スバル リコール バルブスプリング。 スバル、代名詞の水平対向エンジンで大規模リコール…費用膨大、深刻な経営問題に発展か

スバル、「フォレスター」「XV」計8万1343台分のリコール。コイルスプリングなど2件の不具合

スバル リコール バルブスプリング

写真1 スバルがエンジン内部に使われているバルブスプリングのリコールを国土交通省に届け出た。 対象台数は4車種10万1153台、対象車両の製造期間は2012年1月17日から2013年9月30日までである。 対象全車両のバルブスプリングを対策品に交換するとスバルは発表した。 しかし、交換作業は簡単ではない。 販売会社のサービス工場で対応できるとは、とても思えないのである。 水平対向エンジンのシリンダーヘッドはどうなっているか スバルの水平対向エンジンには2つのシリンダーブロックとシリンダーヘッドがある。 2気筒ずつのシリンダーブロックが中央でクランクシャフトを挟み込むように合体される(写真1)。 通常の直列あるいはV型エンジンは、シリンダーブロックの底部にクランクシャフトを置き、そのシリンダーブロック両端および気筒間でクランクシャフトを保持するメインベアリング/ベアリングキャップを使ってクランクシャフトを固定する。 ピストンはその上側で往復運動を行うから、エンジン回転の反力はメインベアリング/ベアリングキャップで受ける。 ところが、水平対向エンジンは左右のシリンダーブロックそのものが、反対側ブロックのピストンから見ればベアリングキャップになり、つねに大きな力を受ける。 そのためシリンダーブロックにはきわめて高い精度が求められる。 写真2 写真3 そして、左右のシリンダーブロックにシリンダーヘッドが取り付けられ、その中にカムシャフト、バルブ、バルブスプリングなどの部品が組み付けられる。 エンジン全体の構成は写真2と写真3のようになっている。 クランクシャフトを中心に、左右それぞれシリンダーブロック、シリンダーヘッド、カムシャフトキャリアの順に重ねられる構造だ。

次の

超高精度が要求されるスバルのボクサー・エンジンのバルブスプリングは、どうやって交換する?|MotorFanTECH[モーターファンテック]

