生理 前 イライラ する。 生理前ってどうしてイライラするの?自分なりの対処法を見つけよう

生理中・生理前の情緒不安定で涙が止まらない!ひどいイライラ、落ち込み等の原因と5つの対処法

生理 前 イライラ する

この記事の目次• PMS(月経前症候群)の症状で精神が不安定になっている 「PMS(月経前症候群)」という言葉は、女性ならおそらく多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか? PMSとは「Premenstrual Syndrome」の略語で、生理前の3~10日ほど前に症状が起こる身体や心の不調のことです。 生理前に• イライラしやすくなる• 些細なことで怒ってしまう• 集中できない・落ち着かない• 誰とも接したくなくなる• 悲しい気持ち・うつな気持ちになる• 理由もなく涙が出てくる などの症状があれば、これはPMSが原因です。 PMSには多くの症状がありますが、中でも心の不調はポピュラーなPMS症状。 PMSによる心の不調は、次のようなことが原因で起こります。 ホルモンバランスの変動 PMSの一番大きな原因は何と言ってもホルモンバランスの乱れ。 女性ホルモンは、生理が始まる14日前に起きる排卵日を期に大きく変動します。 女性ホルモンには次の2種類が存在しています。 卵胞ホルモン(エストロゲン) …乳房や子宮など女性の身体を形作ることに影響する。 自律神経を整える。 黄体ホルモン(プロゲステロン) …子宮の状態を整えて妊娠に影響する。 食欲や基礎体温にも作用する。 排卵日を迎えると、黄体ホルモンの分泌が多くなります。 卵胞ホルモンよりも黄体ホルモンの分泌量が多くなることで、女性の身体には次のような影響が現れます。 幸せホルモンのセロトニンが減る よく「幸せホルモン」の名前で知られているセロトニンは、精神をリラックスさせて不安やストレスを取り除いてくれる存在です。 黄体ホルモンが分泌されるとこのセロトニンの量が著しく低下します。 これによって情緒が不安定になり、いつもよりも不安や苛立ちを強く感じたり、不眠やうつ症状を引き起こします。 体内に水分が溜まりやすくなる 女性の妊娠機能をサポートするための黄体ホルモンは、身体の中に水分を蓄えようとする働きがあります。 これによって女性の身体には水分が溜まりやすくなり、むくみが生じたり代謝が悪くなってしまいます。 水分が溜まれば体重が増えるだけでなく、身体の不調による不快感から精神的なストレスも生まれて精神が不安定になりがちです。 自律神経が乱れる 女性ホルモンの分泌を促している脳下垂体の近くには、自律神経をコントロールしている大脳の視床下部があります。 そのため女性ホルモンと自律神経はお互いに作用し合う関係にあって、どちらかに変動が起きればどちらかに影響が現れます。 自律神経には興奮状態をつくる交感神経と、リラックス状態をつくる副交感神経があります。 黄体ホルモンの量が増えると交感神経が優位になり、興奮しやすくなってつい攻撃的になってしまいます。 潜在性鉄欠乏性貧血になっている 「隠れ貧血」という名前でも知られている潜在性鉄欠乏性貧血は、加工食品を食べる機会が増えた現代人に起こりやくなっています。 人の身体は鉄分が不足すると動機や立ちくらみ、身体の倦怠感だけではなく不眠やイライラなど心の不調も招きます。 このことからPMSの症状は潜在性鉄欠乏性貧血と密接に繋がっているとされていて、鉄分が不足していればしているほどPMSの症状も悪化しやすくなります。 酒・タバコ・コーヒーなどの嗜好品 大人の女性ならほとんどの人がお酒やタバコなどの嗜好品を摂取することがあるでしょう。 働く社会人にとって嗜好品は最早心のオアシスですし、欠かしたくはないですよね? でも、生理前に嗜好品を摂取することでPMSの症状を悪化させてしまうこともあります。 PMSの悪化を防ぐためには次の嗜好品に気を付けてみてください。 