中国 共産党 英語。 中国共産党はアジア覇権に突き進み、倒壊する(日本人が知っておくべきこと)

米国が暴いた中国共産党の実態 各国への内政干渉は「最大の脅威」

中国 共産党 英語

中国を統治する唯一の政党 中国共産党は、中国の憲法で「人民を指導する」と定められ、中国を統治する唯一の政党です。 中国共産党の組織は、行政や司法機関それに国有企業など、全国のあらゆる部門に張りめぐらされ、党の決定がすべてに最優先し、1党支配を確立しています。 20世紀初頭 若い知識人らが結成 中国共産党は20世紀初頭、中国が欧米列強による侵略で半植民地化状態に陥る中、旧ソビエトが誕生したロシア革命の影響を受けて、危機感を募らせた若い知識人たちによって1921年に結成されました。 共産党は、日中戦争中は蒋介石が率いる国民党と協力していましたが、終戦後は国民党との激しい内戦に突入しました。 共産党は内戦に勝利し、1949年10月、中華人民共和国の建国が宣言されます。 毛沢東の「大躍進」 「文化大革命」で大混乱 その後、建国の父、毛沢東の指導の下、政府が都市部から農村までのすべての生産資源を管理する計画経済を導入し、鉄鋼や穀物の増産に大衆を動員する「大躍進」政策を進めました。 しかし、毛沢東が1966年に発動した「文化大革命」で、党や社会主義に反する思想や人物が一斉に排除され、中国は大混乱に陥りました。 鄧小平が「改革開放」 天安門事件で非難浴びる 1976年に、毛沢東の死去を受けて「文化大革命」が終結すると、1978年に実権を握った鄧小平が、党の路線を「改革開放」に転換。 海外から積極的に資本や技術を導入することによって市場経済化を進め、現在に至る経済成長の基礎を築きました。 しかし、市場経済への転換が進む中、政治に対する民主化を求める声が高まり、1989年の天安門事件では、民主化を求めた学生らのデモを、軍を投入して鎮圧し、国際社会から非難を浴びました。 変容を迫られた中国共産党 その後、改革開放政策によって中国社会が大きく変化すると、共産党自身も変容が迫られ、2002年の党大会では、存在感を増した企業経営者の入党を認める考え方が党規約に盛り込まれました。 それまで、「労働者階級を代表する党」だった共産党は、今では幅広い層を党に取り込み、変容していると言われています。 中国共産党は社会主義を堅持しつつ、市場経済を導入し、GDP=国内総生産を世界2位に押し上げる急速な経済成長を指導する世界的にも例のない政党ですが、中国国内では、経済発展のけん引力への評価と統制や抑圧への不満がなおも渦巻いていて、今後、今の体制がどうなっていくのかに世界中の関心が集まっています。

次の

中国国民は本音で中国共産党をどう思ってるんすかね?支持率は?こんなに...

中国 共産党 英語

中国を統治する唯一の政党 中国共産党は、中国の憲法で「人民を指導する」と定められ、中国を統治する唯一の政党です。 中国共産党の組織は、行政や司法機関それに国有企業など、全国のあらゆる部門に張りめぐらされ、党の決定がすべてに最優先し、1党支配を確立しています。 20世紀初頭 若い知識人らが結成 中国共産党は20世紀初頭、中国が欧米列強による侵略で半植民地化状態に陥る中、旧ソビエトが誕生したロシア革命の影響を受けて、危機感を募らせた若い知識人たちによって1921年に結成されました。 共産党は、日中戦争中は蒋介石が率いる国民党と協力していましたが、終戦後は国民党との激しい内戦に突入しました。 共産党は内戦に勝利し、1949年10月、中華人民共和国の建国が宣言されます。 毛沢東の「大躍進」 「文化大革命」で大混乱 その後、建国の父、毛沢東の指導の下、政府が都市部から農村までのすべての生産資源を管理する計画経済を導入し、鉄鋼や穀物の増産に大衆を動員する「大躍進」政策を進めました。 しかし、毛沢東が1966年に発動した「文化大革命」で、党や社会主義に反する思想や人物が一斉に排除され、中国は大混乱に陥りました。 鄧小平が「改革開放」 天安門事件で非難浴びる 1976年に、毛沢東の死去を受けて「文化大革命」が終結すると、1978年に実権を握った鄧小平が、党の路線を「改革開放」に転換。 海外から積極的に資本や技術を導入することによって市場経済化を進め、現在に至る経済成長の基礎を築きました。 しかし、市場経済への転換が進む中、政治に対する民主化を求める声が高まり、1989年の天安門事件では、民主化を求めた学生らのデモを、軍を投入して鎮圧し、国際社会から非難を浴びました。 変容を迫られた中国共産党 その後、改革開放政策によって中国社会が大きく変化すると、共産党自身も変容が迫られ、2002年の党大会では、存在感を増した企業経営者の入党を認める考え方が党規約に盛り込まれました。 それまで、「労働者階級を代表する党」だった共産党は、今では幅広い層を党に取り込み、変容していると言われています。 中国共産党は社会主義を堅持しつつ、市場経済を導入し、GDP=国内総生産を世界2位に押し上げる急速な経済成長を指導する世界的にも例のない政党ですが、中国国内では、経済発展のけん引力への評価と統制や抑圧への不満がなおも渦巻いていて、今後、今の体制がどうなっていくのかに世界中の関心が集まっています。

次の

トヨタ自動車はなぜ、中国から撤退しないのか?そして中国共産党との関係はどのようなものなのか?