スバル リコール バルブスプリング

スバルから新たな大規模なリコールの発表が行われ、注目を集めています。 スバルでは去年の秋から今年にかけて、完成検査の不正の問題や、電動パーキングブレーキの問題など相次いでいましたが、今度はエンジンに不具合が起こる可能性があるとして、近くリコールの正式な情報が発表される見込みです。 とくに今回のエンジンのバルブスプリングとよばれる部品の不具合は、走行中にエンジンが停止し、事故につながる可能性もあるということで、スバル車のオーナーにとっては、自分の所有している車が対象車種なのかどうかが気になりますよね。 そこで今回は、• スバルのバルブスプリング不具合のリコール対象車種• リコールの今後の対応や、対応する店舗や作業の待ち時間 などについて、みていきたいと思います。 今回のエンジンに関するリコールの対象車種は国内、北米向けを中心にBRZやトヨタの86を含むかなりの台数に及ぶことが間違いなさそうです。 記事を読み進めて、自分の車が対象なのかどうかを確認し、もしリコール対象だった場合の対応についても参考にしてくださいね。 スポンサーリンク スバルのバルブスプリングリコールの対象車種や今後の対応内容は? 今回のスバルのリコールの対象となる車種は、少なくとも数十万台が対象になるとみられていて、人気のスポーツカー「BRZ」や、BRZと同じエンジンを搭載するトヨタの「86(ハチロク)」も対象になると見られています。 リコール対象のエンジンは、日米市場向けの数十万台向けにのっているものということから、FA型・FB型エンジンを搭載している車種と考えられますね。 FA型・FB型エンジンを搭載している現行車種には、以下のような車種があります。 BRZ• トヨタ・86• レヴォーグ• WRX S4• フォレスター 他にも2018年に販売が終了した「エクシーガ クロスオーバー7」なども対象になる可能性は高いですね。 スバルのバルブスプリングのリコールなんだけど、さっきニュースで現行ほぼ全ての車両ってことは、FA、FB搭載全部対象って事? 流石にEJはセーフだよな? — しっしー@痛風フレンズ yaokatu 正式なリコール対象車種は後日発表される予定となっているので、スバルからの正式発表後に正確なリコール対象車種のグレード・年式や車体番号の調べ方などをお知らせしようと思います。 今後の対応内容は? 今回のリコールの対応内容は、不具合の見つかったのがエンジン内部の「バルブスプリング」という部品のため、交換することが必要となります。 ところがスバル車のエンジンは、その水平対向エンジンという独自の構造を採用しているため、バルブスプリングを交換するためにはエンジンを取り外す必要があるので、かなり困難なものとなりそうです。 スバルのBRZ、リコール出たみたいだけどバルブスプリング交換? あれってエンジン下ろさないといけないのでは? 整備士の人しんじゃうよ. ;゚;:益:;゚;. 通常は一直線やVの字型に配置されるシリンダーが、水平に向き合って配置されていて、振動が少なく低重心というメリットがあります。 走りにこだわるファンを多く持つスバルにとっては、この水平対向エンジンのデメリットであるメンテナンス性の悪さが今回は裏目に出てしまった形となりますね。 水平対向って本当にメンテナンス性悪い — ぽかり pokari 気になるリコールの対応内容ですが、現在言われているのは、水平対向エンジンのバルブスプリングを交換するためには、一度エンジンを取り外して作業する必要があり、数十万台の対象車両があることから考えると、スバルにとっては相当な負担になることが予想されます。 そうなるとエンジンを下ろして、さらに分解してバルブスプリングを交換するのは作業の手間も時間も現実的ではないという人もいて、新品ではない再生したリビルトエンジンを載せ替えることになるのではないかという声もきかれます。 ただ、性能的には新品にひけをとらないリビルトエンジンですが、再生品と聞くと一般の人にとっては中古のエンジンというイメージがあり、納得できないという人も多いと思います。 また、リコールの台数が数十万台ということもあり、それだけのリビルトエンジンを用意できるのかを考えると、またこれも現実的ではないのではないでしょうか。 スバルの水平対向エンジンがリコールでバルブスプリング交換だって。 要するにエンジンばらして組み直せと。 わちゃー。 作業時間を考えるとディーラー工場ではエンジン載せ替え、分解組立はリビルト業者に委託かな。 — かめのて NOTEkame 対応内容に関しても、近日スバルからの公式発表が予定されているので、発表を待ちたいと思います。 スポンサーリンク スバルのバルブスプリングリコールの店舗一覧・待ち時間も紹介! バルブスプリングの交換は先程も述べたように、今回のスバルの水平対向エンジンに対して行うのは、どのような方法をとるとしてもかなり手間がかかり、ディーラーではさばき切れないと予想されています。 そのためリコールの対応は、ディーラーだけではなく民間の認証工場や指定工場などの自動車整備工場などにも作業を委託する可能性もあるのではないでしょうか。 待ち時間・期間に関しても、エンジンの分解ということになると、当然1日では完了しないことが予想されるし、リコールの作業以外にも通常の車検や修理なども当然行いながらということになるので、最悪一週間くらいはかかってしまう可能性はありますね。 そもそも普段ディーラーで検査や整備をしているメカニックの中に、エンジンを分解・組み立てをして調整まで行える人がそれほど多くいるとも思えません。 下手をするとリコールの作業のための予約で何ヶ月かかかってしまうかもしれませんね。 どういう対処をするにしても、リコール対応には長い期間が必要とされますし、修理期間が長引くとなると代車の問題やメカニックの残業代など、スバルの経済的な負担もかなりのものになりそうです。 スバルのバルブスプリングのリコール。 このリコールが発覚した経緯に凄い興味がある。 リコール費用を部品会社が負担して、部品会社倒産なんて流れはないだろうか。 — OOO OOO42978081 乗り替えを検討する時はまずは愛車がいくらで売れるか確認を! 最近のスバルの不正検査やリコールの連続には、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 とくに今回のエンジンのバルブスプリングのリコールは、走行性の良さというメリットと裏表の、整備性が悪いというデメリットが出てしまい、リコールの待ち時間もかなり長期になることが予想されています。 当然リコールでない通常の整備や修理に関しても、費用や時間は整備性が悪いボクサーエンジンであることが理由で、長期間や高額になってしまうのは仕方ありませんね。 もうスバルのボクサーエンジンの車には愛想をつかしてしまって、他の車に乗り換えてしまいたいと思う方もいるのではないでしょうか。 またすぐに乗り換えるつもりがなくても、現在の愛車の価値を知ることは重要で、予想以上に高額で売れるのであれば乗換えも選択肢に入りますよね。 通常乗り換えをする時は、新しいクルマを購入するディーラーで下取りを行ってもらいますよね。 確かにディーラーで購入と下取りを同時におこなえば手間はなくラクチンです。 ただ、考えてみるとデメリットや不安も思い浮かびませんか?• ディーラー1社だけの見積で適切な金額かどうかわからない• 下取り金額と車本体の値引きがあいまいで正確な下取り金額がわからない でも複数の買取店に見積もりをとるのも面倒だし一括査定に申し込むと大量の営業電話に対応するのが苦手だという方も多いと思います。 そこでおすすめなのが、ユーカーパック のUcar査定です。 一度の査定で最大2000社からの入札を受けることができ、しかも連絡をとるのはユーカーパック1社のみで大丈夫なのです。 入札する業者には車両情報のみが渡され、個人情報が直接買取業者に流れる心配もないので、安心して高額査定をまかせることができますね。 ぜひユーカーパックで安心・簡単に高額査定をしてみてくださいね! まとめ 今回は2018年10月に発表された、スバルのバルブスプリングリコールについて、• スバルのバルブスプリング不具合のリコール対象車種• リコールの今後の対応や、対応する店舗や作業の待ち時間 ということについて見てきました。 ボクサーエンジンにこだわりのあるスバリストの中には、相次ぐ不正検査やリコールなどで、ひょっとしたらスバルに愛想をつかしてしまった方もいるかもしれません。 特に今回は走りにこだわるからこそ選んだ水平対向エンジンの、整備性の悪さというデメリットが裏目に出てしまったという形になってしまいましたが、ぜひスバルにはファンを裏切らない誠実な対応を願っています。

