槙 ようこ 引退 なぜ。 森下千里 契約解約がヤバい!芸能界引退の理由は?

槙ようこ先生引退の理由はなぜ?今後の活動や過去の人気漫画も調査

槙 ようこ 引退 なぜ

槙ようこさん makiyokolca がシェアした投稿 — 2019年 7月月2日午後9時14分PDT 漫画「きらめきのライオンボーイ」は雑誌「りぼん」に連載されており、同日・7月3日に発売された新刊には最終話が掲載されていました。 雑誌「りぼん」にも この連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。 これまでたくさんの方に応援していただき、本当に本当にありがとうございました という文面が掲載されました。 槙ようこは今年で漫画家としての活動20周年を迎えており、20周年期間が終わる2020年3月17日まではInstagramでの発信を続けることを表明しています。 槙ようこのプロフィール・漫画家人生は? 槙ようこは当時高校2年生だった1999年に「ラブサービス!」でりぼんNEW漫画スクール佳作、SB賞を受賞し、その後も数多くの人気作品を執筆し続けてきました。 簡単にプロフィールをまとめて見たいと思います。 ペンネーム 槙ようこ まきようこ 旧ペンネーム:香牧ようこ 本名 福家陽子 ふけようこ 生年月日 1981年7月11日 37歳 出身地 鹿児島県 血液型 A型 趣味 運転 特技 すぐ忘れる 好きな言葉 リラックス 飼っているペット レオ、ココ、アビ 犬・猫 出身校 日出高等学校 現・目黒日本大学中学高等学校 受賞歴 第354回りぼんNEW漫画スクール佳作 第71回SB賞受賞 その他活動 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANAへの寄稿「プラスマイナス」 槙ようこには妹・持田あきがおり、2人とも漫画家として活動していました。 槙ようこの漫画家人生をまとめてみましょう。 1999年 17歳 「ラブサービス!」で第354回りぼんNEW漫画スクール佳作、第71回SB賞受賞。 2000年 初コミックス「枯れ気に恋を咲かせます」発売。 2007年 雑誌「りぼん」にて「山本善次朗と申します」連載開始。 2008年 3月に体調不良を理由に「山本善次郎と申します」の連載中断、約1年の活動休止。 誌面での再会はなく、単行本での書き下ろしで再開し2011年に完結。 2013年3月号まで 雑誌「Cookie」10月号でも妹・持田あきとの合作「zen zen」を発表。 2011年2月号から4月号まで短期連載。 続編も予定されていたが、実現していない 2011年 東日本大震災チャリティー漫画本「PARTY! HANA」へ「プラスマイナス」寄稿 2012年 雑誌「りぼん」9月号から「ロマンチカクロック」連載 2015年12月号まで 2016年 雑誌「りぼん」8月号から「きらめきのライオンボーイ」連載 2019年8月号まで 2019年 雑誌「りぼん」4月号でデビュー20周年の記念特集掲載。 雑誌「りぼん」8月号の「きらめきのライオンボーイ」完結に合わせて漫画家引退を宣言。 デビュー20周年期間終了の2020年3月17日までSNSアカウント継続を発表。 漫画家・槙ようこの引退の理由は? 槙ようこは引退にあたり投稿したInstagramには 私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 と投稿しており、引退の理由について詳しくは公表していません。 歴代の漫画家たちの引退理由は大きく次の3種類です。 人気が出ずに連載続行が不可能• 闘病や事故• 結婚、完結を機に引退 それぞれの可能性について考察していきましょう。 人気が出ずに連載続行が不可能 槙ようこの場合は、いずれも人気作の連載を続けており不人気ということはあり得ません。 闘病や事故 槙ようこはかつて2007年に体調不良を理由に1年間の活動休止をしていたことがあります。 今回の引退を「後ろ向きではなく前向きなもの」と記していることから、引き伸ばしていた入院治療を始めたとも考えられます。 結婚、完結を機に引退 現在、槙ようこは漫画家としての活動20周年の年を迎えていることから、一番可能性が高いのは20周年と連載作品・漫画「きらめきのライオンボーイ」の完結を機に引退して新天地での活動、あるいは結婚と考えられます。 槙ようこ今後の活動や過去代表作・漫画家人生は? 漫画家・槙ようこの今後の活動はどうなっていくでしょうか? また過去の代表作について紹介します。 漫画家・槙ようこの今後の活動は? 槙ようこは引退にあたり自身のInstagramで 私槙ようこはこの連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。 