ゆでたまご 水から。 ゆでたまごの作り方(半熟から固ゆでまでのゆで時間のまとめ):白ごはん.com

水から&お湯から「ゆで卵」完全攻略法

ゆでたまご 水から

簡単に調理できて、しかも美味しいゆでたまご。 大人から子どもまで大好きですよね。 今回は簡単だけど、実は奥深い「ゆでたまご」に焦点をあててしました。 美味しく調理する方法は? 上手に殻をむくには? 保存方法は? 知っておくとトクする情報をお届けします。 好みのゆでたまごを作るには 殻を剥いて、たまごを切って黄身の状態を見るまで、その出来栄えがわからない「ゆでたまご」。 ゆですぎて黄身が黒っぽく変色してしまったり、殻が剥きにくく白身がボロボロになったり…。 主婦であれば経験済みだと思います。 「ゆでたまごなんて、たまごをゆでるだけの超簡単料理じゃないか!」と思われがちですが、シンプルだからこその難しさがあるのです。 失敗せず自分好みな「ゆでたまご」を作るには、水ではなく沸騰させたお湯を使う 一般的には、水からたまごを投入して沸騰後8〜9分という説が多いようですが、もっと美味しいゆでたまごが完成する、作り方とゆで時間があるようです。 そのポイントは、お水からではなく、 沸騰させたお湯を使うこと。 意外ですよね! では、その作り方やポイントをご紹介しましょう。 【美味しいゆでたまごの作り方】• 常温のたまごを用意する。 沸騰したお湯に、お玉などを使ってひびが入らないように静かにたまごを入れる。 たまご投入後、中火で11分。 これは半熟たまごで仕上がる時間なので、好みによって調整を。 ゆで上がった際、黄身が真ん中にくるように、時々優しくかき回す。 11分経過したら、お湯を捨てて、すぐに流水で冷やす。 黄身の中心に熱が残っていると、せっかくの半熟状態がなくなるのでしっかりと冷やす。 何度か流水を入れ替えながら、鍋の中でたまごを軽く振り、殻にひびを入れておく。 そうすると、殻と白身の間に水と空気が入って、殻がむきやすくなります。 採卵日から5〜7日経過したたまごの方がゆでたまごには適しています たまごは、とにかく新鮮なものが一番!と思いがちですが、ゆでたまごに使用するたまごは、新鮮なものよりも産卵から少し日にちが経過している方が適しています。 たまごをゆでた後、うす皮がはがれにくいのは新鮮なたまごを使ったからという話を聞いたことはありませんか? 鮮度のいいたまごには二酸化炭素が多く含まれています。 たまごの 採卵日から5〜7日経過しているほうがガスが抜け、たまごと殻の間に隙間ができ、ゆでたまごの殻がむけやすくなります。 なぜそのような現象が起こるかというと、たまごの白身に含まれた二酸化炭素がゆでることで急激に気化し、殻の外に出ようとします。 その際、たまご内部の圧力が高まり、白身とうす皮を強く殻に押しつけるのです。 それが、殻がむきやすくなる原因です。 上手く出来ないと案外ストレス!? 失敗しない殻のむき方 ゆでたまごを作るときに案外ストレスになるのが、殻をきれいにむけない時。 先述のとおり、鮮度のいいたまごをゆでた時はうす皮が張り付き、必死にむこうとして白身がボロボロに…。 そんな悲しい結果にならないよう、たまごをきれいにむくコツを伝授しましょう。 そのためにも、 採卵から5〜7日経過した、ゆでたまごに適したたまごを選びましょうね。 たまごはきっちり冷やす! オーソドックスですが、 ゆで上がったたまごを冷水、氷水などできちんと冷やしましょう。 冷えたのを確認できたら、鍋に少しの水を加え蓋をして、たまごを数秒間ガシャガシャと振ってみましょう。 たまごにひびが入り、殻の間に水と空気が入ってつるっとむきやすくなります。 殻にヒビを少し入れる ゆでる前に、たまごの尖ってない丸い部分に、スプーンなどで優しくひびを入れてみます。 