次の

エンジンのバルブスプリングの不具合とは何か スバルのリコールから考える|MotorFanTECH[モーターファンテック]

スバル リコール バルブスプリング

写真左から2番目がスバル 社長の中村知美氏(クリックして拡大) SUBARU(スバル)は2018年11月5日、東京都内で2018年4〜9月期(2019年3月期第2四半期)決算を発表した。 売上高は2018年8月に発表した計画をわずかに上回ったものの、前年同期比では7. 5%の減収だった。 利益面では大規模なリコール費用が影響し、営業利益や当期純利益は計画と前年同期の実績を大きく下回った。 営業利益は計画比で50. 0%減、前年同期比で74. 1%減となる。 同年11月に届け出たバルブスプリングのリコール費用や、完成検査問題に関連した追加のリコールが利益を押し下げた。 2019年3月期通期の業績については、販売台数の減少と品質関連費用の増加を織り込んで、売上高は前年比0. 7%減の3兆2100億円、営業利益は同42. 0%減の2200億円、当期純利益は同24. 2%減の1670億円を見込む。 2018年8月時点に発表した業績見通しから営業利益は26. 6%減、当期純利益は24. 0%減となる。 日本の新しい塗装工場や、米国での新型車の生産を品質を確保しながら慎重に進めるため、2019年3月期通期の生産台数は2018年8月時点での計画より絞る。 国内生産では、完成検査問題を受けた再発防止策の推進も影響している。 米国の生産が計画比で1. 1%減の37万9700台、国内生産が同2. 3%減の65万6100台、合計では同1. 9%減の103万5800台となる見通しだ。 完成検査で10万台の追加リコール 2018年4〜9月期の決算では、完成検査問題に関する追加リコールで65億円、エンジンのバルブスプリングのリコール費用550億円が大きな減益要因となった。 2018年4〜9月期の営業利益の減益要因。 クレーム費がリコール費用に該当する(クリックして拡大) 出典:スバル 完成検査問題に関して、スバルは2018年10月11日にリコールを届け出ていた。 2017年12月14日から同年同月29日の間に生産された現在の生産車種全てがリコール対象となった。 対象台数は合計で6124台で、リコール費用は約4億円となる。 この時、完成検査員の証言を基にリコール対象期間を2017年12月29日までとしていた。 しかし、2018年10月16日以降で国土交通省の立ち入り検査を受け、不適切な完成検査が行われていた時期について、社外の第三者が2018年9月28日にまとめた調査報告書の記述の一部と整合性が取れないことが判明した。 国交省の指摘を受けてスバルが調査した結果、第三者の調査で得られた供述よりも後の期間である、2018年9〜10月まで不適切な完成検査が行われていたという証言を得た。 また、第三者の調査チームが報告書に記載しなかった検査項目でも不適切な検査が実施されていた。 これらを踏まえ、完成検査の一律性や一貫性が確保されていないと判断し、追加のリコールを実施する。 これにより、2018年1月9日〜同年10月26日の間に生産された日本国内向けの全車種10万台について、指定整備工場で完成検査と同じ内容の点検と、自動車検査員による確認を行う。 同年11月8日に国土交通省に届け出る。 これによるリコール費用で65億円を見込む。 追加リコールの対象期間については、同年10月29日以降、一切の不適切な検査が発生していないことを終日稼働を停止して確認した上で決定した。

次の