お酒 ホルモンバランスの変動が著しいPMSの起こる生理前の時期には、アルコールを分解するための肝機能が低下しています。 そのため生理前に飲酒をするとなかなかアルコールが飛ばずに二日酔いが酷くなったり、身体の倦怠感が顕著に表れて心身ともに不安定になります。 タバコ タバコに含まれているニコチンには血管を狭める・縮める作用があります。 そのため生理前の喫煙によって血流が悪くなり、身体が冷えやすくなって自律神経が乱れストレスの原因になります。 カフェイン コーヒーや紅茶など、カフェインと無縁の生活をしている人はほとんどいませんよね。 しかしカフェインには神経を興奮させて不眠を招いたり、感情の起伏を高ぶらせたりする作用があります。 そのためPMSのイライラ症状を更に悪化させてしまいます。 生理痛や貧血など…生理中に起こりやすい情緒不安定の原因 生理前にはPMSによってイライラやうつ症状が激しくなりますが、だからといって生理が始まれば治まるわけではありませんよね? きっと女性の誰もが生理中特有のイライラに直面したことがあるでしょう。 生理前のイライラが「見えない敵に漠然と感じる怯え」だとしたら、生理中のイライラは「目の前にいる敵にはっきりと感じる不快感」といったところ。 生理の期間中に感じるイライラにはこんな原因があります。 生理痛特有のストレス 女性なら多くが経験のある生理痛には、• 吐き気• 倦怠感• めまい・立ちくらみ …などの症状があります。 こんなに身体に負担がかかっているわけですから、ストレスを感じやすくなるのも頷けますよね。 イライラして当然です。 しかも生理痛の嫌なところは、「今生理痛で苦しいの!」と人に面と向かって言いづらいところ。 働く社会人であれば特に一人で抱え込まなくてはいけない問題ですから、自分の中で上手く処理しきれずにストレスだけが溜まっていく一方です。 生理用の医薬品や鎮痛剤などを上手く使って生理痛に対処していきましょう。 生理用品による不快感 ナプキンやタンポン、ショーツなどの生理用品はきちんと自分に合ったものを使っていますか? 肌質や体型、経血量などに合わせて細かく種類のある生理用品は、自分に合ったものを選ばなければ期間中ずっと不快感と隣り合わせで生活していくことになります。 ナプキンがゴワゴワして違和感があったり、肌がかぶれて炎症やかゆみを発していたら要注意! ただでさえ生理痛や貧血、ホルモンバランスの乱れなどでストレスに敏感になっている生理中は、生理用品による物理的なストレスで簡単に心が乱れてしまいます。 低血糖による倦怠感や身体・心の不調は生理痛や貧血などの要因と重なることでより症状が重く感じられます。 生理前や生理中のイライラを予防・改善するための対策法 生理前や生理中には様々な要因が重なり合ってイライラしやすくストレスに敏感な状況が出来上がってしまいますが、精神が不安定だと物事もなかなか思うように進みませんよね? 集中力が切れて大事な仕事でミスをしたり、イライラして八つ当たりで大切な人を傷つけたり…。 生理が原因だとは言え、やってしまった失敗はもう後戻りできません。 何としてもそんな事態は避けたいものです。 そこで、生理前や生理中の心の不調を防ぐ・緩和するための対策方法をご紹介します。 食生活から鉄分を摂る 生理で起こる弊害のポピュラーな一つが貧血。 PMSは鉄分不足で悪化しますし、生理中には経血と一緒に血液が流れ出ていってしまいますから、生理が始まる前も始まった後も、食生活から積極的に鉄分を摂取して鉄分不足を防いでしまいましょう。 鉄分の補給におすすめな食べ物は次の通りです。 レバー、肉類• ホウレンソウ• ひじき• カツオ、煮干しなど魚類 また、 ビタミンCは鉄分の吸収を促進してくれるため鉄分と一緒に摂ると鉄分補給の効率がぐっと増します。 ビタミンCはレモンなどのフルーツやサプリメントから摂っておきましょう。 