イラン 対 カンボジア。 本田圭佑率いるカンボジアが記録的大敗。強豪イランに挑んだ試合は「14

カンボジア代表 vs イラン代表 今シーズンの対戦成績

イラン 対 カンボジア

カンボジア代表の実質的監督を務める元日本代表MF本田圭佑が、アジア予選での大敗後に選手たちにスピーチしていたことが明かされた。 本田の有料メルマガ『CHANGE THE WORLD』でその内容が公開されている。 FIFAランキング169位のカンボジア代表は、10日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選の第3戦で、同23位でアジア最上位のイラン代表と対戦。 敵地での一戦、カンボジアは何度もゴールネットを揺らされ、最終的に14-0というカンボジア史上最多失点での大敗を強いられた。 多くの海外メディアも結果に注目した試合から一夜明け、本田は自身の『ツイッター』で、「誤魔化したような戦いをして失点を減らすよりも、現在地を全員が認識してから改善していく方が実は近道なんです。 強がりと思われるかもしれないけど、事実やから」と投稿。 敗戦をポジティブに受け止めていたが、試合直後の時点で選手に対しても同じように説いていたことが明かされている。 編集部のおすすめ• イランに14-0で敗れた試合直後、本田は選手たちに対して、「誤解しないでほしいのは、4-0、5-0で抑える選択肢を選ぶこともできた。 だけど、それでは何もならない。 将来のためにならない。 だから、14点を失ったが自分たちの現在地を知るためにはよかった」と、真っ向からぶつかって現時点の力を把握できたことが大事だと主張。 「プレイするときどのようにミスをするのかを知れたし、シチュエーションによってはそれぞれ少し自信があることもわかった。 でも、サッカーは90分たたかわないといけない。 前にも言ったようにプロフェッショナルであれ」 「イランはカンボジアより大きく強い。 カンボジアのリーグより強いリーグで戦っている。 どうすればそこに近づけるのか。 答えはプロフェッショナルであること」 さらに、「この試合を忘れないで、その気持がきみたちを強くする。 この気持を強く持ち続けたものが成功する。 悪い結果がでたとき、この経験が自分を強くするといつも自分に言い聞かせている。 それが今日だ」と選手たちに語った本田。 「結果に失望しないで。 失望するとしたら、なぜボールを失ってしまったのかに失望するべき」と、しっかりと本質を捉えて前進していくことの重要性を説いた。 なお、カンボジアは、アジア2次予選グループCで3試合を終えて1分け2敗の勝ち点1で最下位。 15日には、ホームでイラク代表と対戦する。

