メーガン ケリー。 スキャンダル : 作品情報

グレース・ケリーがレーニエ大公と結婚した理由

メーガン ケリー

22日、キャスターのメーガン・ケリーは、オスカー女優であり活動家としても知られるジェーン・フォンダを辛辣に非難した。 自身がホストを務めるトーク番組でフォンダが出演した際、彼女にぶつけた質問が発端だった。 2017年9月、映画『夜が明けるまで』の宣伝で共演のロバート・レッドフォードとともに番組に出演したフォンダに、ケリーは「美容整形をどう思うか?」と聞いた。 一瞬ムッとした表情を見せたフォンダだが、冗談っぽく「今、その話をする必要があるの?」と切り替えした。 ドキュメンタリー映画『Jane Fonda in Five Acts』で主演のフォンダは今月20日に発売されたバラエティ誌のインタビューで、ケリーの質問に唖然としたことを明かし、「非常識すぎる。 こういう発言をするから彼女はインタビューがヘタなのね」と語っている。 22日、このフォンダの発言にケリーが噛み付いた。 「まず、彼女が番組に登場したのは」と話し始めて、ケリーが続けた。 「加齢がテーマの映画を宣伝するのが目的だった。 さらに彼女は長年、年配の女性に教養のある表情がどんなものかを教える喜びをオープンに語ってきた。 しかし、現実は80歳になる彼女と同じような見た目の同年代の女性はほとんどいない。 フォンダ自身もこれを承知している。 彼女は私の番組に登場する前は、どこででも美容整形の話をしていたし、それは評価に値するわ」 そしてケリーは1枚のフリップを見せた。 そこに書かれていたのは、これまでフォンダが美容整形のメリットを語ったトーク番組やニュース番組の一覧だった。 これを見せた後、フォンダ自身がこれまで何度も聞かれているであろう質問を、自分の番組であらためて問いかけただけなのに、ケリー自身が意地悪く笑い者にされるのは奇妙に感じると語った。 「彼女がよく知っていると主張するテーマについてあのとき話していたら、年齢にかかわらず女性たちに勇気と自信を与えられたのに、彼女はそれを拒否したのよ」とケリー。 「それはそれで仕方ないけど、あの質問をしたことは後悔していない。 それにジェーン・フォンダに常識と非常識を教えてもらいたいとも思わないわ」.

次の

映画『スキャンダル』ネタバレあらすじと感想。実話のセクシャルハラスメント事件を基に女性の生き方を描く

メーガン ケリー

再びのご登場は、 整形オバケ ハリウッドを代表する大女優、 ジェーン・フォンダ(79)。 9月の上旬の記事で、 新作映画(Netflixオリジナル)『Out Souls At Night』(アワー・ソウルズ・アット・ナイト)で、ロバート・レッドフォード師匠と38年ぶりの共演を紹介しました。 映画の内容そのものよりも、ロバート・レッドフォードのヅラが可愛い件と、ジェーン・フォンダの老けなさっぷりが恐ろしい件をメインに紹介しましたが… ほいで水曜日に、またこの2人がそろって、NBCのトークショーに登場したんですな。 ジャーナリストで政治コメンテーターである、メーガン・ケリーの始まったばかりの新しいトーク番組です。 そこで何を思ったか(プロデューサーに事前に指示されていた?)、ジェーン・フォンダの美容整形についての質問を投げかけたメーガン "You admit you had work done. I think it's to your credit. You look amazing. Have you... why did you say.. I read you felt you're not proud to admit you had work done, why not? " 「美容整形手術を受けたことを認めていますよね。 勇気があることだと思います。 そして、お美しい。 今まで… なぜ…(口ごもり始めるメーガン)、整形を認めたことを恥じているそうですが、なぜです? 素晴らしいことなのに」 この質問を受け、メーガン・ケリーの顔を数秒、鋭い眼差しで睨みつけるジェーン・フォンダ師匠。 "We really want to talk about that now? " 「それ、今ここで話すことなの? 」 と、明らかにキレ顔にて、釘を刺しました(その時の表情が下の画像)。 ジェーン姐さん、ガツンと言ったってください んがすぐに「Thanks」ありがとね、と言い、その後はメーガン・ケリーに質問する間を与えぬがごとく、指導権を握り、映画について語ったジェーン・フォンダでございました。 師匠、さすがっす ちなみに、メーガン・ケリーは番組終了後、職安へ直行しました(なんでやねん)。 ソーシャルメディア上では、 「メーガン・ケリーのキャリア、オワタ 」 「(番組は)3ヶ月で打ち切りか?」 など、メーガンとトークショーの雲行きの怪しさを懸念する声がたくさん、上がっておりました。 ということで、本日のスラング英語は snap。 キレる、という動詞です。 長時間怒り狂うのではなく、イラっとしたりカチンとして一瞬キレること、八つ当たりなどでキレる時にも使えます。

