自律 神経 を 整える サプリ。 自律神経失調症にはビタミン剤もオススメ

食べる物で違いが出る 自律神経を整える「幸せホルモン」

自律 神経 を 整える サプリ

自律神経失調症をはじめとする精神疾患を患っている人が、とくに摂取を推奨されるのがマグネシウムです。 マグネシウムを意識して摂り入れることで脳内の神経伝達物質の不足を補うことができます。 交感神経と言えば自律神経系のひとつ。 この交感神経と副交感神経のバランスが崩れたときに自律神経失調症が起こります。 自律神経失調症の主な症状• めまい、冷や汗、震え、動悸、立ちくらみ、吐き気、頭痛、不眠などの 身体的症状• 人間不信、イライラ、不安、うつ状態などの 精神的症状 自律神経失調症はさまざまな症状が発症するにも関わらず、検査では異常が分かりにくいため、「理由は分からないけれど、気分が落ち込む」、「モヤモヤした気分がずっと続いている」など、悩んでいる人はたくさんいます。 まずは、自身が自律神経失調症と認識することが大切になりますが、そうした場合にマグネシウムの摂取が大切になってくるのです。 マグネシウムは「うつ病」や「アルツハイマー」にも効果的 マグネシウムと脳との関係は、自律神経を整えるだけではありません。 ほかの中枢神経にも様々な効果が期待できます。 東京都医学総合研究所は、「脳内のマグネシウムイオンは、記憶をとどめる役割を果たしている」という結果を発表しました。 アルツハイマー病の患者は、脳内のマグネシウムイオンが減るため、 マグネシウムの濃度を増やすことがアルツハイマー疾患の進行を遅らせると期待されています。 このように、体内のマグネシウムを維持、または増加させることで精神機能や脳の働きに影響を与えていることが分かっているのです。 脳だけではなかった! 美容や健康にもおよぶマグネシウムの優れた効果 マグネシウムは精神機能をはじめとする中枢神経だけではなく、ほかにもさまざまな効果が期待できます。 美容やスポーツ面で見られる効果も見て行きましょう。 マグネシウムの効果【美容&健康編】 マグネシウムを摂り過ぎると便が緩くなります。 便秘薬でも有名ですよね。 さて、 便秘が解消されれば自然とお肌の調子も良くなるもの。 食べたものは腸で吸収されるため、腸が不調であれば栄養は身体に行き渡りません。 結果として、肌が荒れることもあり、肌が生まれ変わるためのターンオーバーにも影響が及びます。 また、マグネシウムは 血液を固まりにくくし、体温や血圧を調節する働きもあります。 血行がよくなれば、顔色は良く見えますし、表面的な美しさは増してくるもの。 体の冷えも解消されますし、健康的にもなります。 さらに、マグネシウムは体内の酵素(約300種!)の働きを助けています。 マグネシウムには 基礎代謝を促進する働きがあり、 脂肪燃焼などにも効果が期待できるのです。 マグネシウムが美容や健康にもたらす効果• 便秘の解消• 体温や血圧を調整する• 血液を固まりにくくする• 血行の改善や冷えの解消• 基礎代謝や脂肪燃焼を促進 これらの効果が「表面的な美しさ」や「健康的な身体」へと導くと言われています。 「高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防」にも期待できるでしょう。 マグネシウムとカルシウムの相乗効果【スポーツ編】 マグネシウムは単体としてのパワーはもちろん、補助的な役割としても存在感があります。 皆さんもご存知の カルシウム。 骨、歯、筋肉などの形成に重要な役割を担っている栄養素ですが、この カルシウムの量を調整しているのがマグネシウムです。 マグネシウムが不足すると、細胞にカルシウムが入り過ぎてしまいます。 よって、筋肉の収縮がうまくいかなくなり、けいれんや震えなどが起こることも。 筋肉痛も発生しやすくなり、筋肉疲労によるこむら返りも起きやすいと言われています。 マグネシウムは心臓の動きを良くする働きもあるため、 スポーツ時の不整脈などを予防してくれます。 加えて、マグネシウムはビタミンB群とともに 三大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)の代謝に働くため、マグネシウムを摂取することがエネルギーを生み出すことにも貢献。 結果、体力や持久力などの増強にも繋がります。 