星稜 奥川 インスタ。 奥川恭伸投手(星稜)の父親はどんな人?職業や年齢も気になる! | ホットワードブログ

星稜・奥川「最高の仲間と野球できた」 「笑顔だけは崩したくなかった」が…閉会式では涙― スポニチ Sponichi Annex 野球

星稜 奥川 インスタ

【智弁和歌山-星稜】延長十四回裏星稜1死一、二塁、福本 左奥 にサヨナラ3点本塁打を浴び、うなだれる智弁和歌山の池田=阪神甲子園球場で2019年8月17日、久保玲撮影 第101回全国高校野球選手権大会は第11日の17日、第2試合で星稜(石川)が4-1で智弁和歌山(和歌山)を降した。 智弁和歌山の黒川史陽主将は「頑張ってくれたエースの池田を助けることができなくて本当に申し訳ない」と悔やんだ。 また、打線が23三振を喫した星稜のエース奥川投手について「大会ナンバーワン投手」と実力を認めた。 黒川主将の主な談話は次の通り。 【池田直】 (相手のサヨナラ)ホームランの瞬間、(試合を)終わらせたくなかった。 エースの池田は頑張ってくれたが、自分が助けることができなくて本当に申し訳ない。 (星稜の奥川投手は)大会ナンバーワン投手だな、と。 高校3年間で一番気持ちの入ったボール(を経験した)。 甘いボールは逃さないという気持ちだった。 しかし「絶対抑える」という気持ちが伝わってきて、打てなかった。 星稜はすばらしいチーム。 日本一になってもらわないと自分たちは納得がいかない。

次の

奥川恭伸投手(星稜)のかわいい笑顔の理由がヤバい!プロフィールまとめ!

星稜 奥川 インスタ

今秋のドラフト会議(2019年10月17日)開催まであと2カ月を切った。 ドラフト1位候補として注目を集めるのが、今夏の甲子園準V投手、星稜・奥川恭伸(3年)と163キロ右腕、大船渡・佐々木朗希(3年)だ。 両投手は8月28日、「U18ワールドカップ」出場のため開催地である韓国入りした。 プロ野球ファン注目の今秋のドラフトだが、プロが見た両投手の評価は...。 J-CASTニュース編集部はMLBのスカウトに聞いた。 奥川、佐々木ともに日本球界の将来を背負う投手であることは異論の余地がないだろう。 奥川は優勝こそ逃したが、今夏の甲子園で超高校級の投球術、体力を改めて証明した。 一方、地方大会決勝では出場の機会がなかった佐々木は、8月26日の大学日本代表との壮行試合に先発。 MAX156キロをマークし、1回2三振無失点とほぼ完ぺきな投球を見せた。 「速球は評価のひとつにすぎない」 今夏、佐々木が登板した試合に足を運んだというMLBのスカウトは「アメリカの高校生でも160キロを出す投手はほとんどいない。 速球だけなら日米を通じて同世代で群を抜いている」と評価した上で次のように続けた。 「野球の投手は球の速さを競うものではないので、速球は評価のひとつにすぎない。 佐々木君の場合、コンスタントに150キロ後半を出すので、確かに大きな魅力だが、プロとして気になるところはいくつかある。 そのひとつが体力だ。 この体力には様々な要素を含んでいる。 例えば6回、7回を投げ切る体力やケガをしない体力。 プロは1年を通してマウンドに立つことが必要とされる。 体力面でみれば、現段階で佐々木君は即戦力として計算が出来ないと思います」(関係者) MAX163キロを誇る右腕も、全国レベルの実践となると未知数の部分が多い。 今夏の地方大会では決勝のマウンドを回避。 監督との話し合いの上での登板回避とみられるが、肩や肘、腰などに不安をかかえていた可能性もある。 また、26日の壮行試合では、当初、2イニングの登板の予定だったものの、右手中指にできたマメの影響で急きょ、1イニングの登板になった。 「制球力があるので、大崩れしないタイプ」 一方の奥川は今夏の甲子園で期待通りの活躍を見せ、改めてプロのスカウト陣をうならせた。 決勝戦こそ疲労の影響から決め球のスライダーが全体的に高めに浮いて打ち込まれたが、準決勝まではプロ顔負けのスライダーとフォークが低めに決まり、三振の山を築き上げ自責点ゼロを更新していた。 試合終盤に150キロを連発する体力を持ち合わせ、身体能力の高さを見せた。 「奥川君の魅力はバランスの良さ。 150キロを超える速球も魅力ですが、この速球を生かす変化球がいい。 体を見てももう一回り大きくなりそうですし、伸びしろは十分。 打者の膝から下に落ちるスライダーは、プロでもなかなか打てないでしょう。 なんといっても制球力があるので、大崩れしないタイプ。 即戦力とみても良いでしょう」(関係者) また、前出の関係者は佐々木の将来性について言及。 「ポテンシャルは奥川君を上回るものがあると思いますが、プロ入りしてもしばらくは下で経験を積んだ方が良いでしょう。 底が見えない分だけ怖さがある。 起用法も含めて、即戦力ではなく長い目で育てる方針のチームが佐々木君には合っていると思います。 もし、佐々木君が今すぐにメジャーにきてもマイナーからの出発になりますし、そこで実績を作らないと上には上がれません。 プロに行っても故障しては意味がありませんから」.