または、針や画鋲で同じ部分に穴を開けるといいと言われています。 ほんのちょっとの手間で、殻が格段にむきやすくなります。 必ず冷蔵庫で保存してください ゆでたまごは一見、熱を通しているので日持ちしそうなイメージがありますが、実は 生たまごよりも腐りやすいのです。 それは生たまごの中の、殺菌作用があるリゾチームという酵素成分が熱によって機能しなくなり、たまごの中の菌を殺す働きが無くなるからです。 下記の様に、賞味期限については日本卵業協会でもアナウンスしていますので、 ひびが入っているものは避け、殻をむいたゆでたまごはその日のうちに食べましょう。 冷蔵保存を忘れないように! Q17 ゆで卵の保存方法と賞味期限を教えて下さい。 A:ゆでる条件によって異なり、ゆでた後の保存温度や殻の割れの有無によって異なります。 ゆでたまごの黄身の色は鶏が食べる飼料によって変わります また、ゆで上がったたまごを切ってみると、たまごによって黄身の色に違いがあるのがわかりますね。 濃い色から薄めの黄色まで様々です。 これはように、飼料(餌)に関係があります。 ちなみに藤野屋のたまごの「さくらたまご」を産む鶏の飼料にはマリーゴールドを加えており、鮮やかな黄身の色になっています。 栄養価としての「ゆでたまご」と「生たまご」の違いは体内への吸収率の差 ゆでたまごは生たまごと比較すると、栄養価の差はあるのでしょうか? 結論からいますと、 調理法によって栄養価の差はほぼありません。 しかし、 吸収率に差があります。 たまごは良質なタンパク質を摂取するのに最適な食材です。 たまごからタンパク質を補給する場合、生で摂取するよりも加熱した方が吸収率が良いと言われています。 白身の水分を除くとそのほとんどがタンパク質で、たまごの大きさにも違いはありますが、1個あたりで約5グラムのタンパク質が含まれていると言われています。 しかし、その全てが全部栄養として吸収される訳ではありません。 タンパク質を分解する酵素の働きをジャマする物質や、もともと消化されにくい分子構造のタンパク質が含まれているため、食べ方によっては、ほとんどが吸収されずに排出してしまうこともあります。 タンパク質を分解する酵素のプロテアーゼは、たまごに含まれる特定の成分(オボムコイド等)によってその働きをジャマされると、たまごのタンパク質をうまく分解できなくなります。 この物質は、加熱しても完全に分解されるわけではありませんが、熱を加える事によって分解をじゃまする力が低下するために、タンパク質をより効率良く吸収できるようになるわけです。 また、肉や魚に含まれる成分が消化を助けてくれるので、加熱したたまごと一緒に摂取すると、よりタンパク質が吸収されやすくなります。 「ゆでたまご」と「生たまご」の見分け方 ゆでたまごかと思って割ったら、生たまごだった!という失敗、ありませんか? そこで、たまごを割らなくても見分ける簡単な方法を紹介しましょう。 まず、 たまごをテーブルの上に置いて回転させます。 この時、 きれいによく回ったら ゆでたまご、 グラついてあまり回らなかったら 生たまごです。 理由としては、ゆでたまごは中身が固定されているのに対し、生たまごは中身が流動状で回転させると中身が動いてしまい、重心が一定しないためフラフラするからです。 まとめ 簡単で手軽に作ることができる「ゆでたまご」は、たまごのタンパク質を摂るのにも適した調理法だということがわかりましたね。 殻がむきやすいゆでたまごにするには、たまごの選び方、ちょっとした工夫も必要です。 安全に、そして美味しく食べていただくためにも、きちんとした保存方法のもと味わってくださいね! オンラインショップはこちらから.