マグネシウムがスポーツにもたらす効果• カルシウムの量を調整• 心臓の動きを良くする• 三大栄養素の代謝に働く これらの効果が「スポーツ時のけいれん、震え、不整脈の予防」や「体力や持久力のアップ」に繋がると考えられています。 「筋肉痛やこむら返り」の発生を抑えることも期待できます。 マグネシウムはどんどんと摂取すれば良いの? 脳をはじめとする中枢神経機能に重要な役割を果たすマグネシウムですが、 体内のマグネシウムは精神的なストレスによって量が低下するという事例も報告されています。 つまり、マグネシウムは意識的に摂っていかないと不足する栄養素で、「どんどんと積極的に摂ればいいんだ!」と思われがちですが、実はそんな単純なことではないのです。

次の

ストレス、イライラ緩和!自律神経を整えるおすすめのサプリメント

自律 神経 を 整える サプリ

自律神経失調症に効果的なサプリメントは?おすすめ5選 ここでは、自律神経失調症にお悩みの方に向け、おすすめのサプリメントを5種類ピックアップして紹介しています。 併せて、自律神経失調症の改善に役立つとされる代表的な栄養素についても解説しています。 気軽に続けられるサプリメントがおすすめ 自律神経失調症を改善させる方法として、現在では投薬が主流です。 確かに薬の力を借りれば、症状改善の即効性は期待できるでしょう。 しかし、あくまでも薬は対症療法の一手段。 根本的な解決策にはなりません。 自律神経を正常化させるためには、食事の見直しが一番大事です。 栄養バランスの取れた食事から、アミノ酸を始めとした自律神経失調症に良い成分を豊富に摂ることが望まれます。 しかしながら、食事から体質改善に足る十分な栄養素を摂取するためには、相当量の食事が必要です。 かえって別の原因で体調を壊す恐れがあるかも知れません。 そこでおすすめの方法がサプリメントの活用。 サプリメントなら、毎日の食事に神経質になることなく、毎日気軽に続けることができます。 様々な栄養素が凝縮されたサプリメントを日常的に摂取することで、効率的な体質改善を目指していきましょう。 自律神経失調症に効果的なサプリメントのメリット サプリメントを自律神経失調症の緩和に役立てるメリットは何なのでしょうか。 サプリメントは薬ではありません。 そのため、西洋薬のような即効性の効果は期待できませんが、ゆるやかに状態の改善が期待できるだけでなく、一度状態が改善した後に再び自律神経が乱れないようにするのにも役立ってくれます。 サプリメントの中にはたくさんの栄養素が含まれているわけですが、自律神経失調症を改善するためにはバランスのとれた栄養摂取が必須となってくるのです。 ですが、毎日の食生活の中で栄養バランスの整った食事を取れている方は少ないはず。 特に料理が苦手な男性や好き嫌いが多い方の場合、食事内容を見直さなければならないことはわかっているけれどうまくいかない…と悩んでいる方もいるでしょう。 サプリメントの場合は通常の食事にプラスして取り入れることにより栄養バランスの偏り改善を目指せます。 また、自律神経失調症の大きな原因はストレスにあるのですが、状態を改善させようと思ってとる行動がストレスにつながっては意味がありません。 例えば、本当は嫌いな食べものだけれど栄養バランスを整えるために無理をしてでも食べなければ…と思うとストレスにつながりますよね。 自律神経を整えるためには運動も効果的と言われていますが、どうしても運動が苦手…という方もいるでしょう。 もちろん効果的に状態を改善させるためには運動も取り入れた方が良いのですが、無理のない範囲で運動を行い、後はサプリメントにもサポートしてもらうのがおすすめです。 状態を改善させるためには継続して取り入れていくことが重要なので、サプリメントのように続けやすいものを選ぶことが大切になってくるでしょう。 自律神経失調症に効果的なサプリのデメリット デメリットとして挙げられるのが、働きが穏やかであるため、なかなか効果を実感できない方もいるということ。 人によってどれくらいで変化が現れるかは違います。 ほんの2~3日程度で変化を実感する方もいれば、2週間以上継続して取り入れているのに思うような変化が実感できない方もいるのです。 ただ、サプリメントの場合は西洋薬よりも働きが穏やかであるため、ほんの少しずつ状態が改善していると自分自身でそれに気づけないケースもあります。 