ハーブティーで自然治癒力を高める ハーブティーは薬のように症状そのものに働きかけるのではなく、自然から得た素材を使って人が本来持っている自然治癒力を高める作用があります。 ハーブ特有の香りにはリラックス効果があって神経が落ち着きますし、カフェインレスですからカフェインによる神経の興奮作用を心配する必要もありません。 もし日頃からコーヒーや紅茶を飲む習慣のある人は、生理前・生理中だけ飲み物をハーブティーに変えてみてはいかがでしょうか? 生理前や生理中に飲みたいハーブティーのおすすめハーブは次の通りです。 ラズベリーリーフ …安産のハーブとして有名で、PMSや生理痛の緩和にも効果的です。 ローズヒップ …ビタミンが豊富で、ホルモンバランスを整える効果があります。 チェストベリー …ホルモンバランスを整え、女性ホルモンの乱れによる諸症状を緩和します。 カモミール …身体を温める作用があるので冷えからくるPMSや生理痛に効果的です。 この他にもハーブにはまだまだたくさんの種類があるので、お好みのハーブを探して数種類のハーブを準備しておくと飽きずに楽しめますよ! アロマオイルでリラックスする 近年「アロマテラピー」という言葉が広まっているように、香りの持つ効果は人の身体にとても良い影響を与えてくれます。 アロマ(芳香)テラピー(療法)とは、文字通り芳香療法のこと。 生理前や生理中に起こる心身の不調にもこのアロマテラピーは効果があります。 鼻から入る香りの情報は直接脳に働きかけます。 脳には自律神経や女性ホルモンと密接に関わる部分があるため、アロマは生理が原因で起こる心身の症状を改善してくれます。 生理前や生理中におすすめのアロマは次の通りです。 ローズ …アロマの中でもポピュラーな存在で、ホルモンバランスの調子を整えてくれます。 ゼラニウム …不安や怒りなどのネガティブな感情を解消したり、身体を温めてくれます。 グレープフルーツ …吐き気や頭痛を解消したり、消化機能を高めてくれます。 イランイラン …不眠解消に効果的で、ホルモンバランスの調整やリラックス効果があります。 ラベンダー …頭痛・生理痛に効果的です。 免疫力を高めてくれます。 アロマオイルは加湿器やアロマポットを使って部屋に香りを拡散させたり、キャンドルを手作りするときに使ったりと多くの用途で楽しむことができますよ。 低用量ピルでホルモンバランスを整える 低用量ピルは避妊効果だけではなく、生理に関わる諸症状を軽減する効果も持ち合わせています。 低用量ピルはホルモン環境を整えることで着床を抑える働きがあります。 ホルモン環境が整うことで毎月の生理周期が規則正しくなったり、経血量を安定させて生理痛やPMSが緩和されます。 低用量ピルには28日タイプや21日タイプなどの種類があり、副作用も種類によって異なります。 使用する際には用法用量をよく見ておきましょう。 自分の症状に合った漢方薬を飲む 生理の悩みを解消するためのお薬には、「西洋薬」と呼ばれるものと「漢方薬」と呼ばれるものの2種類があります。 西洋薬の場合、「頭痛なら頭痛薬」「痛みなら鎮痛薬」といったように1つの症状にのみ向けて作られています。 一方で漢方薬は、植物の根っこや実を乾燥させた生薬を何種類か組み合わせて作られています。 そのため 漢方薬は頭痛や痛みなど、複数の症状を1つの薬で対処することができるのです。 女性を悩ませる生理前、生理中の症状には• めまい• 情緒不安定 といった様々なものが含まれています。 このような身体的な症状と精神的な症状も、漢方薬であれば1つの薬で対処することができます。 そのため、生理の諸症状には漢方薬がおすすめなのです。 婦人科でもよく処方されている生理の諸症状に効く漢方薬は次の通りです。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) …生理の前や期間前半に症状がある人・冷えがある人向き• 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) …生理不順の人・冷えや血行不良のある人向き• 桃核承気湯(とうかくじょうきとう) …便秘になる人・生理前に情緒不安定になる人向き 漢方には実にたくさんの種類がありますから、自分の症状とよく照らし合わせて選んでみてください。 