坂本 冬美 コンサート。 坂本冬美コンサート2020[岡山]

坂本冬美オフィシャルサイト / スケジュール/トップ

坂本 冬美 コンサート

坂本 冬美(さかもと ふゆみ、本名同じ、1967年3月30日 - )は、日本の演歌歌手、女優。 血液型O型。 来歴 生い立ち 1967年3月30日、和歌山県西牟婁郡上富田町に生まれる。 3月生まれで、生まれた季節は春であるのに、「冬美」という名前をつけたのは、生まれた時に肌が冬雪のように白かった事から、叔父がつけた。 1979年、上富田町立朝来(あっそ)小学校を卒業する。 中学生時代の作文で、将来の夢は演歌歌手であることを記していた。 当時は石川さゆりのファンだった。 ソフトで県大会に出場した時には1回戦負けを喫したこともあった。 1982年に上富田町立上富田(かみとんだ)中学校を卒業する。 高校生時代に和歌山アドベンチャーワールド(パンダ飼育数国内トップ)でバイトをしていた。 会社員時代 1985年に和歌山県立熊野高等学校を卒業する。 高校卒業後は大阪市内のあるレストランのオーナー会社で経理担当として勤務するも約4か月で退社して和歌山へ戻り、和歌山放送のディレクターの紹介で梅干し会社「株式会社ウメタ」に入社。 同社で勤務する傍ら、演歌歌手を目指して歌の練習のためカラオケ教室へ通っていた。 放送大学教養学部入学。 演歌歌手デビュー 1986年、NHKの『勝ち抜き歌謡天国』(和歌山大会)で名人となり、「関西演歌大賞カラオケコンクール」でも優勝。 『勝ち抜き歌謡天国』で歌唱指導を担当していた猪俣公章の勧めで上京し、同年4月から11月まで猪俣の内弟子を務める。 本名が芸名になり、デビュー直前になったところで、師匠の猪俣は冬美の「冬」の字を寒い、寂れたようなイメージだと嫌って「冬美を『ふゆみ』と平仮名の芸名にして欲しい」と主張したが、その時既各種印刷物など準備が進んでおり、それらを全部刷り直すのに資金も手間もかかるなどの理由からスタッフは猪俣を説得し直して、ようやく折れて「坂本冬美」としてデビューすることとなった。 1987年に「あばれ太鼓」でデビュー。 同曲は80万枚を超える売上を記録し、『第29回日本レコード大賞』などで数々の新人賞を獲得する。 初期は同曲の他、「祝い酒」「男の情話」「男惚れ」など男歌が中心だった。 本人は猪俣に「この歌は売れませんね」と言ってしまい、大目玉をくらった。 1991年に細野晴臣・忌野清志郎とHISを結成。 アルバム『日本の人』発売。 忌野とはそれ 「坂本冬美」『ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典』。 2020年04月29日 水 08:37UTC 公式サイト• 関連ニュース.

次の

演歌歌手 坂本冬美のプロフィール。身長や年齢は?コンサート情報は?「また君に恋してる」「夜桜お七」の誕生秘話は?

坂本 冬美 コンサート

【毎週月~金曜 ひる13時から放送】 艶やかな着物姿の坂本冬美さんを迎える。 実は、ステイホームを貫いていた黒柳にとって、坂本冬美さんは久し振りのお客様。 コロナ禍での互いの生活についても赤裸々に語り合う。 坂本さんは五輪の聖火ランナーとして地元・和歌山を走る予定だったが白紙に…。 和歌山で暮らす母にも会えない日々が続いている。 自身のコンサートツアーも延期になり、生活は一変した。 歌わないと喉が休んでしまうので、自宅で「ひとりコンサート」をしていたという。 出演者:黒柳徹子 坂本冬美 再生時間 00:23:41 配信期間 2020年6月12日 金 15:00 〜 2020年6月19日 金 12:30 タイトル情報 1976年に放送開始。 黒柳徹子が様々なゲストとトークを楽しみます。 更新予定 月・火・水・木・金 15:00 C テレビ朝日 C テレビ朝日映像.

次の

坂本冬美オフィシャルサイト / スケジュール/トップ

坂本 冬美 コンサート

坂本 冬美(さかもと ふゆみ、本名同じ、1967年3月30日 - )は、日本の演歌歌手、女優。 血液型O型。 来歴 生い立ち 1967年3月30日、和歌山県西牟婁郡上富田町に生まれる。 3月生まれで、生まれた季節は春であるのに、「冬美」という名前をつけたのは、生まれた時に肌が冬雪のように白かった事から、叔父がつけた。 1979年、上富田町立朝来(あっそ)小学校を卒業する。 中学生時代の作文で、将来の夢は演歌歌手であることを記していた。 当時は石川さゆりのファンだった。 ソフトで県大会に出場した時には1回戦負けを喫したこともあった。 1982年に上富田町立上富田(かみとんだ)中学校を卒業する。 高校生時代に和歌山アドベンチャーワールド(パンダ飼育数国内トップ)でバイトをしていた。 会社員時代 1985年に和歌山県立熊野高等学校を卒業する。 高校卒業後は大阪市内のあるレストランのオーナー会社で経理担当として勤務するも約4か月で退社して和歌山へ戻り、和歌山放送のディレクターの紹介で梅干し会社「株式会社ウメタ」に入社。 同社で勤務する傍ら、演歌歌手を目指して歌の練習のためカラオケ教室へ通っていた。 放送大学教養学部入学。 演歌歌手デビュー 1986年、NHKの『勝ち抜き歌謡天国』(和歌山大会)で名人となり、「関西演歌大賞カラオケコンクール」でも優勝。 『勝ち抜き歌謡天国』で歌唱指導を担当していた猪俣公章の勧めで上京し、同年4月から11月まで猪俣の内弟子を務める。 本名が芸名になり、デビュー直前になったところで、師匠の猪俣は冬美の「冬」の字を寒い、寂れたようなイメージだと嫌って「冬美を『ふゆみ』と平仮名の芸名にして欲しい」と主張したが、その時既各種印刷物など準備が進んでおり、それらを全部刷り直すのに資金も手間もかかるなどの理由からスタッフは猪俣を説得し直して、ようやく折れて「坂本冬美」としてデビューすることとなった。 1987年に「あばれ太鼓」でデビュー。 同曲は80万枚を超える売上を記録し、『第29回日本レコード大賞』などで数々の新人賞を獲得する。 初期は同曲の他、「祝い酒」「男の情話」「男惚れ」など男歌が中心だった。 本人は猪俣に「この歌は売れませんね」と言ってしまい、大目玉をくらった。 1991年に細野晴臣・忌野清志郎とHISを結成。 アルバム『日本の人』発売。 忌野とはそれ 「坂本冬美」『ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典』。 2020年04月29日 水 08:37UTC 公式サイト• 関連ニュース.

次の