そのサプリメントが自分の体に合っているかどうかを判断するためにはある程度継続する必要も出てくるので、最低でも2週間以上、できることならば3か月程度継続して様子を見てみましょう。 それから、非常に手軽な方法でもあるため、うっかり飲み忘れてしまう方が多いのもデメリットだといえます。 この問題を改善させるためには、何かとセットでサプリメントを取り入れるように習慣づけることが大切です。 昼食の後に飲む、寝る前に飲むなど自分にとって続けやすいタイミングを判断してみましょう。 自律神経失調症に効果的なサプリのコスパ 自律神経失調症の基本的な対策はストレス対策にありますが、できるだけ早く状態を改善させたい場合や症状が重い場合にはサプリメントのほか病院で診察を受けたり、漢方薬を取り入れるのもおすすめです。 サプリメントは病院での診療や漢方薬を取り入れた場合に比べるとどのようなコスパになっているのでしょうか。 ただし、診察代のほかに薬代がかかるので、1回あたり4,000円以上の費用になることもあります。 また、月に何度か通わなければならない方もいるため、その場合はそれ以上の費用がかかるでしょう。 漢方薬の場合、病院で処方してもらえれば保険が適用になりますが、適用にならない漢方薬もあるので注意しておかなければなりません。 サプリメントの中にはかなり高価なものもありますが、多くは3,900円~4,500円の範囲で購入が可能です。 1か月当たりこれくらいの費用ならば無理なく継続して購入できる方も多いのではないでしょうか。 その他の方法と比較してもサプリメントのコスパは良いといえます。 何よりも手軽さの面では病院診療や漢方の上をいっているといえるでしょう。 仕事が忙しくてなかなか病院に通う時間がない、自宅で手軽にできる対策について検討しているといった方からも選ばれている方法です。 また、病院で診察を受けて薬を処方してもらう場合、現在起きている不調を改善するために薬を処方する際には保険が適用になりますが、予防目的で処方される際に保険は適用されません。 これは、保険が適用されるのは治療目的のみと定められているからです。 そのため、今現在は自律神経の状態が落ち着いている気がするものの、また再発するのが怖いから予防のために薬を取り入れたい…と思ったとしても保険適用にはなりません。 実費負担になると費用も高くなってしまうので、状態の緩和や予防目的で継続しやすい方法を検討しているのであれば、コストが抑えられるサプリメントもチェックしてみてくださいね。 価格や配合成分、内容量だけではなく、生産者・開発者の成分へのこだわりや、実際に愛飲している方々の口コミも考慮してサプリメントを選んでいます。 自律神経失調症にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。 三黒の美酢(さんごくのみず) 通常価格 2,800円 定期価格 (初回) 980円 内容量 62粒 主な有効成分 アミノ酸、ポリフェノール、レシチン、DHA、EPA 特徴 宮崎県綾町産の濃厚な黒酢もろみ、無農薬で育てられた完熟黒にんにく、放し飼いで生き生き育った地鶏の有精卵黄油が主原料。 さらに良質なDHA・EPAも配合した贅沢なサプリメント。 自律神経の乱れに効果的とされるアミノ酸を豊富に配合しています。 口コミ・評判• 今まで色々なサプリを試してきましたが、やっと本物に出会えたと感じています。 これほど生産者のこだわりが徹底したサプリは、他にないと思います。 1年ほど飲んでいますが、体調が良くなってきた実感が十分にあります• 三黒の美酢を2年ほど愛飲しています。 飲み始める前のころに比べると、今は明らかに馬力が違います。 朝の目覚めも良く、毎日爽快です。 まだ幼い子供のためにも、これを飲んでますます頑張りたいと思います• 仕事が多忙で、週末はいつも寝込んでいました。 何のために働いているのだろうと疑問を持ち、気持ちも暗くなっていたころ、姉の勧めで三黒の美酢を飲むように。 それからは体調も良くなり、仕事も私生活も前向きになりました 美めぐり習慣 通常価格 3,980円 定期価格 (初回) 1,370円 内容量 150粒 主な有効成分 鉄分、ビタミンC、葉酸 特徴 ヘム鉄を豊富に含むレバーエキス、レモンの34倍のビタミンCを含むアセロラ、ほうれん草を超える量の葉酸を含むモロヘイヤが主原料。 