スパーキー デッキ。 【クラロワ】最強メガナイトデッキランキング【最新】|ワイズマン

【クラロワ】ジャイスパデッキ解説!使い方と対策!【クラッシュロワイヤル】

スパーキー デッキ

なぜかと言うと、ボムタワーは 今回のバランス調整では調整されず、未だに強いカードパワーを誇っています。 具体的には陸に対しては範囲攻撃でそこそこのダメージがあり、大型ユニットを抑えるのも容易です。 さらに対空に関しても、体力が多い施設なので、空ユニットのターゲットを取りながら爆破ダメージと絡めて処理することができます。 バランス調整があってから数日経ちましたが、やはり環境に多いロイヤルホグに対しても有利が取れ、アースクエイクの下方修正によって削られにくくなりました。 しかし、弱点としてはバランス調整によって再び射程が7となった マジックアーチャーによって、自陣から射抜かれてしまいます。 それが少し辛いですが、十分強いカードと言えますし、メタの中心に存在すると思います。 アムロ的最注目セット さて、バランス調整が行われ、どのカードとどのカードを組み合わせれば強いのか、気になるところですよね。 アムロが個人的に注目している組み合わせを紹介しようと思います。 それは アースクエイクとロイヤルデリバリーの組み合わせです。 バランス調整後のユニット考察の記事でも紹介したように、アースクエイクとロイヤルデリバリー両方とも前回の調整でユニットへのダメージ量が増加されました。 その結果以前はマジックアーチャーを処理することが出来る程度にとどまっていましたが、現在はハンターを除く 4コストの遠距離ユニット全てを処理することが可能となります。 何が強いのかと言うと、例えば、ロイヤルホグデッキでロイヤルホグを出して、相手が防衛で出してきたユニットとタワーを巻き込んでアースクエイクを打ったとします。 それだけでアースクエイクの遅延効果と相まって大きくダメージを稼ぐことが出来ます。 しかし、攻めで8コスト使ってしまうとカウンターが怖いですよね。 ここで登場するのがロイヤルデリバリーです。 ロイヤルデリバリーは範囲攻撃でもあるので、カウンターにつけてきたユニットにもダメージを与えつつ、遠距離ユニットを処理することができます。 要するに、攻めにエリクサーをたくさん割いたとしても、カウンターを容易に防衛できるのです。 しかしながら、ロイヤルデリバリーの弱点とも言える 登場速度の遅さにはかなり悩まされるものです 笑。 そこは好き嫌いがはっきり別れると思うので、流行りはしないと踏んでいますが、個人的にはかなり押している組み合わせです。 シーズン11環境考察 ここまでのことを踏まえて、シーズン11の環境を考察していこうと思います。 まず、環境の中心に存在している強デッキとして ロイヤルホグデッキ、 スパーキーデッキがあるのではないかなと考えています。 やはりロイヤルホグデッキのカードパワー、スパーキーのカードパワーはいまだに高いです。 そして、そのメタとなるのが ボムタワーの入ったデッキになります。 ロイヤルホグデッキには皆さんお分かりの通り、範囲攻撃が抜群に刺さります。 スパーキーデッキに対しても、タンクユニットとスパーキーなどなど後衛ユニットを重ねられたとしても、範囲攻撃でダメージを与えながら、残りの体力をユニットもしくはスペルで削りきることができます。 ボムタワーの入っているデッキはウォールブレイカーデッキを筆頭に、バルーン、ホグライダー等の高回転寄りのデッキに多く採用されています。 そしてこれらのデッキに有利を取れるラヴァハウンドデッキ、と言った具合にしばらくは環境が動いていきそうです。 トルネードのリワークによって遅延スケルトンラッシュデッキが激減しています。 その影響もあり、ゴーレムデッキも輝く環境になりそうです。 さらに言うと、ミニペッカの射程が短くなったのもあり、ジャイアントデッキも日の目を見ることとなりそうですね。 個人的な見解を書いていきましたが、まとめると 今シーズンは何が流行ってもおかしくない、ということなんですよね。 ぶっちゃけ前シーズンから環境が変わりすぎてなんとも言えないのが実情です。 個人的には既に述べたように ロイヤルホグデッキ、スパーキーデッキ推しです。 環境似合わせたデッキと言うよりも自分の得意なデッキを伸ばしてみるのもいいかもしれませんね! オススメデッキ3選 簡単にはなりますが、5月7日現在の個人的なおすすめデッキを紹介していこうと思います。 ロイヤルホグデッキ 最初はロイヤルホグデッキです。 このデッキは高回転でロイヤルホグも回すことができ、かつロイヤルデリバリーとアースクエイクのシナジーも期待できます。 スパーキーデッキ このスパーキーデッキは以前から人気がありましたが、ミニペッカの下方修正により少し弱体化するのではないかと考えていました。 ですが、このデッキのミニペッカの役割はスパーキーを通すために重ねたり、陸受けの高火力ユニットとしての役割は十分果たすことが出来ています。 そのため依然強いデッキと言えると思います。 バルーンデッキ 最後はバルーンデッキです。 今回のバランス調整によってバルーンに対するトルネード単体での防衛が大幅に弱くなったと思います。 そこでこのバルーンデッキが海外のトッププレイヤーを中心に流行り始めています。 このデッキを使ってみましたがかなり使用感が良く、環境にも刺さっているように感じたので選出しました。

