中国 嫁 日記。 中国嫁日記トラブル漫画URL。K水氏は何者で何をした?

中国嫁日記作者「フィギュアやめます。漫画のほうが儲かる」|NEWSポストセブン

中国 嫁 日記

トークショーで語る井上純一氏 人気マンガ『中国嫁日記』作者の井上純一氏は、ひと回り以上年下の中国人妻・月(ゆえ)さんと夫婦仲良く順風満帆に暮らしているはずだった。 ところが2015年秋、フィギュア部門をまかせていたビジネスパートナーによるトラブルが発覚、多額の法人税滞納、未払い、使途不明金のため井上氏は金策に追われた。 その後、フィギュア部門も井上氏が取り仕切り、いくつか新商品も発売された。 事業再建はうまくいっているように見えたのだが、中国を引き払い、来年にはフィギュア事業をたたむという。 何が起きているのか、井上氏にきいた。 ひょっとして会社が大変なことになってしまったのでしょうか? 井上純一(以下、井上):会社は大丈夫なんですが、ドメイン所有のお金を払っていなかったため使えなくなったんです。 再取得しようとしたら、すでにドメインが外国のゲーム会社に買われていたので使えなくなり、メールアドレスも消えました。 これも、元ビジネスパートナーだったK水が残していった問題のひとつです。 その後、法人税は納められたのでしょうか? 井上:延滞金のぶんはまだですが、元金は払い終えました。 これでやっと、税金に利子がつかない生活になりました。 あの当時と比べると、生活はずっと楽になっています。 会社にお金がないとわかって、借金や税金の滞納がわかってから手がけたフィギュアは、どれもこれも売上がすごくよい成績ではなかったけれど、逆にいえば悪くもなかった。 そのなかで、もっとも売れ行きがよかったのは艦隊これくしょんの「那珂ちゃん」フィギュアでしたが、それも爆発的にうまくいったわけではありませんでした。 その理由は何より、全体的に完成フィギュアという商品が売れなくなってきていることにあります。 正直、うちのような小さいメーカーだと、もう、やっていく理由はありません。 いま進行している企画が終わったら、もうフィギュア製造販売はやめます。 僕は社員をかかえず、一人きりで描いているという事情もありますが、漫画のほうが儲かります。 一年前には想像もしていなかった事態です。 予約好調に見えましたが、それでも厳しいのでしょうか? 井上: 正直なところ、那珂ちゃんはもっと売れると思っていたので、反応の鈍さに驚きました。 それでも同業者からは「その価格でこれだけ売れれば大ヒットだ」といわれました。 確かに一体1万7千円は高額な部類なのでしょうが、今やフィギュアは一体1万円超が当たり前です。 でも、最近のフィギュアの売れ方をみていると、1万円を超えた途端に売れなくなります。 だから、那珂ちゃんを買ってくれたお客さんは、本当に大決心してくれたんだと思います。

次の

中国嫁日記『月』顔バレ写真が流出!?なぜ??写真をまとめてみた!!

中国 嫁 日記

Posted by ブクログ 2018年05月28日 改めて、この漫画は学校の図書室に置くべきだな、と感じた 授業の教材に使うとなると、先生自身が深く読み込む必要はあると思うが、日本と中国の関係について熱く語りたい、生徒に自分なりの考えを持ってほしい、って気概があるのなら、そうするべきだろう そのくらいしてくれる先生の授業だったら、きっと、私も受けたく なる 最近の教科書は目を通す機会がないから何とも言えないけど、新聞やネットニュースよりかは、この手の作者の人間性がじっくりと滲み出ている漫画の方が、解かりやすく説明できるんじゃないかな 井上先生の絵は、そこまでクドくもないし、女子受けもすると思う また、月さんとのイチャイチャも、盛り上がりそうだ 日本人と中国人ってのも、実際、あるだろう。 文化が違えば、常識も違う。 その差を否定せず、お互いに受け入れた上で、自分の考えも尊重した上で述べて、良い具合に着地できるのは、井上先生と月さんが、そんな当たり前の事が出来るよう、ご両親に育てられたからだろうか この(7)では、月さんのルーツの一つでもある、内モンゴル自治区で過ごした日々も描かれている 子供の頃に、どんな経験をしたか、は大事だが、それを自分の心の血肉にして、誇りに思えるのが大人 つくづく、月さんは中身のあるお嫁さんだな、そう、描きおろし長編を読んで感じた ほんと、井上先生は良い奥さんと結ばれたよ。 日頃から、ちょっと茶化した物言いを月さんに対してしているようだけど、もうちょい、マジメに愛を伝えた方が良いだろうよ。 まぁ、真剣に告げたら告げたで、月さんが照れて、平常心を失っちゃうんじゃ、控えた方が賢明か と、まぁ、ここまで語ってきましたけど、有体に言っちゃうと、この(7)は(6)以上の衝撃がなかったので、そこは残念だった まぁ、(6)の内容はインパクトあったからなあ。 そう簡単に超えるのは難しい でも、(7)は(7)で、新しい、守るべき家族が増えた事で、今までにない味が足されており、井上先生の変化は確かに感じられた 次巻では、ついに、バオバオが生まれた頃が収録されるようだから、楽しみにしたい 井上先生は、世間一般的に見れば、一応は良い旦那さんだろうが、果たして、良いお父さん、いわゆる、育メンになれているんだろうか この台詞を引用に選んだのは、冗談抜きで大笑いしてしまったので いや、笑っちゃ失礼だってのは重々承知している。 月さんは、大真面目に信じているのだから ただ、精神論と言うか、根性論でどうこうなるもんじゃないよなぁ、そう思うと、余計に笑いが我慢できなくなっちゃう こういう素直っつーか、純真かつ無垢なトコにも、井上先生はホの字なんだろうな• 購入済み 羊のいる生活 まる 2018年04月12日 月さんの故郷、内モンゴルへの里帰り記がメインということで、日常系っぽい、穏やかな巻になるのかなあ、 ちょっと中だるみしそうだなあ… なんて思っていたら、なんのなんの! さすが、中国嫁日記! さすが、月さんの家族! 夢中で読み、最後まであっという間でした。 四コマの内の小さな絵や文章では理解し づらい、内モンゴルならではの風景や食べ物などが豊富な写真で解説されていたのも興味を掻き立てられて良かったです。 巻末どころか巻半にはじまる書き下ろし漫画もボリュームたっぷりで大満足、 この中に収録されている月さんの羊の話をぜひ、すべての中国嫁ファンに読んでもらいたいです ちょっと泣きました… 森薫先生の『乙嫁語り』でも遊牧民族にとっての羊の存在について描かれた回がありましたが、完全には理解できなくとも何となく、中国嫁日記を読んで解るような気がしました。 そして月さんの出産時、 なにかを考える余裕も無い、痛い、痛いただそれだけというのがリアルで…本当にすべての母は尊いなあ。。

