高校生 バイト お金。 【高校生・大学生向け】バイトしたくないけどお金が欲しい人の稼ぎ方

中学生・高校生・大学生でもできる内職&お金を稼ぐ方法: ネットでお小遣い稼ぎ★お金を稼ぐ方法

高校生 バイト お金

高校でアルバイトをしようと考えている方は大勢いると思いますが、バイトを始める前にメリットとデメリットを理解することは非常に重要です。 この記事では、 高校生がバイトをするメリット 利点 とデメリット 欠点 について紹介します。 高校生がアルバイトをする7のメリット 利点 1. 色々な経験が出来る 高校生がバイトをするメリットとして色々な経験が出来ます。 学校で勉強、部活、毎日決まった生活を送るだけでは、行動範囲も狭く、社会と接する機会がありません。 仕事を通じて社会と接することができます。 バイトをすることで同年代の学生や大人達との交流が増え、視野か広がるでしょう1,。 社会勉強 高校生のアルバイトは、まずいい社会勉強にはなります。 教育は、机上と体験とのセットで学ぶことが本来理想的とも言えます。 海外のように、ボランティアなどをすることによって次の進学面で有利なシステムは日本では目立ちませんが、 アルバイトをすることは、一種の金銭を頂く社会奉仕活動です。 他にも、学生のうちに一度は社会生活の一端に触れてみる、という点でメリットは様々にあると思います。 学校では同じ年齢層とのふれ合いが殆どですが、アルバイト先には、様々な年齢層の方がいると思います。 そういう方々とのコミュニケーション力を磨くことは、実際に社会に出てからも事前練習となることでしょう。 責任感が身につく 責任感が身につくのも大きなメリットです。 働くということは、対価としてお給料を貰います。 したがって「バイトだから。 」という言い訳は出来ません。 バイトであろうが、正社員であろうが、お金をもらって働いていることに違いがありません。 突然休んで迷惑をかけてはいけないなど、社会人としての常識も身につくと思います。 敬語を覚える 高校生がバイトをするメリットは、敬語を使うようになるので、自然と敬語が身についてきます。 バイトを始めると、様々な年齢の人と一緒に仕事をします。 また接客業の場合も敬語で仕事をするので、自然と言葉遣いが綺麗になってきます。 同級生同士とは違った敬語での会話で、常識的な知識が増えます。 働いてお金を得る大変さと楽しさを学べる 高校生がバイトをするメリットは、今までは両親が出してくれていたお金の有り難みを知ることができることです。 また、それと同時にお金を稼ぐ大変さも知ることができます。 自分で働いて、その対価をバイト代として手にすることは、労働の大変さと、働いてお金を手にする楽しさの、とても大切な二つのことを学ぶすばらしい機会になると思います。 お小遣いを稼いで好きな場所へ行ける お金を稼ぎ、遠出すると生活の変化が生まれます。 自分でお金を稼ぎ、自分のお金で好きな場所で好きなものを買い、好きなことをするのは本当に楽しいです。 それが結果として、自立へと繋がり、一人前の大人への第一歩であると言えます。 高校時代にしかやれない経験の資金となる 高校生のうちにしかできないことはたくさんあります。 制服でおしゃれをすること、部活を極めること、学校行事を盛り上げること……。 これは高校時代でしか経験出来ないことです。 でも何かを楽しむのにはお金がかかることが多いです。 高校時代の経験は一生の思い出になると思います。 それを自分で稼いだお金でやることができたなら、大人になった時より、よい思い出として高校時代を振り返ることが出来ます。 