考え て ください 敬語。 「妙案」の意味と使い方、敬語表現、「名案」「良案」との違い

「考えてください」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

考え て ください 敬語

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

「お聞かせください」という敬語を使う場合の注意点

考え て ください 敬語

「電話してください」「サインしてください」など、相手に対して何らかの行動を促す言葉です。 「ください」という言葉が使われてるので、敬語と認識している方も多いのではないでしょうか。 丁寧語とは言葉に「お」「ご」「ください」などを付けて、言葉をきれいに見せるための表現方法です。 「花」を「お花」「連絡」を「ご連絡」とするのと同じで、丁寧語には相手への敬意を表す言葉は含まれません。 「してください」は失礼になることも 「してください」という言葉は丁寧語ではありますが、同時に言い切りの命令形と受け取ることもできます。 人に対しての敬意は、敬語だけではなく言い切りの形を選択しないということでも表されます。 「してください」と言うところを「していただけますでしょうか」など、敢えて依頼形として相手の心情を気遣うという話法はビジネスマナーとしても広く知られています。 そのため「してください」という言い切りの形自体を失礼な言い方として受け取る人は一定数いると考えられるでしょう。 「失礼にならない言い方」は言葉自体の正誤だけでなく、相手がどのように受け取るのかを先回りして考えることも含まれます。 「してください」と「して下さい」の違い 「ください」を「下さい」と漢字で書くのは、相手から何か物質をもらいたい場合です。 「ジュースを下さい」「手紙を下さい」「整理券を下さい」など、実際に受け取るものがあるときに「下さい」を使います。 一方で「座ってお待ちください」「ご検討ください」など、物質的なものを受け取るのではなく、相手に何かして欲しいことがある場合は「ください」を使います。 以上のことから、「してください」という言葉は全て平仮名で書く、ということがわかります。 「してください」の正しい敬語とは? 「してください」の敬語は「なさってください」 「してください」ということを目上の方などに敬語で伝えたいときに、気になるのは「して」です。 「して」は「する」という意味で丁寧な言い方とは言いにくいでしょう。 まずはこの「して」を「なさって」に変えてみましょう。 「なさって」とは「する」の尊敬語である「なさる」の変形です。 「なさる」という動作を相手に促したり、相手が何かをしている状態を「なさって」という言葉で表すことができます。 「電話なさってください」「質問なさってください」などとすれば「してください」を敬語にすることができます。 「お電話ください」「ご検討ください」「お待ちください」などです。 「なさる」「される」など「して」に該当する敬語は含まれていませんが、これらの言葉は一般的に敬語として使われています。 「ご検討なさってください」「ご検討されてください」「ご検討ください」は「ご検討」と「ください」の間に入っている言葉が違ったり、入っていなかったりしますが、どれも敬語として正しく使われています。 つまり「して」という敬語ではない言葉が「ご検討」と「ください」の間に入ることで、その表現は敬語ではなくなるということです。 「してください」を使った迷いやすい例文 「ご確認してください」は誤り 「して」という言葉を含むと、その後に「ください」を付けても敬語表現にはなりません。 「ご確認ください」「ご確認願います」「ご確認のほどお願いいたします」「ご確認いただけますでしょうか」など「してください」を使わずに、他の敬語を使って表しましょう。 「使用してください」は不自然 その場にあるものを自由に使って欲しい場合や、手続きなどに特定のものを使ってもらいたい場合に「使用して下さい」という言い方をすることがあります。 しかし「使用」という言葉は「使用可能」「使用不可」などに使われるように、人に対しての話し言葉として使うにはやや不自然な表現です。 「お使いになってください」「お使いください」など「使用」を「使う」という言葉に変えた方が敬語として成り立ちやすくなります。 「使用」を使うのであれば「ご使用ください」などが良いでしょう。 「ご記入してください」は「願います」 相手に何かを書いて欲しいときに使うのが「ご記入」という表現です。 「ご記入ください」「ご記入願います」などとすれば正しい敬語として成立します。 しかしこの場合も「して」を使って「ご記入してください」としてしまうと丁寧語にしかならず、敬語として使うことができません。 「してくださいませ」でやわらかい印象に 「してください」という表現は、命令形としてのニュアンスも含んでいるため、目上の方などに敬語として使うには不十分であるとお伝えしてきました。 しかし「してください」の後に「ませ」が付くと、言葉の印象が多少変わります。 「してください」に「ませ」を付けると敬語となるだけでなく、言葉自体の印象もやわらかくなります。 また「してくださいませ」などの「ませ」を使った表現は、やや女性的という見方もありますが、男性が使っても問題はなく、正しい敬語として使えます。 「してください」のビジネスメールで使える類語 「~をお願いいたします」で願い出る 「してください」という言葉を使わずに、同じ意味を持つ他の敬語を使って、相手に何かを願い出たい場合は「~をお願いいたします」が便利です。 「ご捺印をお願いいたします」• 「ご連絡をお願いいたします」• 「ご確認をお願いいたします」 「~いただけますでしょうか」で依頼する 相手に対して、何かしらの行動を依頼したい場合は「してください」よりも依頼系の言葉を使うと良いでしょう。 依頼系の言葉で良く使われるのが「~していただけますでしょうか」です。 「少々お待ちいただけますでしょうか」• 「ご検討をいただけますでしょうか」• 「ご意見をいただけますでしょうか」 まとめ 「してください」という言葉は確かに敬語ではありませんが、コミュニケーションでは正しい敬語以外に、言い方や伝え方も重要です。 「してください」という言葉を使ったとしても、優しい口調で、相手の気持ちに寄り添うように言われれば嫌な気になる人は少ないかもしれません。 もちろん正しい敬語を使うときも、言葉だけではなく相手の気持ちを考えて口調や表情に工夫ができるとさらに良いですね。

次の

「考えてください」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

考え て ください 敬語

ビジネスシーンにおける「ご一考」の使い方 社会人のみなさんにとって一番気になることはビジネスシーンにおける「ご一考」の使い方であると思います。 ここからはそんな疑問を解決するため 「ご一考」を使用したフレーズを例文と共にご紹介していきます。 「ご一考様」としての使用は間違い! 「ご一考」と聞いてホテルや旅館などで目にする「ご一考様」のこと?と連想してしまった人・・・、 その連想は誤りです。 集団や団体を敬う場合は「ご一考様」ではなく、「御一行様」が正しい表記です。 そもそも「ご一考様」は誤用であるため存在しませんが、同じ読みでも、まったく意味が異なります。 仕事上で「ごいっこうさま」と記載する際は「ご一考様」と間違えて書かないようにしてください。 「ご一考」の類語(言い換え表現) 「ご一考」は、使用するフレーズによって目上の人や上司、クライアントに対して使えるため、ビジネスシーンでの使用頻度は高いと言えるでしょう。 しかし、硬い表現でもあるため、もう少し カジュアルに言いたい場合には類語を使用して言い換えてください。 カジュアルに使えるフレーズから、丁寧でありながらも同じニュアンスとして伝えられる表現を確認しましょう。 I would be happy if you could give it a thought. となります。 「ご一考」を使用して丁寧な依頼を心がけよう! 「ご一考」を使用した言葉は、 検討や考える意味を持ちます。 「ご一考ください」以外にも「ご一考いただければ幸いに存じます」や「ご一考のほどお願い申し上げます」など、より丁寧に表現した依頼のフレーズもあります。 少し硬いと感じたら、類語を使用することで言い換えましょう。 「ご一考様」の使用は誤りですので、その点も覚えておいてくださいね。

次の