サカイ引越センター 冷蔵庫のみ。 サカイ引越センター直営のリサイクルショップです!家具、冷蔵庫、洗濯機など豊富な在庫を驚きの価格で取り揃えております (サカイリサイクル) 南柏のリサイクルショップの無料広告・無料掲載の掲示板|ジモティー

サカイ引越センターで冷蔵庫のみの引っ越しはできるの!?

サカイ引越センター 冷蔵庫のみ

サカイ引越センターは車やバイクを運んでくれる サカイ引越センターは、家具や家電製品などの家の中の荷物だけでなく、車やバイクの輸送も行ってくれます。 ただし、サカイ引越センターのスタッフが車やバイクを運ぶわけではありません。 サカイ引越センターは、陸送の専門業者と提携しており、顧客から陸送の依頼があった場合には、そうした業者に車やバイクを預けて運んでもらいます。 サカイ引越センターは陸送のプロではありませんが、実際に運ぶのは車やバイクを取り扱うプロの業者です。 そのため、安心して車やバイクを預けることができます。 サカイ引越センターの陸送サービスの料金の相場は? 陸送サービスを依頼する際に気になるのが、料金の相場です。 サカイ引越センターは、依頼された車やバイクを提携業者に預けるため、陸送を仲介する形になります。 そのため、陸送の専門業者に車やバイクを直接預けた場合に比べて、若干ですが費用が高くなる傾向があります。 陸送の料金は場合によって大きく異なる 車やバイクの陸送にかかる費用は、場合によって大きく異なります。 車やバイクが大型であれば、陸送料金は高額になります。 また、運ぶ距離が長ければそれだけ料金が高くなり、離島などで船を使用する必要がある場合は、その分の費用も上乗せされます。 陸送の費用は、車の種類や陸送距離、陸送方法などによって大きく変化します。 また、引越しが集中する春の時期は、陸送費用が高めになる傾向があります。 陸送サービスの料金相場 陸送サービスの料金相場を知りたい人のために、目的地や距離ごとの大まかな料金の相場をご紹介します。 また、沖縄などの離島の場合は、船に載せて運ぶ必要があるため、料金が高くなります。 なお、以上の料金はひとつの例であり、あくまでも目安と考えてください。 陸送の料金は、車の大きさ・輸送距離・業者の繁忙状況などによって大きく変化します。 自分の車・バイクを運ぶ際の費用を正確に知りたい場合は、サカイ引越センターに問い合わせて、見積もりを確認する必要があります。 陸送にかかる日数はどれくらい? 陸送にかかる日数は、運ぶ距離によって異なります。 車やバイクは引越しの荷物とは別で運ばれるため、荷物と一緒に到着するわけではありません。 遠距離であっても1週間以上かかるケースは稀ですが、繁忙期の春には到着が遅れる可能性もあります。 車やバイクの陸送を依頼する際には、到着日を事前に確認しておきましょう。 引越し先で車やバイクを使う予定がある場合は、早めに陸送を頼むことが大切です。 サカイ引越センターに陸送を依頼するメリット 車やバイクを引越し先に運ぶ方法としては、自分で運転する方法や、陸送専門の会社に直接依頼する方法もあります。 