中国 共産党 英語

支持率でいえば、200%だと思います(笑) 冗談はさておき、「支持率」という概念自体が中国に当てはまらず、中国に当てはまるのは、憲法で謳われた、共産党だけが政治執行政党という事実のみです。 ただ、庶民感覚でいえば、いろんな意見があると思いますが、 中国には政府支持率という概念は必要ないと思っている中国人が多いと思います。 「一党独裁」だと揶揄された時、そして一党独裁的な体系が生む不具合というのは、実際には徐々に社会問題として発生し、それが天安門動乱であったりしたわけです。 中国も実際には、「一党独裁」ではなく、「一党専制」という前提で、いろんなものを分割民営化したり、改革開放路線により、徐々に国情を把握しつつ、国際的においても調和を図って、現在はいろんな問題を抱えながらも、経済も成長しているところにおいては、共産党もかなり変革をしており、日本において「政治改革」という言葉が叫ばれたように、中国でも一党専制の原則の中において、できる政治改革を行ってきていますので、中国庶民の感覚でいえば、超多民族で広大な国土を取りまとめる執政政党としての共産党と、一党専制の必要性を認識していますよ。 反政府的な国民は弾圧されているか?というとき、 反政府の個人は、逆に憲法で保障されているといえます。 中国の憲法には人民は、政府を監視して指導する権利を与えていますから、日本の報道やアメリカの報道のように、人権がないとか、民主化や政府に楯ついた人間は弾圧される!とかいうのは真っ赤な嘘です。 弾圧というか、憲法判断や法律判断で有罪判決を受ける民主化運動家や批判者は、憲法で認められる範囲内の適正な抗議ではなく、不特定多数に書籍をばらまいたり、宗教的な団体とも思える国家転覆の団体への加入を広く宣伝して流布するような行為にのみ中国の法律に基づいて処置されます。 その対処処罰されて、11年の有罪判決を受けた劉氏に西側の勝手な価値観でノーベル平和賞が授与されたことは記憶にあたらしく、日本では「ノーベル平和賞受賞者に弾圧をしている!」と、間抜けな報道がありましたが、 ノーベル平和賞受賞者を弾圧しているのではなく、中国の法律で服役中の犯罪者に、ノーベル平和賞を勝手に授与しているというのが正しい理解です。 そして、その劉氏は、民主化自体で有罪判決を受けたのではなく、自宅には数台のPCを所有し、ネットも不法で海外のサーバーにアクセスし、08憲章なるものを作って、不特定多数の人間や、海外の華僑に署名を求め、そして講演に使用して得た収入はなんとか活動資金にカンパしてくれと、しつこく送金させたりしていたことによって、処罰されたんですよ。 華僑の間では有名な話です。 本当は電波法違反、外為法違反などで、あと15年は追加刑を与えることも、法律では可能な犯罪者でした。 それを、日本や西側の報道は、あたかも民主化運動家の劉さんが、ノーベル平和賞を受賞したから中国は不法逮捕して弾圧している・・と誤解をまねくような報道になっていますね。 「独裁」って場合によっては有効な政治形態なのです。 命令系統が単純で、経費が掛からないからです。 特に、建国して間もない国や戦争や内戦で疲弊した国にとっては。 中国は第二次世界大戦でかなり疲弊しました。 また、広大な領土と国民を支配(?)しなければなりません。 もし、中国が一気に民主化に動いたとしたら、各地で民族による独立の紛争や内戦が勃発します。 一昔前ならいいですが、今や世界有数の経済大国です。 そんな国でゴタゴタが起きたら世界の経済が大きな損失を被ります。 だからアメリカなどの西側国家も静観しているのです。 そういった状況ですので、支配されている国民には申し訳ないですが、他国も動けないのです。 それが分かっているから、中国の有識者は弾圧を感じながらも、抵抗できません。 一般国民は情報操作で、外の世界を知りませんので動きようが無い、というのが現状ではないかと思います。 これまでの情勢を冷静に(好き嫌いという感情抜きで)考えると、仕方がない政治形態なのではと思います。 それならどうしたら良いか。 経済情勢を考えずに、思い切って民主化に移行するような操作を行うのか。 現状のまま放っておくのか。 さて、どれがいいのか。 もしくは他に何かあるのか。 難しいですね。 中国の国民は、政治に参加できません。 国民は思想の自由を許されていません。 民主化運動などすると、速効捕まり拘束されます。 首謀者はただでは済まないようです。 共産党員が中国の政治を仕切っています。 中国共産党に国民の支持があるとは思えませんが、実際国民は政府に何も言えないのが現状でしょう。 一党独裁でいれるのは、共産党員への莫大なワイロなど甘い汁を吸ってる人間が、民主化したくないだけです。 その人数がもの凄いようです。 過去に、天安門事件などありましたが、 毛沢東時代に、劉少奇(リュウショウキ)という中国ナンバー2の、民主化を唱える政治家がいました。 毛沢東は民主化に賛成ではなかったので、劉少奇を生涯監禁しました。 結局独房で生涯を終えました。 かわいそうな話です。 中国は経済発展をしているようですが、実際は北朝鮮と同じ独裁国家です。 中国共産党の負になる事柄は、まず公にはしません。

次の