本田翼 deep fake。 ディープフェイクとは?偽動画の例や仕組み・作り方・危険性などをまとめて紹介

どやどや芸能速報

本田翼 deep fake

今月の頭に突如あらたなインターネットミームが世界を席巻した。 その名も「Deep Fake」 ディープラーニングを使って顔を転写するという新手法だ。 これが誰にでも使えるWindowsアプリや、便利なチュートリアルが急速に整備され、みんなニコラス・ケイジやドナルド・トランプの動画で遊び始めた。 でdeepfakeで検索すればすぐに様々なDeep Fakeを見ることが出来る。 そしてDeepFakeが流行り始めてから一ヶ月もしないうちにハリウッド女優たちのフェイクポルノが無数に作られ、収集がつかなくなり、Redditがいち早く禁止措置をとるという事態に進展した。 DeepFakeによる二次創作が肖像権とか数え切れないほどの「知的財産権」に深刻な影響をもたらすことは明らかだ。 かねてからこういう事態がいずれ起きるであろうことは予想していたが、いまのところは現行の知財法でカバーできる範囲だと思う。 こうした流れはもっと加速するだろう。 アングラ的な使い方を心配するよりもポジティブな可能性を考えたほうが良い。 しかし同時にこうした技術には新しい可能性を切り開くポテンシャルがある。 たとえば、若き日のハン・ソロを演じるのは、できれば若き日のハリソン・フォードで見たいだろう。 僕のお気に入りは So Low という作品? で、今年公開される新たなスターウォーズ外伝「SOLO」の役者の顔を若き日のハリソン・フォードで置き換えたものだ。 この違和感の無さはちょっとすごい。 唯一の難点といえば声だが、「画像に適用可能なことはどんなデータにも適用可能である」というディープラーニングの第一原則 勝手に命名 に従えば、そのうち「Deep Fake Voice」も作られるだろう たぶん声だと派手さに欠けるからだれもやってないだけだと思われる。 意外と面倒だし とするとどういうことがおきるか。 この違和感のなさというのは、「スターウォーズ ローグワン」のキャリー・フィッシャーを超えているという気さえする。 だとすると、たとえば旧三部作をまるごとオリジナルキャストで撮影しなおすこともできるかもしれない。 背格好の似た役者を用意して、声と顔を転写する。 声が難しい場合は、もとの音声をそのまま使うという荒業も使えるだろう。 ルーカス自身がなんども「特別編」と称して蛇足を付け加えまくったことを考えると、一度整理したほうがいいというアイデアはそう悪くないはずだ。 役者は役作りのために過酷なダイエットやトレーニングをする必要すらなくなる。 一度役者として成功して名前と顔が売れれば、あとは有名ではないけれども演技にはキレがある二流の演者に演技を任せることができるだろう。 それはそれでお互いハッピーなのではないか。 ビデオ会議とかも、できれば自分の最も良い状態をPhotoshopとかまあそのあたりで加工して作り直したものを使うようになるかもしれないし、Vtuberの人たちも、そのうち勝手にニコラス・ケイジの顔で喋り始めるかもしれない それはだいぶ面白い。 今この瞬間は違法だが、違法でなくなる使い方というのはいくらでもできる。 世の中には売れたいけど売れなくて困っているアイドルの卵とか役者の卵とかが無数にいるので、そういう人たちに「フリー素材」として自分の姿形を提供して、「コンテンツ 中身 の面白さ」と「パッケージ 外見 の魅力」を分業できる日がくるかもしれない。 特に、外見で魅力的な人間は男女問わず数多いが、決定的に違うのはコンテンツだったりする。 要は「可愛いけど面白くない」場合は可愛さがよっぽど神がからないと売れない。 当たり前である。 それでも売れる上限はけっこう低いだろうと思われる。 「可愛くないけど面白い」はまだ売れる余地がある。 それでも、よっぽど面白くないとダメ、というのは当然だ。 そうすると「可愛くて面白い」が両立する人というのは世の中にはほとんど全くゼロに近い。 ということは、逆に考えて、「可愛くて面白い」人工人格を作り出すことが不可能かといえばそんなことはないはずだ。 Youtubeとかで自分の顔を晒すのはちょっと・・・という人でも、むしろ晒したいけど面白いことを考えつかない・・・という人でも、うまくパートナーを見つければ二人でひとつの人工人格を作ることが出来るかもしれない。 さて、顔の転写はインパクトが凄いのだが、これは当然、顔以外にも使うことが出来るはずである。 ただし歴史的に顔の識別が最も研究されているので顔以外に使おうとすると相手 内容 を選ぶはずだ たとえば、自動車 映画ではでに壊れるスーパーカーをCGにふき替えるための専用の自動車がある。 この入れ替えも今は半分人力でやっているが、DeepFakeが発展すれば好きな形に変更できるようになるかもしれない。 映像制作に限らず、DeepFakeは様々な分野に応用が効くはずだ。 まあ、DeepFakeというか、CycleGANが様々な分野に応用できるという話だけど。 しかしAIも歴代の技術革新のご多分に漏れず、やはりポルノから新しいインターネットミームを生み出したのかと思ってしまう。 それまでコンソールを叩く専門家しか使えなかったCycleGANがあっという間にWindows用の簡単なクライアントアプリまで開発されて配布されてしまったのには驚いてしまった。 外部サイト.

