伊勢白山道のブログ。 伊勢白山道の自己擁護

自分の心を守りましょう

伊勢白山道のブログ

まえがき このたび、『自分の心を守りましょう』 二〇一四年、㈱経済界刊 を新版として再発行することになりました。 日本社会では、年々、老いも若きも一人暮らしが増えていると感じています。 日本が貧しい時代は、一人で独立して暮らすということが、家賃の意味でも、食費の意味でも難しく、嫌でも大家族単位で身を寄せ合って生活していたと思います。 それから時代が進み、戦前戦後よりも裕福な日本になったのはよいのですが、裕福さと比例して大家族から小家族へと暮らし方が変わっていきました。 さらには親子が揃っていましても、親の単身赴任、子どもの遠方への進学・就職によって、家族が一緒に暮らす期間は短くなっています。 生涯を独身で過ごす人も増え、 これからますます一人暮らしの社会となっていくと思います。 近年では飲食店も、お一人様専用の座席を増やす店舗の設計が見られます。 このような一人暮らしの社会が進むにつれて、心を病む人も増えている気がします。 また、孤独死というものが、過去の時代にはなかった社会問題と化しています。 つまり、家族がいましても、現実には一人で生活をする人生を、心を病まずに生き生きと暮らすことが、今からの時代は大切になると感じます。 まさに今のような時代の到来を予見した本が、約五年前に発行された本書なのです。 様々な角度からライトを当てて、自分の心を守りながら生きて行くための 方法のエッセンスを書いたつもりです。 自分の心を守ることは、自分の命を守ることです。 自分の心を守る方法を知っていますと、どんな状況にいましても、明るく強く生きていくことができます。 自分の老後をいかに生きるか? もし一人暮らしになっても、明るく生きるにはどうすれば良いか? 一人暮らしでも、心豊かに生きる方法とは? このような視点を持って、自分の人生を、将来を、老後を想像しながら読んで頂けますと幸いです。 令和元年 お盆の終わりに 伊勢白山道 伊勢白山道(いせ はくさんどう) 2007年5月「伊勢白山道」ブログを開設、2008年3月から本の出版を始め、その斬新な内容と霊的知識、実践性において世界に衝撃を与え続けている。 社会の中で働きながら、毎日かかさず悩める人々にインターネットを介して無償で対応している。 自分が生かされていることへの感謝を始めた読者の人生に起きる良い変化が、 強い支持につながっている。 数多くある精神世界サイトの中で、ブログランキング圧倒的第1位を長年にわたり継続中である。 著書に、伊勢白山道名義で『内在神への道』(ナチュラルスピリット刊)、『あなたにも「幸せの神様」がついている』『生かしていただいて ありがとうございます』(主婦と生活社刊)、 『内在神と共に』『森羅万象 第1巻~第10巻』(経済界刊)、『伊勢白山道問答集 第1巻~第3巻(全3巻)』『宇宙万象 第1巻~第3巻』『自分を大切に育てましょう』 『今、仕事で苦しい人へ 仕事の絶望感から、立ち直る方法』『柔訳 釈尊の教え 原始仏典「スッタニパータ」第1巻~第2巻』『伊勢白山道写真集 神々の聖地 白山篇』 『伊勢白山道写真集 太陽と神々の奇蹟の聖域 伊勢篇』『与えれば、与えられる』(以上、弊社刊)。 谷川太一名義で『柔訳 老子の言葉』『柔訳 老子の言葉写真集 上下巻』(経済界刊)、『柔訳 釈尊の言葉 第1巻~第3巻 原始仏典「ダンマパダ」(全3巻)』(弊社刊)がある。 goo. 追記:2020年2月現在、その方のコメントは、削除されています。 上のローズマリーさんのコメントも、その削除されたコメントへのものです。 ) 伊勢白山道を知って、私も10年たちます。 そこで、私も10年を振り返ってみました。 精神的な変化はたくさんあります。 そちらの変化の方が大きいです。 しかし、あえて、目に見えるような変化を挙げてみました。 もちろん、そのような変化を求めて先祖供養や神祀りをしているのではありません。 伊勢白山道を実践すればするほど、「おかげ」を求めて供養やお参りするのに、違和感が湧いてくるからです。 では、思いついた順に…変化その1:年収が2. 5倍になった。 その2:若返った。 10年前は、妹といると、その母と間違われていた。 今では、高校の同級生が、口々に変わっていないと言ってくれる。 その3:本業とは別に、国立大学の客員教授として講義に招かれるようになった。 その4:家族関係が好転した。 その5:お金のかかるスピから足を洗えた。 その6:痩せた。 おかげで人間ドックのいろんな数値が良くなった。 その7:いいか悪いかはよくわかりませんが、余暇のほとんどを費やしていたボランティア活動から離れた。 (少ない収入から、活動費を捻出していた。 )その8:予期せぬ良い巡りあわせが起こることもある。 (人から見ると、引き寄せの力があるように見えるらしい。 )…これくらいですかね…。 思いついたら、追記します。 (控えめに書いているぐらいで、盛っていません。 ) ただ、こんな変化も、先祖供養や神祀りの行為そのものがもたらす平安に比べたら、取るに足らないものです。 生きている中では、不安感や焦燥感が起こるのは当たり前ですが、「自分には、伊勢白山道がある」と思えば、「まぁ、こんな自分でも生きていてもいいか」と思えてくるのです。 また、自分は海外生活が長かったので、日本っていいな、と肌で実感しています。 日本人は、自己肯定感が低いと意識調査にも結果が出ていますが、日本の良さを、あまり知らないことに起因するのではないかと思います。 日本ってこんないいところがあるのだと知った時の喜びというものは、自分への誇りを育む基になるのではないかと考えます。 しかし、あまりに日本はだめという情報が溢れている現状をみると、そのような残念な結果も、さもありなんと思います。 いろいろ書きましたが、あまりレビューに左右されずに、何かピンとくるものがある方は、手にとってみられてはいかがでしょうか。 ご自分で確かめてみるのが一番だと思います。 それも縁だそうです。 よいご縁がありますように。

