場合によっては2日間仕事を休まなければなりません。 そして費用も10000円以上かかります。 しかしこの制度を利用すれば勉強の負担はかなり軽くなります。 宅建業に従事している人であれば使わない手はない制度です。 宅建士の資格を取得できれば、資格手当がつくなどして収入アップが望めます。 一日も早く合格しましょう。

次の

独学合格体験談④ 予想模試に挑戦

行政 書士 独学 応援

一人は何回かブログに書かせていただいた『独勉法 アラサー主婦』のブロガーさんです。 そしてもう一人はブログだけではなく、に試験の勉強方法や各科目の授業動画をあげておられる佐藤先生です。 』と決心させてもらった大恩人です。 独学応援オンライン自習室: 登録は上のURLからページに飛んで、そのページの下の方の『こちらから登録をお願いします。 』の下の青い文字をクリック またはタップ します。 私は2日前にそのコミュニの存在を知ったのですが、『Slack』は、『親子英語』のグループでも使っており、使い方も分かるので(とっても簡単です😉💕)すぐに登録しました。 試験の勉強中の方だけでなく合格者の方もたくさんいらっしゃって受験生の質問に本当に親身になって回答して下さるので、独学や通信などで周りに仲間がおらずに孤独に勉強を進めている人には心強い味方になると思います。 ただたくさんの合格者の方がアドを下さるので、勉強の方法(使うテキストなど)それぞれ違う場合もあり、その中から自分に最も合った方法を自分で選ぶ必要があります。 流されやすくて色々目移りしてしまう方は、色んな人の方法を次々に真似していたらかえって遠回りになってしまう可能性もあるので、自分に合う方法かをよく考えてから参考にされたら良いと思います。 受験生の方で、しっかり勉強されていてたくさん質問されている方もいます。 佐藤先生のブログはの試験のランキングで知りましたが、独勉法の方のブログは。。。

次の

ええもん みいつけたっ♪😉✨

行政 書士 独学 応援

サイト運営者の資格とっ太郎です。 このサイトでは、実際に僕が(平成25年度の行政書士試験で) 独学で行政書士試験に一発合格した勉強方法を、隅々まで公開しています。 もしあなたが、行政書士に独学だけで合格したいと思っているのなら、このサイトの勉強法をとにかく読んでください。 そして実践してください。 それだけでいいです。 予備校そして通信講座(そしてそれらのアフィリエイター)曰く、この資格は、 独学で合格する事が非常に困難なものだそうです。 仮に、独学で合格できたとしても 膨大な時間がかかるんだそうです。 (1000時間らしいですよ?) でもそんなことは、生徒欲しさに(アフィリエイト報酬欲しさに)言ってるだけなので無視しましょう。 正しいやり方で勉強すれば、独学だろうが初心者だろうが、スクールに通って勉強している人達と変わらない、あるいはそれよりも短い勉強時間で合格することは十分可能です。 現に僕の場合は、170時間の勉強でも行政書士に合格することができました。 (もちろん前提知識があった、とかいうトリックもありません。 最初は理系出身の法律ド素人からのスタートです。 ) あっちなみにギリギリ合格とかいうダサい結果じゃなくて、220点オーバーですので念のため。 これは、僕がすごいわけでも特別なわけでもありません。 正しいやり方で、それなりに勉強すれば、 行政書士は普通の人でも短期間で合格できる資格です。 そしてこのサイトでは、 独学で挑戦する人を応援しています。 一人でも多くの人が、独学で行政書士の資格を取得できるように、精一杯の想いをこめてこのサイトを運営しています。

次の