私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 と発表しており、今後は完全に漫画家としての活動をしないことを宣言しています。 ツイッター上には 槙ようこ先生本当に引退なんだ。 知っている作品が愛してるぜベイベだけなのでファンと言うにはおこがましいけれど。 別雑誌で今後は書くとかではなくて漫画家自体を辞めてしまうんだね。 切ないのぅ…… — 佐倉 紫 yukarisakura29 など、突然の引退発表を悲しむファンの声が多く、ぜひともイラストやキャラクターデザインなどだけでも活動を続けてもらいたいところです。 槙ようこ画集や特別号・記念作品の執筆は? 今のところはまだ20周年記念企画や引退に合わせてどのような活動や作品の発表がなされるのかは分かっていません。 歴代の漫画家たちの例から考えると、槙ようこの20周年記念として今までの作品集・画集が刊行されることが予想されます。 特別号や記念作品の執筆に関しては 漫画「きらめきのライオンボーイ」を持って漫画家を引退 と言っているため期待は薄いかもしれませんが、2010年から2011年に執筆されていた妹・持田あきとの合作「zen zen」の続編が実現しないまま終わっているため、その企画を記念作品として執筆するかもしれません。 漫画家・槙ようこ過去の代表作は? 漫画家・槙ようこは10作品以上を執筆しています。 いくつか過去の代表作を紹介します。 少女漫画雑誌「りぼん」に連載された作品としては当時は珍しい男性主人公の作品で、アニメ化もされた人気作品です。 片倉結平は東栄高校に通う高校生。 ある日学校から帰宅すると見知らぬ女児が置き去りにされているのを発見します。 女児は片倉結平の5歳の従姉妹・坂下ゆずゆでした。 坂下ゆずゆの母は行方不明で父はすでに死んでおり、仕方なく預かられることになります。 片倉結平は容姿端麗で多くの女性たちから思いを寄せられており、片倉家の家族たちから片倉結平に坂下ゆずゆを見ることを押しつけられたことで、片倉結平を独占する坂下ゆずゆに対する嫉妬をもとに様々な事件が巻き起こっていきます。 また、置き去りにされた坂下ゆずゆの精神的な葛藤や幼稚園での親のいる子供達への劣等感などに苦しめられていきます。 ロマンチカクロックとあらすじ• 今回の引退発表に合わせてファンから悲しみの声が数多くTwitterやInstagramなどのSNSで投稿される中で、ロマンチカクロックからファンになったという声も多くありました。 鎌倉に住む加治屋家の双子の妹・杏花音は幼い頃から優秀な兄・蒼と比較され、彼をライバル視しながら成長していた。 そんな杏花音が14歳になる頃、蒼は部屋に引き篭もるようになり兄妹の確執はより深いものになっていた。 ある日憧れていた辻莉に告白したものの「頭の良い女性が好き」と断られた杏花音は蒼に勉強を教わろうとする。 久々の蒼とのまともなやり取りの中、杏花音は思わず学校に来たらいいのにと口走ってしまう。 数日後発表された中間試験の結果順位の1番にはなんと蒼の名前があった。 学校中の話題を一瞬で攫っていった蒼に昔のように対抗心を燃え上がらせる杏花音。 止まっていた双子の時間がようやく動き始める。 主人公・杏花音 あかり は学校でも人気者の中学2年生。 杏花音には頭脳明晰ながらも不登校でひきこもりになってしまっていた双子の兄・蒼 あおい がいます。 かつて仲の良かった兄妹でしたが蒼の不登校をきっかけに関係が悪化していました。 ある時、杏花音は憧れていた男子に告白するも「頭の賢い女性が好き」と断られたことをきっかけに、兄・蒼に勉強を教わり始めます。 そのときにふと杏花音が「学校に来なよ」と声をかけたところ、兄・蒼は学校にやってきてテストで学年一位の成績を取り、一気に注目の的になってしまいます。 兄・蒼に人気者の座を奪われまいと対抗心に燃える杏花音は新しい友達や恋愛を通して成長していきますが、中学3年生になり受験勉強に励んでいた杏花音は突然倒れてしまい、移植手術の必要があることが判明します。 ・漫画家・槙ようこのプロフィールは? 槙ようこは当時高校2年生だった1999年に「ラブサービス!」でりぼんNEW漫画スクール佳作、SB賞を受賞し、その後も数多くの人気作品を執筆し続けてきました。 ・漫画家・槙ようこの引退の理由は? 槙ようこは引退の理由について詳しくは公表していません。 ・漫画家・槙ようこの今後の活動は? 槙ようこは引退にあたり自身のInstagramで今後は完全に漫画家としての活動をしないことを宣言しています。 ・槙ようこ画集や特別号・記念作品の執筆は? 歴代の漫画家たちの例から考えると、槙ようこの20周年記念として今までの作品集・画集が刊行されることが予想されます。 ・漫画家・槙ようこ過去の代表作は?• ロマンチカクロック• きらめきのライオンボーイ いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