なるべく人とはかかわらない 生理前や生理中には対人関係によるトラブルが発生しやすい傾向にあります。 生理時期の女性はイライラしやすくストレスに敏感ですから、相手が例え上司でも恋人でも攻撃的な態度をとってしまいかねません。 生理が近づいてきたと感じたら自ら人と関わる機会を減らすことで、対人トラブルを避けることができます。 月に一度の期間ですから、どうせなら生理中を「ちょっと自分を甘やかす期間」にしてみましょう。 生理への意識も変わって少し気が楽になりますよ! 自分を責めず、しっかり対策を練って生理と上手く付き合おう 生理中にイライラして気持ちが落ち着かなくなってしまうのは、女性であれば誰にでも起こり得る当たり前のことです。 だからと言って何をしても許されるというわけではありませんが、生理中に起こるトラブルの全部が全部自分の責任というわけでもありません。 もし生理中に何かがあっても、「生理が近いしor生理だし、仕方がないか」とあまり自分を追い込まないようにしましょう。 もちろんトラブルは起きない方が良いし、生理中のイライラも対策次第である程度は回避することができます。 生理前・生理中のイライラには、しっかり対策を練りながらあまり自分を責めてネガティブにならないように上手く付き合っていきましょう。

次の

生理中・生理前の情緒不安定で涙が止まらない!ひどいイライラ、落ち込み等の原因と5つの対処法

生理 前 イライラ する

女性の体はホルモンと大きく関係しています。 妊娠や出産を機にホルモンのバランスが崩れてしまい、生理前にイライラする回数が増えたママもいるのではないでしょうか。 一般的に、女性ホルモンの分泌量は年齢や生理周期によって異なります。 生理のリズムは、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量で決まります。 一般的な生理周期である約1カ月を1サイクルとし、生理が始まってから約14日目に排卵が起こります。 排卵が起きる直前にエストロゲンがピークになり、排卵日を過ぎてから段階的に少なくなります。 反対にプロゲステロンは、排卵日を過ぎてからピークを迎えます。 この女性ホルモンの変動により、ママの心の変化が生じやすくなるそうですよ。 すべてのママが生理前はイライラするとは限りません。 顔や体型など個人差があるように、性格や考え方もママによって異なりますよね。 以下のような性格は、生理前にイライラしやすいといわれています。 「何に対しても律儀で真面目である」「完璧主義」「頑固」「こだわりが強い」「負けず嫌いで自分に厳しい」「我慢しやすい」「過去にストレスから疾患を患ったことがある」「感情を表に出すことが得意でない」などです。 当てはまる項目が多ければ多いほど、生理前のイライラ症状があらわれやすい傾向があるそうです。 すべてのことに対して厳しくきっちりと取り組むことは、素敵なことです。 しかし、無理を続けていると体調不良を引き起こす原因になるので、心に余裕を持つことも大切ですよ。 子どもが生まれると、ママの生活の中心は子どもになりますよね。 今日は洗濯と掃除をして、余った時間はゆっくりと過ごそうと予定を立てていても、子どもが泣いたりお昼寝の時間がずれたりして、思うように実行できないこともあるでしょう。 生理前にイライラしてしまう要因には、日々の育児でママの体が疲れてしまい、キャパオーバーを起こしていることが関係しているかもしれません。 もともと体力がなかったり、育児だけでなく家事などすべてのことに完璧を求めたりするママは、自身の許容量を超えてしまっていることが多いそうです。 