そのために高校時代にバイトをして自分でお金を稼ぐメリットのひとつに、思い出作りのためということがあると思います。 高校生、大学生がアルバイトをする6のデメリット 欠点 1. お金を稼ぐことに夢中になって勉強がおろそかになる 高校生は、基礎学力を身につけるべき時期です。 働いてお金を稼ぐことは、学校を出てからいやと言うほど経験できます。 高校生の持っているスキルでも、バイトであればお金を稼げますが、だからと言って高校生に本当の職業スキルが身についているわけではありません。 生涯役立つ職業スキルの習得には、まだまだ学びが必要です。 この貴重な真実をバイトの経験が見失わせるとしたら、これは大きすぎるデメリットになります。 交流が狭くなる 高校生のアルバイトには、メリットだけでなく、同じ理由からデメリットになってしまう可能性もあります。 例えば、アルバイト先での幅広い年齢層とのコミュニケーション力を磨けますが、普段は接触しない人と関わり合いを持つことで、悪い方向に誘いをかけられ、抜けられなくなっていく可能性もあるということです。 もしそのようなことがあった場合、学業のほうにも支障をきたす可能性もでてきて、大切なものを幾つも失うことになりかねません。 自分が設定した初期の目的を忘れないよう、時間的にも少し物足りないくらいのアルバイトで、学生生活を優先するのがよいと思います。 帰宅時間が遅くなる 高校生がバイトをするデメリットは、帰宅時間が遅くなることです。 学校の授業が終わってからバイトをすると、部活動をするよりもずっと帰りが遅くなることがあります。 ひと気が少ない時間に帰宅することも考えられるので、夜道が危険です。 自由な時間が減る 高校生がバイトするデメリットは、やはり自分の自由な時間が減ることでしょう。 部活や勉強、友達と遊ぶ時間が減ってしまいます。 とくに放課後長い間バイトしている人が帰ってから勉強の時間を取ることは相当しんどい、と思われます。 そのせいで進級に問題が発生したり、目標とした大学に入れないとなっては本末転倒なのであくまでバイトは余った時間の使い道として考えることが大事です。 とにかく疲れる 高校生がアルバイトをするデメリットは、とにかく疲労が溜まることです。 休み時間や授業中に居眠りして学業に集中できないことがありました。 お金のためにアルバイトしてましたが、正直毎日がだるくって行きたくなかったです。 サボることもありましたが、次の出勤時冷ややかな視線を浴びた事を覚えてます。 学校とアルバイトの両立は想像以上に大変でした。 高校時代にしかできない貴重な経験をする時間が削られる バイトをするという事は1日24時間のうちのその分の時間が削られるという事なので、僅か3年しかない高校生活の中で高校生の時にしかできない他の事をやる時間を削られてしまう可能性もあります。 受験勉強や部活はその代表例だと思います。 とくに受験勉強は卒業後の人生を大きく左右しかねませんのでバイトにより勉強時間が削られ十分に受験の準備をできないデメリットが生じる可能性もあります。 まとめ ここまで「 アルバイトをする12のメリット、デメリット」を紹介してきました。 デメリットはありますが、場合によってはメリットの方が多く、アルバイトをすることで将来の道が開けることがあります。 あまり深く考えず、まずは飛び込んでバイトを始めて見てはいかかでしょうか。 まだアルバイトを始めようか悩んでいる学生さんは、下記の記事も参考にしてみてください。