槙ようこ先生の漫画家引退について個人的感想【永遠に大好きです】

槙 ようこ 引退 なぜ

名前:槙ようこ まき 本名:福家陽子 ふけ ようこ 生年月日:1981年7月11日 出身地:鹿児島県 血液型:A型 職業:漫画家 1999年~ 槙ようこさんは2019年で漫画家デビューして20周年を迎えています。 そんな槙ようこさんは本格的に漫画家としてデビューする直前まで香牧 かまき ようこというペンネームだったそうです。 そんな槙ようこさん普段の利き手は右手なのだそうですが、ギャグ絵なら左手で描ける特技があるのだそうです。 また自身の性格について『自分でも自分について一言では言えない。 わかってくれる人だけわかってくれればいいやと思うタイプ』とのことで、あまり多くを語らない人のようなコメントにも感じますね。 また実妹には テレビドラマ化もされた漫画『初めて恋をした日に読む話』の作者である漫画家・持田あきさんがいらっしゃいます。 姉妹で売れっ子漫画家なんて凄いですよね! 過去のマンガ作品 Instagram そして本誌で読者の皆様にお伝えさせていただきました、 私槙ようこはこの連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。 これまで沢山の方に応援していただき、本当に本当にありがとうございました。 * とはいえ🙌🏻まだまだお伝えしたいことお知らせしたいこともたくさんありますので、こちらのInstagramはデビュー20周年期間の来年3月17日までやらせていただきたいと思います。 * 私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 皆様最後までどうぞお付き合いください。 よろしくお願いします。 槙ようこ とのことで、漫画家の引退理由についてはっきりとは公表されていません。 しかし引退について「 決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたこと」とのことなので、漫画家が嫌になったりしたわけではないようですね。

次の

漫画家、槙ようこが引退するそうですが、どのように感じます...

