イタイイタイ病 症状。 四大公害の原因となった化学物質は、どのような工業目的から生じたのだろうか?|ぷんたむの悟りの書

イタイイタイ病の症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

イタイイタイ病 症状

1966年、被害者とその家族・遺族たちは イタイイタイ病対策協議会を結成します。 住民たちは一致団結して神岡鉱山・三井金属鉱業に補償・賠償を請求しました。 1968年、住民たちは三井金属鉱業を相手取り損害賠償の裁判をおこしたのです。 裁判には被害住民の大半が参加したため500名以上の住民が原告となりました。 裁判ではイタイイタイ病とカドミウムとの因果関係について争われます。 住民はイタイイタイ病の発生地域が鉱山廃液が排出された神通川流域の農業地域に限定されていることなどをあげ、 カドミウムがイタイイタイ病の原因と主張しました。 一方、三井金属工業側はカドミウムが人体に与える影響はまだ十分に解明されていないとして、因果関係はないと主張。 双方の主張が真っ向から対立する中、1971年、第一審で原告が勝訴。 三井金属工業側が控訴したため開かれた第二審でも住民側が勝訴します。 裁判所はカドミウムとイタイイタイ病の間には因果関係があると断定しました。 第二審判決の翌日、勝訴した住民たちは三井金属鉱業の本社に出向き直接交渉を実施。 その結果、3つの誓約書を取り交わします。 第一に、被害住民への賠償金支払い。 第二に、今後、こうした公害を起こさないということ。 第三にカドミウムによって汚染された土壌を復元するということです。 こうして、賠償と救済措置が進められましたが患者として認定される条件は厳しいものでした。 2014年段階で認定患者は198人にとどまっています。 認定基準が厳しいのではないかとイタイイタイ病対策協議会会長の高木氏は指摘しました。 2013年、救済の範囲を広げるため「神通川流域カドミウム被害団体連絡協議会」は三井金属との間で一時金の支払いで合意。 これによりイタイイタイ病の金銭的救済措置はほぼ終了しました。 カドミウムによって汚染された神通川流域では環境復旧のための努力が続けられています。 発生源である神岡鉱山では毎年立ち入り調査を実施。 1972年以来毎年、専門家や住民などによる調査団が立ち入り調査をおこなっています。 また、神岡鉱山から流れ出す水や神岡鉱山で採掘されたあとの鉱石のくずなどからカドミウムが漏れ出さないよう、入念なチェックを継続。 これらの結果、神通川のカドミウム濃度は国の環境基準を大幅に下回るようになりました。 カドミウムによって汚染された農地の土は取り除かれ、神通川流域の農地は回復。 2012年までに農地の復旧工事が完了しました。 現在、 復旧された農地で生産される米のカドミウム濃度は基準値を大きく下回るもので健康に全く問題のないものです。 公害対策基本法は1967年に公布された法律です。 この法律は水俣病、新潟水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病などの発生を受けて制定されました。 公害対策基本法では 大気汚染、水質汚染、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭の7つを典型7公害と定めます。 公害対策基本法の目的は、国民生活を守り、健康で文化的な生活を確保するために公害を防止することで、 事業者や国・地方自治体に公害の防止に関する責務を明らかにしました。 この中で政府は環境基準の設定や大気汚染などへの規制を行うことが定められます。 また、地方自治体は公害防止のための具体的な施策を実施することなども定められました。 さらに、1971年には 環境庁の新設が決定。 公害問題に政府が本格的に取り組む体制が整えられていきます。

次の

イタイイタイ病とは?症状・原因・治療方法を詳しく紹介!