次の

イラン、女性ファンの観戦許可を表明。本田圭佑率いるカンボジア戦から

イラン 対 カンボジア

こんにちは、ぽこぱぱです。 突然ですがUFOを見たことはありますか? UFO、直訳すると未確認飛行物体です。 宇宙船と何故か同義に使われがちですね。 未確認飛行物体自体は沢山観測されて いるそうですが、宇宙船はどうなのかな? では、UMAは見たことがありますか? UMA( Unidentified Mysterious Animal) こちらも訳すと未確認生物でしょうか。 こちらも観測されることは多いと思います。 ただ、いわゆる「雪男」とかという UMAはなかなか観測されませんね。 さて、今回取り上げるのはカンボジアの 「ヌグォイラン」という未確認生命体です。 カンボジアの密林にすむという このヌグォイラン、人間を育てた? なんて説もあるとか。 一体どんなUMAなのでしょうか? 目次• ヌゴイランとは?カンボジアのUMA? 雪男、ネッシー、チュパカブラなどなど 世の中にはメディアに取り上げられがち だったりこすられまくったUMAもいますが ヌグォイランは耳馴染みがないですね。 このヌグォイランはカンボジアの密林に 住むUMAで、カテゴリは獣人に分類される 生き物のようです。 類人猿に近い感じ なのでしょうか。 1990年代に目撃情報が出始めています。 1990年代といえば、カンボジアが ポルポトの支配から抜け出そうと大変な 時期でしたね。 密林や洞窟に住むと言われ、 小動物や果実などを食べると言われます。 実際に観測された記録や写真などが あるわけではないですし、捕獲?接触を したという記録もなく、純粋に噂上の いわゆる都市伝説的な生き物のようです。 ロチョム・プニンという少女がヌグォイ・ランに育てられた? そんなヌグォイランですが、人間を育てた? という話があります。 2007年に8歳の頃から 行方不明になっていたロチョムプニンという 女性がカンボジアのラタナリ州という場所で 発見されました。 当時現場ではオスとメスの獣人がいるという 騒動が起きて村人たちが捜索。 オスの ヌグォイランは逃げましたがメスは捕獲しました。 それがロチョムプニンさんだったのです。 裸で不潔な状態で野生化したいたようです。 8歳の時に6歳の妹と同様に行方不明になって いたロチョムさんは、ジャングルの中で ヌグォイランに育てられたのでは、と 話題になりました。 実際3つの言葉しか使うことが出来ず、 歩行よりも這うように移動することを 好んだとのことですし、ロチョムさんが 捕獲された時に逃げたオスは森の精霊と 信じられているようです。 ロチョム・プニンのその後や現在は? ロチョムさんの保護はニュースとなり、 プニンさん一家が名乗りを上げて娘として 引き取られますが、家族は彼女が密林へ 逃げないように常にロチョムさんを見張ります。 ロチョムさんは衣服を着させられるのを 嫌がり、お母さんはロチョムさんが服を 脱ごうとするのを、止める必要がありました。 その後、DNA鑑定が行われる予定でしたが この予定は流れています。 2009年12月からはクメール語を理解し始め、 2010年の1月にはプノン語を話し始めました。 2010年5月、ロチョムさんは行方不明になり、 密林に逃げ帰ったと思われましたが、 自宅近くの屋外トイレの穴の中で発見されました。 トイレの穴の上には木製の蓋がありましたが、 ロチョムさんは深さ10メートルのトイレの底で 胸まで汚物に浸かった状態で発見されました。 現在も恐らくプニンさん一家の元、もしくは 近くで住んでいるのではないでしょうか。 ロチョム・プニンは虐待されていた? ロチョムさんは8歳の時に水牛の世話を している時に失踪したとのことですが クメール・ルージュが独裁を敷いていた 当時のカンボジアでは記録そのものが 正しいかが分かりません。 ただ、言語を使えないだけでなく、 ロチョムさんの左の手首と足首には ロープで束縛したような傷跡があり 身体的・性的な虐待を受けていたかも しれないという可能性もあります。 まとめ カンボジアのUMAヌグォイランと それに18年間育てられたという女性の ロチョム・プニンさんについて 色々と見てきました。 実際、獣人と言うものが入るかどうかは ともかくとして、今回の件はどうなので しょうか。 誘拐された少女が最低限の 教育以下の状態で育てられただけ、 実は障害などがあるなといろいろな説が 考えられますね。 そのあたりのことは5月10日放送の 「世界の何だコレ!? ミステリー」にて 取り上げられるようなので、真相を 是非とも知りたいものですね。 案外ヌグォイランは当時の独裁政権 クメール・ルージュから逃げた 知識人だったりするかもしれません。

次の

カンボジア代表 vs イラン代表 今シーズンの対戦成績

イラン 対 カンボジア

女性ファンも入場したイランのアザディ・スタジアム【写真:Getty Images】 2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のイラン代表対カンボジア代表戦が現地時間10日に行われ、ホームのイランが14-0で勝利を収めた。 カンボジア代表にとってはワースト記録を大幅に更新する史上最悪の敗戦となった。 約3500人の女性ファンの後押しも得たイラン代表は、スコアの上でも歴史に残る試合を演じてみせた。 イランは前半5分に先制点を奪うと、次々とゴールを重ねて前半だけで7得点。 後半もゴールラッシュは止まらず、さらに7点を加えてリードを広げ、最終的に14点の大差で試合を終えた。 前回のロシアワールドカップのアジア2次予選では、カンボジアは日本代表とも同居したグループを8戦全敗で終えていた。 だが本田圭佑が実質的監督となった今回は、初戦の香港戦に引き分けて2次予選初の勝ち点1を獲得。 続くバーレーン戦でも終盤までスコアレスで粘って惜敗する健闘を見せていた。 本田はイランへと向かう前に、「彼らから次のレベルを学ぶことができると思う」とツイッターで投稿。 アジア屈指の強豪であるイランを相手に敵地で結果を出すことは難しいとしても、チームの成長に繋がる戦いが期待されたが、あまりにも手厳しいレッスンとなってしまった。 『FOXスポーツ』アジア版によれば、「14-0」というスコアはカンボジアにとって史上最多得点差での敗戦。 1995年のインドネシア戦に10-0で敗れたのがこれまでのワースト記録だったが、その失点数を4点も上回った。 一方、イランにとっても歴史に残る大勝のひとつではあるが、最多得点記録ではない。 2000年に行われたグアム戦(2002年ワールドカップ予選)では「19-0」、1997年に行われたモルディブ戦(1998年ワールドカップ予選)では「17-0」の勝利を記録したこともある。 【了】.

次の