イライラして子どもに当たってしまうことが多い場合は、ゆっくりと休む時間を作る必要があるのかもしれませんね。 生理前のイライラを抑えるには、適度な運動と十分な睡眠が効果的だといわれています。 軽い運動を行うことで、血液の巡りがよくなり冷えが起こりにくくなるそうです。 生理前に子どもと散歩をする時間を増やしたところ、実際に生理中にイライラする回数が減ったというママもいますよ。 気をつけたいのが、ママが続けやすい軽い運動を取り入れるということです。 ハードすぎる運動だと続かなかったり体が疲れてしまったりして、さらにイライラしてしまうことがあるので注意が必要です。 またしっかりと睡眠を取ることで、体の疲れが取れたり、女性ホルモンのバランスが整いやすくなったりするそうですよ。 子どもが寝ているときはできるだけママも一緒に寝て、体を休めましょう。 生理前のイライラ症状を軽減させるには、食事にも気をつけるとよいでしょう。 栄養不足が原因でイライラしてしまうのかもしれません。 生理前におすすめなのは、カルシウムやビタミンB6が豊富に含まれた食材です。 普段の食事に取り入れると、イライラする回数が減るかもしれませんよ。 イライラには、カルシウムが効くとよくいわれますよね。 カルシウムには興奮や緊張などの刺激に対する神経の感受性を緩和し、イライラを和らげる作用があるそうです。 カルシウムが豊富な食材は、チーズや牛乳などの乳製品、小松菜、切干大根などです。 またビタミンB6は神経伝達物質の合成に関係するため、精神状態の安定に繋がります。 ビタミンB6が豊富な食材は、レバー、さんま、バナナなどです。 生理前のイライラが原因で子どもにきつく当たってしまい、後から悲しくなってしまうこともありますよね。 優しいママでいたくても、自分ではどうしても抑えられないこともあるかと思います。 そんなときは無理をせず、婦人科を受診しましょう。 婦人科を受診するとママの症状についてのカウンセリングから始まり、生活指導や薬の処方などが行われます。 症状に合わせて最適な対処法を教えてくれるので、ママの心が軽くなることもあるでしょう。 生活指導の場合は病状日記をつけて、どのようなときにイライラが出やすいのかある程度把握するようにいわれるそうです。 薬を処方される場合は、漢方やピルなどを使用して女性ホルモンの変動を減らすようにするそうですよ。 心に余裕がない人は、イライラしやすい傾向にあります。 一度イライラしてしまうと、気持ちの切り替えが上手にできずそのまま深みにはまってしまうこともありますよね。 多くのママは、子どもが自分の思いどおりにいかないことに対してイライラしてしまいがちです。 例えば、「食事中に遊び食べをしてなかなか食事が終わらない」「寝かしつけに時間がかかっている」「買い物中にだだをこねて、おもちゃを買ってもらおうとする」などです。 思い当たるママも多いのではないでしょうか。 イライラしてしまった場合は、子どもに当たる前に深呼吸をしましょう。 一旦その場から離れて子どもと距離を空けることも、気持ちが落ち着くのでおすすめです。 気持ちの切り替えができたら、再度子どもと向き合いましょう。

次の

生理前のイライラは治せる!原因と6つの対処方法

生理 前 イライラ する

スポンサーリンク 生理中のイライラを解消する方法• 早めに寝る• なるべく人と接しないで、マイペースに過ごす• 生理中のイライラを解消する食べ物• ゆっくり呼吸をすることを心掛ける• 軽いストレッチをしてみる• スケジュールを詰め込み過ぎず、イライラしないようにリラックスする時間を作る• アロマの力を借りる 生理中にイライラする原因 ホルモンバランスが崩れてイライラします。 勿論、何か特定のことがあってそれにイライラしているわけではないのです。 出典 生理中になってもイライラが続いてしまう最大の原因は、鉄分の不足です。 生理中というのは、月経血が排出されるため、通常よりも鉄分を失いやすい状態となっています。 