イタイイタイ病 症状

概説 下流域である(現・)において、から前半にかけて多発した。 病名の由来は、患者がその痛みに「痛い、痛い! 」と泣き叫ぶことしかできなかったから。 (昭和30年)に地元の開業医であるを地元『』記者の八田清信が取材に訪れた際、看護婦が患者を「イタイイタイさん」と呼んでいると聞き、「そのままいただいて『いたいいたい病』としては? 」と提案したことによる。 (昭和30年)の同紙社会面で初めて病名として報じられた。 被害 健康への被害 による多発性近位尿細管機能異常症と骨軟化症を主な特徴とし、長期の経過をたどる慢性疾患を発症する。 カドミウム汚染地域に長年住んでいてこの地域で生産されたやを摂取したり、カドミウムに汚染されたを飲用したりするなどの生活歴による。 初期は、多発性近位尿細管機能異常症を示す検査所見で、多尿・頻尿・口渇・多飲・の自覚症状が現れる人もいる。 多発性近位尿細管機能異常症が進行すると、、重炭酸再吸収低下による症状が出現し、骨量も次第に減少する。 この頃から立ち上がれない、力が入らないなどの筋力低下が見られるようになる。 さらに進行すると歩行時の下肢骨痛、呼吸時の肋骨痛、上肢・背部・腰部などに運動痛が出現する。 最終的には骨の強度が極度に弱くなり、少しでも身体を動かしたり、したり、医師が脈を取るために腕を持ち上げたりするだけで骨折。 その段階では身体を動かすことが出来ず、寝たきりとなる。 また、多発性近位尿細管機能異常症と同時に、腎機能も徐々に低下して、末期には腎機能は荒廃し、になる。 が顕著になり、は暗褐色になる。 活性生産障害によるからの吸収が低下する。 その結果、血清カルシウムが低下し、著しい場合にはが起きる。 がもろくなり、ほんの少しの身体の動きでもしてしまう。 被害者は主に、出産経験のある中高年の女性であるが、男性の被害者も見られた。 ほぼ全員が稲作などの農作業に長期に渡って従事していたで、自分で生産したを食していた。 このような症状を持つ病は世界にもほとんど例がなく、発見当初、原因は全く不明であった。 あるいは業病と呼ばれ、患者を含む婦中町の町民が差別されることもあったとされている。 骨軟化症は、の大量投与により、ある程度症状は和らぐとされるが、ビタミンD入りのビタミン剤を購入出来るだけの金銭的余裕のある患者は、当時は少なかった。 また、この治療では多発性近位尿細管機能異常症は改善されないため、骨軟化症がしばしば再発する。 農地被害 神岡鉱山から排出されたカドミウムが神通川水系を通じて下流の水田土壌に流入・堆積して起きる。 汚染実態を把握するため、富山県はからにかけ、「」に基づいて、細密検査と補足検査を実施した。 汚染面積は神通川左岸で1,480ha、右岸で1,648haの計3,128haで、そのうち1,500. 6haが対策地域に指定された。 カドミウム汚染田は、神通川によって形成されたにある。 右岸は、左岸はに囲まれる範囲で、以外の地域は「イタイイタイ病指定地域」に含まれる。 対策地域内の平均カドミウム濃度は表層土で1. 12、次層土で0. 70ppmと、深くなるにつれて濃度は低下する。 特に、上流部に分布する洪積扇状地では、平均2. 0ppmと非常に濃度が高い。 土壌中のカドミウム濃度と玄米中カドミウム濃度の間には相関関係が認められず、土壌中のカドミウム含量が低くても高濃度の汚染米が出現しやすい。 上記の調査では、の基準である玄米中のカドミウム汚染米が230地点の水田で検出されていることから、これらの水田では、三井金属鉱業の補償によって作付けが停止されてきた。 また、カドミウム濃度が0. 4ppm以上1. 0ppm未満の米は、政府が「準」として全て買い上げている。 