サード インパクト 条件。 アダム(白き月)とリリス(黒き月)とリリン、使徒とエヴァ。知恵の実と生命の実。【エヴァンゲリオンFANさいと】

「サードインパクト、リリンにとってのニアサードインパクト」の意図とは? 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版Q」 考察

サード インパクト 条件

この考察をする上で重要になると思われる発言をピックアップします。 ・「この世界の理を超えた新たな生命の誕生。 代償として、古の生命は滅びる」 (リツコ・破)(同じ趣旨の発言として「古の生物を贄として、新たなる生命が誕生する」(Q)がある) ・この星での大量絶滅は珍しくない(カヲル・Q) ・「人の域に留めておいたが本来の姿を取り戻していく。 人のかけた呪縛を解いて、人を超えた神に近い存在へと変わっていく」 (リツコ・破) ・、リリンにとってのニア(カヲル・Q) まず上2つの発言をまとめると、「ト」とは 「多量の古の生物を生け贄 として捧げることで、現世の常識を超えた新しい生命体を誕生させること」であることがわかります。 ここにおける「古の生物」とは「人類=リリンを含む地球上の生物」でしょう。 その人類や動物たちがが「大量絶滅」してしまった。 「序」において「」で人類の半分が死滅した、という発言やの「」で荒廃した世界の様子を見ると、まず「」で人類の半分が死滅し、「」で残っていた人類のほぼすべてが死滅していたというのは、悲しいことですがほぼ間違いがない。 とはいえ完全に絶滅したわけではなく、ヴィレの人々含め、数百~数千人は生き残っているのでしょう。 まあ70億人(で半分が死滅したとしても35億人)から数百人という現象具合は、もはや「絶滅」と同義かもしれませんがね。 70億円持っていた人が突如所持金が数千円に減少したら、もう破産したのと同じですからね 笑 ということで、仮にリツコが言うように「古の生物は滅びる」という条件が達成されたとして、どのようにして「新しい生物」が誕生するのか? それは 「神」が降臨し、新しい生物を自ら作り出す、のではないか。 その 「神を降臨させる贄」(生け贄・捧げもの)として「人類の魂」が必要であり、その魂のゲートとなるのが「ガフの扉」なのではないか。 (詳細はこの記事で) 神を殺すためには、神をこの世界に引きずり出さなければなりません。 その 「」(拠り所・神が降臨する器)が「シンジの魂」と「覚醒した」なのでしょう。 その証拠に「初号機」にしろ「第13号機」にしろ、が覚醒した状態は 「擬似シン化形態」と呼ばれています。 この「シン化」には「進化」と同時に 「神化」の意味もあるのではないでしょうか。 をとして神がこの世に降臨する。 その神の力により「生命体としての人類を進化させる」のが「ゼーレ」の目的(=)であり、神を殺し、新しいルールを作り出す(=「神殺し」)のがゲンドウの目的。 だから、「トを起こす」という点でゼーレとゲンドウの利害は一致していますが、その先の達成したい目的が異なっているゆえに、ゲンドウはゼーレのシナリオを書き換えようとしたのでしょう。 では、その「ト」はいかにして起きるのか? ここで 「、リリンにとってのニア」というカヲルの発言を考えてみましょう。 ここで分かるのはカヲルが「」だととらえているものは、人類にとっては「ニア」(に近いもの)と捉えられている、ということ。 と、今回はここまででございます。 ・まとめ ・「ト」とは 「多量の古の生物を生け贄 として捧げることで、現世の常識を超えた新しい生命体を誕生させること」 ・トでは、 「神」が降臨し、新しい生物を自ら作り出す。 「神を降臨させる贄」(生け贄・捧げもの)として「人類の魂」が必要であり、その魂のゲートとなるのが「ガフの扉」。 その「ニア」では「覚醒した」と「シンジの魂」、そして巨大な(=?)の三つが重要な構成要素であったと考えられます。 一方「フォースト」では「覚醒した第13号機」と「シンジの魂」と「カヲルの魂」、「2本の槍」が重要となったと思われる。 には「だったもの」(=ニアの巨大?)はいましたが、「フォース」には直接かかわっていないようです。 また、どの場にもがいたことを考えると、がその場に同席することも必要なのかもしれません。 レイ(仮称)にとっては「Mark. 06」から「第12の」を開放することが「命令」だったようですし。 ということは、次の「ファイナルト」ではで「第13」となってしまったと考えられる「第13号機」が同席するの役割を果たすのかもしれません。 の結果として生まれる新しい生命とは何か? rimokongetao.

