マネー フォワード 経費 ログイン。 サービス一覧|株式会社マネーフォワード

【iOS版】ICカードリーダーアプリでカードの読み込みができません。

マネー フォワード 経費 ログイン

以下のような状況が考えられます。 ご利用のカードがICカードリーダーアプリ対象外 下記マニュアルにてご利用のカードが対象のものかご確認ください。 読み取りそのものがうまくいかない 下記をご確認ください。 読み取りができて送信が完了したが、マネーフォワード クラウド経費に反映されない ・マネーフォワード クラウド経費のにて、ご利用のICカードにチェックが入っていない可能性がございます。 チェック後、口座・カード画面に表示されるかお確かめください。 ・異なるメンバーに紐づけされている可能性があります。 下記手順で再連携をお試しください。 アプリを起動し、「自動送信」をオフにした状態でICカードを読み取り 2. 画面右上の「・・・」をタップ 3. 「マネーフォワード連携を解除」をタップ 4. 対象のICカードとの連携が解除されます。 再度アプリを立ち上げ、のとおりに連携をお願いいたします。 「予期せぬエラーが発生しました。 」と表示される ・下記マニュアルにてご利用のカードが対象のものかご確認ください。 ・アプリを終了し、再度お試しください。 読み取ったカードの種別とクラウド経費上に表示されるカードの種別が異なる。 先にAndroid端末にてクラウド経費に口座として連携済みの場合、Android端末で設定した名前や種別の設定が優先されます。 iOSからマネーフォワード クラウド経費にデータ連携時は、クラウド経費ログインIDとしてご利用のメールアドレスおよびパスワードにて連携をお願いいたします。 パスワードがご不明な場合は、クラウド経費にてをお試しください。

次の

経費精算申請

マネー フォワード 経費 ログイン

いつもマネーフォワード クラウド経費をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 このたび、ログイン画面の表記に一部変更がございましたのでご案内いたします。 対象ユーザー マネーフォワード クラウド経費をご利用中のすべてのお客様 対象となる画面• ブラウザ版のログイン画面• iOS版アプリのログイン画面• Android版アプリのログイン画面 変更内容 これまで、ログイン時にご入力いただく情報は「メールアドレス」「パスワード」という表記になっておりました。 今回、マネーフォワード クラウドシリーズのアカウントが「マネーフォワード ID」へ移行されたことに伴い、ログイン情報の表記も「マネーフォワード ID」「パスワード」に変更となりました。 (ご入力いただく情報は、以前のメールアドレスとパスワードと同一ですのでご安心ください。 ご留意いただきたいこと• 「マネーフォワード ID」への移行前からログイン状態が保持されている場合、一度ログアウトされるケースがございます。 もしログアウト状態となった場合には、お手数ですが、再度ログインをお願いいたします。 メール認証がお済みでなかった場合、ログイン後に「お使いのメールアドレスは確認されていません」という画面が表示されます。 「確認メールを送信する」よりメールを送信し、メール認証の手続きをお願いいたします。 Android版アプリをご利用の場合に、端末内にブラウザアプリがインストールされていない場合、またはアクセス制限されたブラウザアプリがインストールされている場合は、「マネーフォワード ID」でログイン出来ない事があります。 今後ともマネーフォワード クラウドシリーズをご愛顧賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。 クラウド会計• クラウド会計Plus• クラウド確定申告• クラウド会計・確定申告 (アプリ)• クラウド請求書• クラウド給与• クラウド社会保険• クラウドマイナンバー• クラウド経費• クラウド資金調達• クラウド勤怠• クラウドStore• 料金・契約• 会社設立•

次の

【iOS版】ICカードリーダーアプリでカードの読み込みができません。

マネー フォワード 経費 ログイン

ID移行により、再ログインが必要• ログイン画面のURLが変更になる• メールアドレスは「認証済み」となっている必要あり これらを読む限り、支障はとくにないでしょう。 ID専用ホームページで二段階認証が設定できる 「マネーフォワードID」については、が設けられています。 専用ホームページを見てみると、ユーザー情報の確認・変更から 「二段階認証の設定」ができます。 二段階認証の方式は、毎度おなじみの 「Google Authenticator」を利用します。 スマホを紛失した場合の復元コードと、コードを紛失した場合のSMSによる復元の設定も可能です。 重要な情報を扱うサービスを利用しているわけですから、セキュリティ向上のため、二段階認証も設定しておくことが望ましいでしょう。 まとめ 公式から、さりげなく「マネーフォワードID」のお知らせが出ていたのと、家計簿アプリ側でのログイン方式が微妙に切り替わったことが気になったので、ブログの記事にしておきました。 マネーフォワードクラウドは、過去には各サービスをバラ売りしていたため、アカウントもバラけた扱いになっていたものと考えられます。 現在では、各サービスを一括販売していますので、IDが共通化されるのは望ましいといえるでしょう。 カテゴリー カテゴリー アーカイブ•

次の