サカイ引越センターに陸送を依頼する方法には、それらにはないメリットがあります。 依頼の手間を省くことができる サカイ引越センターに依頼すれば、車やバイクの陸送を引越しと一緒に申し込めます。 そのため、陸送の専門業者に別途依頼する場合と比べて、申し込みや相談の手間が省けます。 引越しと陸送を別々の業者に依頼すると、「見積もり依頼・見積もりの比較・申し込み・相談」などの手間が2倍になります。 引越し日が迫っていると準備に忙しい場合が多いため、手間が省けるのは大きなメリットです。 引越しの日程に合わせた輸送が可能 サカイ引越センターは、当然ですが引越しの日程を把握しています。 そのため、車やバイクの搬出日を調整することで、こちらの都合の良い日時に到着日を設定してもらうことができます。 サカイ引越センターに依頼すれば、スケジュール調整が簡単です。 事故のリスクを回避できる 引越し先が近い場合は、自分で運転して運ぶのもひとつの手です。 しかし、引越し先が遠い場合は、自分で運転するのはリスクが高いです。 引越し前は準備が忙しく、疲労が溜まっている場合も多いでしょう。 そうした際に長距離の運転をすると、事故のリスクが高まります。 特にバイクは要注意です。 事故のリスクを極力避けるためにも、車やバイクを引越し先に運ぶ際には、自分で運転せずに業者に依頼することをおすすめします。 業者に依頼すれば事故のリスクがほとんどなく、万が一起こったとしても保険で損害が補償されます。 陸送サービスを依頼する際の注意点 陸送サービスを依頼する際の注意点をいくつかご紹介します。 社内には荷物を残さない 不慮の事故によって陸送中の車両が損傷した場合は、保険によって損害が保障されます。 しかし、車内の荷物については保険の対象外の場合が多いです。 車内に荷物を置いたまま陸送を依頼すると、万が一の事故の際に損害が補償されません。 リスクを極力回避するために、陸送を依頼する際には車内の荷物を片付けておきましょう。 陸送できない車もある 車の種類によっては、陸送を断られる場合があるため注意が必要です。 陸送を断られる可能性がある車には、「高級外車」「車高が低すぎるもの」「大きすぎる車」「不法改造車」などがあります。 それらに該当する恐れがある場合は、事前に陸送の可否を業者に確認しておきましょう。 事前に車体の傷などをチェック 陸送を依頼する前に、車の状態をしっかりとチェックしておくことをおすすめします。 陸送の際に車に傷がつく可能性は、ゼロとはいえません。 可能であれば、車体の状態を画像などに残しておくと安心です。 さいごに サカイ引越センターは、車やバイクの輸送を行ってくれます。 その際の料金は、輸送距離や車種などによって異なります。 「東京・大阪間」であれば、乗用車で50,000円程度、中型バイクで45,000円程度です。 輸送距離が長い場合や運ぶ車が大きい場合は、その分費用が高くなります。 サカイ引越センターに車やバイクの陸送を依頼する際には、事前に必要な料金をしっかりと確認することが大切です。