次の

【朗報】本田翼にそっくりなAVキターーーーーーwwwwwww

本田翼 deep fake

問題の動画は、ネット上の動画投稿サイトや動画共有サイトなどにゲリラ的にアップされており、某人気サイトでは約400本も自由に視聴できる状態になっているという。 中にはVR(仮想現実)動画もあり、まるでタレント本人とリアルでエッチをしているような感覚を楽しむことができるものもあるというから驚きだ。 「もちろん、タレント本人が出演しているわけではありません。 有名芸能人の顔とAV動画を組み合わせた人物画像合成動画のことで、『ディープフェイク』と呼ばれています。 元となる画像と映像を重ね合わせ、結合することで生成されるのですが、海外では有名人のポルノビデオや、リベンジポルノ作成のために利用されることもあり社会問題化しています。 日本でもここ数年、AVファンを中心に人気を呼んでおり、動画投稿サイトにアップされては削除されるイタチごっこが繰り返されています」(夕刊紙記者) エロは技術発展の推進力 実際の合成動画を見ると、その完成度の高さに驚かされる。 人気女優K・Kの動画では、本人が騎乗位で激しく腰を振る様子が映し出され、アエギ声や快楽に身を委ね悶絶する表情までがリアルに再現されている。 フェイク動画と言われても「いやいやマジで本人でしょ?」と疑いたくなるほど、その完成度は高い。 「1990年代には〝アイコラ〟が大流行し、一部の雑誌がグラビア展開して著作権法違反の疑いで告訴される事件がありました。 当時のアイコラはアイドルの顔とヌード写真を切り貼りするだけの簡単なものでしたが、それでも、アイドル本人が本当にヌードになったかのように感じるには十分でした。 今や合成技術もかなり発達し、ディープフェイクによるエロ動画を本物の流出動画と勘違いする人もいるくらいです。 一部のサイトでは熱烈なファンから動画作成依頼もあるほどで、自分のお気に入りのアイドルを指名する人も出てくる始末です」(同・記者) 同じように、海外ではエマ・ワトソンやスカーレット・ヨハンソン、クロエ・グレース・モレッツなどのセレブの合成動画が人気だというから、〝妄想エロ〟に対する興味は万国共通なのだろう。 また、動画を合成する職人は、自分の技術を見せびらかす傾向にあり、スケベ心よりもいかに違和感を抱かせず、視聴者を喜ばせるかに精力を注いでいるという。 タレントのイメージ問題もあり、今までスルーしていきた芸能関係者も、ここに来てさすがに無視するわけにもいかなくなったようで、このまま無法状態が続けば訴訟問題に発展する可能性は大。 くれぐれも興味本位で視聴するようなことは控えたい。