槙 ようこ 引退 なぜ

槙ようこさん makiyokolca がシェアした投稿 — 2019年 7月月2日午後9時14分PDT 漫画「きらめきのライオンボーイ」は雑誌「りぼん」に連載されており、同日・7月3日に発売された新刊には最終話が掲載されていました。 雑誌「りぼん」にも この連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。 これまでたくさんの方に応援していただき、本当に本当にありがとうございました という文面が掲載されました。 槙ようこは今年で漫画家としての活動20周年を迎えており、20周年期間が終わる2020年3月17日まではInstagramでの発信を続けることを表明しています。 槙ようこのプロフィール・漫画家人生は? 槙ようこは当時高校2年生だった1999年に「ラブサービス!」でりぼんNEW漫画スクール佳作、SB賞を受賞し、その後も数多くの人気作品を執筆し続けてきました。 簡単にプロフィールをまとめて見たいと思います。 ペンネーム 槙ようこ まきようこ 旧ペンネーム:香牧ようこ 本名 福家陽子 ふけようこ 生年月日 1981年7月11日 37歳 出身地 鹿児島県 血液型 A型 趣味 運転 特技 すぐ忘れる 好きな言葉 リラックス 飼っているペット レオ、ココ、アビ 犬・猫 出身校 日出高等学校 現・目黒日本大学中学高等学校 受賞歴 第354回りぼんNEW漫画スクール佳作 第71回SB賞受賞 その他活動 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANAへの寄稿「プラスマイナス」 槙ようこには妹・持田あきがおり、2人とも漫画家として活動していました。 槙ようこの漫画家人生をまとめてみましょう。 1999年 17歳 「ラブサービス!」で第354回りぼんNEW漫画スクール佳作、第71回SB賞受賞。 2000年 初コミックス「枯れ気に恋を咲かせます」発売。 2007年 雑誌「りぼん」にて「山本善次朗と申します」連載開始。 2008年 3月に体調不良を理由に「山本善次郎と申します」の連載中断、約1年の活動休止。 誌面での再会はなく、単行本での書き下ろしで再開し2011年に完結。 2013年3月号まで 雑誌「Cookie」10月号でも妹・持田あきとの合作「zen zen」を発表。 2011年2月号から4月号まで短期連載。 続編も予定されていたが、実現していない 2011年 東日本大震災チャリティー漫画本「PARTY! HANA」へ「プラスマイナス」寄稿 2012年 雑誌「りぼん」9月号から「ロマンチカクロック」連載 2015年12月号まで 2016年 雑誌「りぼん」8月号から「きらめきのライオンボーイ」連載 2019年8月号まで 2019年 雑誌「りぼん」4月号でデビュー20周年の記念特集掲載。 雑誌「りぼん」8月号の「きらめきのライオンボーイ」完結に合わせて漫画家引退を宣言。 デビュー20周年期間終了の2020年3月17日までSNSアカウント継続を発表。 漫画家・槙ようこの引退の理由は? 槙ようこは引退にあたり投稿したInstagramには 私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 と投稿しており、引退の理由について詳しくは公表していません。 歴代の漫画家たちの引退理由は大きく次の3種類です。 人気が出ずに連載続行が不可能• 闘病や事故• 結婚、完結を機に引退 それぞれの可能性について考察していきましょう。 人気が出ずに連載続行が不可能 槙ようこの場合は、いずれも人気作の連載を続けており不人気ということはあり得ません。 闘病や事故 槙ようこはかつて2007年に体調不良を理由に1年間の活動休止をしていたことがあります。 今回の引退を「後ろ向きではなく前向きなもの」と記していることから、引き伸ばしていた入院治療を始めたとも考えられます。 結婚、完結を機に引退 現在、槙ようこは漫画家としての活動20周年の年を迎えていることから、一番可能性が高いのは20周年と連載作品・漫画「きらめきのライオンボーイ」の完結を機に引退して新天地での活動、あるいは結婚と考えられます。 槙ようこ今後の活動や過去代表作・漫画家人生は? 漫画家・槙ようこの今後の活動はどうなっていくでしょうか? また過去の代表作について紹介します。 漫画家・槙ようこの今後の活動は? 槙ようこは引退にあたり自身のInstagramで 私槙ようこはこの連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。 私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 と発表しており、今後は完全に漫画家としての活動をしないことを宣言しています。 