次の

【半熟ゆで卵の作り方】水から何分茹でる?簡単な時短レシピもご紹介!

ゆでたまご 水から

冷蔵庫から取り出したばかりの卵を、すぐに茹でない 冷蔵庫から取り出したばかりの卵って、かなり冷えていますよね? この時、外側の殻だけではなく 卵の中身も冷え冷えなわけですが、このままゆで始めると 間違いなく殻が割れてしまいます。 これは、殻と中身の「 熱膨張率の違い」によって引き起こされる現象です。 小学校の理科を思い出してみましょう。 ごく一部の例外を除き、大抵の物は 温めることで膨張(サイズが膨らむ)し、冷やすことで収縮(サイズが縮む)します。 そして、膨張率(膨張や収縮の度合い)は、物によって全く異なります。 さて、卵の場合「殻の膨張率は小さく、中身の膨張率は大きく」なっています。 そのため、冷えている卵をいきなりゆで始めると、殻に比べ中身が勢いよく膨張し、結果として殻が割れてしまうことになります。 冷蔵庫から取り出した卵は 30分間ほどそのままにしておき、室温に戻してからゆで始めるようにしましょう。 ゆで始めの1〜2分間、卵を転がす ゆでたまごの黄身部分が真ん中に来るように、「ゆでながらよく卵を転がす」というのは有名な話。 でも、卵を転がすのにもベストタイミングがあるんです! ずばり「黄身に熱が通り、位置が安定してくるまで」の間。 具体的には「ゆで始めの1〜2分間ぐらい」がベストタイミングとなります。 ゆで始めの時にボ〜っとしていて、後から「あっ、忘れてた!」と卵を転がし始めても、もはや手遅れ(笑)。 ゆで始めの段階で、菜箸などを使い 火傷に気をつけながら、ゆっくりとお湯の中で卵を転がしてみましょう。 卵をゆでる時間の目安 ゆでたまごに限らずタマゴ料理全般は、調理時間によって味や食感が全く異なります。 そのため、調理時間には非常に気を配らなければいけません。 以下が、卵をゆでる時間の目安となります。 沸騰後3〜5分 3〜5分間ゆでると、半熟のゆで卵が作れます。 黄身がトロっとした状態で、勢いよく噛み付くと 中身が飛び出てきそうな感じに。 沸騰後7〜10分 7〜10分間ゆでると、完熟一歩手前のゆで卵が作れます。 黄身に若干しっとり感がある状態で、勢いよく噛み付いても、中身が飛び出てくることは まずなさそうな感じに。 沸騰後11〜14分 11〜14分間ゆでると、完熟のゆで卵が作れます。 黄身がしっかりと固まった状態で、勢いよく噛み付くと、逆にボロボロとこぼれてきそうな感じに。 沸騰後15分〜 15分間以上ゆでると、ゆで卵を作る際は「ゆで過ぎ」。 黄身の周りが汚い緑色に変色し始めます。 食べても健康には問題ないとされていますが、ゆで卵の味は多少落ちてしまいます。 お湯から出したら、すぐに流水で冷やす 好みの仕上がりになるように茹で時間を調節し、お湯から出した卵は すぐに流水で冷やしましょう。 上で説明した「殻と中身の膨張率の違い」が、ここでも活躍します。 冷やした場合、殻に比べて卵の中身は縮みやすいため、殻と中身(ゆでたまご)との間に隙間が生じ、殻が剥きやすい状態になります。 流水に当てながら、殻と薄皮を同時にむくのがコツです。 この記事のまとめ ゆでたまごの上手な作り方(時間・転がし方・水から茹でる など)• 冷蔵庫から取り出したばかりの卵を、いきなりゆでない 卵を30分間ぐらい放置し、室温に戻してからゆで始めましょう。 ゆで始めの1〜2分間、卵を転がす 「ゆで始め」に転がすことがポイント。 ゆでながら転がすことで、黄身がゆでたまごの真ん中にくるようにします。 卵をゆでる時間の目安 沸騰後3〜5分:半熟。 沸騰後7〜10分:完熟一歩手前。 沸騰後11〜14分:完熟。 それ以上はゆで過ぎ。 お湯から出したら、すぐに流水で冷やす 殻とゆでたまごの熱膨張率の違いにより、殻がむけやすくなります。