次の

伊勢白山道の自己擁護

伊勢白山道のブログ

伊勢白山道についての書き込みが多いので、 改めて述べますが、私が伊勢白山道を、邪道、人の道を 踏み外した、外道として、否定する根底にあるものは、 伊勢白山道が、古神道、神道を穢し続けているからです。 祝詞の説明も、全くのデタラメ、妄想、素人知識で、いい加減な事を 書き、神社の歴史を霊視(というより馬鹿げた妄想やオカルト知識) しては、神社に穢れを運びます。 さらにデタラメな話、歴史を捏造し、平気でブログの更新を 続けています。 そして神々の名を利用しては、書籍の販売が続く。 線香3本での供養や、最強の祝詞などというものを広げ、 それを行う事によって起こる弊害、危険性への配慮が無いのも 問題です。 伊勢白山道のブログを読み、本を買って、先祖供養をして結果的に、 精神疾患、主にうつ病になり、私に相談が来て、対応した例は3桁近くに のぼり、プライベートな時間を、多大に費やすことになり、 無償での対応が出来なくなってしまいました。 相談者の家に入ると、障気が充満していて、耐性の弱い人間ならば、 気持ち悪くなったり、悪寒、頭痛、吐き気、全身の脱力感、精神的には 暗く憂鬱になってしまいます。 さらに、障気の中でしか生息できない、下等な魑魅魍魎が、大量に 発生していて、発生源は3本線香と、依り代です。 素手で握り殺せる程度のモノですが、体内に入られた場合は、引きずり出し 滅する事になります。 祓を行い、空間が浄化すれば、精神や体調不良は回復します。 依り代や、書籍は、その場で、全て燃やします。 本来は、この祓は、私ではなく、伊勢白山道が、責任を持って、 全て対応するのが当然でしょう。 夜勤サラリーマンと言う事ですが、よほど暇な無職か、人格障害者でも なければ、毎日、嘘と妄想だらけのブログを更新するのは、時間的にも 無理があります。 海外との時間差で、リアルタイムでの交渉などが必要な場合は、 私も、外資系システムインテグレーターで、数十億円単位の プロジェクトでは、一時的に夜勤をしましたが、通常は、直接海外に 長期滞在して、現地で働く事になります。 天然資源を扱うならば、国内で夜勤をするというのは、業務的に 無理があり、夜勤サラリーマンというのは嘘だと思います。 あるいは、天然資源を扱う会社に勤務しているのが嘘か。 それゆえ、顔を表に出さず、神性を維持する為に人に会わない といった言い訳をするのでしょう。 正しき神と通じ、自分自身にやましい事がなければ、人前に 出られます。 と言うより、人と接する事で、自分が磨かれていきます。 こう考えると、伊勢白山道が無職のニートと言われるのも 納得できます。 世の中には多くの人が暮らしています。 その人達と接することで、神性が失われるならば、所詮、 伊勢白山道など、人間のクズです。 大きな神社ほど、神職も巫女も、多くの人達と接する事に なりますが、その神性は失われません。 人と接する事で失われてしまうような、伊勢白山道の 神性など、偽者でしかありません。

次の

伊勢神宮外宮・伊雑宮・白山|ブログ『伊勢白山道』さんお勧めの地

伊勢白山道のブログ

道を求めて悩む人々、生きる事に苦しんでいる人々から、信仰や真理をエサにして組織を造ったり、有料の講演会、書籍以外の商売商品で稼ぐ連中は、本当の真理から離れた行為を自らしています。 神や真理を、本当には知らないからこそ出来る行為です。 真逆の活動をして、「人々の人生をムダにさせた罪」を犯しています。 神や真理を汚した行為だったと、あの世で自ら自覚することに成ります。 神界が許すのは、自らが主張する真理の内容を表したマニフェスト(近年に流行の、笑)としての印刷物(書籍)だけです。 上記の記述に疑問を感じた人は多いはずです。 疑問を抱かないのは、狂信者か理解力の無い人でしょう。 なぜ、神界が書籍の出版だけを許すのでしょうか? そこに真理はあるのでしょうか? これを私は疑問に感じ、リーマンに質問しましたが、アップされませんでした。 他にも同じように質問し、アップされなかった人も多いのでしょう。 結局、本の出版を否定してしまうと、リーマンの商売がなりたたなくなります。 印税は全て、本名で寄付しているそうですが、物的証拠はありません。 もちろん偽造は可能です。 伊勢白山道とは、各宗教、宗派の知識の寄せ集めに過ぎず、真理などありません。 リーマンは月を悪としていますが、神道ではそのような事はありません。 ですが、アマテラスオホミカミ、アマテラスオホミカミと唱えさせる。 矛盾をあげればキリがありません。

次の