買い上げ後は食用にしないで破砕し、で着色し、工業用の原料として売却されていた。 原因 この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年2月) 裁判の過程で、上流のに所から鉱廃水に含まれて排出された Cd が原因と断定された。 末、に仕えたは平定を行い、天正4年()に越前大野から飛騨に転封となり積極的に鉱山開発を行った。 金森氏は茂住宗貞という鉱山師を得て、茂住・和佐保銀山の鉱山経営を始めたと伝えられる。 神通川上流域ではから、、などを生産しており、生産は小規模だったものの、当時から周辺の農業や飲料水に被害が出ていたという記録がある。 になってから経営主体が明治政府に移ったが、すぐにが本格経営を開始して三井組神岡鉱山稼行となった。 を契機にが注目されて生産量が大幅に増加し、その後もや、のによる増産で大量の廃物が放出され、周辺の地域だけではなく下流域の農業や人体にも被害を与えた。 (明治19年)の三井組による全山統一から(昭和47年)のイタイイタイ病裁判の判決までに廃物によるカドミウムの放出は854と推定される。 神通川以外に取水元のない婦中町(当時)では、カドミウムの溶出した水を農業用水(用水)や飲料水として使用してきた。 また、カドミウムには農作物に蓄積される性質があるため、カドミウムを多量に含む米が収穫され続けた。 この米を常食としていた農民たちは体内にカドミウムを蓄積することとなり、このカドミウムの有害性によりイタイイタイ病の症状を引き起こした。 カドミウムは自然界にも一定の割合で存在し人体にも少量は含まれているものの、神通川流域で生産された米には非常に高濃度のカドミウムが含まれており、被害者の体内に蓄積されたカドミウムは基準値の数十倍から数千倍の濃度に達していた。 カドミウムの毒性については長い間よくわかっておらず、また公害の発生当時カドミウムとイタイイタイ病に特有な症状との関連もはっきりとしていなかった。 このため神岡鉱山側の対策が遅れ、公害を拡大させることとなった。 なお、公害病認定後もしばらくの間、武内重五郎()ら「不足説」を主張するグループが一定の勢力を有していた。 世界中にカドミウム鉱山は存在するものの、神通川下流域以外では同様の症状が見られないこと、電線の被膜などに多くカドミウムが使われるが、工場労働者には同様の症状は見られないことなど、からカドミウムと症状との因果関係は科学的には不明であるものの、司法判断が科学に優越している状況であるといえる。 また、カドミウムをイタイイタイ病の原因とする見解は、訴訟の中で状況証拠により「断定」されているのみで、化学的、生理学的証明は21世紀現在もなおされていないだけでなく、同様の症例やそれを証明する研究も、世界中のどこからも報告されていないとする主張が存在するが 、カドミウムの毒性およびその症状は現在の医学では一般に知られている。 文学作品としては旧出身の作家に『ニセアカシアの丘で』に収められた「尋問」という短編と「イタイイタイ病」という詩があり、に地元の開業医医師をモデルにした『神通川』という小説がある。 yomiDr. 読売新聞社. 2014年8月18日. 2014年8月18日閲覧。 104• 106• 100-101• 98-99• 昭和48年版環境白書(環境庁,1973)• 中日新聞社• 106-109• 111-112• 中日新聞社• 日本経済新聞ニュースサイト掲載(2016年12月19日)の記事、2018年6月13日閲覧。 110• 『毎日新聞』朝刊2018年5月30日(2018年6月13日閲覧)。 (2018年3月6日)2018年4月12日閲覧。