次の

【金欠でバイト禁止の高校生必見】月3~10万円をバレずにお小遣い稼ぎ|バイトちゃんねる~バイトで学生・主婦をハッピーに~

高校生 バイト お金

馬鹿じゃないの?(呆) 一人親で子供が高校生なら、お金なんかもらわなくても苦労している親を自分のできる範囲で助けようと思うのがスジかと思いますがね。 しかもお手伝いの内容が、これまたアホっぽいというか、幼稚と言うか。 >お風呂掃除1回100円、洗濯物畳み1枚5円、ペットボトルのラベル剥がして洗って潰して1本5円 …小学生の夏休みのお手伝いですか?(呆) 高校生なら普通に掃除、洗濯、夕飯を作るくらい、無償でやってもらってください。 どうせ帰りはお母さんより早いんでしょ? >何もせずに簡単にお金を得る事は出来ないという事を教えるために それは今までの小学生時代でわかったのでは? バイト禁止の高校生なら、それより日々生活する、暮していくということはどういうことかを教えたほうが、将来一人で生きていくであろう日のためにも良いと思います。 ユーザーID: 9915421701• 随分甘い ウチも母と子の2人暮らしでした。 子供の家庭内労働は、お手伝い・家事と呼んでいました。 ごく当然の事で、たかが風呂掃除に100円なんて有り得ませんでした。 小学生高学年には、買い物に行き料理はしていました。 ゴミ捨ても私の担当でした。 洗濯は洗濯機がするので、取り込んで畳むのは当たり前です。 大変なのは洗濯物を干していた母ですから。 バイトが禁止の高校でしたが、奨学金だけでは学用品が買えません。 ですから担任の教師に、頼み込み特別に許可を貰いバイトをしました。 周囲も皆、黙ってバイトをしていましたけどね 子供さんが進学校か有名校に通われているから、この形にしておられるのでしょうが「楽して稼げる」と私だったら勘違いしそうです。 家庭事情が違うとは思いますが、高校生になってからは小遣いを貰っていませんでした。 小学生の頃から、お年玉や進学祝い金は母が管理し貯金してくれていました。 高校生になった時に通帳を渡されました。 これからは、自分で遣り繰りしろ!と言う事でした。 小町的には、判りませんが随分と甘い御母さんだな〜。 ユーザーID: 6857431852• もう高校生だから そういうチマチマした小遣いの渡し方はしたくありませんね。 トピ主さんはどれくらいの金額を小遣いとして予算立てしているのでしょうか? お友だちとの交際費も高校生なりにあります。 あまり惨めな思いはさせたくありませんよね? ウチでは、最初に金額を決めてから手伝いの内容を決め、それをサボったときは一回につき500円の減額としました。 減額が目的ではなく、その年齢なりの家事の手伝いをさせることを求めていますので、忘れたときはその埋め合わせを認めます。 おおよその予算があるなら、それを気持ちよく渡して手伝いについて良く話し合って協力を求めるということにしてはいかがですか? お母さまがお一人で生計を立てていらっしゃることのご苦労を理解してもらい、お小遣いは気持ちよく渡し、お子さんには金銭ずくではなく家族の一員としての役割分担を求めてはいかがでしょうか? ユーザーID: 3202012498• >何もせずに簡単にお金を得る事は出来ない このお考えには賛成です。 しかし、トピ主のお子様は日常生活の一環(毎日誰かがやること)を手伝うことが収入になっているようですので 「当たり前のことをやるだけでお金が貰える」 という考えをお子様が持たないことを祈ります。 ユーザーID: 7218558987• なるほど〜 うちも主さまと同じです。 働いて初めてお小遣い(バイト代)がもらえます。 高校生の息子です。 うちは自営業で小売店なのでチラシに店名印を押すとか雪国なので雪かき(自宅、祖父宅、店舗前と広さが違うので賃金も違う)とか風呂掃除とか色々です。 1回いくら+月々のお小遣いですね。 出来高制で、やはり小学生の頃から。 簡単にお金がもらえるという経験は良くないと思っています。 両親がどれほど苦労して日々の生活するお金を稼いでいるか考えてほしいと思うからです。 息子はせっせと手伝いをして自分のほしい雑誌などを買っています。 おやつや学校で必要なものは親がお金を出しますからおこづかいが足りないということはないようです、今のところ。 息子の友達の中にはお年玉をたくさんもらってそれが1年間分のお小遣いだという子もいるそうです。 長い時間を見越して自分で計画を立ててお金を使うということですね。 