芳沢すみれ。 【ペルソナ5 ザ・ロイヤル】新ヒロイン・芳澤かすみは他ヒロインに太刀打ちできるのか?検証まとめ

三島由紀夫の【あやめぐさ】とは?芳澤あやめについて調べてみた!

芳沢すみれ

Sponsored Link たとえば、増山が憧れている「万菊」が、舞台から控え室に戻ってくるときの描写は その身体一杯に溢れている舞台で演じてきた大役の情念を、江戸時代の花魁や、 戦国時代の姫君、その感情や情念を、か細い体一杯に万菊は受け止め そして控え室に帰ってくる。 その万菊の身体のどこに、それだけの感情を入れる器があるのか 増山の目を通して三島由紀夫は、女形に対する驚きと憧れを 隠しきれずにいるのが、とてもよく伝わってきます。 「増山は大役を演じて楽屋にかえったときの佐野川屋が好きであった。 今演じてきた大役の感情のほてりが、まだ万菊の体一杯に残っている。 それは夕映えのようでもあり、残月のようでもある。 古典劇の壮大な感情、われわれの日常生活とは何ら相渉らぬ感情、 御位争いの世界とか、七小町の世界とか、奥州攻めの世界とか、 前太平記の世界とか、東山の世界とか、甲陽軍記の世界とか、 一応は歴史に則っているように見えながら、 その実どこの時代とも知れぬ、錦絵風に彩られ誇張され 定型化された グロテスクな悲劇的世界の感情、 ・・・・人並み外れた悲嘆、超人的な情熱、身を妁きつくす恋慕、 恐ろしい歓喜、 およそ人間に耐えられぬような 悲劇的状況に追い詰められた者の 短い叫び、 ・・・そういうものが、つい今しがたまで万菊の身に 宿っていたのだ。 どうやって万菊の細身の体がそれに耐えてきたかふしぎなほどだ。 どうしてこの繊細な器から、それらが滾れてしまわなかったのか ふしぎである。 」 出典:三島由紀夫「女方」より たしかに、舞台の上は、この世のものではない様な・・・ そう考えると、歌舞伎役者の方々というのは ものすごい勢いで見たことのない日本の昔にタイムスリップしてきて、 その感情を観客である私達に持ってきて見せてくれているのかと思うと、 歌舞伎座というのは、一種独特で、不思議な、荘厳な空間なのだなあ・・・ と思わずにはいられないのでした。 この芳澤あやめの話を実際に見聞きした狂言作者の「福岡彌五四郎」が、 晩年に口述して、「役者論語」という一冊の本にまとめたものでした。 この中に、「あやめ草」の章が載っているそうです。 その内容も、以下の様な感じらしく・・・女形の心得が29か条にわたって 記録されているそうです。 人前では絶対に食事をとらない• 相手役の立役には、男性である自分を決して見せない。 幕間の休憩時であっても、相手役に男であると言うことを決して感じさせてはいけない• 普段の生活も、常に女性として生活を送る まだまだ続くそうですが、とにかくすごすぎる~、、 女形の修行とは、「体と心の修行」であると、以前りりえぴは読んだことがありますが 男の人が演じる女性というものが、ここまで高められてきたことが なんだかすごいことと同時に、なぜに世の中には女性と男性がいるのかな・・・ という不思議さがどんどん湧いてくるのでありました。 皆さんはどんな風に思われますか・・・ 舞台の上で人が演じることって、あまりにも奥が深いですね・・・ こちらの三島由紀夫の「女方」は、 「花盛りの森・憂国」に収められている一編でした。