昨今話題のスピルリナもふんだんに配合するなど、徹底的に原料にこだわって作られたサプリです。 口コミ・評判• もともと行動的で前向きなタイプの自分だったのですが、社会人になってから様々なストレスで体調不良に。 サプリで元気を取り戻そうと決意し、美めぐり習慣を飲み始めました。 それからは自分でも分かるくらいに体調が改善!ふたたび自分に自信を取り戻しました• サプリマニアである私にとって、美めぐり習慣に含まれているレバーエキスとスピルリナはイチオシの成分。 そこに鉄分やビタミンも一緒に配合されているのですから、とても心強いサプリだと思います。 鉄分が含まれているのに、飲みにくさはありません• 歌のお姉さんとして、日々、子供たちの前でステージに立っています。 かつては、公演が終わると疲労でぐったりすることが多かったのですが、美めぐり習慣を飲むようになってから元気がみなぎっています。 ほかにもコンドロイチンやリコピン、さらに自律神経失調症改善に良いとされるDHA・EPAも配合しています。 口コミ・評判 口コミは見当たりませんでした。 エクエル 通常価格 4,320円 定期価格 (初回) 4,104円 内容量 112粒 主な有効成分 エクオール、大豆イソフラボン 特徴 女性の健康と美容に良いとされる、話題のエクオールが主成分。 年齢とともに減少する女性ホルモン・エストロゲンの代わりとして働く成分として、世界的にも注目されています。 大塚製薬が長年の研究から生み出したサプリメントの傑作です。 口コミ・評判• 40代に入り、ちょっとしたことでもイライラしてしまって、気持ちのコントロールが上手にできなくなったのですが、エクエルを飲み始めてから気持ちが前向きになりました。 また、暑くもないのに汗が出てくる症状もおさまりました• エクエルを飲んで1ヶ月ほどで、体にも心にもハリが出てきた感じです。 現在47歳ですが、これから年齢を重ねるにつれて心身に様々な悩みが生まれてくると思います。 健康的な将来に向けて、今後もエクエルを飲み続けようと思います• 以前から、時と場所を選ばず突然大量の発汗をすることがありました。 就寝時にも汗が出て、なかなか寝付けないこともしばしば。 そんな頃にエクエルを飲み始めたのですが、飲んで3ヶ月ほどで、今までずっと悩んでいた発汗がなくなりました。 カルピスから始まった長年の乳酸菌研究の末に発見された成分です。 イライラ、だるさ、そわそわ、気持ちの落ち込みなど、現代社会特有のストレスからくる様々な症状の改善を目指したサプリです。 口コミ・評判• ココカラケアを飲むようになってから、正直、驚いています。 飲む前と比べて、特に生活習慣を意識的に変えたわけではないのに、体も心も調子が良いんです。 今までの悩みがどこかに行ったかのように、普通の生活を送ることができています• 60代女性です。 ココカラケアを毎日飲んでいますが、毎朝、さわやかに目覚めることができています。 体調が良くなっただけでなく、気持ちも明るくなってきたような気がします• ココカラケアを飲んでから、おかげざまでとても体調が良くなりました。 もう1ヶ月続けてみようと思います その他のおすすめサプリメントはこちら ローヤルゼリー+セサミンE ホルモンバランスを整えて体調を改善 サントリーの約30年にわたるエイジング研究により開発されたサプリ。 完全栄養食と言われローヤルゼリー、女性ホルモンの働きを補うセサミン、体力維持や美容に役立つビタミンE、ストレスで失われるビタミンC、高齢女性に不足しがちなカルシウムやビタミン、うるおい成分セラミドが含まれています。 ローヤルゼリーとセサミンの組み合わせにより、乱れたホルモンバランスを整える効果を高めています。 DHC セントジョーンズワート こころに安らぎを与えるハーブ・セントジョーンズワート ハッピーハーブとも呼ばれているセントジョーンズワートは、西洋では古くから精神安定効果があるとして使われてきたハーブです。 一部の国では医薬品として取り扱っているほど効果が高いことで有名です。 うつ症状や不眠、イライラやストレスによる不安を抑え、精神を安定させる効果が期待できます。 白井田七 有機栽培にこだわって作った安全な田七人参 日本人の白井博隆氏が有機で栽培した田七人参が主原料になっています。 サポニンや田七ケトン、有機ゲルマニウム、フラボノイド、植物ステロール、亜鉛、マグネシウム、ビタミン類などの栄養を含み、様々な健康効果が得られます。 