ビット コイン 急落。 【暗号資産】ビットコイン96万円まで大幅下落!リップルも急落し18円台突入!

ビットコイン急落!?それでもまだまだ堅調?チャート分析!

ビット コイン 急落

100万円付近のストップをトリガー 昨日のビットコイン(BTC)相場は大きく下落。 三角持ち合いのレンジが狭まる中、下限となる100万円付近を下抜けると、86万円台までの急落を見せた。 今年最大の材料とも称されたバックト(Bakkt)の開始も上値追いに失敗、さらに開始7時間後で出来高18BTCと(現時点で165BTC)低調だったことから上値を重くしていたBTC相場だが、先週の相場をけん引したアルトコイン、中でもLTCが急落するとBTCも軟調に推移した。 しかしレンジの下限となる100万円付近が意識され揉み合い推移となったが、BTCのハッシュレートがBLOCKCHAINで3割、Coindanceで4割低下したと伝わると一段と下落。 何とか100万円の水準でサポートされていたが、SEC委員長やクリプトママことヘスター委員が参加するリブラへの対応も含めたSECに関する公聴会が開催されると100万円を割り込み急落。 ビットメックス(BitMEX)ではロングが7万BTC解消されるなど、ストップを巻き込みながら86万円台までの急落となった。 【新着・関連記事】 ・ ・• 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ビットコイン急落!リーマンショック時に何が起こっていたのか考察してみた

ビット コイン 急落

トレーダーが長期を意識した可能性• 半減期到来後の不確定要素を危惧した可能性 それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。 トレーダーが長期レジスタンスラインを意識した可能性 上記のとおり、2020年5月9日の価格上昇で 長期的なレジスタンスラインに到達していました。 その後ブレイクするのか反転するのか気になっていた人もいるのではないでしょうか? このレジスタンスラインは以下の価格を結んで形成されたものです。 2017年12月: 約19,666 USD• 2019年6月: 約13,880 USD• 2020年5月: 約10,074 USD このラインは非常に強いレジスタンスラインと考えられ、ブレイクすれば大幅に価格が上昇する可能性があったものです。 しかし、今回の価格急落から反転したことが分かるでしょう。 多くのトレーダーがこのラインを意識して売り注文が集まった可能性が考えられます。 半減期到来後の不確定要素を危惧した可能性 2020年5月12日の半減期が到来したあと、ビットコインのマイナーやトレーダーがどのような動きを見せるのかには不確定要素が多いものです。 したがって、これらの 不確定要素を危惧して売り注文が集まった可能性も考えられます。 半減期が到来すると新規発行されるBTCの量が減るので希少価値があがり、価格が上昇するという考えがあります。 一方でマイナーにとっては報酬が減少するので見合わなければ撤退するでしょう。 半減期には価格を上げる要素と下げる要素の2つがあるため、下げる要素を懸念したトレーダーの売り注文が集まった可能性もあります。 ビットコイン BTC の今後の重要ポイント ビットコインの今後の重要ポイントについても見ていきましょう。 これからトレードする場合は、ここで紹介する要素をよく考えておいてください。 再びレジスタンスラインにアプローチするか 直近で注目したいのは、今回の価格下落が一時的なもので再びレジスタンスラインに向けて価格が上昇するかどうかです。 強い買い圧力によって再び上昇すればブレイクして強い上昇トレンドが発生することも考えられるでしょう。 このまま下落すれば再び5,000 USDのラインまで下がる可能性もあります。 さまざまな要素が混在しているため、どのように動くのかに注目しながらトレードする必要があります。 ウェッジを形成中のように見受けられるのでブレイクに注意 長期チャートは大きなウェッジを形成しているようにも見られます。 ウェッジであると仮定した場合、幅が狭まっているため近いうちに上下どちらかにブレイクする可能性も考えられるでしょう。 半減期が大きな価格変動の引き金になる可能性もあるため、こまめにチャートをチェックすることをおすすめします。

次の

ビットコイン急落、85万円台

ビット コイン 急落

トレーダーが長期を意識した可能性• 半減期到来後の不確定要素を危惧した可能性 それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。 トレーダーが長期レジスタンスラインを意識した可能性 上記のとおり、2020年5月9日の価格上昇で 長期的なレジスタンスラインに到達していました。 その後ブレイクするのか反転するのか気になっていた人もいるのではないでしょうか? このレジスタンスラインは以下の価格を結んで形成されたものです。 2017年12月: 約19,666 USD• 2019年6月: 約13,880 USD• 2020年5月: 約10,074 USD このラインは非常に強いレジスタンスラインと考えられ、ブレイクすれば大幅に価格が上昇する可能性があったものです。 しかし、今回の価格急落から反転したことが分かるでしょう。 多くのトレーダーがこのラインを意識して売り注文が集まった可能性が考えられます。 半減期到来後の不確定要素を危惧した可能性 2020年5月12日の半減期が到来したあと、ビットコインのマイナーやトレーダーがどのような動きを見せるのかには不確定要素が多いものです。 したがって、これらの 不確定要素を危惧して売り注文が集まった可能性も考えられます。 半減期が到来すると新規発行されるBTCの量が減るので希少価値があがり、価格が上昇するという考えがあります。 一方でマイナーにとっては報酬が減少するので見合わなければ撤退するでしょう。 半減期には価格を上げる要素と下げる要素の2つがあるため、下げる要素を懸念したトレーダーの売り注文が集まった可能性もあります。 ビットコイン BTC の今後の重要ポイント ビットコインの今後の重要ポイントについても見ていきましょう。 これからトレードする場合は、ここで紹介する要素をよく考えておいてください。 再びレジスタンスラインにアプローチするか 直近で注目したいのは、今回の価格下落が一時的なもので再びレジスタンスラインに向けて価格が上昇するかどうかです。 強い買い圧力によって再び上昇すればブレイクして強い上昇トレンドが発生することも考えられるでしょう。 このまま下落すれば再び5,000 USDのラインまで下がる可能性もあります。 さまざまな要素が混在しているため、どのように動くのかに注目しながらトレードする必要があります。 ウェッジを形成中のように見受けられるのでブレイクに注意 長期チャートは大きなウェッジを形成しているようにも見られます。 ウェッジであると仮定した場合、幅が狭まっているため近いうちに上下どちらかにブレイクする可能性も考えられるでしょう。 半減期が大きな価格変動の引き金になる可能性もあるため、こまめにチャートをチェックすることをおすすめします。

次の