次の

セカンドインパクト

サード インパクト 条件

サードインパクトとは!? ATOLSを依り代としたサードインパクトの威力は凄まじく、渋谷の街を中心にあらゆるものを飲み込み、電子ドラッグの禁断の扉はまさに開かれようとしていた。 — ATOLSmacaronSTUDIO ATOLSmacaronST サードインパクトは人類の祖先である第一使徒のアダムとエヴァンゲリオンとを融合することで発生する強大な自我 により、人間の持つ心の壁を取り払って肉体という器を消滅させ全ての人類をエヴァンゲリオンのエントリープラグ内にあるL・C・Lという液体に変えてしまうことをいいます。 このL・C・Lは「生命のスープ」という別名があり、 この液体が第一使徒から海に流れ出たことで地球に生命体を作り出したと考えられています。 人間の持つ心の壁というのはエヴァンゲリオンではATフィールドと呼んでいて、使徒やエヴァンゲリオンの機体はこのATフィールドを相手の侵入を拒む壁として使ったり、相手を攻撃する武器としても使われています。 人間に当てはめると、自分と他の人との違いを自我として認識している心そのものということになります。 つまり心を開放してしまえば相手との境界線になっている肉体を持つ必要がなくなり、人間は元の「生命のスープ」であるL・C・Lに返っていくという意味です。 この人類補完計画については断片的にその内容が知らされていますが、その詳細についてほとんどわかっていません。 ただ断片情報からそれをまとめると、人間が持っている他人との境界線を無くし 、全ての人類を一つにしてしまうということです。 ゼーレはこの人間を1つにする目的のために行動していて、その行動の一環でサードインパクトを起こそうと画策しています。 実際にはサードインパクトそのものは発生しておらず、それに近いニアサードインパクトを発生させたことになります。 そのためサードインパクトに限ってはゼーレ主導で起こったと言ってもいいので、偶発的に起きたという代物ではないことだけは確かです。 ゼーレにとってエヴァンゲリオンは使徒を倒す兵器ではなく、サードインパクトを引き起こすための道具に過ぎなかったと言えるでしょう。 サードインパクトを起こす目的 8:00〜10:00の富山会議のために日曜潰して前泊して東京にとんぼ返りするの、完全に人生の無駄遣いって感じがする。 その理由ですが崇高な理想というものがあるわけではなく、増え過ぎた人口を抑制して死活問題になっている食料問題を解決するためです。 地球はセカンドインパクトによって南極の氷が溶けだして地上がかなり水没してしまったため、作物を栽培することがとても難しくなっています。 作物の生産が減少すれば、それを飼料としている家畜も当然に影響を受けてしまい、肉類を供給することも困難になってくるでしょう。 海面が上昇して海の容積が増えたので海産物で対応できればいいのですが、世界中の海が赤くなってしまったのは海水の成分が変化したためであり、それまでの海の生物は大多数が死滅してしまったので、海からも食糧問題を解決することができません。 お金を持っていても食べる物がなければ人間は生きていけないため、ゼーレは適正な人口にしたいと考えているのです。 サードインパクト発生まで 「サード」と名付けられていることから、この地球規模での大異変は過去に二度起きていると推測できます。 ただし過去に2回発生したものとサードインパクトとはその主旨が全く異なっていて偶発的に発生したのか、それとも人為的に起こす意図を持って発生したのかということです。 過去の発生時にはエヴァンゲリオンが建造されていないのですから、エヴァンゲリオンを介在させたサードインパクトが過去のものと性質が違うのは明かです。 では過去に発生したファーストインパクトやセカンドインパクトは、どのような条件が揃ってしまったために発生してしまったのでしょうか。 ファーストインパクト そうかんたんに とか人類補完計画とかネルフとかロンギヌスの槍とか使徒とかファーストインパクトとか発信しないで欲しいんですよ。 数学の証明問題でもいきなりq. まで辿り着いたら面白くないじゃん。 — Kentaro㌠ 守秘義務 k24io スポンサーリンク ファーストインパクトが起きたのは地球の創成期の頃であり、まだ生物らしきものが出現しておらず、溶岩が固まって水が発生したことで海と陸地という区分けができた時です。 地球に一個の小惑星がぶつかり、現在の南極ができる辺りに「白き月」と呼ばれる物体が落下。 