クォン ユル。 クォンユルのおばや兵役に年齢プロフィール!熱愛説の彼女と結婚観

クォンユルのおばや兵役に年齢プロフィール!熱愛説の彼女と結婚観

クォン ユル

クォンユルのプロフィール 名前:권율 クォンユル 權律 本名:권세인 クォンセイン 權世仁 生年月日:1982年6月29日(36歳) 身長:179. しかし、サッカー選手になるには体格も細く、センスがないことに気づき、それ以降は趣味として楽しむようになったとか。 クォンユルさんのおば(母親の姉妹)は韓国の有名女優。 (後述) そのため昔から彼女の出演するドラマや映画を家族で一緒にみる機会が多かったようです。 そういった環境から自然と演技に興味を持つようになり、高校の時に俳優を進路に選び、大学は中央大学演劇映画科に進学。 大学の同期さんとは共に演技に励み、先輩さんのおかげでたくさんの映画に触れることができました。 しかし、除隊後は甘くない現実を実感し、芸能人事務所に所属することになります。 以降、毎年数々の映画やドラマに出演し、人気俳優の一人となりました。 クォンユルさんの俳優としてはターニングポイントとなる作品となる、2014年(32歳)映画「バトル・オーシャン海上決戦」ではチェミンシクさんの長男として熱演。 そのときのクォンユルさんの演技について、主演のチェミンシクさんはこう評価しています。 「近頃、クォンユルのような俳優はそういない。 作品にとても情熱を持って参加していたのが印象に残る。 もう一度一緒に作品に参加したい後輩である そしてデビュー当時の自分についてクォンユルさんはこう語っています。 「私が25歳でデビューした当時は、自分がさんやさんのような青春スターになるだろうと思っていました。 童顔と美男子と呼ばれる自分の顔を演技の技術として使いたいと思っていたのです。 今は観客が私の顔に気づかないで欲しいです。 naver. チェミョンギルさんは、1981年MBC放送局の13期タレントとして選ばれ、同年にデビュー。 その美貌から、時代劇の王妃役や現代ドラマでの社長夫人、マダム役を多く演じ、多くの演技賞を受賞しています。 しかし、理想の女性については以下のようにコメントしたことがあります。 「家庭的な女性ならいいと思います。 料理が好きで何かリフォームしたり作ったりすることも上手な、生活の知恵を持っている人。 インテリアに興味が多いですが、そんなセンスを持っている人を見るとうらやしいと思います。 賢明なスタイルが理想です。 segye. com) また、あるインタービューでは 「互いに尊重できるように、例えそれがどんな分野であってもプロフェッショナルな人であった欲しいです。 donga. com) と語っています。

次の

ザ・キング永遠の君主の日本語字幕つきの相関図とキャスト一覧!|こりあんオタク

クォン ユル

クォン・ユルは、今まで見せたことのない新しい姿で人々のもとへ戻るため、様々な準備をしている。 OCNドラマ「ボイス3」を撮影していた時よりも、さらに鍛え抜かれた体で撮影現場に登場したクォン・ユル。 男の中の男というコンセプトで撮影した今回のグラビアで、彼の引き締まったボディラインが捉えられる度に現場からは感嘆の声が漏れた。 演技への苦悩から日常まで、率直に語る彼を見ていると、本当に好きにならずにはいられない男性だと思った。 今までどのように過ごしましたか? クォン・ユル:作品もずっと見ていますし、運動も熱心にしています。 個人的には、実力を身につけるリフレッシュの時間を持ちたいと思いました。 そのために本もたくさん読んで、良い文章は自分で書いてみたりして、心身ともに豊かになることができる個人的なスキルアップの時間を過ごしていました。 非現実的と言えるほど残酷な人物ですが、初めてこの人物に出会った時、いかがでしたか? クォン・ユル:シーズン1がとても愛されたじゃないですか。 俳優としてこのようなジャンルで一度くらいは悪役がしてみたいと思いました。 なので、初めてこの人物に会った時、困惑したり、混乱するよりは挑戦したいと思ったようです。 このような役について、以前からイメージトレーニングやシミュレーションをしていたので、見慣れない人物というよりは、「この部分はこのように、もっとうまく表現したい」ということだけ見えてきました。 何気なく殺人を犯しますが、同じ性向でありながら、異なる現実を生きるト・ガンウの内に秘めた悪の本性を目覚めさせようとするなど、心理的な変化も重要だった人物なので感情の消耗が激しかったと思います。 クォン・ユル:ある役を演じていると感情の消耗がなくなることはないでしょう。 経験したことのない、ひいては経験してはいけないことを十分にイメージ化させ、それを演技を通じて表すという作業の連続です。 十分練習しても感情の消耗は大きいはずです。 しかし、ある特定の職業や役のせいでもっと大変だったり、楽だったりするよりは、俳優としては常に当たり前のように経験すべきものだと思います。 今回の「ボイス」でも確かに感情の消耗はありましたが、ただ俳優として経験するしかない通過儀礼だったと思います。 人々にいつも新しいものを見せなければならないというプレッシャーがあるわけではありませんが、俳優として挑戦できなかった部分を、勇気を出して一つ一つ作っているところです。 どんな姿で皆さんの前に立てるか、僕もとても楽しみです。 悪役が持つ魅力はありますか? クォン・ユル:日向ではなく、日陰からの視線でストーリーを引っ張っていくことが、個人的には興味深いと思います。 日向での話も面白いですが、陰と陽がぶつかる部分でのインパクトが、作品の中で印象深いシーンを誕生させることがたくさんありました。 それで悪役に興味を持ったのだと思います。 このような役のクォン・ユルをまた見ることができるでしょうか? クォン・ユル:「最悪の一日」は僕もとても幸せに作業した映画です。 作業期間が非常に短かったし、オールロケで撮影した作品でしたが、他の作品とは少し違いました。 何より俳優たちが本当に仲が良く、そのおかげでたくさんの方から好評をいただいた、新しいアンサンブルをお見せすることができました。 そのため、僕も「最悪の一日」のような作品にまた出会いたいです。 ただ、自然に僕の魅力をお見せすることができる時、挑戦してみたら面白くできると思います。 ソウルの美しい風景、良い音楽などがよく調和して心が温まる映画です。 散歩する気分で観ることができる映画ですので、癒される気分になることができると思います。 僕が持っているものの中で新しいものを受け入れる訓練を続けます。 新しいものと従来のものを完璧に溶け込ませ、口の外に、身体の外に出した時、人々にそれが全く新しい僕だけのものに見えることを願っています。 簡単なことではありませんけどね。 最近は主に何をして過ごしていますか? クォン・ユル:最近はバスケットボールをよくやっています。 大学時代までバスケットボールを本当にたくさんしていましたが、俳優を始めてからはできなかったんです。 再びバスケットボールをするうちに、もう少し創造的な考えをするようになりました。 誰かにパスして、どのようにして得点を決めるか、試合をする度に場合の数が変わるので、バスケットボールをしながらオープンマインドになりました。 それが日常に繋がって、最近では世界を見る目も広くなりましたし、新しい考えをたくさんするようになりました。 ずいぶん前にタバコをやめましたが、それでも着実に、習慣的にしないようにしています。