次の

『クラロワ』ウルトラレア「スパーキー」の効果的な使い方と対策 | クラコネ.net

スパーキー デッキ

なぜかと言うと、ボムタワーは 今回のバランス調整では調整されず、未だに強いカードパワーを誇っています。 具体的には陸に対しては範囲攻撃でそこそこのダメージがあり、大型ユニットを抑えるのも容易です。 さらに対空に関しても、体力が多い施設なので、空ユニットのターゲットを取りながら爆破ダメージと絡めて処理することができます。 バランス調整があってから数日経ちましたが、やはり環境に多いロイヤルホグに対しても有利が取れ、アースクエイクの下方修正によって削られにくくなりました。 しかし、弱点としてはバランス調整によって再び射程が7となった マジックアーチャーによって、自陣から射抜かれてしまいます。 それが少し辛いですが、十分強いカードと言えますし、メタの中心に存在すると思います。 アムロ的最注目セット さて、バランス調整が行われ、どのカードとどのカードを組み合わせれば強いのか、気になるところですよね。 アムロが個人的に注目している組み合わせを紹介しようと思います。 それは アースクエイクとロイヤルデリバリーの組み合わせです。 バランス調整後のユニット考察の記事でも紹介したように、アースクエイクとロイヤルデリバリー両方とも前回の調整でユニットへのダメージ量が増加されました。 その結果以前はマジックアーチャーを処理することが出来る程度にとどまっていましたが、現在はハンターを除く 4コストの遠距離ユニット全てを処理することが可能となります。 何が強いのかと言うと、例えば、ロイヤルホグデッキでロイヤルホグを出して、相手が防衛で出してきたユニットとタワーを巻き込んでアースクエイクを打ったとします。 それだけでアースクエイクの遅延効果と相まって大きくダメージを稼ぐことが出来ます。 しかし、攻めで8コスト使ってしまうとカウンターが怖いですよね。 ここで登場するのがロイヤルデリバリーです。 ロイヤルデリバリーは範囲攻撃でもあるので、カウンターにつけてきたユニットにもダメージを与えつつ、遠距離ユニットを処理することができます。 要するに、攻めにエリクサーをたくさん割いたとしても、カウンターを容易に防衛できるのです。 しかしながら、ロイヤルデリバリーの弱点とも言える 登場速度の遅さにはかなり悩まされるものです 笑。 そこは好き嫌いがはっきり別れると思うので、流行りはしないと踏んでいますが、個人的にはかなり押している組み合わせです。 シーズン11環境考察 ここまでのことを踏まえて、シーズン11の環境を考察していこうと思います。 まず、環境の中心に存在している強デッキとして ロイヤルホグデッキ、 スパーキーデッキがあるのではないかなと考えています。 やはりロイヤルホグデッキのカードパワー、スパーキーのカードパワーはいまだに高いです。 そして、そのメタとなるのが ボムタワーの入ったデッキになります。 ロイヤルホグデッキには皆さんお分かりの通り、範囲攻撃が抜群に刺さります。 スパーキーデッキに対しても、タンクユニットとスパーキーなどなど後衛ユニットを重ねられたとしても、範囲攻撃でダメージを与えながら、残りの体力をユニットもしくはスペルで削りきることができます。 ボムタワーの入っているデッキはウォールブレイカーデッキを筆頭に、バルーン、ホグライダー等の高回転寄りのデッキに多く採用されています。 そしてこれらのデッキに有利を取れるラヴァハウンドデッキ、と言った具合にしばらくは環境が動いていきそうです。 トルネードのリワークによって遅延スケルトンラッシュデッキが激減しています。 その影響もあり、ゴーレムデッキも輝く環境になりそうです。 さらに言うと、ミニペッカの射程が短くなったのもあり、ジャイアントデッキも日の目を見ることとなりそうですね。 個人的な見解を書いていきましたが、まとめると 今シーズンは何が流行ってもおかしくない、ということなんですよね。 ぶっちゃけ前シーズンから環境が変わりすぎてなんとも言えないのが実情です。 個人的には既に述べたように ロイヤルホグデッキ、スパーキーデッキ推しです。 環境似合わせたデッキと言うよりも自分の得意なデッキを伸ばしてみるのもいいかもしれませんね! オススメデッキ3選 簡単にはなりますが、5月7日現在の個人的なおすすめデッキを紹介していこうと思います。 ロイヤルホグデッキ 最初はロイヤルホグデッキです。 このデッキは高回転でロイヤルホグも回すことができ、かつロイヤルデリバリーとアースクエイクのシナジーも期待できます。 スパーキーデッキ このスパーキーデッキは以前から人気がありましたが、ミニペッカの下方修正により少し弱体化するのではないかと考えていました。 ですが、このデッキのミニペッカの役割はスパーキーを通すために重ねたり、陸受けの高火力ユニットとしての役割は十分果たすことが出来ています。 そのため依然強いデッキと言えると思います。 バルーンデッキ 最後はバルーンデッキです。 今回のバランス調整によってバルーンに対するトルネード単体での防衛が大幅に弱くなったと思います。 そこでこのバルーンデッキが海外のトッププレイヤーを中心に流行り始めています。 このデッキを使ってみましたがかなり使用感が良く、環境にも刺さっているように感じたので選出しました。

