ピクルス 液 残り。 市販のピクルス(オリーブの実やキュウリなど)の残りの液は、再利用は出来ます...

富士酢醸造元 飯尾醸造

ピクルス 液 残り

ピクルスを食べきった後に残る ピクルス液。 捨ててますか?^^; 特にピクルスが美味しかったりすると、ピクルス液は捨てるのもったいないですよね? 何か再利用法はないのかな?と、使い回しのアレンジレシピなどをいろいろと調べてみましたよ。 ^^ ピクルス液の使い回しは出来るの? 調べてみたところ、 「使いまわしは出来ないことはないが、あまりしない方がいい」という意見が多いようでした。 しない方が良いという理由には、 「 野菜の水分や臭いが出ているので、美味しくないから」 という理由や、 「 水分が出て液が薄まっているので、殺菌効果が弱まっている」 という理由が一般的なようです。 とりあえず、そのままの再利用はやめた方がよいでしょうね。 ^^; そこで、どうしてもピクルス液を使いピクルスをまた作りたい場合には、その液を沸騰させ、新たに酢や塩を加えた方が良いでしょう。 ニンジンなど固めの野菜は沸騰させてすぐに入れると旨みも出て良いですが、きゅうりなどは液が冷めてから入れるようにしてください。 ピクルス液を再利用する際、液のにおいが気になるようでしたら、好みでニンニクや唐辛子も足してみてもいいかもしれませんね。 ピクルス液に塩や胡椒など加え、少し味を濃くしてから鶏肉をつけて、グリルで焼いてもさっぱりしたチキンができあがりです。 鶏肉は、もも肉でも、手羽先でも何でもOK! あと、ケチャップかトマトソースを入れたり、トマトチキンにしても美味しいようです。 スープは冷たいものでも、温かいものでもおいしいそうなので、一度お試しください。

次の

捨てるなんてもったいない!残ったピクルス液を普段のおかずに有効活用!

ピクルス 液 残り

残ったピクルス液はおいしく活用できる! カラフルな常備菜「ピクルス」。 野菜を食べきったあとは、大量にピクルス液が残りますよね。 実はこのピクルス液、旨みも栄養素もたっぷり! 料理に使って、新しい魅力を発見してみましょう! 基本のピクルス液の作り方 まずは、基本のピクルス液のレシピをおさらいしましょう。 【材料】 酢…250ml 砂糖…大さじ5 塩…大さじ1 唐がらし(輪切り)…1本分 A 水…250ml A 昆布…2g お好みのスパイスやハーブ…適宜 【作り方】 【A】を鍋に入れて加熱し、沸騰直前に昆布を取り出します。 他の調味料を加え、ひと煮たちさせればピクルス液の出来上がり。 粗熱をとって保存容器に入れ、冷蔵庫で2週間ほどストックできます。 保存瓶やジップ付きの袋に野菜を入れ、ピクルス液を注ぐだけ。 漬け置き1日目はサラダ感覚の浅漬け、2~3日を目安に食べきります。 一度漬けたピクルス液に野菜を足すのは、1回までにします。 残ったピクルス液は、野菜の水分が出て薄まり、少し濁った状態。 ちょっと不安に感じるかもしれませんが、そこには野菜の旨みや栄養素が染み込んでいます。 鍋にうつして中火で4~5分加。 軽く煮詰めてリメイク料理に活用しましょう。 ピクルス液には、野菜のビタミンCが豊富に含まれています。 ビタミンCは熱に弱いと言われますが、損失してしまうのは1~2割ほどなのです。 加熱よりも気にしておきたいのは、むしろ水溶性ということ。 つまりピクルス液は、体に美味しいビタミンの宝庫! 残さずいただきましょう。 揚げずに作る、鮭の南蛮漬け 鮭は揚げずに、フライパンで焼くだけで手軽にできる南蛮漬け。 タラ・サバ・鶏肉でもOKです! 翌日までマリネすると、鮭の身が引き締まり、しっかり味に仕上がります。 体の芯から温めてくれるほっこりおかずです。 豆板醤を入れてキンと辛味をきかせたタレがたまりません。 ごはんもビールもすすむ1品です。 ピクルスを作ったら、ぜひ普段の料理に取り入れてみてはいかがでしょうか? 「リメイク料理」の記事をチェック! このコラムを書いたNadia Artist スペイン料理研究家 加瀬 まなみ キーワード.

次の

市販のピクルス(オリーブの実やキュウリなど)の残りの液は、再利用は出来ます...

ピクルス 液 残り

たくさんの方に読んでいただいたハッコラの記事「」。 今回は、甘酒ピクルスの漬け汁(ピクルス液)を再利用した応用レシピ「揚げない!簡単!チキン南蛮」をご紹介します。 鶏肉は揚げずに、フライパンでさっと焼くだけで手軽にできるヘルシーな南蛮漬けです。 ピクルスの漬け汁(ピクルス液)の再利用レシピ「揚げない!簡単!チキン南蛮」 旨みや栄養がたっぷり詰まったピクルスの漬け汁(ピクルス液)を捨てるなんてもったいない! 発酵食品である酢の健康作用にも期待しつつ、しっかり再利用しましょう。 実はこのピクルス液、旨みも栄養素もたっぷりなんです! 捨てずにお料理に使って、再利用しましょう。 酢の健康作用 ピクルスの主な材料になっている酢には、様々な健康作用が期待できます。 食後の血糖値の上昇を緩やかになり、肥満気味の方の内臓脂肪の減少や、高めの血圧や中性脂肪の低下を始め、カルシウムの吸収促進、疲労回復などが見込まれます。 1日3食を通して、毎食少しずつ酢を取り入れることで、それらの健康作用が発揮されやすくなるそうです。 ピクルスの漬け汁を、よりおいしく再利用するには? ピクルスの漬け汁は、発酵調味料をプラスして使うとさらに美味しくなります。 甘くして使いたいときは「みりん」、辛さをプラスしたいときは豆板醤を加えます。 また、エスニックにしたいときはナンプラーを、しっかり酸味を出したいときはビネガーや酢をプラスして、ダブル発酵効果のうまみを楽しむことができます。 肉や魚の下味として使ったり、揚げ物や炒め物にタレとして絡めたり、生野菜と和えると、発酵の力で素材の消化を良くし、旨味を引き出すことができます。 玉ねぎとピーマンは薄切りにし、にんじんは千切りにします。 鶏むね肉は2cm幅のそぎ切りにして、酒を加え揉み込みます。 鶏肉に片栗粉を全体に薄くまぶし、フライパンに多めの油を熱して中火で3~4分両面をカリッと焼きます。 作り方 4. 鶏が焼けたら一旦取り出し、フライパンに残った余分な油を拭き取り、1と甘酒ピクルス液と調味料を入れて一煮立ちさせます。 鶏に4をかけて絡め、15分程漬けたら器に盛って完成です。 甘酒ピクルスから作ろう!ピクルスの漬け汁(ピクルス液)の再利用レシピ「揚げない!簡単!チキン南蛮」 鶏肉だけではなく、お魚などの「南蛮漬け」にも使えるピクルス液をお料理に再利用してみませんか? せっかくであれば、甘酒ピクルスから作ってみてくださいね!.

次の