次の

耳打ち~愛の言葉~|ドラマ公式サイト

クォン ユル

SBS『ヘチ』主演陣が自ら選ぶ名場面をまとめた特集記事です。 『ヘチ』チョン・イル — コ・アラ — クォン・ユル — パク・フンが自ら選んだ名場面5 2019. 27午前8:22 チョン・イル-コ・アラ-クォン・ユル-パク・フンが直接選んだ『ヘチ』の名場面を公開した。 『ヘチ』側は4月27日、チョン・イル(英祖役) -コ・アラ(ヨジ役) -クォン・ユル(パク・ムンス役) -パク・フン(タルムン役)が直接選定した名場面を公開した。 チョン・イルは「単に王世弟なので、王になるのではなく、本当に民の状況と心を思うイ・グムの人柄が、まともにあらわれたシーンだったと思う。 所信発言シーンを通じて、民を大切にするイ・グムの心に共感し、演技にさらに没頭することができた」と伝えた。 これは殺主(主人を殺害する)事件に巻き込まれて、王世弟廃位危機に処したイ・グムが、民を大切に真心で民心を動かし、状況を反転させた名場面だった。 特にチョン・イルは、民の心を代弁するように鬱憤を吐いて、両班に一石を投じる断固たる声と目つき演技で、視聴者の心に深い響きを伝えた。 コ・アラは「良いセリフと名場面が特に多かった。 その中の縄でゲドルを捕らえる場面が、たくましく堂々たる茶母ヨジらしさをよく表した場面だ」と、第5・6話のヨジがゲドル(ト・ギソク扮)を逮捕したアクションシーンを、最も記憶に残る名場面に挙げた。 大の男を一度に制圧するコ・アラのガールクラッシュあふれるカリスマと流麗なアクションが、お茶の間にサイダーのような爽快感を届けた。 さらには、第21・22話で、イ・グムがヨジに伝えた告白を名場面に挙げて注目を集めた。 コ・アラは「「どんなことが起ころうとも、一人。 ただ一人は守り抜きたい、そんな想いだ。 私がお前にそうであるように」というイ・グムのセリフがとてもときめいた。 イ・グムとヨジのロマンスがどのように描かれるのか、最後まで関心をお願いします」と伝え、期待感を高めた。 これは新参礼(司憲府申告式)中のパク・ムンスに、チュ・ヨンハンが侮辱されると、パク・ムンスが「この世になぜ犬野郎という言葉があるか知っていますか?犬野郎が犬とも知らず馬鹿げたことばかりして、国禄をもらっているからです。 まさにあなた方のようなろくでなしのために」と切りかえす場面。 クォン・ユルは「自分の地位や出世よりも、正義の実現を最も重要視するムンスらしさと勇気がよくあらわれたシーンだと思う。 間違った方法の新参礼のように、既得権勢力が持ち続けている不正腐敗があり、視聴者の心をムンスが代弁してくれたと思う。 このような理由で、視聴者の方にもたくさん共感していただいたようだ」と伝えた。 この時、クォン・ユルは、組織の腐敗した官僚たち全員が凍りつく爆発的な熱演で、視聴者の胸のつまりをすっきりさせてくれる爽快さをもたらした。 最後にパク・フンは、タルムン(パク・フン扮)と過去の恋人チョン・ユニョン(ペ・ジョンファ扮)の再会シーンを挙げた。 暴れ者タルムンはイ・グムの心強い後ろ盾に揺れない強靭な姿を表わしたが、敵の恋人になって自分を助けてほしいというチョン・ユニョンの切ない要請に揺れる。 これに対してパク・フンは「すべてにおいて完全に見えたタルムンが、アキレス腱のようなチョン・ユニョンとの出会いで、今まで守ってきた信念が揺らぐ」とし「タルムンの人間的な姿がそっくりそのまま現れたこの場面が最も記憶に残る」と伝えた。 続いてパク・フンは「タルムンとの関係をさらに切々と描き出してくれた、ペ・ジョンファ俳優に感謝する」という挨拶も残して温かさを感じた。 どのシーンも、それぞれが演じるキャラクターの性格をよく表している印象的なシーンですね。 2020年6月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Archives:月別アーカイブ• Translation:翻訳 2020年6月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Archives:月別アーカイブ•

次の