ファイテン ブレスレット 効果。 松山英樹が信頼するファイテンブレスレットの 効果とつけ方!

肩こりに健康ブレスレットは効くのか?おすすめ商品も紹介|チタン&磁気アクセLab

ファイテン ブレスレット 効果

・水溶化されているなら、風呂や洗濯で溶けるんじゃない? ・チタンなどが身体に良いなら腕時計やアクセサリーつけても同じじゃない? ・金属って本当に身体にいいの? やはり効果が医療機器認証されていない、という点で怪しいと思ってしまうのが人情なようです。 効果の実証が口コミのみ ファイテン公式サイトでは、「自然治癒力」や「身体のリラックス効果」という表現をして、具体的な効果については明言されておらず、あくまで販売サイトなどのクチコミでユーザーが「効果ある!」と書いているのみ、です。 また、効果が感じられない人に対しては「個人差があります」といった回答がされるのみで、それ以外に効果を表現するソースがありません。 そのため、「結局ただのプラシーボ効果でしょ?」と言われてしまいます。 価格に関係なく効果が同じ、という怪しさ ファイテン商品では、安いものは1,000円ほど。 高いものになると20,000円前後以上となります。 この時、高額低額で効果に差があるように思ってしまいますが、ショップに問い合わせてみると「どれも効果は同じ」と言われるそうです。 普通、高いもののほうが効果も良いと思ってしまいますが、そもそも「効果がある」というように断言できない製品ですので、そういった回答になってしまうのかもしれません。 このへんもユーザーが怪しさを感じてしまうポイントになっています。 ファイテン商品に満足するユーザーが多いことも事実 多くの有名選手が愛用している スポーツ選手を筆頭に、多くの有名人がファイテン商品を愛用していますし、イメージキャラをされている方もいます。 中でも有名な羽生結弦選手は、なんと幼少の頃から使っていたそうです。 もちろん、ファイテンを使っているから成功したわけではなく、本人の努力があったからですが、そういった努力をサポートするのに、ファイテン商品は役立つのだと思います。 仮にプラシーボ効果だとしても、それで本人がやる気を出して、うまいこといくなら、それはそれで良い商品なんだと思います。 満足しているユーザーも多い 口コミしかソースがないという点で、若干の宗教マーケット感もありますが、しかし、ちゃんと口コミで満足している人が一定数いるということは、ある意味では信ぴょう性のあることです。 サクラもいるのかもしれませんが、文章を見ていると、すべてがサクラ、ということもなさそうです。 また口コミ以外にも、たとえばブログなどで写真を交えて実際に体験して紹介している人の文章を見ていると、「効果の真偽はさておき、なんか効果ある気もするし、買って良かった」といった声が多いように見受けられました。 そもそも自己満足というのは、人生において、かなり大事ですし、本当に大事なのは科学的根拠だけではないのかもしれません。 まとめ さんの水溶化メタル技術は、医療機器認証されておらず、科学的根拠の点で怪しさもあります。 しかし、健康ギアに関しては、プラシーボ効果も大事であり、また、「効果がある」という人も一定数いますので、「なんか健康に良さそうなら着けてみようかな」と買ってみても良いんじゃないかと思います。 アクセサリーに、ちょっとプラスアルファの効果がある、なんて思っていると、なんだかトクした気分にもなれます。 偽物には要注意! 科学的根拠の怪しさと、まったく別次元の話で、ファイテン商品の偽物を販売している悪徳業者もたまにいます。 ネットショッピングや、ラクマやメルカリなどの個人間取引では、十分に気をつけて買い物するようにしましょう。 科学的根拠が欲しい人は医療機器認証された商品を! 同じ健康ギアでも、"磁気"を使ったものは、医療機器認証されています。 そのため、確実に効果が発生しているモノが欲しい方は、ファイテンさんの医療機器認証された商品を求めるか、他社さんの磁気アイテムを探すのが良いかと思います。

次の

RAKUWAブレスをつけることで期待できる効果・効能にはどんなものがあるの?

