ペアーズ 相性 基準。 ペアーズの相性考察!相性の信頼性・変わる基準・上げ方について分かったこと

ペアーズで相性は気にするな!基準や相性を上げるコツを紹介!

ペアーズ 相性 基準

Pairs ペアーズ の相性とは ペアーズの相性とは、プロフィールの下に表示されるハートマークの数字のことです。 この数字が高いほど、相手とマッチングしやすいことを示しています。 ペアーズ公式によると、「 Pairs独自のアルゴリズムにより算出したお相手との相性度です。 相性が高いほどマッチング率が高いことが確認されています。 」ということですが、正直なところ、 あまりあてになりません。 相性を表す数値の範囲は、およそ 50%~95%に収まりますが、相性度が低いからといってマッチングしないわけではありませんし、高いからといって必ずマッチングするわけでもありません。 実際に、筆者は相性度90%の相手に「メッセージ付きいいね!」を送ったことがありますが、マッチングには至りませんでした。 あくまで占いのような目安として考えておく必要があります。 たとえば、夕方の時間帯にペアーズにログインすることが多い場合、同じように夕方にログインすることが多い相手との相性度が高くなります。 いっぽう、深夜にログインすることが多い相手とは、相性度が低くなる傾向があります。 たとえば、年齢、居住地、出身地、学歴、職種、結婚に対する意思、子どもが欲しいか、社交性などが相性度に影響を及ぼすと考えられます。 自己紹介文や好きなこと・趣味のような自由記述の項目に関しては、どこまで相性度に影響を及ぼすのか不明です。 しかし、AIの判別能力が向上するにつれて、反映される度合いも増すと予想されるので、多めの文字数で、できるかぎり詳しく書くことをおすすめします。 また、過去に「いいね!」した相手と似たような特徴を持つ相手も、相性度が高くなる傾向があります。 特に、メッセージのやり取りを行っている段階で相性度が下がると、「相手の気に障ることを書いてしまったのではないか」と心配になります。 しかし、ペアーズの相性度は、たとえ同じ相手や同じ日であっても、また、自分も相手もプロフィールに手を加えていないのに変わる場合があります。 それは上で説明したように、ログイン時間や「いいね!」した相手によって簡単に変動するからですね。 気になる相手の相性度が下がっても慌てずに、気にしないことが大切です。 相性度の数字に惑わされずに、相手にきちんと質問することや、自分から積極的に情報開示することなどを心がけながら、メッセージのやり取りを続けましょう。 Pairs ペアーズ の相性度の比較(マッチングの成否) 筆者(26歳・男性)が実際に「いいね!」を送り、マッチングした相手とマッチングしなかった相手との相性度の比較を行いました。 その結果が下の表です。 マッチングした相手 マッチングしなかった相手 相手の年齢 相性度 相手の年齢 相性度 25歳 89% 29歳 90% 26歳 75% 27歳 89% 24歳 74% 27歳 81% 25歳 74% 25歳 77% 26歳 74% 29歳 74% 28歳 74% 30歳 73% 24歳 71% 26歳 73% 25歳 70% 29歳 72% 26歳 70% 26歳 70% 26歳 70% 25歳 69% 30歳 70% 27歳 69% 37歳 69% 25歳 68% 25歳 65% 25歳 68% 27歳 65% 25歳 67% 25歳 64% 27歳 65% 24歳 63% 24歳 65% 25歳 63% 26歳 64% 24歳 60% 26歳 60% 25歳 60% 25歳 57% 29歳 59% 25歳 57% 平均 69% 平均 70% マッチングした相手20人と、マッチングしなかった相手20人を比較すると、 相性度の平均値に大きな違いは見られませんでした。 相性度が90%を超える相手でもマッチングしなかった例がありました。 反対に、相性度70%程度の相手でも、マッチング後にデートできた例もあったので、ペアーズの相性度が示す数字はあまりあてにならないと言えます。 Pairs ペアーズ の相性まとめ 上記の実験で示したとおり、 ペアーズの相性はあくまで目安です。 そのため、相性度が低いからといって「いいね!」するのをためらったり、メッセージを送った後に相手の相性度が下がって不安になったりする必要はありません。 機械が勝手に決める数値に惑わされず、相手のプロフィールの中に 自分との共通点を見出しながら、良い出会いを見つけていきましょう。