次の

水から&お湯から「ゆで卵」完全攻略法

ゆでたまご 水から

シンプルゆえに、おいしく作るのは意外と難しいのがゆで卵。 ヒビ割れしてしまったり、殻がくっついてボコボコになったりなど失敗することも多いですよね。 お湯からゆでるか、水からゆでるかも悩むところ。 水からゆでた場合は、卵と水の温度差が少ないのでヒビ割れしにくいんです。 一方、お湯からゆでると加熱時間を調整しやすく、半熟や固ゆでなど好みの固さに仕上げやすいメリットがあります。 ゆで卵を上手に作るコツ 卵は冷たいまま?常温にもどす? 冷蔵庫で保存していた卵は、常温にもどしておくと卵と水の温度差が少なくなり、ゆで時間の短縮やヒビ割れ防止につながります。 冷蔵庫から取り出してすぐゆでなくてはいけない場合は、サッと水にくぐらせると、ヒビ割れしにくくなりますよ。 ゆでる水に塩か酢を入れる ゆでる水に対して1%ほどの塩か酢を入れましょう。 塩と酢にはたんぱく質を凝固させる作用があるため、もし殻が割れても卵白が流れ出るのを防いでくれます。 ちなみに、フタ付き鍋を使えば、ゆでる水の量は卵の半分くらいの高さでもOKですよ。 卵をゆっくり転がす 黄身がしっかり中央にあるゆで卵は、カットしてお料理に使う際の美しさが段違いですよね。 黄身を中央に寄せるには、卵同士がぶつからないように、菜箸などでゆっくり転がしましょう。 水からゆでる場合は沸騰するまで、お湯からゆでる場合は最初の1分間を目安にしてください。 ゆで卵の殻をツルンと剥くコツ ゆでる前に穴をあけておく 卵のとがっている方ではなく、丸みのある方に針や安全ピンなどで穴をあけておきましょう。 あらかじめ穴をあけておくことで、薄皮(卵殻膜)とゆで上がった卵白との間に水が入り剥きやすくなります。 100円ショップなどに卵の穴あけ器が販売されているので活用するのもいいですし、穴ではなく、スプーンなどでたたいて少しヒビを入れてもOKです。 冷水で冷やす ゆで上がったら、すぐに冷水に入れて1分ほど冷やしましょう。 ゆでたては殻の中身が膨張しているため、急冷により収縮し、殻と中身の間に隙間ができて剥きやすくなります。 殻全体にヒビを入れる 急冷したあと、ゆで卵をまな板やテーブルの上で転がし、殻全体にヒビを入れると剥きやすくなります。 ゆで卵を流水にあてると、さらに剥きやすいですよ。 古い卵を使うほうが剥きやすいゆで卵になる、という話もありますが、ゆで卵用に卵をキープしておくのも難しいですよね。 ツルリと剥けるよう、ご紹介したコツをいろいろ試してみてください。 どれがお好み?いろいろな固さのゆで卵の作り方 基本の「固ゆで卵」の作り方 基本の固ゆで卵を作る方法は、2パターン。 沸騰してから卵を入れて中火で約10分、または中火で4分ほど加熱したあとフタをして約8分蒸らします。 ゆでる個数や鍋の種類などによって違うので、時間は目安にしてくださいね。 固ゆで卵より短めに、中火で約6分加熱すればOK。 さらに黄身を生っぽく仕上げたい場合は、4〜5分にしてください。 レシピをチェック!>> 「温泉卵」は余熱で火を通す 温玉卵かけご飯、トッピング向けの簡単温泉卵の作り方、鍋で作る方法 by 筋肉料理人さん 黄身だけでなく白身もトロッとしている温泉卵は、食材によくからみますよね。 加熱するのではなく、余熱で作るのがポイント。 鍋に1リットル程度のお湯を沸かしたら火を止め、200mlの水を入れて温度を下げます。 卵を入れてフタをし、15分ほど置いたあと、水にとって冷ませば完成。 レシピをチェック!>> 短時間で作れる「ポーチドエッグ」 落とし卵(ポーチドエッグ)の作り方 、 にら豚丼 by 筋肉料理人さん ゆで卵や温泉卵に比べて短時間で仕上がるポーチドエッグは、忙しい朝にもおすすめ。 作り方もかんたんです! 沸騰したお湯に塩と酢を入れて、卵を静かに落とします。 卵白を卵黄に寄せながら形を整え、半熟くらいになればOK。 レシピをチェック!>> 簡単なようで奥が深いのがゆで卵です。 今回ご紹介したコツをおさえれば、剥くときの失敗もなく、お料理に合わせて好みの黄身の固さにゆで分けられるはず。

次の