ファイテン ブレスレット 効果

コラントッテの効果は血行促進が立証済み コラントッテは科学的にも 血行促進効果が立証されており 医療機器として認定もされている商品なので、「肩こりに効果がある」と言えます。 実際私もコラントッテをしてからは肩こりによる偏頭痛はかなり減りました。 ただし、風邪薬とかでも人によって「コイツが良く効く」とかがあるのと一緒で 効果には個人差があります。 コラントッテが肩こりに効く理由 N極とS極を交互に配置した磁石により、強すぎず弱すぎない磁力が広範囲の血行を促進し凝り解消に繋げます。 この交互に配置する技術はコラントッテの特徴。 良くある磁力による解消グッズはS極同士がくっついてるとか、N極とS極が一緒にくっついてる磁石であるとかで効果がまばらなものが多いんですね。 点ではなく面で効くのがコラントッテです。 コラントッテは金属アレルギーでも大丈夫? 私は昔ピップマグネループを使用して思いっきりかぶれた過去があるぐらいの金属アレルギー持ちです。 コラントッテも磁石なので心配しましたが、全くかぶれたりはありません。 ファイテンの仕組み 「水溶化チタン アクアチタン が 生体電気をとらえ、血中のストレス濃度を下げ代謝を促す」だそうです。 なるほど、さっぱり分からん こちらは特許技術となっておりファイテンでも トップシークレットとなっています。 また「生体電気」と言うワードは科学的に立証されていない仕組みのため 医療機器としての認定はされていません。 ファイテンの効果とは? 京都府立医科大学の教授が3年アクアチタンの研究をしても「なぜこうなるか」の仕組みは解明されず。 アクアチタンが血中ストレスを下げるという効果は教授の研究で実証されています。 が、その実験がアクアチタンを含む素材がある部屋と無い部屋で5日間生活してもらい観測した結果です。 ファイテンの製品そのものの効果実証ではありません。 しかしチタンは金属アレルギーが最も発症しにくい金属でインプラントなどの部品にも使われるほど安心な金属。 そのため現状で第三者目線で分かるのは 「万人が使えて、リラックス効果は少なからずありそう」と言うレベルです。 コラントッテとファイテンの違いとは?• コラントッテX1シリーズはアスリート向けモデルで、サポーターなどもあります。 そのフレックスネックは運動の妨げになりにくい シンプルなデザインとシリコンボディで汗にも強い。 コチラも留め具タイプで万が一首に引っかかっても取れます。 シリコン独特の吸い付くような感触にちょい違和感を感じるがずっと使ってると気にならなくなります。 特に風呂にも普通に気にせず入れるのが日常的にも最高。 風呂でもスポーツ時でもずっと付けていたので、 お湯や汗などによるシリコンの劣化が原因でしょうか。 ネット上では同じような報告が見られます。 買い替えるなら別のモデルでちぎれる可能性の低い物を・・・と探し、継ぎ目がプラスチックの TWINと言うモデルに買い換えました。 ファイテンの使用感と肩こりへの効果 ファイテンの使い心地 かなり長い期間これを使ってきました。 ファイテンネックレスX10片山晋呉モデル。 モデルに時代を感じる 物自体は非常に軽くドシンプルなので首回りの付けている感はありませんでした。 カチッと留めるタイプで万が一首に引っかかっても、強い負荷が掛かれば外れる仕組みで窒息の心配はありません。 最大の欠点は生地。 製品説明では風呂などに付けたまま入って問題ないそうですが、素材が綿なのかまでは分かりませんが中々乾かず水浸しになるのでいつも外して入ってました。 ファイテンの肩こりへの効果 効果のほどはあるのかないのかと言われると正直分かりません。 プラシーボ効果もあるとは思いますが、 してないよりはしてた方が楽かな?と言う感じ。 どちらかと言うと肩こりを直接ほぐすというよりは アクアチタンでリラックスさせてほぐすというイメージでしょうか。 前述の通りアクアチタンの効果は実証されてますが、ファイテン製品に対する保証ではありません。 コラントッテとファイテンどっちがいい? この2つでお悩みなら間違いなく【コラントッテ】を推します。 断言できる理由は3つ• 医療機器としての認定がされている• つけてみてじんわり暖かさを感じた• 偏頭痛が減った と、自身でハッキリと効果を味わったからです。 シリコン製はちょっと安っぽさが出ますが、サウナとかに入らない限りはつけっぱなしで構わないので、このまま風呂にも入れるし汚れとかも気にならないのもいいですね。 ファイテンに比べるとやや割高な印象ですが、手に入れやすい価格帯もありますし、色やデザインも豊富なので財布と相談しながら決めてみては。 また、効果はあくまでも 「軽減する」レベルとお考え下さい。 これを付けたからスッキリ解消!みたいなものではありません。 今回紹介したコラントッテのモデルまとめ シリコン製で入浴時もスポーツ時もOKなもの.