次の

イタイイタイ病|あ行|大気環境に関する用語集|大気環境の情報館|大気環境・ぜん息などの情報館|独立行政法人環境再生保全機構

イタイイタイ病 症状

(イタイイタイびょう)とは、岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水により発生した鉱害、公害病 四大公害病 四大公害病のひとつである。 神通川下流域である富山県婦中町(現・富山市)において、主に大正時代から昭和40年代にかけて多発した。 骨が脆くなりほんの少しの身体の動きでも骨折してしまう。 被害者は主に出産経験のある中高年の女性であり、男性の被害者も見られた。 ほぼ全員が稲作などの農作業に長期に渡って従事していた農家(自分で生産したカドミウム カドミウム米 カドミウム米を食した)であった。 このような症状を持つ病は世界にもほとんど例がなく、発見当初、原因は全く不明であった。 風土病あるいは業病と呼ばれ、患者を含む婦中町の町民が差別されることもあったとされている。 体内に吸収されたカドミウムは骨の主成分であるカルシウムなどを体外に排出させ、結果として骨粗鬆症に類似した症状が生じる。 重症者においては骨の強度が極度に弱くなり、少しでも身体を動かしたりくしゃみ、医師が脈を取るために腕を持ち上げるだけで骨折。 その段階では身体を動かすことが出来ず寝たきりとなる。 骨の強度を上げる効果のあるビタミンDの大量投与によりある程度症状は和らぐとされるが金銭的余裕のある患者は少なく、結果として彼らの多くが死亡した。 裁判の過程で、神通川上流の高原川に三井金属鉱業神岡鉱山亜鉛精錬所から鉱廃水に含まれて排出されたカドミウム(Cd)が原因と断定された。 神岡鉱山は開山から長きに渡り鉱廃水を無処理で神通川へ排出していた。 この影響で大正期に下流域において亜鉛による作物の生育阻害が発生したため、鉱山は廃水中に混じる尾鉱を取り除くために沈殿池を設置した。 しかしながら、この沈殿池ではカドミウムのように水に溶け込んでいる成分は取り除くことができないため、カドミウムは無処理のまま神通川へ流れ込むこととなった。 神通川以外に取水元のない婦中町(当時)ではカドミウムの溶出した水を農業用水(灌漑用水)として使用しており、またカドミウムには農作物に蓄積される性質があるためカドミウムを多量に含む米が収穫され続けた。 カドミウムは自然界にも一定の割合で存在し、人体にも少量は含まれているものの神通川流域で生産された米に含まれたカドミウムは非常に高かったため、被害者の体内に蓄積されたカドミウム濃度は数十倍から数千倍に達していた。 カドミウムの毒性については長い間よくわかっておらず、また公害の発生当時、カドミウムとに特有な症状との関連もはっきりとしていなかったため神岡鉱山側の対策が遅れ、公害を拡大させることとなった。 なお、公害病認定後もしばらくの間、武内重五郎(東京医科歯科大学名誉教授)ら「ビタミンD不足説」を主張するグループが一定の勢力を有していた。 いまだに行政の救済を受けることができずに苦しんでいる人たちが残っている。 現代での問題点は原因分析ではなく、患者認定・要観察判定の具体的な基準に移っている。 行政側である県認定審査会は厳しい基準を課して却下する事例が多い。 具体的には、の認定の4要件の1つとなる骨軟化症の判定をおこなっている。 骨軟化症においては、類骨の増加という特徴が見られる。 そのため、いわゆる吉木法に基づいて骨を染色し、類骨の濃染部分を観察する事により調査できる。 そして、類骨の濃染部分が十分であると骨軟化症に認めることになっている。 しかし、腸骨のみを基準としたりするなど厳しい判定をしがちである。 また、不服審査の問題点として県認定審査会の厳しい判断による却下に基づいて、被害者の多くは公健法に基づいて環境省に設置された不服審査委員会に審査請求を行っている。 しかし、行政不服審査は一般的に行政に有利とされる。 なぜなら、行政不服審査法のもとでは審査を行うのが第三者機関ではなく、上級行政庁だからである。 1970年に成立した農用地の土壌の汚染防止等に関する法律で、カドミウム等により土壌汚染が発生した地域を「農用地土壌汚染対策地域」として設定。 同地域において汚染防止、汚染源除去などの対策を取るよう定められた。 患者が「痛い、痛い(いたい、いたい)」と泣き叫んだ事から、1955年に地元の開業医である萩野昇により「」と名づけられた。 地元『富山新聞』の八田清信記者が取材に訪れた際、看護婦が患者を「イタイイタイさん」と呼んでいると聞き、「そのままいただいて『』としては? 」と提案した。 萩野医師もこれに同意し、1955年8月4日の同紙社会面で初めて病名として報じられた。 テレビニュースや新聞などを中心に、「」を略して「イ病」とも呼ばれる。 汚染者負担原則• 安中公害訴訟• 土壌汚染.

次の