次の

【クラロワ】1月6日に実施されるバランス調整とおすすめデッキを紹介

スパーキー デッキ

『クラロワ』クラッシュロワイヤルにおける、新たに登場したウルトラレアカード 「スパーキー」の ステータス、 バトル中の効果的な使い方、 敵に出された時の対策について詳しく掲載していきます。 スパーキーは、クラロワ史上初となる超攻撃型ユニットです。 その破壊力は凄まじく、ユニットの中で最強を誇るダメージ量を持っています。 『クラロワ』新ウルトラレアカード「スパーキー」のステータス・効果的な使い方と対策 新たにウルトラレアカードとして「スパーキー」が登場! 今回の5月初旬のアップデートにより、新たにウルトラレアカードとして登場したのが 「スパーキー」です。 スパーキーの特徴としては、クラロワ史上初となる超攻撃型ユニットであることです。 上記画像を見てもらえると分かりますが、最大レベルのスパーキーのダメージ量は、1,898と非常に恐ろしいカードです。 移動速度、攻撃速度は共に遅いですが、バトル上に配置された際の圧力感はスパーキーを超えるカードはないでしょう。 スパーキーの入手方法と入手確率 『クラロワ』の新ウルトラレアカード 「スパーキー」の入手方法は、 アリーナ6以降にバトルで勝利した際にもらえる宝箱や、おまけの宝箱、クラウン宝箱を含む 全ての宝箱から入手する方法と、アリーナ8(レジェンドアリーナ)に滞在中にごく稀に ショップ画面から購入する方法の2種類があります。 ウルトラレアカードは、『クラロワ』の中でも最上位のレアなカードとなっていますので、入手確率は非常に低確率です。 自分の引きの強さと運に左右されると思いますので、宝箱を開ける際は気合いを入れて開けましょう。 スパーキーのステータス 【基本データ】 アンロック アリーナ6(大工の作業場) ショップ購入 可 レアリティ ウルトラレア タイプ ユニット コスト 6 召喚数 1 移動速度 おそい 攻撃速度 5秒 攻撃タイプ 範囲攻撃型 攻撃目標 地上 射程 4. 5 配置時間 1秒 【ステータス】 レベル HP ダメージ(毎秒) 範囲ダメージ 1 1,200 260 1,300 2 1,320 286 1,430 3 1,452 314 1,573 4 — — — 5 1,752 379 1,898 【アップグレードコスト】 レベル 枚数 ゴールド 1 — — 2 2 5,000 3 4 20,000 4 10 50,000 5 20 100,000 スパーキーのバトル中の効果的な使い方 ここからは、新ウルトラレアカード 「スパーキー」のバトル中の効果的な使い方について掲載していきます。 スパーキーは、想像を絶するほどの破壊力を持っていますが、移動速度・攻撃速度は共に遅いのが欠点です。 