次の

【冷蔵庫や洗濯機のみ】引っ越しに便利な単身者向けプランの相場

サカイ引越センター 冷蔵庫のみ

こんにちは。 引越しアドバイザーのめぐみです。 引越しをする方法にはいろいろありますが、友人などに手伝ってもらって自分たちで引越しをする、という人も多いですよね。 その場合ネックとなるのが大型の家具や家電。 中でも冷蔵庫は運ぶ際に横にすると故障する可能性が高くなったり、サイズや重量の関係で、なかなか素人が行うのが難しいもの。 そんな時、冷蔵庫だけを引越し業者にお願いすることができれば、かなり楽になりますよね。 そこで今回は、冷蔵庫だけを引越し業者に依頼することができるのか、業者によってどんな違いがあるのかを調べてみました。 ちなみに業者に依頼せず、自分たちで運ぶ場合のポイントは次の記事でまとめていますよ。 [ad ] 冷蔵庫だけの引越しは業者に頼める?大型冷蔵庫もOK? 冷蔵庫と一口に言っても、1ドアの小型のものから、ファミリー向けの大型の冷蔵庫までいろいろな種類があります。 何かを運ぶ場合、サイズや重さによって料金が異なったり、受け付けてもらえるかどうかが違うのは当然なので、冷蔵庫についてもどうなのかが気になるところです。 基本的に引越し業者では冷蔵庫単品での引越しもOK。 どんなプランで対応するかは業者によりますが、単身パックを利用したり、家財道具1個から送ることのできるプランが用意されているなど様々です。 冷蔵庫の大きさについては、1人暮らし用の中型の冷蔵庫程度までであれば、ほぼどの業者も対応できます。 しかし、大型になると単品での対応ができなかったり、料金がかなり高くなってしまうことがあるので、それぞれ比較をして決めることが大切です。 冷蔵庫だけの運搬ができる引越し業者 では冷蔵庫だけの運搬ができる引越し業者の中から、特におすすめの4業者を紹介します。 日通 日通の場合、冷蔵庫のみの引越しする際には、単身パックの利用をするのが一般的です。 日通では、単身パックの種類が充実していますが、一番小さいサイズは単身パックS。 2ドアの単身用の冷蔵庫であれば、入れることができるサイズです。 単身パックのコンテナに入らないサイズの大型冷蔵庫を単品で引越し依頼した場合、日通では受けてもらえない可能性があるので注意しましょう。 依頼する際に冷蔵庫のサイズは正確に測っておいてくださいね。 日通の単身パックSの料金は、距離に応じて17,000円~。 WEB割引の2,000円引きを適用した場合には、15,000円~となっています。 ちなみに単身パックを利用する場合、指定サイズのコンテナに入れば冷蔵庫以外の物もまとめて依頼しても料金は同じですので、他にも荷物がある場合はお願いする方がお得です。 クロネコヤマト クロネコヤマトの場合、家具や家電を1つから運ぶことができる、らくらく家財宅配便が有名です。 私も過去に、冷蔵庫ではありませんが、大型家具を他人に譲るために利用したことがあります。 梱包から設置までお願いすることができますし、作業員も2名ですので、自分が手伝いをする必要もありません。 冷蔵庫のような大型家電ともなると、梱包するのも一苦労ですので、この点は大きなメリットですね。 らくらく家財宅急便では、3辺の合計サイズと、距離で料金が決まります。 例えば一般的な冷蔵庫の同一県内での引越しの場合、次のような料金が目安です。 サイズ 料金(税抜) 単身用冷蔵庫(250㎝まで) 6,850円 家族用冷蔵庫(350㎝まで) 15,050円 料金の目安は、クロネコヤマトのWEBサイトから簡単に確認できますので、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。 [ad ] 赤帽 市内などの近距離・少量の引越しの場合、お得にできる可能性が高いのが赤帽。 この赤帽でももちろん、冷蔵庫だけの引越しを依頼することができます。 赤帽は個人事業主の協同組合ですので、細かい対応などは異なる可能性がありますが、一般的には同一市内であれば、次のような料金です。 サイズ 料金(税込) 小型冷蔵庫 4,860円~ 中型冷蔵庫 6,480円~ 大型冷蔵庫 8,640円~ ただし、これは基本料金で、引越し元と引越し先の階数やエレベータの有無などによって、追加料金が発生する場合もあります。 また、赤帽の場合には、基本的に作業員は一人。 そのため、大型の荷物では、自分も手伝いをすることが前提となっています。 私のように女性ですと、なかなか自分が手伝いをするのは難しいので、補助を一人頼むことも一つの手段ですが、その場合更に追加料金が発生するので、注意しましょう。 また、家族用の冷蔵庫の中でも特に大型の物になると、状況によっては赤帽では取り扱ってもらえない場合もあります。 大きさをしっかり確認してから、問い合わせを行ってくださいね。 冷蔵庫だけの引越し:サカイ引越センターの場合 サカイ引越センターでも、家電のみの引越しを受け付けていますので、冷蔵庫だけの引越しも依頼することが可能です。 サカイの場合、通常の引越しと同様、見積もりを取って料金を確認することになります。 インターネットなどで情報を集めてみると、市内など近距離で1万円前後、近隣の県などの中距離で3万円前後、長距離では、5万円前後が目安です。 こういった見積もりを取るタイプの料金の引越し業者を利用する場合には、通常の引越しと同様に相見積もりを取って、交渉するようにしましょう。 時期によって料金が変わる場合もあるので、面倒でも複数問い合わせをして、確認してくださいね。 [ad ].

次の

サカイ引越センターの家具移動サービスの質や料金はどうなっている?