次の

【ペルソナ5スクランブル】芳澤かすみは登場する?【P5S】

芳沢すみれ

発売日から3日は寝ないでプレイした。 どうも、サトミです。 待ちに待ったせいか、カフェインなしで本当に3日くらいは寝ないでやってました。 本当に眠気などなかったんですよね。 興奮のせいかな? まぁ、それは置いといて。 無印のエンディングで謎だった竜司の台詞、 「ひょっとして、まだ誰かの夢の中なのかな」の謎が分かったのは良しです。 ペルソナ5完全版と言うことで、そこら辺の補完はしっかりしてましたね。 ただ、ペルソナ5Rになってから出来た謎もあり、そこが不満点。 詳しくは下記のほうで。 ペルソナ5R感想 まず、シドウパレス攻略・・・つまり12月末までのメインストーリーに変わりは無いです。 細かな変更点で個人的に良かったのは、 ・ パレス内のワイヤーと竜司の瞬殺・パレスの認知変化 ワイヤーは個人的に楽しかったです。 ですが、探索時間がその分長くなったかな? 竜司の瞬殺については、経験値やお金など手に入るようになったので 「パレスの認知変化して瞬殺してサクサクレベリングや金策」が出来るようになりました。 というか、これがメインのレベリング方法かなと思います。 (無印にあった刈り取る者を絶望させてレベリングは出来なくなりました) ・ 吉祥寺での行動 新たに追加されたスポット吉祥寺では、人間ステータスや友好度を上げられるビリヤードとダーツが出来るんですが・・・楽しい! 特にダーツが楽しい。 高難易度のバトルで重要な「バトンタッチ」のレベルも上げられるので最高。 そして、仲間のペルソナレベルやステータスを上げられる「ジャズバー」 ベルベッドルームで出来るペルソナ強化に必要な「お香」 SPを上げられる「お寺」 などなど、吉祥寺は本当に楽しかったです。 ・ 新ペルソナ 事前情報にあった「ミシャグジさま」は弱体係として終盤にお世話になりました。 他にも、中盤ではおすすめ候補にあがる「デカラビア」はアルカナが愚者から新しく追加された顧問官になってましたね。 他にも信念のアルカナになったペルソナがいました。 ・・・おかげで合体が少し面倒くさかったです。 そしてそれは・・・的中!まぁ容易な予想でしたね。 でも少し違いました。 「黒明智とのショータイム」でしたからね。 (明智について詳しい事は下記で) それと、ジョーカーのショータイムは明智とだけでなく「芳沢」ともありました。 芳沢のコープイベントやショータイムを見ると、「ペルソナ5の正ヒロインは芳沢だなぁ」と感じました。 ・ベルベッドルームの合体警報 戦闘勝利時に希になる合体警報ですが、 合体よりもアイテム化の時に役立ちます。 無印で最強武器であった「万魔の銃」をはじめ、他の武器やスキルカードが一段上に強化されますから、更に強くといった感じですね。 (個人的にはメリットもあまりないかなぁって・・・) ・特別刑務(双子デート) ただ一言・・・最高だった。 3学期感想・ネタバレ注意 はい。 シドウパレス攻略後のストーリーですね。 無印では改心後、12月24日に主人公は新島冴に出頭をお願いされますよね。 ペルソナ5Rでは・・・明智が出頭します。 「明智ぃ!生きてたのかお前ッこの、早く言えよォ」とリアルに言いました(笑 今作では明智とのコープは自動ではなく、吉祥寺にいますので話掛けてあげていく形になります。 ニイジマパレスの直前に明智コープで重要そうな選択肢が出るのですが、多分ここで3学期に行くかどうかの分岐なのかな?と思います。 何故なら、明智コープを上げていくと「明智の手袋」を預かる事になるので。 そしてシドウパレスのあの場面、選択肢で「手袋は預かっておく」というのが出ます。 これがあったからこそ、3学期に行けたのかなと。 あぁ、最初に3学期ボス・・・つまり真ボスを率直に言いますね。 「丸喜拓人」です。 ざっと3学期のネタバレをすると、 世界を幸せにしたいと願う丸喜がペルソナの力を使って「理想の現実」にしたのが3学期です。 (理想の現実では、双葉の母親や奥村父が生きており、今までの事件はなくなってて仲間達は幸せに暮らしてる) 新アルカナである顧問官のコープ相手の丸喜先生。 新キャラ発表の時にさんざん怪しいとか言われてましたけど、案の定でしたね。 でも、コープを進めてる時はそんな雰囲気は無かったんですよね。 丸喜先生とのコープは期限付きで、11月までにMAXにするのですが、普通に優しくていいキャラでした。 所々ですが「ちょっと怪しいかな?」という事があったとはいえ、ラスボスなのは意外でした。 そして「芳沢かすみ」 彼女とのコープは5でMAXなのですが、3学期の後半になると10まで解放されます(もちろん恋人にも出来るように) 雑にいうと、彼女は「芳沢かすみ」ではなく「芳沢すみれ」だったんです。 会話イベントで「妹がいる」と言ってましたが、彼女自身が妹で「芳沢かすみ」と思い込んでいた「芳沢すみれ」でした。 (優秀だった姉「かすみ」が「すみれ」を車から庇って死亡。 生き残ったすみれは「かすみの方が優秀だった。 ここにいるのがかすみだったら・・・」と思っていたすみれに、丸喜が力を使って「自分は芳沢かすみ」と思い込ませた) まぁ、会話などで伏線らしきモノはあったので「やっぱりか」という感じでした。 (事前情報でコードネームはヴァイオレットと発表されたのもありますね) 丸喜のペルソナは「アザトース」 パレス内でもクトゥルフ関連のシャドウが出てきた事もあり、最初は「まさか、黒幕はニャル子さん!?