次の

SEVルーパーの効果を検証。芸能人愛用のネックレスの真実。

ファイテン ブレスレット 効果

ファイテンのブレスレットのチタン効果が凄い!適正サイズから付け方まで徹底解説 早速ファイテンブレスレットの凄さをシェアしていきたいと思います。 ネックレスはが付けているので有名ですが、 ブレスレットだとゴルフの 松山英樹選手が愛用しています。 松山英樹選手はファイテンのブレスレットに絶大な信頼を寄せており、 トップアスリートに愛用されるぐらいの価値がファイテンのブレスレットにはあるのだという事がわかると思います。 それではどんなところがトップアスリートに愛され、評価されているのか、 効果などをあげながら徹底的に解説していきたいと思います。 ファイテン独自技術アクアチタンの凄さ ファイテンブレスレットの効果の源は、ファイテン独自技術である アクアチタンによるものです。 アクアチタンとは、 チタンを水溶化して製品(ネックレスやブレスレットなど)に含有させるという技術です。 チタンを水溶化させ製品に含有させるということはとても難しく、 ファイテンにしかできない独自技術になります。 ネックレスやブレスレットにチタンを含有させることにより、 競技中や日ごろの生活など 常にチタンの効果を得ることができます。 チタンで自律神経を整える ファイテンのブレスレットを付けることで、チタンの効果を得られるということがわかりましたが、 それではチタンにはどんな効果があるのでしょうか? チタンを身に付けることで、 自律神経を整える効果があります。 自律神経を整えるという効果はアスリートにとっては凄まじい効果で、 自律神経を整える事により 競技パフォーマンスを上げることができます。 競技中は特に、身体的にもメンタル的にもストレスがかかりやすく自律神経も乱れやすくなります。 自律神経が乱れると、 心拍数や血圧が乱れたり、筋肉の緊張を起こしパフォーマンスを低下させますので、 ファイテンのブレスレットを付けることで自律神経を正常に保つことができるのです。 テニスやバドミントン、卓球の場合は腕の緊張がほぐれるのでスイングスピード上がるといった効果が期待できますし、 ゴルフの場合は精神の乱れを解消してリラックスして競技に取り組むことができます。 サイズの決め方 サイズの決め方は競技によって変わってきます。 ラケット競技をされている方でしたら、 大きすぎると邪魔になり競技に影響するので気持ちフィット感強めにして、 ゴルフなど激しくない競技でしたら、逆にサイズ感にゆとりがあるものを選ぶと良いです。 基本的に 付けていても気にならないサイズが適正サイズと言えます。 ブレスレットの付け方とは? 意外と多い疑問が、 「ブレスレットの正しい付け方は?」 というものです。 留め具があるモデルは留め具を外して普通に着ければ良いですが、 RAKUWAブレスX50など留め具がないモデルは、 素材がシリコンなどで伸ばし付けても大丈夫です。 しかし、あまり伸ばし過ぎると当然切れてしまいますので、 少し伸ばしながら付けるようにしてください。 ファイテンブレスレットおすすめ4選 RAKUWAブレスS DUOタイプ(松山英樹選手愛用モデル) 最初に紹介するのは、 RAKUWAブレスS DUOタイプです。 こちらのモデルはプロゴルファーの松山英樹選手が愛用しているモデルです。 トップアスリートが愛用しているので凄く値段が高そうに思えますが、 税込2,592円とかなりリーズナブルです。 RAKUWAブレスX50(入門モデル) 次に紹介するのが、 RAKUWAブレスX50です。 まだファイテンのブレスレットを使ったことがない人向けの入門モデルです。 私も最初ファイテンブレスレットはこのX50から使い始めましたが、 最初からブレスレットの 効果を実感できたのを覚えています。 効果が期待でき税込2160円とかなりリーズナブルですから、 コスパが高いのでオススメです。 RAKUWAブレスX100 カーボン シルバー(本格派モデル) 次に紹介するのは、 RAKUWAブレスX100カーボンシルバーです。 このモデルは、 「少し高くてもファイテンのブレスレットを付けて効果を得たい!」 と思っている人向けの 本格派モデルです。 アクアチタンX100を採用しているので、先ほど紹介したX50より2倍のチタン効果を得ることができます。 税込14,040円と少々お値段は高めですが、 それだけ高い効果を得ることができます。 RAKUWAブレス メタックス クリスタルタッチ 最後に紹介するのは、 RAKUWAブレスメタックスクリスタルタッチです。 今まで紹介してきたものはアクアチタンを採用していましたが、 このモデルはメタックスを採用しています。 メタックスとはチタンだけではなく、 ゴールド、 シルバー、 パラジウム、 プラチナ、 の各種金属を水溶化して含有させる技術です。 このメタックスはファイテン公式でも最高技術と謳っていて、 X100以上の効果があるのではないかと言われています。 しかし、各種金属を含有していることにより自然とチタンの含有率も下がると考えられるので、 チタンの自律神経を整える効果を得たいのならX100を選んだ方が無難でしょう。

次の