次の

メーガン・ケリー

メーガン ケリー

1982年9月13日、グレース・ケリーとその娘ステファニー公女のクルマが転落事故を起こしました。 モナコ公国による公式声明は誤解や憶測を招くものであり(搬送された病院の執刀医は「に対し、そのことを激しく非難しました)、私たち市民はその自動車事故の全容と、そしてグレース公妃の負傷の状況について混乱させられることとなったわけです。 当時、情報が錯綜したことで巻き起こった疑心暗鬼が、いまもってグレース・ケリーの死について、「何か隠された真実があるのではないか」という疑念を残し、尾を引いているわけです。 しかし、秘密の情報など、実際にはどこにも存在しません。 それでは実際に何が起こったのか、その全容をお伝えしましょう。 グレース公妃は娘を乗せた車を運転し、駅へと向かっていました 「に掲載された、作家ジェフリー・ロビンソンによる『レーニエとグレース:私的肖像』からの抜粋に目を通すと、グレース公妃は17歳になる娘ステファニー公女の入学準備のため、パリ行きの列車搭乗券を2枚持っていました。 11年物の愛車のローバーの運転はお抱え運転手には任せず、グレース公妃自らハンドルを握っていました。 パリでの新生活のための大きな荷物を運ばねばならず、2人乗るだけでクルマは一杯だったのです。 そして、ラ・テュルビー(フランス、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏)から、さらに3キロほど過ぎたあたりの急カーブを曲がりそこねたグレースのローバーは、そのまま40メートルの斜面を転がり落ちたのでした…。 ステファニー公女の姉のカロリーヌ公女はロビンソンに対し、妹から伝え聞いた事故当時の状況を次のように話しています。 ママは完全にパニック状態に陥っていたそうです。 ステファニーは、ハンドブレーキを引いたそうです。 これは事故の直後に聞かされた話になります。 事故は、運転中のグレース公妃が脳梗塞に襲われたことが原因だと推察されています ステファニー公女のインタビューによれば、そのときグレース公妃は、「頭痛に悩まされていた」と言っています。 その結果、瞬間的に意識を失ったと推測されてもいます。 そしてクルマは道を逸れ、フルスピードで崖へと飛び出してしまったという流れです。 後日、検死を担当した医師たちにより、「グレース公妃に、脳血管発作を起こしたと思われる根拠が見つかった」と発表がなされました。 公妃が運び込まれた病院で外科主任の地位にあったジャン・シャトラン医師は、『タイムズ』誌の取材に対し、次のように語っています。 「例えこれが自宅で起こったのであれば、おそらく彼女はしばらく座って休んだ後に、回復したのではないでしょうか。 症状としてはその程度の、比較的穏やかなものだったのではないかと想像できます。 もちろん、もはや実際の状況を知る術などなく、これは憶測に過ぎません。 見方を変えれば、まったく異なった真実が浮かび上がってくる可能性もあるのです」と…。 「グレース公妃がブレーキではなく、アクセルを踏み込んでしまったのではないか」と見る人もいますし、「なんらかの理由で足を動かすことができなかったのではないか」と推理する人もいるようです。 グレース公妃が快方に向かっているという誤った報道もありました 大腿骨(だいたいこつ)、鎖骨、そして、肋骨を骨折したグレース公妃が危機的状態に陥っていたにも関わらず、モナコ公国のスポークスマンは「グレース公妃の容態は安定している」と声明を出し続けたのです。 その公式声明を鵜呑みにしたのは、大衆だけではありませんでした。 「妹が生命の危機を脱したのだと、私も信じたのです」と、『タイムズ』誌の取材に答えたのは、フィラデルフィアに暮らすグレース公妃の兄ジョン・ケリーです。 「公式声明として示されていたのは、医学的に裏づけのある情報ではなく、政治的な情報だったわけです…」と、同じく『タイムズ』誌に対して語ったのは、シャトラン医師と同僚の医師です。 お二人によれば、公国スポークスマンによる不確かなメッセージが広まったおかげで、「ステファニー公女がドライブしていた」や、「グレース公妃に対して適切な治療がなされなかった」などという、今日まで語り継がれるほどの疑惑を生んでしまったわけです…。

次の