もしかしてP2世界と!?」なんて妄想してましたが違いましたね。 そこは残念。 双葉や春の「親が生きている理想の現実」と同じように、 「明智が生きていて、殺しなどしていない現実」とのこと。 仲間だけでなく、主人公も理想の現実に入っていたんです。 あのシドウパレスで生まれた後悔から。 ここで、明智に改めて「元の現実に帰るかどうか」の選択を問われます。 PVなどの台詞であった「 君が迷うことは、僕への裏切りだ」の場面です。 丸喜を改心させ、元の現実に帰ると明智は居なくなる。 ここに留まれば「理想の現実」は現実になり明智は生き残る。 お察しの通り、エンディングの分岐です。 この直前にセーブできるので、僕はまず「この現実に留まる」を選びました。 明智はガッカリした様子で去り、主人公の意識がブラックアウト。 目が覚めた時、ルブラン内に「全員」揃ってました。 鴨志田の事件がなく、志保と仲良くしている杏。 膝も陸上部も無事な竜司。 優しく理想的な斑目を師にもつ祐介。 父と姉と仲良く暮らしている真。 母親と幸せに生きている双葉。 父と共に会社を支える春。 憧れの人間になれたモルガナ。 自由を得て心を許せる友が居る明智。 芳沢かすみとして生きている芳沢すみれ。 仲間に囲まれて、ルブランにずっと居る事になった主人公。 この選択肢はバッドエンド扱いなのですが・・・、 個人的にこれはハッピーエンドかなと思っています。 上記の通り、全員の理想が叶えられている世界。 パレスの認知存在と違って「本当に生きている」ので「まさしく理想の現実」なんです。 丸喜を改心させ、元の現実に戻ると明智は居なくなるので「12月に出頭したのは主人公」つまり無印と同じエンディングになります。 正しいルートでも、こちらは厳しい現実。 なんとも「うぅーん・・・」な感じでした。 しかし、最後のエンディングアニメではチョロッと明智が生きているかのような演出がありました。 ・・・結局生きているのか死んでいるのかハッキリしていません。 EDアニメと芳沢について・P5Sに繋がる? 正しいルートを選んだエンディングでは、アニメが無印と少し違ってました。 無印では「仲間が車で迎えに来て送って行く・・・」でしたが、 今回は「丸喜が駅まで送り届けて電車で帰る」に変更されてました。 駅についた主人公は仲間と別れを告げて電車に乗るんですが、その途中で芳沢に会います。 ですが、その時の挨拶があまりにも淡泊なんです。 僕は芳沢のコープをMAXにし恋人になりました。 バレンタインも砂糖を吐くほどのイベントがありましたし、別れの数日前であるホワイトデーも一緒に過ごしました。 なのに、 駅のホームで偶々ぶつかって「 ちゃんと前を向いて歩かないと危ないですよ先輩。 それじゃあ」みたいな会話だけ。 まるであまり仲良くないような態度。 おまっ、それでも彼女かよ!?という感情が爆発しました。 そしてスタッフロールでは仲間達のその後的なアニメが流れるのですが、芳沢だけは無かった。 この事から、「もしかしてまだ真エンドある?」と思ってます。 もしくは、後に発売されるペルソナ5Sで補完されるのか。 ペルソナ5Rは確かに楽しく面白く最高だったゲームでした。 ですが、ここら辺の矛盾点?不完全燃焼?とにかく最後の締めが不満でしたね。 新キャラのジョゼについて メメントス内でアイテム交換や経験値の増加ができるキャラですが、最後まで正体がハッキリしませんでした。 一応、最後のパレス「丸喜パレス」攻略途中のメメントスの最奥でイベントがあるのですが、 「あの人」とか言ってそのままフェードアウト。 「あの人」って誰やねん。 ホシも結局ショータイムのタメだけのアイテムなのかな? とにかく、ジョゼについてはまったくの謎のままです。 まとめ まだ1週目なので、2週目以降のイベントがあると信じます。 それとも異聞禄みたいに序盤の分岐があるとか? PVであった渋谷の街で時が止まるムービーイベントも無かったですし、取り損ねたイベントあると思います。 もしくはペルソナ4のように、最終日に真エンドルートとか。 これは無印の時にさんざん言われてましたよね。 手帳を渡すとか、コープMAXでやるとか。 まぁ2週目やれば分かる事なのでプレイしてきますね。 2週目はYouTubeライブにてやるので、是非。 Advertisement• 2019. 24 こんにちは、サトミです。 もうすぐです! キングダムハーツ3発売っ。 出典:ファミ通. com 学生の頃にキングダムハーツ2をやりましたが、正式なナ[…]• 2019. 23 どうも、サトミです。 少し前に、今年の秋にPSO2のEPISODE1~3がアニメ化の発表がありましたねー! 2回目のアニメ化はどうなるんでしょうねー。 […]• 2020. 15 ポケモン 空の探検隊以降のシリーズはやっていない。 どうも、サトミです。 先日のポケモンダイレクトで発表されたリメイク作品『ポケモン救助隊DX』体験版が[…]• 2020. 22 新サクラ大戦で1番面白いのは【こいこい】どうも、サトミです。 前回の記事でも書きましたが、サクラ大戦シリーズをやるのは10年以上も久しぶりなのです。 サ[…]• 2019. 12 レア掘りしなきゃ。 ハムスターの如く。 どうも、サトミです。 先日、エキスパート条件の一つ【独極訓練:狂想と幻創】をクリアしました! 掛かった時間は、3日[…].