つなぎは有機玄米のみで、保存料や香料などの余計な添加物は一切使っていない高品質なサプリメントです。 潤睡ハーブ 良質な眠りのためのサプリメント 必須アミノ酸を含む6大栄養素(18種類のアミノ酸・7種類のミネラル・17種類のビタミン・食物繊維・葉緑素)が含まれているクロレラを主体として作られています。 発酵ギャバやラフマエキス、クワンソウなどの休息力を高める厳選素材を組み合わせることで、睡眠の質をぐっと高めて心と体の疲労感を取り去ります。 また、ショウガエキスやヒハツエキスが手足の冷えもサポートしてくれます。 食生活の欧米化で必須アミノ酸不足になり、イライラしている方にもおすすめ。 マインドガードDX 3つの休息成分をブレンドした健康ドリンク ノニ(モリンダシトリフォア)・レスベラトロール・クワンソウをブレンドし、ストレス過多な人の休息力を高めることを目指したサプリです。 不眠の悩み解消で人気のあるサプリですが、ノニ果実には必須アミノ酸やビタミン類、ミネラル類が大変豊富に含まれているので、食生活に自信のない方やストレスの多い方にもおすすめ。 自律神経が乱れがちな現代人の元気をしっかりサポートしてくれます。 サプリで摂れる自律神経失調症に効果的な栄養素とは? アミノ酸 タンパク質の原料ともなっているアミノ酸。 アミノ酸にはストレスを軽減する働きや、気持ちを落ち着かせる働き、深い眠りを誘う働きなどがあるため、自律神経失調症の症状を緩和させると考えられています。 アミノ酸の中には、体内で自然に合成されないタイプのもの(必須アミノ酸)もあるため、食事やサプリなど外部からの摂取が欠かせません。 鉄分 鉄分は、血中でヘモグロビンを合成する働きを持っています。 ヘモグロビンには酸素を体中に運んでくれる役割があるため、不足すると、体はもとより脳が酸欠となます。 結果、脳を起点とする様々な活動に支障をきたしてしまいます。 「様々な活動」の中にはもちろん神経機能も含まれるため、鉄分を補給することは自律神経失調症の症状を緩和することにもつながります。 ビタミンA ビタミンAは、粘膜の保護や視力サポート、動脈硬化予防などで知られる栄養素ですが、ほかにも自律神経をコントロールする働きがあるとされています。 また、ストレスに抵抗するために分泌される副腎皮質ホルモンは、ビタミンAがなければ合成されません。 ビタミンAを継続的に摂取することで、自律神経失調症による様々な心身の不調の改善が期待できます。 ビタミンB群 ビタミンB群には、細胞組織の産生や修復において重要な役割を担っている栄養素。 そのためビタミンB群が過度に不足すると、細胞組織に不具合が生じます。 脳も細胞組織の一部なので、ビタミンB不足によって精神不安や睡眠障害、うつ病、自律神経失調症、総合失調症、健忘症など様々な精神症状が誘発されます。 不足しがちなビタミンB群を外部から継続的に摂取することで、自律神経失調症の様々な症状の緩和が期待できます。 ギャバ ギャバには、交感神経と副交感神経のバランスを調整し、神経を鎮めてくれる働きがあると言われています。 そのため、かねてより自律神経失調症やパニック障害、うつ病、対人恐怖症、強迫性障害などの改善に効果が期待されてきました。 神経を鎮めることでリラックス効果も得られるため、不眠症を改善したり集中力を上げたりする作用もあると言われています。 イソフラボン イソフラボンは大豆に多く含まれる成分で、体内で女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをすることで知られています。 女性は閉経に向けてさまざまな心身の不調を経験しますが、これはエストロゲンの減少が最大の要因。 特に更年期が近づいた女性は、エストロゲンの代役としてイソフラボンを摂取すれば、つらい自律神経失調症の症状緩和が期待できます。 ガセリ菌 カルピス社における長年の研究により、C-23ガセリ菌にはストレスからくる様々な症状を改善する働きがあることが確認されました。 かつてから「腸は第二の脳」と言われていますが、C-23ガセリ菌が腸の状態を整えることで脳が自律神経を正常化に向け、その結果、ストレスを原因とした自律神経失調症の諸症状を改善するというもの。 これらの働きは、臨床データとともに学会でも発表されました。

次の

自律神経を整えるライフスタイルとはどういうもの?