サカイ引越センター 冷蔵庫のみ

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)• サカイ引越センター• アーク引越センター• 赤帽 次に、それぞれの引っ越し業者の特徴とプラン内容について紹介します。 料金については、ほとんどの引っ越し業者が要見積もりとなりますが、料金詳細を公式ページ上で公開している業者のみ料金も載せますので参考にしてみてください。 ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便 ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)の大型家具・家電配送の「らくらく家財宅急便」は、引き取った大型の家具・家電を他の人の荷物と一緒に輸送する混載便で輸送してくれるサービスで、追加料金で家具・家電の設置もしてくれます。 全国のエリアに対応しており、宅配便と同じくサイズと送り先で 金額が一律で決まっています。 あらかじめ設置料などの追加料金も公開しており、発生することもないため近距離から長距離の引っ越しはもちろん、誰かに家具・家電を譲りたいときにもおすすめです。 3辺合計が450cmまでとほとんどの大型家具・家電に対応しており、受け取り時間の指定ができるのもポイントです。 サカイ引越センターせつやくコース サカイ引越センターせつやくコースは、身の回りの荷物は自分で梱包・開梱し、大型家具・家電のみを梱包から開梱までお願いできるコースです。 料金は要見積もりですが、とにかく引っ越し費用を安く抑えたい方向けのプランです。 ヤマトと大きく違うのは宅配業務としてではなく、引っ越し作業として運ぶため建物内の養生はもちろんのこと引っ越し専門業ならではの技術で安全・スピーディーに運んでもらえます。 また、引っ越し作業終了後には、「10分間サービス」を受けることができ、照明器具の取付や掃除などを手伝ってもらうことができます。 アーク引越センターの大物限定プラン アーク引越センターの大物限定プランは、大型家具や家電だけの梱包から運搬、新居でのセッティングまでおこなってもらえるプランです。 このプランの面白いところは、普通のダンボールなどの荷物は自分たちで運ぶのですが、資材であるダンボールや布団袋、ハンガーボックスなどはアーク引越センターが用意してくれることです。 もちろんこちらもサカイ同様、引っ越し専門業者でプロの作業員が運ぶので安心して任せることができます。 料金は要見積もりですが、毎月1日〜20日の間は特別割引きになります。 赤帽の家財運搬 洗濯機やミニ冷蔵庫、シングルベットだけといった軽トラに入る大きさの家具や家電だけの引っ越しで短距離の場合に利用できます。 梱包や輸送を手伝うことを条件にすれば赤帽のほうが引っ越し業者よりも遥かに引っ越し費用を抑えることができます。 混み具合いによりますが、時間も大手業者と比べて細かな設定ができるため、仕事を休まず帰宅後の夜中に引っ越しなどというようなさまざまな融通が利くというのも強みのひとつです。 また、同じ建物内での引っ越しなどにも対応していますのでとにかく人手が必要というようなケースでおすすめしたい業者になります。 料金ですが、今回は関東地方を中心に引っ越しを行う「赤帽ライジング・カーゴ」の家具・家電の配送料金を紹介しますので目安にしてください。 以上が、大型家具家電に対応した引っ越し業者になります。 また、ヤマトなどの宅配を得意とする業者はサイズにより料金が一律なため値下げなどの交渉は難しいですが、その他の業者はシーズンオフやフリー便を利用するようにすれば値下げ交渉が期待できますので、引っ越し一括見積りサイトなどを利用して最安の引っ越し業者を探すようにしましょう。 値引きの交渉に関しては以下の記事が参考になります。 冷蔵庫や洗濯機だけを運んでくれる引っ越し業者の探し方 大型家財のみを運んでくれるおすすめの引っ越し業者を紹介しましたが、どの業者がいいか正直迷いますし、業者1件1件にいちいち電話をして料金や空き状況を確認するのも面倒ですよね。 