鉄分は食べ物からしか摂取できないため、体外への排出量が増えるとどうしても不足しがちです。 鉄分というのは、ストレス解消に必要なセロトニンや、ノルアドレナリンの生成に必要なため、 鉄分不足によってこれらの脳内ホルモンが不足し、倦怠感を引き起こしてしまうのです。 出典 生理中のイライラの原因と解消法 同じ風邪でも症状が違うのと同じ。 全然腹痛にならない人もいれば、痛すぎて動けない人もいますよ。 それと同じでイライラする人、しない人がいます。 これらは人間としての生理現象なので、仕方のないことです。 自分ではコントロールできません。 一生排尿するなと言われて出来ないのと同じです。 出典 スポンサーリンク 生理中は早めに寝る 体が疲れていると、人間は基本的にイライラしやすくなります。 それが生理中ともなれば、体調が思わしくないということから、余計にイライラが増してきます。 なので生理中は、自分の体をいたわってあげることを優先しましょう。 「生理中は、体調が本調子ではない」と割り切って、生理の間はなるべく早く寝るようにしましょう。 生理中に無理をして遅くまで起きていると、余計に精神面を圧迫します。 生理中が辛い時は、余計にその傾向が高いと言えます。 生理中の体調不良はある程度までは仕方ありませんが、最低限、その日の疲れだけは早めに癒すようにすることが大切です。 疲れがなくなるだけで、イライラは大分解消されます。 生理中はイライラしないように、なるべく人と接しないで、マイペースに過ごす ただでさえ動くのが億劫になる生理中は、人との接触を最小限にとどめることもイライラを防ぐ有効な方法です。 連絡やSNSを控えたり、飲み会など大勢が集まる場には行かないというのもいいかもしれません。 相手にも気を遣わせなくて済みますしね。 出典 すべての女性必見! 生理中のイライラを解消する5つの方法 生理中に人と接し過ぎると、イライラが増します。 生理中は神経が過敏になっているため、人が言った些細なひと言に対しても過剰反応してしまうことが多いので、その原因になり得ることからは離れていた方が賢明なのです。 仕事関係の人や家族など、最低限の交流は仕方ありませんが、その他に関しては、なるべく人と接しないようにして、マイペースにゆったり過ごしましょう。 自分の好きなペースでのんびり過ごす、ということは、生理中のストレスを緩和してくれる効果があります。 生理中は、人に対して必要以上に気を遣わずに済む環境を、自分で整えてあげましょう。 スポンサーリンク 生理中のイライラを解消する食べ物 生理中のイライラは鉄分不足によって引き起こされるものとなっているので、 これを解消するためには鉄分をしっかりと摂取することが必要です。 鉄分を多く含む食材と言えば、レバー、牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、 カツオ、あさり、煮干しなどの魚類、さらにヒジキや大豆、ホウレンソウなども良いでしょう。 また鉄分の吸収を高めるビタミンCを一緒に摂ることでその効果は増します。 ビタミンCを多く含むものをデザートとして食べることをおすすめします。 またサプリメントなどを使用して、不足しがちな栄養を補うのもよいでしょう。 出典 生理中のイライラの原因と解消法 テアニンはお茶に含まれているアミノ酸の一つ。 リラックス効果があると言われています成分。 情緒が不安定になったときなどにおススメです。 ギャバにも不安定な気持ちを安定させてくれる作用があると言われています。 ガンマリノレン酸は女性ホルモンを整えてくれえる働きがあると言われています。 またチェストツリーはハーブの一つで、ホルモンバランスを調節してくれる働きがあると言われています。 チェストツリーを使うことで、ホルモンバランスが整い、イライラが緩和されるという効果が期待できます。 出典 こういったサプリメントを摂取してもいいでしょう。 —お薦め食品 豆類・緑黄色野菜・海藻・オリーブオイル・ごま・アーモンド・玄米・そば 出典 ビタミンB6を多く含む、にんにく・まぐろ・牛レバー・ピスタチオ・ひまわりの種もお薦め。 何故なら月経前の排卵期になると、血中ビタミンB6濃度が低下します。 これは排卵期に放出される女性ホルモン、エストロゲンがアミノ酸代謝を促進させる為、ビタミンB6が大量消費されるからです。 ビタミンB6はPMSやつわりの症状を緩和してくれる働きがあるからです。 出典 スポンサーリンク 生理中にイライラし始めたら、ゆっくり呼吸をすることを心掛ける 人はイライラすると、例外なく呼吸が乱れて速くなります。 生理中にイライラしている時もまた然りです。 そこで、生理中にイライラし始めたら、自分の呼吸に意識を向けてみてください。 あえて意識しながらゆっくりと呼吸をしてみると、自然に心が落ち着いてくるのがわかります。 これを1~2分というわずかな時間の間でもやってみると、びっくりするくらいイライラが解消されます。 そしてまた次にイライラし始めたら、同じことをもう1度繰り返してみてください。 これを繰り返して習慣化することによって、生理中のイライラだけでなく、生理痛も緩和されるようになるので、一石二鳥です。 生理中にイライラしたら、軽いストレッチをしてみる 体が固くなったまま毎日を過ごしていると、精神的に不安定になってイライラしやすくなります。 そこで、生理中に軽いストレッチを日課として取り入れてみるのも良い方法です。 生理中は体調が本調子ではないので、あまり長い時間運動をし続けたり、激しい運動はしないようにしましょう。 あくまで「軽いストレッチ」が良いのです。 全身をまんべんなく、気持ち良く伸ばせるようなストレッチメニューをいくつか選び、毎日少しずつ続けましょう。 5~10分程度で良いので、毎日続けることが大切です。 それによって、適度に体がほぐれるため、全身に気が巡るようになって、イライラを解消してくれるのです。 スポンサーリンク 生理中はスケジュールを詰め込み過ぎず、イライラしないようにリラックスする時間を作る 普段頑張り屋さんである程、生理中でも関係なく予定を埋めて、元気に動き回りたくなってしまいますが、それではイライラは解消されません。 生理中は普段以上に、交感神経と副交感神経のバランスを取ってあげることが大切です。 現代女性はいつも仕事などで忙しくしているため、それ以外の時間では、意識して自分をリラックスさせるようにしましょう。 あえてスケジュールを埋めようとせず、「何もしない日」を作り、思う存分自分を休ませてあげてください。 アロマの力を借りる アロマオイルには、心を落ち着かせる効果があります。 生理中イライラした時は、アロマの力を借りて気分を落ち着かせるのも良いでしょう。 部屋の中で気に入った香りのアロマオイルを炊いても良いですし、ちょっと贅沢に、エステサロンでアロママッサージを受けてみるのもオススメです。 但し、アロマをイライラ解消に使う際は、1つだけ注意があります。 体に疾患がある時には使ってはいけないアロマもあるので、予め予備知識を持っている必要があります。 生理中のイライラと上手に付き合おう いかがでしょうか。 生理中のイライラは、全ての女性にとって辛いものですが、工夫次第でいくらでも軽くすることができます。 なので、生理だからと言って、ネガティブになり過ぎないことが大切です。 又、生理は女性にとって、月に1回の大切なデトックスの日でもあります。 なので、生理中に発生するイライラも、「心に溜まった膿を、きれいさっぱり洗い流す」という意味でもあります。 イライラしている最中は辛いけれど、心をすっきりさせるためには必要なものでもあるのです。 なので、生理を嫌わずに、「自分をいたわる日」と考えてリラックスすることが、イライラ解消のための1番良い方法です。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の