次の

『中国嫁日記』作者 「ある日、いきなり無一文生活」を激白|NEWSポストセブン

中国 嫁 日記

Posted by ブクログ 2018年05月28日 改めて、この漫画は学校の図書室に置くべきだな、と感じた 授業の教材に使うとなると、先生自身が深く読み込む必要はあると思うが、日本と中国の関係について熱く語りたい、生徒に自分なりの考えを持ってほしい、って気概があるのなら、そうするべきだろう そのくらいしてくれる先生の授業だったら、きっと、私も受けたく なる 最近の教科書は目を通す機会がないから何とも言えないけど、新聞やネットニュースよりかは、この手の作者の人間性がじっくりと滲み出ている漫画の方が、解かりやすく説明できるんじゃないかな 井上先生の絵は、そこまでクドくもないし、女子受けもすると思う また、月さんとのイチャイチャも、盛り上がりそうだ 日本人と中国人ってのも、実際、あるだろう。 文化が違えば、常識も違う。 その差を否定せず、お互いに受け入れた上で、自分の考えも尊重した上で述べて、良い具合に着地できるのは、井上先生と月さんが、そんな当たり前の事が出来るよう、ご両親に育てられたからだろうか この(7)では、月さんのルーツの一つでもある、内モンゴル自治区で過ごした日々も描かれている 子供の頃に、どんな経験をしたか、は大事だが、それを自分の心の血肉にして、誇りに思えるのが大人 つくづく、月さんは中身のあるお嫁さんだな、そう、描きおろし長編を読んで感じた ほんと、井上先生は良い奥さんと結ばれたよ。 日頃から、ちょっと茶化した物言いを月さんに対してしているようだけど、もうちょい、マジメに愛を伝えた方が良いだろうよ。 まぁ、真剣に告げたら告げたで、月さんが照れて、平常心を失っちゃうんじゃ、控えた方が賢明か と、まぁ、ここまで語ってきましたけど、有体に言っちゃうと、この(7)は(6)以上の衝撃がなかったので、そこは残念だった まぁ、(6)の内容はインパクトあったからなあ。 そう簡単に超えるのは難しい でも、(7)は(7)で、新しい、守るべき家族が増えた事で、今までにない味が足されており、井上先生の変化は確かに感じられた 次巻では、ついに、バオバオが生まれた頃が収録されるようだから、楽しみにしたい 井上先生は、世間一般的に見れば、一応は良い旦那さんだろうが、果たして、良いお父さん、いわゆる、育メンになれているんだろうか この台詞を引用に選んだのは、冗談抜きで大笑いしてしまったので いや、笑っちゃ失礼だってのは重々承知している。 月さんは、大真面目に信じているのだから ただ、精神論と言うか、根性論でどうこうなるもんじゃないよなぁ、そう思うと、余計に笑いが我慢できなくなっちゃう こういう素直っつーか、純真かつ無垢なトコにも、井上先生はホの字なんだろうな• 購入済み 羊のいる生活 まる 2018年04月12日 月さんの故郷、内モンゴルへの里帰り記がメインということで、日常系っぽい、穏やかな巻になるのかなあ、 ちょっと中だるみしそうだなあ… なんて思っていたら、なんのなんの! さすが、中国嫁日記! さすが、月さんの家族! 夢中で読み、最後まであっという間でした。 四コマの内の小さな絵や文章では理解し づらい、内モンゴルならではの風景や食べ物などが豊富な写真で解説されていたのも興味を掻き立てられて良かったです。 巻末どころか巻半にはじまる書き下ろし漫画もボリュームたっぷりで大満足、 この中に収録されている月さんの羊の話をぜひ、すべての中国嫁ファンに読んでもらいたいです ちょっと泣きました… 森薫先生の『乙嫁語り』でも遊牧民族にとっての羊の存在について描かれた回がありましたが、完全には理解できなくとも何となく、中国嫁日記を読んで解るような気がしました。 そして月さんの出産時、 なにかを考える余裕も無い、痛い、痛いただそれだけというのがリアルで…本当にすべての母は尊いなあ。。

次の