次の

ペアーズの相性が変わる基準は?相性値を95%まで上げる方法

ペアーズ 相性 基準

アルゴリズムとは、簡単に言えば 答えを導き出す計算式のようなものです。 恋活の覇者 過去のユーザーの膨大なデータから、マッチングがうまくいくPairs(ペアーズ)独自の計算式があるということですね! Pairs(ペアーズ)では、ユーザーのプロフィールやコミュニティなどの登録情報以外にも、アプリ内での行動履歴などのデータを分析して、独自のマッチングアルゴリズムを開発してきました。 相性は、そのアルゴリズムが導き出した数字というわけです。 加えて2018年12月よりPairs(ペアーズ)は、東京大学 大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦研究室と提携し、この アルゴリズムの精度をさらに上げるために共同研究をスタートしました。 相性に深く関係している基準を、具体的に見ていきましょう! 1.コミュニティは相性における大きな基準 Pairs(ペアーズ)の コミュニティは、参加することで共通の趣味や好みを持つ異性を見つけることができる機能です。 プロフィールでは書ききれない自分の好みを、コミュニティに入ることで相手にアピールできたり、メッセージでの話題作りに利用できたりします。 相性100%の異性は出てこないのが一般的な見解のようです。 最低値も50%を切る低い数字は出てこないようなので、Pairs(ペアーズ)の相性は 55%~95%の間で変動していると考えてください。 Q2.Pairs(ペアーズ)の相性はどのくらいなら高いと言えるの? Pairs(ペアーズ)の相性は、80%~95%は相性が良い、60~70%代は普通、50%代は良くないと考えるとよい。 こちらも目安ですが、上のように考えると分かりやすいです。 相性を示すハートマークの赤い部分の増え方も、この数値を基準にして増減していますので、ハートマークの赤い部分を見て判断すると分かりやすいでしょう。 Q3.日によってPairs(ペアーズ)の相性が変わるのはどうして? 相手や自分のプロフィールを変更した、もしくはログイン時間が減ったためと考えられる。 出典:Yahoo知恵袋 このような口コミを見かけました。 一日で相性が40%も一気に変わるのは珍しいですが、Pairs(ペアーズ)の相性が日々変化しているのは事実です。 Pairs(ペアーズ)の相性は、 自分や相手の行動からも変化しますので、日々変化するのは当然と言えば当然です。 ですので、相性の数値に振り回されすぎないようにしましょう!• Pairs(ペアーズ)の相性は、Pairs(ペアーズ)が開発した独自のアリゴリズムにより算出される• コミュニティ・プロフィールなどの登録情報や、ログイン時間・「いいね」の相手などの行動履歴が相性に深く関わっている• Pairs(ペアーズ)の相性は、男性側と女性側で同じ数値ではない• Pairs(ペアーズ)の相性の上げ方は、積極的に活動すること!自分の登録情報を変えるのはよくない• Pairs(ペアーズ)の相性の最高値は95%、最低値は55%• Pairs(ペアーズ)の相性は日によって変動するのでそこまでナーバスになる必要はない Pairs(ペアーズ)の相性は、自分に適した相手かどうかを見定めるヒントにはなりそうです! 相性の数値に振り回されすぎることなく、うまく活用してくださいね。

次の

ペアーズの相性とは?最高は95%?変わる(上がる/下がる)基準は?

ペアーズ 相性 基準

Contents• 公式見解 pairsの中の人はこう言っています。 pairs独自のアルゴリズムにより算出したお相手との相性度です。 相性が高いほどマッチング率が高いことが確認されています。 おすすめの目安として参考になさってください。 アルゴリズムは非公開なんですね。 まぁ、当然ですよねw じゃあ相性が何で決まっているのか、考察していきましょう。 相性の変動要因を考える 相性はどう算出しているか? pairsの中の人になったつもりで考えてみましょう。 選択式プロフィール まず、プロフィールが一致してたら相性高そうですよね? ここは少なくとも使われていると思います。 特に恋愛観の項目は比重が重いのでは?と予測します。 コミュニティー コミュニティーも趣味を知る上で重要な項目です。 ここも相性を判定する上では、要素の一つにできそうです。 しかし、あまり効果はないようです。 こちらは試してみましたが、 相性の上昇は見られませんでした。 ログイン時間 ログイン時間やよくログインする時間帯も 相性を予測できるデータになりえるのでは?と思います。 やはり、夜型は夜型同士のほうが相性は高い気がしますし・・・。 ここは確かに影響はありそうです。 プロフィールは何も変わっていなくて、 変わっていたのは、最終ログインが3日以内に変わっていただけです。 もしかしたら、pairs側としては、 ログイン頻度が下がってきた人の相性を上げて、 いいねを誘発させ、いいねされた会員の復活を狙っているのかもしれませんね。 全ては想像の域を出ませんが^^; まとめ:僕のマッチング事例をみてみると 僕の今年に入ってからのマッチング事例では、 マッチング相手の相性が50~80でした。 90を超える人はなかなか見たことが無いですね。 (相性なんて見てないだろ!というツッコミは無しでw) そして、相性が50程度だとしても、 マッチングはしますし、メッセージもちゃんと続いています。 ここからも、相性はあまり意識する必要がないと考えられます。 相性を気にしすぎている人は、 少し見直してプロフィール検索をしてみるのもいいかもしれませんね^^ ブログに書けない情報をメルマガで配信しています。 今なら「松岡司がメッセージのやり取りだけでゲット確定したやり取り」を無料プレゼント中です。 ぜひゲットしてください^^ >><< pairsをまだ登録していない人はこちらから登録できます^^ 登録だけなら無料ですし、Facebookの友達にバレる心配はありませんので、 気軽に登録してみてください^^ よく見られている記事はこちら•

次の