次の

芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

本田翼 deep fake

今月の頭に突如あらたなインターネットミームが世界を席巻した。 その名も「Deep Fake」 ディープラーニングを使って顔を転写するという新手法だ。 これが誰にでも使えるWindowsアプリや、便利なチュートリアルが急速に整備され、みんなニコラス・ケイジやドナルド・トランプの動画で遊び始めた。 でdeepfakeで検索すればすぐに様々なDeep Fakeを見ることが出来る。 そしてDeepFakeが流行り始めてから一ヶ月もしないうちにハリウッド女優たちのフェイクポルノが無数に作られ、収集がつかなくなり、Redditがいち早く禁止措置をとるという事態に進展した。 DeepFakeによる二次創作が肖像権とか数え切れないほどの「知的財産権」に深刻な影響をもたらすことは明らかだ。 かねてからこういう事態がいずれ起きるであろうことは予想していたが、いまのところは現行の知財法でカバーできる範囲だと思う。 こうした流れはもっと加速するだろう。 アングラ的な使い方を心配するよりもポジティブな可能性を考えたほうが良い。 しかし同時にこうした技術には新しい可能性を切り開くポテンシャルがある。 たとえば、若き日のハン・ソロを演じるのは、できれば若き日のハリソン・フォードで見たいだろう。 僕のお気に入りは So Low という作品? で、今年公開される新たなスターウォーズ外伝「SOLO」の役者の顔を若き日のハリソン・フォードで置き換えたものだ。 この違和感の無さはちょっとすごい。 唯一の難点といえば声だが、「画像に適用可能なことはどんなデータにも適用可能である」というディープラーニングの第一原則 勝手に命名 に従えば、そのうち「Deep Fake Voice」も作られるだろう たぶん声だと派手さに欠けるからだれもやってないだけだと思われる。 意外と面倒だし とするとどういうことがおきるか。 この違和感のなさというのは、「スターウォーズ ローグワン」のキャリー・フィッシャーを超えているという気さえする。 だとすると、たとえば旧三部作をまるごとオリジナルキャストで撮影しなおすこともできるかもしれない。 背格好の似た役者を用意して、声と顔を転写する。 声が難しい場合は、もとの音声をそのまま使うという荒業も使えるだろう。 ルーカス自身がなんども「特別編」と称して蛇足を付け加えまくったことを考えると、一度整理したほうがいいというアイデアはそう悪くないはずだ。 役者は役作りのために過酷なダイエットやトレーニングをする必要すらなくなる。 一度役者として成功して名前と顔が売れれば、あとは有名ではないけれども演技にはキレがある二流の演者に演技を任せることができるだろう。 それはそれでお互いハッピーなのではないか。 ビデオ会議とかも、できれば自分の最も良い状態をPhotoshopとかまあそのあたりで加工して作り直したものを使うようになるかもしれないし、Vtuberの人たちも、そのうち勝手にニコラス・ケイジの顔で喋り始めるかもしれない それはだいぶ面白い。 今この瞬間は違法だが、違法でなくなる使い方というのはいくらでもできる。 世の中には売れたいけど売れなくて困っているアイドルの卵とか役者の卵とかが無数にいるので、そういう人たちに「フリー素材」として自分の姿形を提供して、「コンテンツ 中身 の面白さ」と「パッケージ 外見 の魅力」を分業できる日がくるかもしれない。 特に、外見で魅力的な人間は男女問わず数多いが、決定的に違うのはコンテンツだったりする。 要は「可愛いけど面白くない」場合は可愛さがよっぽど神がからないと売れない。 当たり前である。 それでも売れる上限はけっこう低いだろうと思われる。 「可愛くないけど面白い」はまだ売れる余地がある。 それでも、よっぽど面白くないとダメ、というのは当然だ。 そうすると「可愛くて面白い」が両立する人というのは世の中にはほとんど全くゼロに近い。 ということは、逆に考えて、「可愛くて面白い」人工人格を作り出すことが不可能かといえばそんなことはないはずだ。 Youtubeとかで自分の顔を晒すのはちょっと・・・という人でも、むしろ晒したいけど面白いことを考えつかない・・・という人でも、うまくパートナーを見つければ二人でひとつの人工人格を作ることが出来るかもしれない。 さて、顔の転写はインパクトが凄いのだが、これは当然、顔以外にも使うことが出来るはずである。 ただし歴史的に顔の識別が最も研究されているので顔以外に使おうとすると相手 内容 を選ぶはずだ たとえば、自動車 映画ではでに壊れるスーパーカーをCGにふき替えるための専用の自動車がある。 この入れ替えも今は半分人力でやっているが、DeepFakeが発展すれば好きな形に変更できるようになるかもしれない。 映像制作に限らず、DeepFakeは様々な分野に応用が効くはずだ。 まあ、DeepFakeというか、CycleGANが様々な分野に応用できるという話だけど。 しかしAIも歴代の技術革新のご多分に漏れず、やはりポルノから新しいインターネットミームを生み出したのかと思ってしまう。 それまでコンソールを叩く専門家しか使えなかったCycleGANがあっという間にWindows用の簡単なクライアントアプリまで開発されて配布されてしまったのには驚いてしまった。 外部サイト.

次の