この物体には後の第一使徒になるアダムの卵が入っていて、このアダムの体液が海に流れ出したことで生命の素となる原型ができ上り、それと共に第3使徒から第17使徒も同時に作り出します。 アダムと他の使徒はそのまま長い年月を何事もなく送っていましたが、そこに新たな小惑星がぶつかり、今度はネルフ本部がある箱根付近に「黒き月」という物体を落とします。 この「黒き月」には人間の祖先になるリリスの卵がありました。 このリリスとアダムが干渉したことでアダムが急速に孵化したため、その爆発的なエネルギー(反ATフィールド)によってファーストインパクトが発生しました。 ゼーレは最初から「白き月」の中に地球の生命の素になった第一使徒のアダムがいることを知っていて、このアダムを自分のものにすることで生命を作り出した神様を利用できると考えます。 ゼーレはその頃から裏で世界を操っていた組織であり、権力や金ではない種の起源における頂点に君臨したいという野望があったと見受けられます。 ゼーレは「白き月」にあった死海文書の解読を行っていて、アダムにロンギネスの槍を突き立てれば反ATフィールドが発生することがなく、セカンドインパクトを防げると考察していました。 ところが反ATフィールドを防ぐには二本の槍が必要であり、ロンギネスの槍だけでは不十分だったのです。 そんなことを知らずにロンギネスの槍だけでアダムを回収しようとしたところ、リリスの子孫とも言える人類と不用意に干渉してしまったため、またしてもアダムが活動して反ATフィールドを発生しました。 その莫大なエネルギーによってセカンドインパクトが生じてしまったのです。 サードインパクトが発生する条件 シンジのATフィールド全開がまさかのサードインパクトだった。 (エヴァンゲリオン破より) 1つ言わせて下さい。 センスなくてごめんなさい。 — ぶどう。 DuWte サードインパクトを人為的に発生するには、もう一度だけアダムを完全状態にして、その強力な反ATフィールドを発生すればいいだけです。 ただしセカンドインパクトによってアダムは卵の状態になっていて、その卵も回収したネルフ諜報員の加持リョウジの手で特殊ベークライトで加工して碇ゲンドウに渡しています。 ゲンドウはアダムの卵を自分の右手に移植し、ゼーレが行なおうとしているサードインパクトとは違う目的で利用しようと考えています。 そのためゲンドウがアダムの卵を出すとは考えにくく、ゲンドウからアダムを奪い取ったとしても卵から孵化するには途方もない時間を要するため、現段階ではアダムを使ってサードインパクトを起こすのは不可能に近くなっています。 そこでゼーレが考えたのは使徒を食らって体内にS2機関を所有し、しかも碇ユイの魂までも取り込んだエヴァンゲリオン初号機。 初号機の中ではアダムの要素である使徒とリリスの子孫である人間が共存していて、それが融合していないので反ATフィールドが発生しませんが、ユイの息子である碇シンジを媒体にすればユイが表に出て来るので、そこでS2機関に接触させれば理論的には今までのファーストインパクトやセカンドインパクトと条件が揃うことになります。 このS2機関とユイを融合させる方法は「セフィロの樹」という状態を作り、そこに「セフィロの実」である10体のエヴァンゲリオンの機体を特定の位置に配置してやればいいのです。 「セフィロの樹」はエヴァンゲリオンテレビ版のオープニングの中てで出ていて、大きな木のような図に数式が書き込まれたもので、丸い円が書かれているところにエヴァンゲリオンを置くことになります。 そこで問題になるのはシンジの存在であり、シンジはサードインパクトが発生するのを嫌がっているため、エヴァンゲリオンの中にいると余計なフィールドができてしまうのは必至です。 しかしシンジがいなければエヴァンゲリオンが起動しないので、ゲンドウはシンジがいなくても初号機を起動できるように綾波レイで試したり、ダミーシステムも開発しました。 ただ母親であるユイの思いも強いのでシンジ以外が乗り込んでも思ったような結果は出ないため、良くてサードインパクトに似ているニアサードインパクトを起こすくらいしかできなかったということです。 まとめ このサードインパクトについては人によって考え方が異なり、明確にはその答えが出ていない大きな謎です。 そのためサードインパクトを引き起こす方法は無数に存在していて、この答えは2020年に公開される新劇場版の最終話を見るしかないでしょう。 それまでは碇ゲンドウや赤木リツコ、渚カヲルなどの関係の深い人物のセリフから考えてみて、点と点を結んでいくしかないのかもしれません。