自律 神経 を 整える サプリ

自律神経を整える薬の選び方。 市販薬、漢方で相性のいいものとは なんだか体調がゆらいでいるな…と不調を感じることが増えたとき、あなたはどのような対処をとりますか? 心やからだのゆらぎは、自律神経のバランスが乱れて起こっていることが考えられます。 自律神経のバランスはストレスで乱れやすいので、ストレスをなるべく減らすことが自律神経の安定につながります。 病院を受診するのもひとつの方法ですが、病院に行くほどではないちょっとした不調は受診を戸惑ってしまいますよね。 このようなときは市販薬でセルフケアをするのがおすすめです。 自律神経のバランスを整える薬にはどのようなものがあるのでしょうか。 市販されている薬、サプリメントや漢方薬などの特徴について説明していきます。 この記事の目次• 自律神経のバランスを整えるビタミン剤・健康食品 ビタミン剤や健康食品は、あくまでも体に必要な栄養を補助的に補給する目的のもので、自律神経を直接整える効果は期待できませんが、間接的に役立てることはできます。 自律神経のバランスをサポートするサプリメント・ビタミン剤のタイプを大きく分けると、主に次の2つがあります。 自律神経や体調を整える• リラックス作用をもたらして自律神経が乱れるのを防ぐ 自律神経や体調を整えるもの からだの機能を高めることで、自律神経の機能を改善するためのサポートに役立ちます。 ガンマオリザノール 自律神経のバランスを整える作用があり、病院でも処方されますが、薬ではなく米の胚芽から抽出される天然成分です。 市販薬では、ビタミンEと一緒にガンマオリザノールを配合したビタミン製剤「ネーブルナチュール(エスエス製薬)」があります。 ビタミン剤なので、副作用の心配なく利用できます。 ビタミンB群 ビタミンB群(からだに必要な8種類のビタミンBの総称)は、脳神経のはたらきを正常に保つ作用があります。 ビタミンB群を十分に摂取すると、自律神経のはたらきを整えたり、自律神経のバランスが乱れるために起こる倦怠感やからだの痛みをやわらげることができます。 また、情緒を安定させる作用があるので、精神的なストレスをやわらげて自律神経のバランスが乱れるのを防ぎ、自律神経のバランスが乱れることで起こる情緒不安定を改善する効果も期待できます。 ビタミンBはそれぞれが異なる作用も持っていますが、一緒に摂取した方が作用は高まりやすいため、ビタミン剤やサプリメントを選ぶ場合は、ビタミンB群がまとめて摂取できるタイプを選ぶのがおすすめです。 ローヤルゼリー ローヤルゼリーは、女王バチのエネルギー源になるクリーム状の液体です。 ハチミツとは別のもので、やや飲みにくさがありますが、驚くほど栄養豊富で滋養強壮に用いられます。 ローヤルゼリーに含まれるデセン酸やアセチルコリンには、自律神経のバランスを整える効果が期待されます。 サプリメントや健康ドリンクなどに広く配合されています。 リラックス作用をもたらすもの 自律神経のバランスが乱れる原因のストレスをやわらげます。 また、自律神経のバランスが乱れるために起こりがちなイライラや不安をしずめる効果も期待できます。 抗不安薬のような強い作用は期待できませんが、副作用や依存の心配がないので安心して試すことができます。 GABA(ギャバ) GABA(ギャバ)は、リラックス成分、頭脳のはたらきを高める成分としておなじみで、健康食品や健康機能食品にもしばしば配合されています。 ギャバは、神経伝達物質のはたらきをサポートして神経の興奮をしずめます。 野菜や果物に含まれる天然成分なので、副作用の心配もありません。 トマトやジャガイモにもギャバが多く含まれますが、自律神経のバランスが乱れやすい人は、健康食品からしっかり補給するのがおすすめです。 テアニン テアニンは茶葉に含まれるアミノ酸の一種で、お茶の旨味のもとになっています。 神経伝達物質にはたらきかけてリラックス時にみられる脳波「アルファ波」を出し、緊張や不安をほぐすことがわかっています。 また不眠やPMSの改善にも役立ちます。 日本茶や紅茶を飲んでもテアニンの作用でリラックスすることもできますが、お茶に含まれるカフェインには交感神経を興奮させる作用があるので、カフェインに弱い人は注意が必要です。 カフェインを避けたい人は、お茶ではなく機能性食品やサプリメントを利用すると良いでしょう。 セントジョーンズワート セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)は、メンタルの不調を改善することで知られるハーブです。 神経伝達物質のバランスを整える作用があり、神経を鎮静させたり不安を取り除いたりする効果が確認されています。 