それも自己管理を考えるいい方法のひとつなんだなと思いました。 ユーザーID: 9770010944• 年齢によって適切な額なら、親の方針で良いんじゃないですか? 我が家は、成績で基本給+お手伝いで能率給です。 中学生ですが、今学期は基本給が170円で月だいたい1200〜1300円ですかね。 成績の良い子なら基本給だけで800円位になると思います。 犬の散歩や洗濯ものたたみ1かご、風呂掃除に下の子のお風呂入れなど・・・なんでも1回10円です。 金額設定が低すぎて、お金のためのお手伝いだけでもなさそうです。 1日3つ4つしてくれますよ。 同じ兄弟でも、頼めばすっとやってくれる子とうまく逃げようとする子。 私は長女でたくさんの手伝いをさせられ、要領の良い妹は何もしなくても学年ごとに決まったお小遣いに釈然としないものを感じて育った事や、子供に家の用事を押し付けたくなかった事、でも何もできない子にしたくなくてこの形になりました。 実際、助かっています。 お小遣いの発生しないお手伝いもしてくれますよ。 5年生からこの形にしましたが、それまではお小遣いもらって当然の態度でしたが、お手伝いに責任感とお小遣いをもらえる事の感謝の気持ちが感じられます。 私もしてくれたお手伝いに素直に感謝してますし、この形にして良かったと思います。 ユーザーID: 5411496322• 甘い 高校生相手に、小学生でもお手伝いレベルにもならない 『ペットボトルのラベル剥がして洗って潰し』に1本5円の対価を払っている人が >子がやっている家事すべてに対価としてバイト代を払っているわけではありません。 と書かれても信用出来ないですよ? お手伝いのお小遣い方式はよく聞く話ですが、そのお手伝いの内容が年齢に合わないとは思います。 ハンバーグくらい、お手伝いをよくしている子は、小学生から作りますよ。 批判されてムキになっいていますが 正しい思うのなら、続ければいいのではないですか? 息子さんは優しくしっかりした子に育っておられるし トピをなぜ立てるのかが解りません。 ユーザーID: 6544652535• すみません 小学校低学年のときに父が他界し、母と兄の3人家族でした。 母も働きに出るようになり、兄と留守番をしていることが多かったので、母がいないときでも勉強や家の片づけをちゃんとするようにと、シール表をつくり、お手伝いをしたり、宿題、予習、復習、本を読んだりするとシールをくれて、シールが20個たまったら300円と交換。 もらったお金はちゃんと貯金箱にいれて、貯めておき、母の日に(私は本物だと信じて疑わなかった)900円の真珠のネックレスをプレゼントしました。 高校からはバイト可の学校だったので、お小遣いは断りました。 子供ってなんだかんだで現金ですから、お金でつられて一生懸命するんですよね。 良く考えてみると、結局は自分のためで、やって当たり前のことでしたが。 ゲーム感覚にしてくれて、お手伝いは楽しいもの、お金の重要さを教えてくれた母に感謝しています。 ただ、小さい頃から貯金箱の中身を数えるのが日課になり、それを見た母は、守銭奴に育てるつもりはなかったんだけどと・・・ トピ主さんは息子さんをお持ちなので、力仕事をしてもらって、臨時ボーナスってのがあっても楽しいかも。 ユーザーID: 9392672340• それはバイトではなくお駄賃 小学生の時、お小遣いは月500円。 急に母がそれを廃止してお駄賃制にすると言いだしました。 詳しく聞くと「まずゴミ出し1回2円」と言うので弟と2人でビックリしました。 当時ゴミの回収は週1回。 うちのゴミは週1袋出るか出ないか。 弟と二人なら1人月4円になるかどうか。 拒否すると今度は「じゃあ10円」と言われてそれも却下。 すると限界!という口調で「20円!」と言われて、子供心に母は遠い人に思えました。 手伝い1つにつきこの額なので、少ない時は月200円にもならず、お駄賃制は弟と2人で断固却下。 当時クラスの子のお小遣いは1500円くらいでした。 中学に入っても月500円だったので、交渉し続けてやっと月1500円に。 友人達のお小遣いは3000円くらい。 高校に入っても月1500円のままで、言い続けてようやく貰える状態で、学校帰りの友達付き合いも難しくなりバイトすることに。 お小遣いはナシにされました。 母はお駄賃の時もお小遣いの時も、お金の大切さを教える為と言いましたが、他にも母のお金エピソードは多々あり、締め付けがキツ過ぎて母はケチという印象しか無いです。 ユーザーID: 1627611532.