次の

【ペルソナ5R】芳沢かすみは終盤まで正式な仲間じゃない!?|ペルソナ5R大予習SPを見た感想

芳沢すみれ

Sponsored Link たとえば、増山が憧れている「万菊」が、舞台から控え室に戻ってくるときの描写は その身体一杯に溢れている舞台で演じてきた大役の情念を、江戸時代の花魁や、 戦国時代の姫君、その感情や情念を、か細い体一杯に万菊は受け止め そして控え室に帰ってくる。 その万菊の身体のどこに、それだけの感情を入れる器があるのか 増山の目を通して三島由紀夫は、女形に対する驚きと憧れを 隠しきれずにいるのが、とてもよく伝わってきます。 「増山は大役を演じて楽屋にかえったときの佐野川屋が好きであった。 今演じてきた大役の感情のほてりが、まだ万菊の体一杯に残っている。 それは夕映えのようでもあり、残月のようでもある。 古典劇の壮大な感情、われわれの日常生活とは何ら相渉らぬ感情、 御位争いの世界とか、七小町の世界とか、奥州攻めの世界とか、 前太平記の世界とか、東山の世界とか、甲陽軍記の世界とか、 一応は歴史に則っているように見えながら、 その実どこの時代とも知れぬ、錦絵風に彩られ誇張され 定型化された グロテスクな悲劇的世界の感情、 ・・・・人並み外れた悲嘆、超人的な情熱、身を妁きつくす恋慕、 恐ろしい歓喜、 およそ人間に耐えられぬような 悲劇的状況に追い詰められた者の 短い叫び、 ・・・そういうものが、つい今しがたまで万菊の身に 宿っていたのだ。 どうやって万菊の細身の体がそれに耐えてきたかふしぎなほどだ。 どうしてこの繊細な器から、それらが滾れてしまわなかったのか ふしぎである。 」 出典:三島由紀夫「女方」より たしかに、舞台の上は、この世のものではない様な・・・ そう考えると、歌舞伎役者の方々というのは ものすごい勢いで見たことのない日本の昔にタイムスリップしてきて、 その感情を観客である私達に持ってきて見せてくれているのかと思うと、 歌舞伎座というのは、一種独特で、不思議な、荘厳な空間なのだなあ・・・ と思わずにはいられないのでした。 この芳澤あやめの話を実際に見聞きした狂言作者の「福岡彌五四郎」が、 晩年に口述して、「役者論語」という一冊の本にまとめたものでした。 この中に、「あやめ草」の章が載っているそうです。 その内容も、以下の様な感じらしく・・・女形の心得が29か条にわたって 記録されているそうです。 人前では絶対に食事をとらない• 相手役の立役には、男性である自分を決して見せない。 幕間の休憩時であっても、相手役に男であると言うことを決して感じさせてはいけない• 普段の生活も、常に女性として生活を送る まだまだ続くそうですが、とにかくすごすぎる~、、 女形の修行とは、「体と心の修行」であると、以前りりえぴは読んだことがありますが 男の人が演じる女性というものが、ここまで高められてきたことが なんだかすごいことと同時に、なぜに世の中には女性と男性がいるのかな・・・ という不思議さがどんどん湧いてくるのでありました。 皆さんはどんな風に思われますか・・・ 舞台の上で人が演じることって、あまりにも奥が深いですね・・・ こちらの三島由紀夫の「女方」は、 「花盛りの森・憂国」に収められている一編でした。

次の