ここでは、冷蔵庫や洗濯機、ベッドだけといった大型家具・家電のみをお得に引っ越ししてくれる業者の探し方を紹介します。 引っ越し一括見積もりサイトで安い業者を見つける こういうときに頼りになるのが、 引越し一括見積りサイトです。 引っ越し一括見積もりサイトは普段は引っ越しの費用を下げるために使うことが多いのですが、このような 大型の荷物だけといった特殊な引っ越しを引き受ける業者を見つけるのにも役立ちます。 例えば、引っ越し一括見積もりサイトで、運搬する荷物を「洗濯機・冷蔵庫・ベッド」だけにして見積り依頼をすると、それを請けたいという業者からのみ連絡が来ます。 わざわざ引っ越しを引き受けてくれる業者をこちらから探し出さなくても、「うちが引き受けますよ」と業者側からアプローチしてくることになります。 しかも引っ越し一括見積もりサイトを利用するということは、最初から相見積もりの形になっていますので、それぞれの業者が競争になる前提で価格を提示してくれるため、 限界近くまで値引きした価格を提示してくれます。 わざわざ自分で家具や家電だけを運んでくれる業者を探す必要もなく、しかも費用を抑えることが可能です。 引越し一括見積もりサイトをチェック• 引っ越し距離• 運送業者か引っ越し専門業者 料金 料金面では、ヤマトや赤帽は料金が安く手軽に利用できます。 しかし、引っ越しを兼業で行う運送業は運ぶのがメインのため設置などは基本有料になっていたり、引っ越し作業にまだ慣れていないスタッフが含まれていることもあります。 一方、引っ越し専門業者であるサカイやアークでは、引っ越し専門業者は作業員の研修育成をしっかり行うため、養生を行うなど建物に傷つかないような配慮や吊り上げなどの運搬技術では勝っていると言えます。 引っ越し距離 引っ越し距離に応じて引っ越し業者を選ぶのも費用を安く抑える上で大切です。 近距離で荷物が少ないなら赤帽に依頼し、長距離ならヤマト、荷物が多いならサカイに依頼するなどプラン内容を考慮しながら決めると良いでしょう。 運送業者か引っ越し専門業者 運送業者と引っ越し専門業者ですが、どちらも国土交通省に認可された運送業者です。 ヤマトや佐川など宅配便と引っ越し業務を兼業しているのが運送業者で、サカイやアートなど引っ越し業務のみを行なうのが専門運送業者になります。 特徴としては、先ほども説明したとおり、運送業者は費用が比較的安く、専門運送業者が運搬技術が高いという点です。 引っ越しは運送業者か引っ越し専門運送業者どちらがいいのか? 費用を安く済ませたい気持ちもわかりますが、家財自体に傷がついたり、建物に傷がついたりした場合のリスクを考えると 補償保険などに加入している引っ越し専門業者にお願いしたほうが安心です。 引っ越し専門運送業者は高いイメージがありますが、オフシーズンやフリー便で依頼すれば 値段交渉もしやすく、基本的な大型家電などの設置料金なども含まれているため長距離引っ越しや運んで欲しい小物荷物が多い方にはお得なプランです。 どちらにせよ自分に必要なサービスを受けられる業者を選ぶようにしましょう。 引越し一括見積りサイトをチェック 自分で引っ越しをする場合も大型家具・家電は引っ越し業者にお願いする 大型家具や家電だけの引っ越しをする場合は、ヤマトやサカイ、アーク引越センターのような大手引っ越し業者の家具や家電専用のプランの利用を検討しましょう。 引っ越し先がそれほど遠くないような場合は、赤帽に依頼すると引っ越し業者に依頼するよりも安値で家具や家電を運んでくれます。 「これら4社だけでは決めきれないし、もっと安く出来るのではないか」と思ったら、 引っ越し一括見積もりサイトで複数社から相見積もりをとるようにしましょう。 引っ越し業者側からアプローチしてきてくれますので、業者選びで悩むことなく、しかも相見積もり状態になるため安価に家具や家電を運んでもらえます。 自分で引っ越しする場合も、大型のを運ぶときに誤って家具家電を傷つけたり、新居を傷つける心配を考えるとあまりおすすめできません。 また、軽トラックをレンタルする料金と、梱包から開梱までやってくれるプロの引っ越し業者にお願いする料金にそんなに差は無いようなので、是非お願いしましょう。

次の