次の

「サードインパクト、リリンにとってのニアサードインパクト」の意図とは? 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版Q」 考察

サード インパクト 条件

サードインパクトとは? まずサードインパクトを語る上で必要な話があります。 「」です。 ATフィールドとは、ヴィジュアルでいえばエヴァに出てくるバリアのようなものです。 使徒やエヴァが展開することで、攻撃を受け付けないようにするものです。 また、逆に使徒が出すATフィールドをATフィールドによって中和することができます。 しかしこれが本質ではありません。 ATフィールドの本質は、「境界線」です。 ヒトがヒトとしていられるのはATフィールドがあってのことなのです。 肉体を守り、他人との境界をつくる、心を守る盾であるのです。 反対にATフィールドを除外することを反(アンチ)ATフィールドと呼び、の性質がそうではないかと推察されています(詳しくは『』をご覧ください。 ) 本題に戻りますが、サードインパクトとは生命が持つATフィールドをなしにすることで、肉体を捨てて魂を一つにすること、エヴァでいうところの「原始に還る」ということなのです。 「サード」は3度目ということです。 サードインパクト発生まで サードインパクトは上記の最後に書いた通り3度目です。 発生条件には謎が多いですが、1度目と2度目のインパクトを基に条件が考察されています。 ファーストインパクト ファーストインパクトは、はるか昔、地球が誕生した直後に神が知恵の実と生命の実の両方を地球に漂着させるのです。 (諸説ありますが、基本は惑星一つに片方のみしか存在させないそうです。 ) そして、生命が存在しない地球に、初めてアダムの卵を南極に落下します。 アダムは生命の実を持ち、エヴァに登場する使徒を生み出すのです。 その後、 リリスの卵がネルフ本部のある第3東京市に落下します。 これが ファーストインパクトです。 これにより、アダムとアダムが生み出した使徒は眠りにつきます。 セカンドインパクト セカンドインパクトは、葛城ミサトの父が南極へアダムの調査に向かったところ起きてしまった大爆発です。 しかしそれは表向きで、実際は別の真実があるのです。 それは、碇ゲンドウの計画で、アダムを卵の状態に戻すことだったのです。 ロンギヌスの槍によってATフィールドを中和し、人間の遺伝子を組み込ませる実験も含まれていました。 しかし、実験によって覚醒してしまいロンギヌスの槍で封印しようとしますができず、ATフィールドがなくなる、肉体がなくなってしまう状態になる大爆発が起きます。 しかし、アダムが消失することで世界を巻き込むことはありませんでした。 アダムやリリスは神といえる存在です。 サードインパクトが発生する条件とは? サードインパクトの発生条件についてですが、 エヴァが4体いることが挙げられます。 新劇場版によって描かれたセカンドインパクトは、光る4人の巨人と槍が出てきています。 さらにバチカン条約が裏付けとなります。 バチカン条約の内容は、「エヴァは一国に3体まで」というものです。 エヴァが4体そろってしまうことで、サードインパクトが起きてしまうと危険視されての条約なのではないでしょうか。 新劇場版:破でサードインパクトが描かれましたが、この時の4体は以下です。 1.エヴァ初号機 2.第10使徒 ゼルエル 3.碇シンジ 4.綾波レイ これによって、生命のリセットであるインパクトが起きてしまうのです。 しかし、新劇場版:Qによって、インパクトが途中でストップした、ニアサードインパクトであるとカヲルによって明かされます。 しかしこれは自分個人の有力であると考える考察の一つです。 他にも考えられることがあるそうです。 たくさんのファンが考察をしているのでネットなどで調べてみると面白いです。 このように、エヴァのワード一つとっても、いろいろな考察ができるのは一つの大きな魅力ではないでしょうか。

次の