ツイッター上には 槙ようこ先生本当に引退なんだ。 知っている作品が愛してるぜベイベだけなのでファンと言うにはおこがましいけれど。 別雑誌で今後は書くとかではなくて漫画家自体を辞めてしまうんだね。 切ないのぅ…… — 佐倉 紫 yukarisakura29 など、突然の引退発表を悲しむファンの声が多く、ぜひともイラストやキャラクターデザインなどだけでも活動を続けてもらいたいところです。 槙ようこ画集や特別号・記念作品の執筆は? 今のところはまだ20周年記念企画や引退に合わせてどのような活動や作品の発表がなされるのかは分かっていません。 歴代の漫画家たちの例から考えると、槙ようこの20周年記念として今までの作品集・画集が刊行されることが予想されます。 特別号や記念作品の執筆に関しては 漫画「きらめきのライオンボーイ」を持って漫画家を引退 と言っているため期待は薄いかもしれませんが、2010年から2011年に執筆されていた妹・持田あきとの合作「zen zen」の続編が実現しないまま終わっているため、その企画を記念作品として執筆するかもしれません。 漫画家・槙ようこ過去の代表作は? 漫画家・槙ようこは10作品以上を執筆しています。 いくつか過去の代表作を紹介します。 少女漫画雑誌「りぼん」に連載された作品としては当時は珍しい男性主人公の作品で、アニメ化もされた人気作品です。 片倉結平は東栄高校に通う高校生。 ある日学校から帰宅すると見知らぬ女児が置き去りにされているのを発見します。 女児は片倉結平の5歳の従姉妹・坂下ゆずゆでした。 坂下ゆずゆの母は行方不明で父はすでに死んでおり、仕方なく預かられることになります。 片倉結平は容姿端麗で多くの女性たちから思いを寄せられており、片倉家の家族たちから片倉結平に坂下ゆずゆを見ることを押しつけられたことで、片倉結平を独占する坂下ゆずゆに対する嫉妬をもとに様々な事件が巻き起こっていきます。 また、置き去りにされた坂下ゆずゆの精神的な葛藤や幼稚園での親のいる子供達への劣等感などに苦しめられていきます。 ロマンチカクロックとあらすじ• 今回の引退発表に合わせてファンから悲しみの声が数多くTwitterやInstagramなどのSNSで投稿される中で、ロマンチカクロックからファンになったという声も多くありました。 鎌倉に住む加治屋家の双子の妹・杏花音は幼い頃から優秀な兄・蒼と比較され、彼をライバル視しながら成長していた。 そんな杏花音が14歳になる頃、蒼は部屋に引き篭もるようになり兄妹の確執はより深いものになっていた。 ある日憧れていた辻莉に告白したものの「頭の良い女性が好き」と断られた杏花音は蒼に勉強を教わろうとする。 久々の蒼とのまともなやり取りの中、杏花音は思わず学校に来たらいいのにと口走ってしまう。 数日後発表された中間試験の結果順位の1番にはなんと蒼の名前があった。 学校中の話題を一瞬で攫っていった蒼に昔のように対抗心を燃え上がらせる杏花音。 止まっていた双子の時間がようやく動き始める。 主人公・杏花音 あかり は学校でも人気者の中学2年生。 杏花音には頭脳明晰ながらも不登校でひきこもりになってしまっていた双子の兄・蒼 あおい がいます。 かつて仲の良かった兄妹でしたが蒼の不登校をきっかけに関係が悪化していました。 ある時、杏花音は憧れていた男子に告白するも「頭の賢い女性が好き」と断られたことをきっかけに、兄・蒼に勉強を教わり始めます。 そのときにふと杏花音が「学校に来なよ」と声をかけたところ、兄・蒼は学校にやってきてテストで学年一位の成績を取り、一気に注目の的になってしまいます。 兄・蒼に人気者の座を奪われまいと対抗心に燃える杏花音は新しい友達や恋愛を通して成長していきますが、中学3年生になり受験勉強に励んでいた杏花音は突然倒れてしまい、移植手術の必要があることが判明します。 ・漫画家・槙ようこのプロフィールは? 槙ようこは当時高校2年生だった1999年に「ラブサービス!」でりぼんNEW漫画スクール佳作、SB賞を受賞し、その後も数多くの人気作品を執筆し続けてきました。 ・漫画家・槙ようこの引退の理由は? 槙ようこは引退の理由について詳しくは公表していません。 ・漫画家・槙ようこの今後の活動は? 槙ようこは引退にあたり自身のInstagramで今後は完全に漫画家としての活動をしないことを宣言しています。 ・槙ようこ画集や特別号・記念作品の執筆は? 歴代の漫画家たちの例から考えると、槙ようこの20周年記念として今までの作品集・画集が刊行されることが予想されます。 ・漫画家・槙ようこ過去の代表作は?• ロマンチカクロック• きらめきのライオンボーイ いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の