次の

【高校生・大学生向け】バイトしたくないけどお金が欲しい人の稼ぎ方

高校生 バイト お金

しかし、これら3つを意識すれば、その確率は限りなくゼロに近くなります。 このように、僕は高校から離れた場所でバイトをしていました。 あなたにも、十分におすすめできる方法です。 高校生もバイト以外でお金を稼げる ただ、バイトに慣れるうちに、 「もっと効率良くたくさんお金が欲しい」と考えるようになりました。 確かに、焼肉屋の時給は良かったです。 しかし、毎日とても忙しく、終わった後はいつもヘトヘトでした。 また、合わない先輩がいたり、クレーマーのようなお客さんと接したりするのもストレスでした。 当時の僕は、バンドをやっていました。 そこで、 「ライブハウスでイベントを開いてお金を稼げないかな」と考えました。 春休みを利用して、それを実行に移したのです。 以下の画像は、当時東京の新大久保のライブハウスでイベントを開いたときのものです。 後ろの左から2番目が僕です。 お金を稼ぐ流れとしては、次のようなものでした。 ・バイトよりも大きな金額を狙える ・好きなことでお金を稼ぐことができる ぜひあなたも、「バイト以外でお金を稼ぐ」という発想を持ってください。 僕の場合は、その手段がたまたま「音楽イベント」でした。 あなたにも、ピッタリなものが必ずあるはずです。 バイト以外でお金が欲しい高校生におすすめ方法 ただ、もしいま僕が高校生に戻ったら、「アルバイト」や「イベント企画」はしません。 まずは、 ブログやYouTubeでお金を稼ぐことを考えます。 現在の僕は、主にブログとYouTubeを使ってお金を稼いでいます。 ただ、「なぜ高校生の頃にこの方法に気づかなかったのか」と、悔しさすら感じます。 ここからは、なぜブログやYouTubeが高校生におすすめなのか、4つの理由を解説します。 高校生でもバイト以外で社会人よりお金を稼げる 1つ目の理由は、社会人以上のお金を稼げる可能性があることです。 例えば僕の場合、大学生の頃から月に22万円以上を稼いでいました。 つまり、 社会人の初任給よりも稼いでいたわけです。 卒業後の今では、その何倍もの金額を生み出しています。 特に、高校生の時給は安いため、働いてもなかなか増えません。 僕も、春休みや夏休みなどは、たくさんバイトのシフトに入っていました。 しかしそれでも、限界があることを肌で感じたものです。 このように、社会人以上に稼ぐことを狙えるのも、高校生にブログやYouTubeをオススメする理由です。 高校卒業後のバイト以外の収入源を作れる また、高校のうちにブログやYouTubeを頑張ると、卒業後の収入源を作ることができます。 あなたが投稿した記事や動画は、卒業後もそこに残ります。 つまり、大学生や社会人になっても、たくさんの人に見てもらうことができるのです。 そして、訪れた人たちが広告をクリックしたり、商品を購入したりしてくれます。 これにより、 高校時代に作ったブログやYouTubeで、卒業後も稼ぐことができるのです。 参考までに、僕が学生時代に作った「音楽ブログ」の事例を紹介します。 以下のようなものです。 このブログの記事は、大半を学生時代に書きました。 このため、卒業後はほとんど更新していません。 それにも関わらず、当時書いた記事がいまだにたくさんの読者を集めてくれます。 以下のグラフは、過去12ヶ月間における読者数の推移です。 毎月4万人以上の読者が、安定的に訪れているのが分かると思います。 こうして訪れた読者が、ブログ上で商品を購入してくださいます。 現在では、毎月130万円以上を稼いでいます。 このように、卒業後の収入源を作れることも、高校生にブログやYouTubeをオススメする理由です。 高校生が好きなことでお金を稼ぐことが可能 3つ目の理由は、自分の好きなことでお金を稼ぐことができることです。 僕がバイトをしていた頃は、その仕事が好きというわけではありませんでした。 それよりも、次のようなことを重視しました。 ・時給が高い ・バイト先が自宅に近い よって、バイト自体が楽しかったわけではありませんでした。 あくまで、お金のためだけに働いているという感覚でした。 しかし、ブログやYouTubeなら、自分の好きなことで稼げます。 例えば、僕の場合は「音楽」という分野を選びました。 他にも、 英語・卓球・ピアノ・サッカーなど、自分の好きな分野で発信をして稼ぐ人がたくさんいます。 このように、自分の好きなことでお金を稼ぐようになれることも、高校生にブログやYouTubeをオススメする理由です。 高校生はバイト以外で稼ぐのに有利 高校生にブログやYouTubeをオススメする理由に、時間をかけやすいことがあります。 ここまで紹介したように、ブログ・YouTubeにはたくさんのメリットがあります。 しかし、1つだけデメリットも存在します。 それは、 「稼げるようになるまで時間がかかる」ということです。 高校生は、この時間をとても作りやすいです。 これは、次のような理由からです。 ・夕方には授業が終わる ・春休みや夏休みなど長期休みがある 僕は、社会人になってからブログやYouTubeを始める人もたくさん見てきました。 ただ、彼らは多くの時間を会社に取られます。 これにより、苦労している人も少なくないです。 だからこそ、時間のある高校生のうちに、ブログやYouTubeを作り上げてしまうと良いです。 このように、時間をかけやすいことも、高校生にブログやYouTubeをオススメする理由です。 まとめ:バイト禁止でもお金を稼ぎたい高校生がバイト以外で稼ぐ方法 今回は、バイト禁止だった高校生の僕がどうやってお金を稼いでいたのかをお伝えしました。 僕の高校時代は、次のような形で稼ぐことに成功していました。 ・高校から離れた場所でバイトする ・バイト以外で自分でお金を稼ぐ ただ、今自分が高校生に戻ったら、「ブログ」か「YouTube」でお金を稼ぐことを考えます。 これは、以下のような理由からです。 ・社会人以上に稼ぐことも狙える ・高校卒業後の収入源を作れる ・好きなことでお金を稼ぐことが可能 ・時間をかけやすいので有利 よって、バイト以外で収入を得たい高校生におすすめです。 ぜひあなたも、ブログやYouTubeで稼ぐことにチャレンジしてみてくださいね。 応援しています! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の