単体で進軍させるというよりも、他のユニットと一緒に配置するのが理想の使い方と言えます。 まだ登場したばかりですが、現時点で強そうだなと感じた組み合わせは、 「ラヴァハウンド」と「スパーキー」を一緒に配置して、タワー付近に到達したら「レイジ」の呪文で一気に仕掛けるという攻め方です。 イメージでは、巨大スケルトンと三銃士にレイジをかけるような感じと同じです。 更に、スパーキーは 「鏡」との相性も抜群です。 前半は鏡を使ってエリクサーポンプを大量に配置し、後半は鏡を使って大量のスパーキーを出すという攻め方もかなり良い感じかと思います。 攻め方としては、ロイヤルジャイアントの後方からスパーキーを出し、ダブルで攻めていくという流れですが、これがまた意外と強いデッキ編成です。 スパーキーをバトル中に出された時の対策 次に、新ウルトラレカード 「スパーキー」をバトル中に出された時の対策について掲載していきます。 スパーキーは、 ダメージ量が多い上に範囲攻撃型のユニットですので、時間をかけずに処理をするのが理想です。 例えばですが、バーバリアンなどで処理をしようとしたら、スパーキーの攻撃で1撃で瞬殺されますので地上複数ユニットで処理をする方法というのは考えない方が良いかもしれません。 更に、ベビードラゴンなどで処理をするというのも手ですが、ベビドラで処理をしている最中に地上ユニットを同時に出してしまうと、スパーキーの範囲攻撃でベビドラも瞬殺されてしまいます。 状況にもよりますが、現時点でのスパーキーの対策はないと言っても過言ではありません。 敵に呪文カードを使わせた後に、ガーゴイルやガーゴイルの群れで処理をする方法が、今のところ有力です。 更に、スパーキーが攻撃した後すぐにユニットで処理をするのがベストです。 (スパーキーの攻撃速度は5秒の為)そして、バーバリアンをスパーキーの真上から出すことで、バーバリアンを1撃で瞬殺される確率が減少しますので是非試してみてください。 スパーキーの相性一覧表 近日公開します。 まとめ スパーキーは使い方を見極めれば最強のカード! 以上が、 『クラロワ』新ウルトラレカード「スパーキー」のステータス、バトル中の効果的な使い方と対策になります。 スパーキーは、使い方によっては最強のカードになる可能性があります。 私個人的にですが、使い方でも説明したように「ラヴァハウンド」と「レイジ」を組み合わせたデッキが相当強力です。 今回の新ウルトラレアカード3種類の中でも、ダントツ人気度が高いカードですので是非とも入手したいところです。 今回のアプデ以降は、レアな宝箱のドロップ率が上昇しています。 たくさん攻めてウルトラレアカードを引き当てましょう。

次の