サプリメントはうつ病や不眠症に効くとして注目され、ドイツではうつ病を治療するときのサポートにも用いられています。 ストレスをやわらげて自律神経やホルモンのバランスを整える効果も期待できますが、女性は妊娠中、授乳中、ピルの服用時に摂取すると副作用が起こりやすいので、注意して利用する必要があります。 バレリアン バレリアンバレリアン(セイヨウカノコソウ)は、鎮静作用を持つハーブです。 古くからヨーロッパで不安や不眠を解消するハーブとして親しまれており、サプリメントは緊張をほぐしたり不眠症を改善する目的で用いられます。 心身のリラックス作用によって、自律神経のバランスが乱れるのを防ぎます。 また、自律神経のバランスの乱れに伴う肩こり、胃痛、生理痛などをしずめる効果も期待されます。 ただ、独特なにおいが弱点のようです。 近年は健康ブームの影響で、ドラッグストアやネットストアで扱われるビタミン剤や健康食品のバリエーションも豊富になってきました。 自律神経のはたらきをサポートする成分は、サプリメントやビタミン製剤のほか、スーパーやコンビニで買える機能性食品、パンやお菓子などにも広く配合されています。 薬ではないので効き目はとてもおだやかですが、なんといっても手軽で取り入れやすいところが魅力でしょう。 市販の漢方薬で自律神経のバランスを整えるには 漢方薬には、自律神経のバランスを整えるものがたくさんあります。 特に、イライラしやすい人、冷え症の人、どちらかというと虚弱な人には漢方薬がおすすめです。 ドラッグストアでも市販の漢方薬が充実してきて、お客さんが自分で商品を選んでレジに持って行き気軽に購入できるようになってきました。 薬を使って自律神経のバランスを整えたい人は、漢方薬を試してみるとよいでしょう。 自律神経のバランスを整える漢方薬 薬局で市販されていることが多く手軽に購入できる漢方薬には、次に挙げる種類があります。 自律神経のバランスを整えるのに漢方薬がおすすめな理由 病院で一般に処方されている西洋医学分野の薬を「新薬」といいますが、新薬は急性の症状をすみやかに抑えるのは得意でも、自律神経の機能そのものを治すことや、自律神経が引き起こす慢性的な不定愁訴へアプローチすることは苦手です。 一方、漢方薬は新薬とアプローチの仕方が異なり、まず不調の原因になっている体質の弱点を改善して、自然治癒力を高める作用を持っています。 そのため新薬のよう即効性や特効はありませんが、自律神経が起こす慢性的な不調には効果を発揮することができます。 漢方薬を利用すると、体質が改善されることで自律神経の機能も正常に導かれ、つかみどころのない不定愁訴もひとまとめに解消することができます。 例えば、昨日は吐き気と頭痛、今日はイライラと下痢…といったようにコロコロと症状が変わるのが、不定愁訴の特徴です。 これらの症状を薬で解消するならば、新薬では頭痛薬、下痢止め…と薬を使い分けなければなりません。 また明日は別の症状があらわれる可能性もあります。 対して漢方薬は、自律神経そのものを整えてくれるので、あらゆる症状をまとめてやわらげる効果が期待できるのです。 市販の鎮静剤でメンタルケアをして自律神経のバランスを整える ストレスやプレッシャーで緊張している状態が続くと、自律神経のバランスが交感神経に大きく傾き、体調まで崩れやすくなってしまいます。 近年はメンタルケアに関心を持ち、緊張や不安をほぐす「鎮静剤」を利用する人が急増しています。 鎮静剤は神経の興奮をおさえてストレスをやわらげる効果を持ち、自律神経失調症や更年期障害、PMSの予防と改善にも効果が期待できます。 特にイライラや不安などメンタルの不調で悩んでいる人、スッキリしない体調の原因が精神的なストレスだとはっきりわかっている人は、このような市販の鎮静剤を試してみるのも良いでしょう。 代表的な鎮静剤には次の薬があります。 ウットや奥田脳神経薬のように新薬の鎮静成分を用いたものもありますが、どちらかというと生薬やハーブを原料にした植物性の薬が主流になってきています。 配合されている成分は強い副作用の心配もなく穏やかに効くため、精神科で処方される抗不安剤のようなはっきりした効果は期待できません。 「気づいたらイライラしなくなった」「寝つきが良くなった」と体感することが多いようですね。 基本的に系統はどれも同じですが、成分やうたわれている効能が少しずつ異なるので、パッケージの表記や薬剤師のアドバイスを参考に自分に合いそうな製品を選ぶと良いでしょう。 病院を受診したときに処方される薬の種類と特徴 受診して特に異常のないことが確認されると、医師に「おそらく自律神経失調症でしょう。 お薬を出しておきますね。 」と言われ、薬物療法を中心とした治療を受けることになるのが一般的なパターンでしょう。 