次の

ヤクルトドラフト1位奥川恭伸はインスタやってるの?!気になるので調査してみた!

星稜 奥川 インスタ

・振る舞いが性格良さそう ・好投手は性格悪いくらいが普通だけど、奥川選手はめちゃ良さそうだよね。 ・インタビューの受け答えがとても丁寧で知性も感じる。 なので性格良さそう ・勝って嬉し泣きしている姿だけで、性格最高でしょ! ・顔から性格がにじみ出てる…良いってこと! ・校歌を歌った後にすぐ応援席にいかず、相手ベンチに一礼してるところからすると、性格良すぎ。 ・優しすぎて、シャイな感じがする と、こんな感じの見立てが多いですよね。 僕も、かなり同感です。 ただ、世間の目に映る人物像と実際のそれとは結構乖離があるのも事実… じゃあ、実際にはどうなのか?を調査していこうと思います! 星稜高校・奥川恭伸投手の性格が良すぎ!投手イメージを覆す驚愕エピソード! ってことで、奥川投手の性格のホントのところが気になりますよね~ 色んな情報から、彼の性格について分析をしていこうと思います! テレビのインタビューにて とある、テレビ番組で 元阪神タイガースの 赤星憲広さんから インタビューを受けた際にこういった受け答えをしています! 『注目されるのは、凄く恥ずかしいんです…』 『ただ、ドラフト1位でプロに行くという目標を立ててます。 』 簡単にまとめると、たったの2行ですが、この2行だけで、 ・恥ずかしがり屋 ・強気 という性格が垣間見えますね。 ネットニュースの取材でのコメント1 佐々木朗希投手含む、ビッグ4と呼ばれていることに対して。 『自分が佐々木投手の横並びに比較されるのは恥ずかしい…』 『あんな球投げられないし、自分よりも凄い投手です。 』 『ビック4なんか、僕降ります。。。 』 客観的には、いや、並べて比較したくなるレベルですよ!って言いたくなるのですが、ここから分かるのは、 ・謙虚 という性格が分かると思います。 とは言え、佐々木朗希投手は本当に凄い投手ですから、自分に持っていない多くのものを奥川投手がヒシヒシを感じ取っているのであれば、 冷静な分析力という部分も兼ね備えているということですね。 ここがあるから優秀ですね。 ネットニュースの取材でのコメント2 とある、ネットニュースの中で、ここまで実力をつけてきたことについて聞かれたときのコメントです。 『今の球速と制球力を得たのは、立ち投げのような投球フォームに変更したからです。 』 『これまで、重心を低くすることが、そういった実力に繋がると考えていたが、それが間違っていました。 』 『星稜高校に入り、林和成監督の指導で、必ずしもそれが重要ではないということを教えてもらいました。 』 『ちょっと最初は理解できませんでしたが、監督の指導を繰り返し受けるにつれて少しずつ理解できるようになりました。 』 監督の投球指導があったからこそ得られてという今の投球フォームということで、実力をつけられたことが監督のおかげという感謝の気持ちを表されています。 で、ここで考えたいのは、入学当時既にかなりの実力を持っていたはずの奥川投手が監督の指導に疑問を抱きつつも、 素直にその指導に従ったということ。 これが彼の素晴らしい性格なんですよね。 例え、中学・高校生というまだまだ世間的には子供でも自分の成功例があればそれを信じてしまいそうなものです。 素直に指導のプロに従うってことが出来た性格が素晴らしいですね! Sponsored Links 星稜高校・奥川恭伸投手の性格まとめ!もはやかわいい… ってことで、いくつかのエピソードを紹介させていただきましたが、 奥川投手の 性格をまとめると、 素直で 謙虚、そして シャイ… その反面、自己分析を客観的にして、自分のレベルをしっかりと認識した上で、上位目標を取りに行く、 強気な面も… ということで、基本は 目立たないように奥手な存在でありながら、密かに 闘志を燃やすタイプなのかな、と。 よく、心理分析なんかで一つにカテゴライズされることがありますが、僕が思うに人間って色んな多面性を持っていて、この情報の中で見えてくる奥川投手の性格はそういった 2面性なのかなと思います。 これまでの投手像 多いタイプ として、 プライド高く、負けん気が強い みたいな人が、いい投手でいい成績を収めるというイメージをもっていましたが、 奥川投手のような、タイプも大成していく新たなタイプとして取り上げれらるかもしれませんね。 いままで、こんなタイプの投手は密かにいたんでしょうが、あまり印象にはないですね。 あ、エンジェルスの 大谷翔平投手もそっちの部類なのかな?.

次の