処方されるのは、自律神経のバランスを整えるもの、症状をしずめるものなど、次に挙げるような薬が中心となります。 自律神経調整薬 交感神経の緊張をゆるめて、不安や筋肉の緊張をやわらげます。 代表的な薬の「グランダキシン」は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の一種ですが、主に自律神経失調症や更年期障害の治療に用いられます。 精神安定剤にありがちな眠気や倦怠感などの副作用が少ないので使いやすく、比較的軽い症状の緩和に効果が期待できます。 ただし、自律神経調整薬は市販されていないので、この薬を利用したい場合は受診して処方してもらわなければなりません。 ガンマオリザノール 米から抽出された成分です。 自律神経のバランスを整える作用があるとして、病院では「ハイゼット」という製品名で心身症、過敏症大腸症候群、更年期障害の改善に用いることがあります。 副作用の心配はほとんどなく、ビタミン製剤としても市販されていますが、作用もとても穏やかです。 自律神経末梢作用薬 症状が出ているところの自律神経に直接作用して症状をおさえます。 立ちくらみの治療に用いられる「交感神経興奮薬」や、腹痛・下痢をしずめる「副交感神経遮断薬」などがあります。 副作用でしばしば不快な症状を伴います。 抗不安剤 不安障害に伴う強いストレスや不安や恐怖を取り除き、精神科で用いられています。 また筋肉の緊張をゆるめる作用や催眠作用があり、自律神経失調症や更年期障害の治療にも処方されることがあります。 眠気やふるえなどの副作用を伴い、長期連用するとからだが薬に依存して、薬の服用を止めたときに離脱症状があらわれやすくなります。 そのように作用が強い薬のため、自律神経失調症の場合は、ほかの薬や療法が効かない場合の手段として用いられることが多いです。 もちろんですが、生まれ持った性格、メンタルの弱さを変える効果までは期待できません。 市販薬に同じ効果を持つものはなく、受診して処方してもらう必要があります。 このほか、ホルモン剤で女性ホルモンの影響でゆらぎやすい自律神経のバランスを整えたり、漢方薬を併用することもあります。 ただ、自律神経を完全に安定させる特効薬は存在していません。 薬を飲んでいる間は状態が安定しますが、効果と副作用が起こるリスクとのバランスを考えると、薬を飲むことには少し抵抗を感じる人が多いかも知れません。 病院を受診して薬を処方してもらうことには安心感がありますが、実際のところ、ちょっとしたゆらぎを感じても我慢できる軽い程度の症状が多いので「受診するほどのことじゃない」「セルフケアでなんとか対処したい」と思う人がほとんどです。 基本的には、薬で症状を抑える治療よりも自律神経のバランスが乱れる原因(ストレスなど)を取り除くことのほうが優先されます。 日常生活に差し支えるほど重い、我慢できないほどつらい…という場合はすぐ受診しなければなりませんが、軽い不定愁訴の場合は規則正しい生活に心がけると同時に、ドラッグストアで入手できる薬や健康食品で穏やかなセルフケアを試すのも良いでしょう。 市販薬で改善されない場合は受診もおすすめします 「自律神経にはこれが効く!」という特効薬こそないものの、今回紹介しましたように市販薬や健康食品のなかには、自律神経のバランスを整えるために役立つものがたくさんあります。 体質や症状に合わせて活用してみてください。 ただし、市販薬を使ったセルフケアで不調が改善されない場合は、ほかの病気が原因になっている可能性も考えられるので、かかりつけの医療機関(内科、婦人科など)または心療内科にご相談ください。 特に思い当たる理由がないのにスッキリしない体調が続くときは、自律神経のバランスが乱れていることが考えられますよね。 臓器そのものに異常はないため、自律神経のバランスが元に戻ると症状も自然に消えてしまうことも多いです。 このように、からだに異常はないのに本人が不調を訴えるような症状は「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と呼ばれます。 自律神経は、常に交感神経と副交感神経がバランスをとりあっていて、ゆらぎやすいので小さなストレスを受けただけでもバランスを崩してどちらかに傾いてしまいます。 その状態は、やじろべえ、シーソーとよく似ています。 特に女性は、生理周期によるホルモンバランスの変動が自律神経に影響を与えるため、自律神経のバランスが不安定になりがちです。 自律神経は全身の器官をコントロールしているため、バランスが乱れたときには全身のあちこちにさまざまな症状があらわれやすく、はっきりした病気でないわりに不快感が大きくなりやすいのが特徴です。

次の